【天皇賞春2018】天皇賞・春の傾向分析&事前予想【GWのお祭り】

【PR】外厩情報を無料でゲットするにはこちら

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

今日の皐月賞は馬場と同様に大荒れでしたね!あの大逃げで後方馬は警戒続けて時すでに遅しでした。ブログで最後に本命としたジェネラーレウーノから購入して外した私は、倒れてしまいそうでしたが、中山最終”フィアーノロマーノ”で復活できました。デムーロ騎手うますぎでしたね。皐月賞でキタノコマンドールも5着に持ってきておりましたし、最終レースに関していえば、ほとんどの騎手が内が悪いという心理で騎乗している中で、馬なりで内を通り、直線入ったところで先頭に持っていく騎乗はネオユニヴァースの日本ダービーを思い出しました。

それでは、本題に移りたいと思います。早め早めの更新になりますが、今年も京都の祇園祭よりも盛り上がるお祭り天皇賞・春2018が始まりますね!GWに開催される天皇賞・春は、昨年も7万人以上が入場されたレースであり京都競馬場に人が最も入るレースでもあります。更に言えば、天皇賞・春よりも観客が入るレースは、ダービー、ジャパンC、有馬記念の3レースだけであり、関西一盛り上がると言っても過言ではないレースでしょう。この天皇賞・春は現代競馬からは見放され始めているステイヤーレースですが、このようなステイヤーレースだからこそ騎手の技量や調教師陣営の馬づくりの成果が見えます。さらに京都3200mも天皇賞・春だけ使用されるレースであり、傾向も掴みやすいです。そういう意味でもここでしっかりと傾向分析を実施し、事前に予想し、気持ちのいいGWを過ごせるように一足先に準備をしたいと思います。

さらに天皇賞・春は、“そうだ 競馬しよう。”も更新予定です。チャンネル登録を頂きまして是非ご視聴頂ければ幸いです。

それでは、天皇賞・春の分析と事前予想を実施します。記事を読むのが面倒という人は、まとめだけさらっとお願い致します。

天皇賞・春 まとめ

・事前分析で現時点での本命馬

下記ブログランキングの紹介文【天皇賞・春】(A)で紹介中です!結構自信あり!絶対に内枠に入って欲しいです。



最強競馬ブログランキングへ

天皇賞・春2018 特別登録馬

馬名

母父

アルバート

アドマイヤドン

ダンスインザダーク

カレンミロティック

ハーツクライ

A.P. Indy

ガンコ

ナカヤマフェスタ

Singspiel

クリンチャー

ディープスカイ

ブライアンズタイム

サトノクロニクル

ハーツクライ

Intikhab

シホウ

キングカメハメハ

Danehill

シュヴァルグラン

ハーツクライ

Machiavellian

スマートレイアー

ディープインパクト

ホワイトマズル

ソールインパクト

ディープインパクト

Exchange Rate

チェスナットコート

ハーツクライ

クロフネ

トーセンバジル

ハービンジャー

フジキセキ

トウシンモンステラ

キングカメハメハ

サンデーサイレンス

トミケンスラーヴァ

タイキシャトル

デヒア

ピンポン

ハーツクライ

ホワイトマズル

ミッキーロケット

キングカメハメハ

Pivotal

ヤマカツライデン

シンボリクリスエス

ダンスインザダーク

レインボーライン

ステイゴールド

フレンチデピュティ

PR シンクタンク

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□



  第157回 天皇賞・春(GI)



  先着100名様!好配当を狙い撃つ

【◎−穴1点馬券】を特別無料公開!



    →ココをクリック!



━━━━━━━━━━━━━━━━━



昨年から大阪杯がGIに昇格したことで、春の古馬GI戦線は、中距離志向の馬は大阪杯へ、長距離志向の馬は天皇賞・春へと路線が棲み分けがされるようになった。昨年の天皇賞・春にはキタサンブラック、サトノダイヤモンドなど一線級が参戦してきたが、今年はGI馬がシュヴァルグランのみというメンバー構成。やや小粒感は否めないものの、だからこそ「馬券的にはかなり面白くなる」と某関係者は熱っぽく語る。



「キタサンブラックに勝っているのだし、去年2着のシュヴァルグランが実績的にも実力的にも抜けていることは確かだが、前走の大阪杯はペースや展開が合わなかったとは言え、何もできずに大敗してしまったのは気掛かり。それに、リーディング上位厩舎だし今年もそれなりに勝っているけど、友道厩舎は4月に入ってから勝ち星どころか馬券にもなっていない(※4/15現在)んだよね。皐月賞のワグネリアンもあんな結果になってしまったし、ちょっと流れが良くない。些細なことに聞こえるかもしれないが、勝負事だと流れは大事だからね。他馬にも付け入る隙はあると思う」と。



過去に圧倒的1番人気オルフェーヴルが11着と敗れ、145万馬券決着となったこともある波乱含みの1戦ということもあり、絶対的強者が必ずしも勝てる舞台でないことは確か。今年も伏兵が波乱を起こす可能性も決して否定できない。当社シンクタンクでは「最大の伏兵となるのはアノ馬」と一発を狙える【激走穴馬】の存在を既にマーク済。



そこで、今回は特別も特別、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、元調教師・平井雄二氏が率いる重賞特捜部がお届けする『天皇賞・春の関係者情報』と、好配当を狙い撃つ『◎−穴1点馬券』を無料公開させて頂く。天皇賞・春の馬券を買う方は、この情報を是非とも入手しておくべきだろう。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



  第157回 天皇賞・春(GI)



  先着100名様!好配当を狙い撃つ

【◎−穴1点馬券】を特別無料公開!



    →ココをクリック!



天皇賞・春2018 傾向分析

コース分析

天皇賞・春が開催される京都3200mは、スタートしてから上り坂を上り、下りながらのカーブで、1週目の直線でも下り坂で惰性でついたスピードと歓声に後押しされてかかってしまいがちなコースです。

見てわかる通りコーナーが6回あり、内枠が圧倒的に有利です。本命馬候補が外枠になったら泣きましょう。

さらに、このような天皇賞・春が行われる京都3200mのコースは、下記のようなラップになります。

ラップ分析

天皇賞・春のラップは、下記の通り過去10年間で8回が後傾ラップであり、末脚勝負になることがわかります。

前傾ラップ 13年、17年

後傾ラップ 08年、09年、10年、11年、12年、14年、15年、16年

コーナーが6回あるコースであり、何よりも長丁場のコースですので、騎手心理としても最後の最後までスタミナを温存したいので、中間ラップが緩み、淀の下り坂からペースが上がる後傾ラップになりがちです。但し、長距離レースであるため、勝ち馬の後半3ハロンは、35秒台前後であり究極の瞬発力が求められる訳ではありません。

話は逸れますが、こうしてキタサンブラックのラップをみると凄まじいラップですね。これがワールドレコードラップ。前年が全く真逆であったのでマルチです。

話を戻します。このような後傾ラップの多い天皇賞・春では、血統的に非常に偏りがありますので紹介します。

血統分析

京都の中長距離で後傾ラップになるレースでは、とにかくトニービンの血が騒いでいます。特にオルフェーヴルが大敗した12年の天皇賞・春では、1〜5着までトニービンという素晴らしい結果です。予想する上で、この傾向は見逃せないでしょう。

10年:ジャガーメイル

12年;ビートブラック、ウインバリアシオン、トーセンジョーダン

14年:ウインバリアシオン

15年:フェイムゲーム、カレンミロティック

16年:シュヴァルグラン、カレンミロティック

8年中5年で活躍馬が出ております。トニービン以外にも注目できる血統があり、それはステイゴールド産駒です。

ステイゴールド産駒は、

09年:ドリームジャーニー

13年:フェノーメノ

14年:フェノーメノ

15年:ゴールドシップ

このように3勝含み、10年中4年で馬券内に入っています。

やはりキレよりはスタミナ勝負になった時にでも確実に脚を伸ばせる血統という意味で欧州系のトニービンやステイゴールド産駒に活躍馬が多いのかもしれません。これらを考慮すると今年のように絶対王者のキタサンブラックがいないので、トニービンとステイゴールド産駒には注目したいですね。

ちなみに2012年に話を戻しますが、ビートブラックが勝利した年がトニービン持ちが1〜5着でした。その時に断然人気で負けたのは、ステイゴールド産駒のオルフェーヴル。大局観的には勝ちきるのはステイゴールドで2〜3着はトニービンという感じでしょうか。

天皇賞・春2018 事前予想

上記の通りで、トニービンとステイゴールドの血統に注目しましょう。

今年の特別登録馬で分析しますが、トニービンの血は、

・アルバート

・サトノクロニクル

・シュヴァルグラン

・チェスナットコート

・カレンミロティック

ステイゴールドは、

・レインボーライン

・ガンコ(ステイゴールドの孫)

これらの中で、コーナー6回かつ後傾ラップでも成績が出せる馬は、

・シュヴァルグラン

・レインボーライン

この2頭です。この2頭の内でも、母系に菊花賞で好走したあの馬の名前がある馬を本命馬にしたいと考えております。昨年は枠が悪すぎましたので、今年こそいい枠を引いて欲しいと思います。後傾ラップといえども多少は上がりがかかるのがステイヤーレースでありますし、この馬は上がりがかかるレースであれば、どんな相手でも、どんな展開でも相手なりに走れることができる堅実さがあります。直線では安心して見られる1頭であることは間違いなしでしょう。

下記ブログランキングの紹介文【天皇賞・春】(A)で紹介中です!



最強競馬ブログランキングへ

以上です!

【PR】競馬リポート

数多くの競馬サイトを検証した競馬リポートが結構面白いので紹介しております。完全無料登録で管理人が身銭を切った検証情報を得れるのはここだけ!?

ダービーインパクト
現在950万人がダウンロードされているメガアプリダービーインパクトは、実名使用はもちろん、最大の魅力はなんと言ってもフル3Dグラフィックのレースシーン!!競馬仲間とグループチャットを作って馬の配合やレース予想についてわいわい盛り上がってます!アプリ内では自分が育てた馬を実名レースに出馬させることもできます!さらに、競馬予想で賭けができたりと馬券的中の勘が鍛えられること間違いなし!競馬で負けて、ダビマスでハートが無くなったらダビパクして翌週まで節約するのが競馬通でしょう!
 
 ダービースタリオンマスターズ

プレイヤーが牧場のオーナーとなって、競争馬を配合から引退までとことんオーナー気分を楽しめるゲームです!騎手や馬名、レース名までが実名なのがリアルであり、競馬場だけでは知り得ない競争馬の裏の姿を知ることができますし、馬好きにも楽しめることができるアプリです。物語性もあり、競馬アプリなのにロールプレイングゲームのような面白さがあります。競馬をやったことがない初心者でも血統や配合についても語れるほど詳しくなれますし、教科書代わりで使えるような内容です!まだダウンロードされてない方は、下記リンクよりDLし、是非一緒にダビマスで熱く語りましょう!競馬で負けすぎたら絶対競馬アプリで時間つぶしが一番です!