【競馬コラム】中央競馬不変の法則を検証してみる【Part1】

【PR】外厩情報を無料でゲットするにはこちら

【!】LINE@始動! 勝負RはLINEで配信予定!

友だち追加

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

ダービーも終わり、少し新しいことを始めようと思いまして、新企画

 

中央競馬不変の法則を見つける

 

を宝塚記念までちょびちょびと更新していきたいと思います。

 

競馬不変の法則について

この不変の法則ですが、

 

JRAの全レースを分析し、昔から言われている競馬の格言などを分析し、

不変の法則を確認したいと思います。

 

方法としては、JRA VANを活用し、拾えるだけのデータを拾います。

 

そう。

 

全てのデータを拾い、分析します。

 

パソコンが少し遅くなるくらいのデータ量を拾います。

 

拾っているデータは、1986年から2017年現在まで。

 

データ数はなんと142万データ。

 

この偉大な数値は、世界最高水準の日本中央競馬会が積み上げた競馬の歴史。

 

そこから不変の法則を見つけ、競馬とはなんぞやを語れるデータを見つけたいと思います。

ちなみに140万のデータ分析をするとMACも熱くなります。これも不変の法則です。

 

色々なことを言いましたが、全レースを分析し、本当の競馬の格言をK-BA LIFEから発信できればと思います。

このK-BA LIFEの話題で競馬場やWINS近くの居酒屋が笑顔に溢れるようになってくれれば最高です!

 

それでは、第一回目のテーマは、脚質から不変の法則を見つけたいと思います。

 

Part1:日本中央競馬全レースを分析してみて脚質から不変の法則を探してみた。

昔からよく言われる

 

勝ちたければ、逃げ馬を買え。

 

この言葉が本当なのかを検証してみました。

 

 

そう。

 

142万のデータを検証しました。

 

その結果

 

脚質に関する不変の法則を見つけました。

 

 

競馬不変の法則:競馬は逃げ・先行が有利

逃げ馬を買えば、儲かります。

 

脚質的に、逃げ馬が勝つ確率は、実は21%。

5回に1回は勝つのが逃げ馬です。さらに、単勝回収値も192円。

これは全レース100円逃げ馬に賭けていれば、192円ということです。

 

脚質

着別度数

勝率

単勝回収値

逃げ

  24092-  15602-  11075-  59558/ 110327

21.80%

192

先行

  50353-  51775-  45445- 212482/ 360055

14.00%

116

中団

  21838-  27055-  34865- 400985/ 484743

4.50%

52

後方

   4643-   6691-   9903- 383131/ 404368

1.10%

16

マクリ

   2441-   2204-   2018-   5440/  12103

20.20%

182

 

さらに1コーナー目で1番手の馬を見ても、20%程度の勝率です。

初角位置

着別度数

初角1番手

  22387-  14355-  10246-  56593/ 103581

 

このデータを見て、白けた人はいっぱいいますよね?

 

盛大なツッコミが来ると承知で最初に紹介しています。

 

そうです。

 

 

逃げる馬がわからないとこのデータは意味がないですよね。

 

そうなんです。

 

これはあくまで結果論です。未来を予知しなければ、こんなデータ使えないのです。

前走追い込みなのに逃げる馬なんて山ほどいます。

 

それならば、未来を予知せずとも知ることができる逃げそうな馬のデータを探りましょう。

 

そう、142万ものデータを集計します。

 

142万の競争データを集計すると、パソコンが熱くなるという不変の法則があります。

 

JRAの歴史を利用して、不変の法則を確認するため、

 

ピックアップしたデータは、

 

・前走逃げ馬

 

・前走1コーナー1番手

 

この2点です。(さっきと同じです。)

 

この2点なら競馬新聞からでも誰でもわかります。

 

その2点の分析結果を次項で報告します。


 

競馬は、逃げ馬が有利の結論

日本中央競馬で調べることができるレース全てを調べた結果、

 

不変の法則として、競馬は逃げ馬が有利であることがわかりましたが、

 

競馬新聞からは導くことができないことがわかりました。

 

客観的事実から不変の法則を見つけているだけですので、異論・反論は、あんまり受け付けておりませんので悪しからず。

 

まず、前走データを全レース分析した結果を順番に説明します。

 

まずは、脚質。これは一旦芝とダート混合でのデータとします。

前走脚質

着別度数

逃げ

  3011-  2606-  2257- 23287/ 31161

 

勝率としては、下記。

勝率

連対率

複勝率

9.70%

18.00%

25.30%

 

回収値は、下記です。

 

単勝回収値

複勝回収値

74

73

 

あまり儲からないことがわかります。

では、芝とダートで分解してみます。

前走脚質

着別度数

平地・逃げ

  1248-  1116-   977- 11163/ 14504

勝率

連対率

複勝率

8.60%

16.30%

23.00%

単勝回収値

複勝回収値

77

74

 

ダート

前走脚質

着別度数

平地・逃げ

  1756-  1482-  1267- 11937/ 16442

勝率

連対率

複勝率

10.70%

19.70%

27.40%

単勝回収値

複勝回収値

73

73

 

こうしてみても結局は、前走逃げ馬を新聞で選択したとしても、このように回収率は、100円割れです。

まだ新聞でわかるデータとしては、前走1コーナー1番手、4コーナー1番手の馬です。

そのデータを全て調べてみました。

 

前走1コーナー1番手

前走初角

着別度数

初角1番手

  2864-  2429-  2138- 22186/ 29617

勝率

連対率

複勝率

9.70%

17.90%

25.10%

単勝回収値

複勝回収値

74

73

 

前走4コーナー1番手

前走4角

着別度数

4角1番手

  3242-  2724-  2431- 22470/ 30867

勝率

連対率

複勝率

10.50%

19.30%

27.20%

単勝回収値

複勝回収値

74

76

 

わかりましたでしょうか!?

 

競馬では、逃げ馬を黙って買えというのは、結果論としては不変の法則ですが、

競馬のシステム上、逃げて未勝利を勝った馬が500万下で3頭出走していとしても、逃げれる馬は、1頭です。

新聞をしっかり読み込んだとしても、どの馬が逃げるかわかりませんし、ラップ分析をしっかりとしたとしても出遅れのリスクもあるため、

事前に逃げ馬を予想するというのは当て馬を当てるのと同義なほど難しいということになります。

 

シルポートのように逃げがわかりきっている馬であれば、楽に予想できて、回収率理論を使えますが、

よほどのお気に入り馬を見つけなければ難しいでしょう。

 

結論:逃げ馬を予想するのは難しい為、高い確率で逃げる馬を見つけて買い続けましょう。

 

そうだ 競馬しよう〜美女と旅競馬編〜

全国で色んなUMAJOと馬券バトルを通じて回収率向上を目指す番組です。

サラブレ・Gallopを格安で読む裏技

皆さま!毎週サラブレやGallop等を購入して読まれてますか!?1冊サラブレは960円でGallopは720円ですが、それらをほぼほぼ無料で読書する方法をご紹介致します。

楽天マガジン に登録することです。楽天マガジン は、380円/月でサラブレやGallopといっや競馬雑誌以外にも250誌以上が読み放題です。これだけでも元がとれることがわかりますし、さらに、ポイントでも支払えますので、楽天カードを利用の方は、ほとんどの方は無料で読めるのではないでしょうか!?この楽天マガジンの登録は非常に有意義ですし、生活費のコストダウンに直結するので非常におすすめですね!

さらに、地方競馬を日常的に実践されている方は、上記を無料にする為に楽天競馬を絶対に活用すべきです。楽天競馬でも楽天ポイントが溜まり、そのポイントで競馬雑誌を無料で読む。これが新世代の競馬好きが集まるK-BA LIFEならではの情報収拾方法でしょう!