【2017年デビュー】オルフェーヴル2世【注目産駒】


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6476229459406568"
data-ad-slot="5613227532"
data-ad-format="rectangle">

どーも。K-BA LIFEの中の人です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

”競馬最強の法則”様によるブログランキングに参加しました。1日1回の応援クリックを頂けますとモチベーションも上がりますし非常に有り難いです。

競馬ブログランキングへ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本日は、皆様が大好きなオルフェーヴル産駒の注目馬について、K-BA LIFE的な観点から紹介したいと思います。

2017年デビューの全頭リストは、下記のブログで紹介済みですので、こちらもご参照くださいませ。

【2017年デビュー!】オルフェーヴル2世特集 全153頭リスト【初仔の栗毛率は!?】

日本中が沸いた2012年の凱旋門賞2着から5年後にオルフェーヴルの子供がターフで見れるのは、競馬の醍醐味でもあると思います。

競馬ってやっぱり血統のロマンですよね。好きな馬の子供は、追いかけ続けるものですし、オルフェーヴル産駒は前傾姿勢で追いかけたいと思います。

凱旋門賞 海外競馬

あの有名なカスケード(マキバオーの登場キャラ)も自分の子は気になるとのこと。(ご参照:たいようのマキバオーW)

カスケード

それでは、紹介していきたいと思います。

 

オルフェーヴル注目産駒

ビワハイジの15

ご存知ブエナビスタの母親ビワハイジとオルフェーヴルの子供です。

ブエナビスタも3歳時には、無敵の強さを誇っており、夏に札幌記念で、勝利さえしていれば、

凱旋門賞に挑戦していたような馬です。ブエナビスタは、G1を6勝し、賞金を14億円も稼いだ史上最強牝馬論争に出てくる名馬です。引退レースでは、オルフェーヴルに世代交代を見せつけられたような格好となりましたが、まさか妹が出来るとは、ブエナビスタも心中穏やかではないはずです。

さらに、見た目も下記の通りオルフェーヴルの生き写しのような綺麗な栗毛です。

この馬には、強く海外に出て欲しいという想いがあり、ブエナビスタ以上の絶景を競馬ファンに見せつけてくれるのではないかと思っており、追いかけていきたいと思います。

スクリーンショット 2016-07-30 17.52.10


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6476229459406568"
data-ad-slot="5613227532"
data-ad-format="rectangle">


※サンデーレーシングより

 

アルゼンチンスターの15

みんな大好きペルーサの弟になります。アルゼンチンスターは、ゼンノロブロイのようにサンデー産駒ですが、少し米国血統よりの重めな血につけた時にいい馬が出来やすい傾向があります。オルフェーヴルもステイゴールド産駒であり、重馬場や欧州のスタミナ馬場でも対応出来たことから、似た傾向があるのではないかと思います。

オルフェーヴルやペルーサのように栗毛の馬体でありますし、間違いなくファンが増えることでしょう。

 

レーヴドスカーの15

こちらもビワハイジに負けず劣らずの重賞ホースを連発で排出する名牝です。

特にレーヴディソールは、父アグネスタキオンという少しパワーよりの馬を排出しやすい血統でありながらも極上の切れ味を持つ名馬でした。父オルフェーヴルとなることで、似たような傾向が出るのではないかと思いますし、父型のいい面を発揮出来る母系なので、期待値抜群です。

 

マルペンサの15

2016年日本ダービー2着のサトノダイヤモンドの妹になります。母はアルゼンチンの名牝であり、初年度からクラシックを賑わす馬を排出するなど非常に能力の高い馬です。

サトノダイヤモンドのような自在性のある馬が出来てくるのではないかと思います。この仔の一つ上が、ステイゴールド産駒ですので、同じような傾向になるはずですし、お姉ちゃんの活躍も注目したいですね。

 

サプレザの15

バリバリの米国血統の馬でありながら、日本のマイルチャンピオンシップでも3回挑戦し、3着2回と日本の馬場に適性を見せたサプレザの仔です。米国のパワーとサンデーサイレンスからくるスピードの相性の良さは、近年の主流になりつつありますので、同馬もオルフェーヴル産駒のモデル血統となるような活躍に期待したいですね。

 

シンハリーズの15

シンハライトの弟になります。

この血統も外れがないので、オルフェーヴルの血統を拡大できる種牡馬となれる器の持ち主と思います。どちらかというとディープインパクトのように切れ味を遺伝させる種牡馬に活躍馬が集まっていますので、どうなるかなというところですが、オルフェーヴルの種牡馬としての価値を高めるためには、この仔の活躍がマストなのではないでしょうか。

 

スイープトウショウの15

宝塚記念を制覇した馬同士のグランプリベイベーです。

オルフェーヴル、スイープトウショウともに、池添騎手が騎乗しており、非常に気性の荒い馬でした。この仔も間違いなくその血が魅力的な方向で受け継いでくれてると思います。

池添騎手鞍上で是非活躍して欲しいですね。宝塚記念制覇に向けて頑張って欲しいです。

 

以上が2015年生まれのオルフェーヴル産駒注目馬になります。

 

オルフェーヴル特集はどんどんやっていきますので、その際にもご愛読いただければと思います。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

面白いと思って頂けましたら、SNSで共有をお願いします。

今週の勝負レースや異常投票パトロール結果や外厩情報は、下記ランキングの紹介文で紹介してます。



競馬ブログランキングへ

 

ーー外厩について理解を深めたい方へーー

【外厩入門】ノーザンファームしがらき・天栄

【外厩競馬】吉澤ステーブルWEST

【外厩競馬】山元トレセン・グリーンウッド

【外厩競馬】awajiトレーニングセンター

ーーPOG2017-2018に向けてのおすすめ記事ーー

POG2017-2018 戦略と対策

ディープインパクト産駒全頭リスト&おすすめ馬

フランケル産駒全頭リスト&おすすめ馬リスト

三冠オルフェーヴル産駒全頭リスト&おすすめ馬

ノーザンファーム生産馬全頭リスト&小ネタ

ロードカナロア産駒全頭リスト&おすすめ馬

エイシンフラッシュ産駒全頭リスト&おすすめ馬

ノヴェリスト産駒全頭リスト&おすすめ馬

ハーツクライ産駒全頭リスト&おすすめ馬

キングカメハメハ全頭リスト&おすすめ馬

ダイワメジャー産駒全頭リスト&おすすめ馬

ヴィクトワールピサ産駒全頭リスト

ルーラーシップ産駒全頭リスト

ローズキングダム全頭リスト&おすすめ馬

リーチザクラウン産駒全頭リスト&おすすめ馬

ハービンジャー産駒全頭リスト&おすすめ馬

 

ページ上部へ戻る