【有馬記念2018】有馬記念の予想をする前に絶対に知っておきたい中山2500mとラップの関係性

【PR】外厩情報を無料でゲットするにはこちら

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

さぁ!いよいよ!有馬記念2018ウィークが始まります!

日本で最も競馬が盛り上がるレースでもありますので、この1週間は本気で有馬記念の分析をじっくりと実施したいと思います。現在、有馬記念の血統的な側面で分析をした記事を下記でアップ済みです。

注目馬は、下記ブログランキング(血統的注目はA、コース適性的注目馬はB)で紹介しておりますが、本気で分析しておりますので是非最後まで読んでいただきたいです。


中央競馬ランキング

この血統的な側面と、有馬記念の開催される中山ダート2500mという非根幹距離の特殊な事情があるコースを徹底的に分析することで、K-BA LIFEを読んでいただける方の予想に少しでも役が立てることを願い、この記事をアップしましたので、面白い!参考になったという方は、ブックマーク頂ければと思います。また、初めて有馬記念で競馬をやるという方には、下記ブログ記事に有馬記念の基本を伝えております。

それでは、有馬記念の予想に役立てるため、中山2500mというコースを徹底的に分析し、有馬記念を丸裸にしたいと思います。

中山2500mのコース概要

有馬記念コース形状

有馬記念が開催される中山芝2500mのコースは、外回り3コーナー手前からのスタートであり、最初のコーナーから下り坂192mと非常に短いコースであり、基本的に先行したい馬には内枠が欲しい形状。その後、内回りのコーナーを6回回るコースです。最大の特徴は、最後の直線が310mと短いことかつ2.4mの高低差があることでしょう。

中山競馬場の坂がどの程度すごいかというとこんな感じです。

なんかのぼってる感じしますよねw2.4mの坂なので、大きなトラックくらいの高さがありますから、競争馬にとっては心臓破りですね。

6回のコーナーと勾配の関係

先に少しお話しした通り、有馬記念の開催される中山2500mは、コーナーが6回ありますが、下記の特徴があります。

1コーナー:外回りのコーナー中間からのスタートである為、ほとんど直線。

2コーナー〜6コーナー:小回りの内回りコーナーであり急。

また、3回目から4回目のコーナーでは、勾配のあるコーナーであり、5回目から6回目のコーナーは下りながらかつスパイラルカーブのカーブであることから、直線はばらけやすい。このコースは、京都の3000mや3200m以外には似たコースもなく、リピーターも多いことから”特殊”なコースと言われております。 

一般的にコーナーが多いと、ペースが上がりにくいというのが定説ですが、中山2500mはそうではありません。

勾配とラップが非常に関係性があります。下記は、過去5年間のクラス別のラップ構成なのですが、どのクラスでもほとんどラップ構成が同じであることがわかります。

この理由は、1-2ハロンは下り坂、3-7ハロン目までは上り坂、8ハロンから直線までは下り坂で、直線スパートを迎えるというのが中山2500mです。わかりにくいので、JRAから画像を拝借してきました。

・❶〜❷、❺〜❻、❹〜❶・❺は下り坂

・❷〜❹は上り坂

 

参照:http://www.jra.go.jp/facilities/race/nakayama/course/index.html

つまり、ラップとしても非常にわかりやすく、❷〜❹までの区間が非常に時計がかかる一方で❹をピークの勾配として、それ以降はペースが加速を続けるのが特徴となっております。これはどのクラスでも同様の傾向があるので、有馬記念でも例外ではないと考えられます。

距離も長く、上り坂の多いコースであることからもそこまでペースを上げたくないジョッキー心理と下り坂で物理的にペースが上がってしまうのがこのコースの特徴です。

こういうラップになりますと、どうしても持続力勝負になりがちというのがこのコースの特徴です。

コース形状と枠の関係性

過去5年のデータですと、平場のレースだけで見れば、内枠が有利であることは間違いありません。日経賞と有馬記念しかありませんが、重賞レースで見ると内枠よりもむしろ6枠や7枠が有利であるようなデータになります。但し、8枠は死に枠であり非常に厳しい条件であることは忘れてはいけません。

こういいますと、8枠以外はそんなに影響がないのではないかと思ってしまいますが、その理由は単純にスタートしてから最初のコーナーまでの距離が短いとはいえ、コーナーとはいえない直線のようなコーナーだからだと考えております。

直線のようなコーナーということは、そんなに遠心力がかからないので、外枠の馬でも先行して内を狙う競馬がしやすいのではないかと考えております。まとめますと枠は、できれば内枠に入りたいですが、馬とジョッキーの実力で何とかなるってことになると思います。

有馬記念で知っておきたい傾向

有馬記念のラップ

上記では、コースとラップの関係性を少し詳し目にお話ししました。次は有馬記念のラップを詳しくみましょう。

他のレースと同様に、6ハロンから7ハロン目までの上り坂をピークに、持続力勝負になるパターンと6ハロンから7ハロンも含めてペースが厳しくなるパターンとが50%づつの可能性でありえるのが有馬記念です。これは血統的にも露骨に影響が出ているので、その件については、下記ブログにてご参照頂ければと思います。

有馬記念を予想する前に絶対に知っておきたい血統傾向

何が言いたいかというと、有馬記念は他の同コースのレースと比較してもペースが落ち着きにくいタフなレースになる可能性があるということです。これを念頭に置いた上で、何を重視していくべきかを考えたいと思います。

有馬記念の枠順傾向

過去10年の有馬記念の枠順傾向ですが、下記の通りです。ダービーのように大差はないものの、若干内枠が有利ですね〜というレベルだと思いますので、極端に外枠にならない限りは、そこまで重視しなくてもいいかな〜という程度ですが、先行馬は消耗戦になるリスクがあるので、是が非でも内枠に入りたいでしょう。

 

枠番 着別度数 勝率
1枠 2- 2- 1-13/18 11.1%
2枠 1- 2- 0-15/18 5.6%
3枠 1- 2- 1-14/18 5.6%
4枠 1- 2- 1-16/20 5.0%
5枠 1- 1- 3-15/20 5.0%
6枠 2- 0- 2-16/20 10.0%
7枠 1- 0- 2-17/20 5.0%
8枠 1- 1- 0-18/20 5.0%

有馬記念の脚質傾向

これはわかりやすいですね。前が有利です。内の前目で競馬する脚質が有馬記念では求められるようです。

 

脚質 着別度数 勝率
逃げ 2- 0- 1- 8/ 11 18.2%
先行 4- 3- 2- 28/ 37 10.8%
差し 3- 5- 4- 46/ 58 5.2%
追込 0- 1- 2- 40/ 43 0.0%
マクリ 1- 1- 1- 2/ 5 20.0%

有馬記念で知っておきたい傾向

単純な傾向ばかりで全く面白くないですよね?調べてみると面白い傾向があったのを発見しました。

下記は、天皇賞・春と菊花賞のラップです。

【天皇賞春】

【菊花賞】

京都の菊花賞と天皇賞春が開催されるス京都3000mと京都3200mと非常にラップがよく似ているということです。これは京都コースでも、6回のコーナーで上り、下りのコース形状でラップが決まってくるコースであることから中間地点をピークにタップが緩くなりその後の持久力勝負になるというのが、定番です。特に菊花賞は、中間ラップが緩む有馬記念とラップ構成が酷似し、天皇賞春は中間ラップが厳しいタフな流れの有馬記念とラップが酷似しているように思います。

そういう意味でも、天皇賞春・菊花賞の2つのレースで好走している馬については、注目が必要でしょう。確かに過去の有馬記念の好走馬を確認するとゴールドシップ、オルフェーブル、サトノダイヤモンド等京都の長距離レースで実績のある馬がしっかりと勝利していることがわかります。

有馬記念2018 コース適性のある注目馬

さぁ、これまで中山2500mと有馬記念の流れについて詳細に分析しましたが、今年の有馬記念の特別登録馬で適性があると思われる馬をピックアップしていきましょう。

先ほどの話を整理しますと、

❶ラップは、勾配がピークとなる中間地点を起点に持久力勝負となる。

❷内枠の先行馬は有利であるが8枠以外であれば最初のカーブは直線のようなカーブなので拒絶反応は不要

❸菊花賞や天皇賞春の好走組を狙いましょう。

まずは、明確な逃げ馬のキセキがどのようなペースにするのかが気になりますが、天皇賞秋、ジャパンカップともに凄まじく速い時計でしたので間違いなく厳しいラップになるのが目に見えています。そうなると重視したいのは、菊花賞よりも天皇賞・春の好走組でしょう。

この特別登録馬の中で、天皇賞春で好走しているのは、下記です。

・クリンチャー

・サトノダイヤモンド

・シュヴァルグラン

上記3頭になります。上記3頭の中でも、好走した天皇賞春が厳しいラップ傾向での持久力戦であったレースで好走した馬を事前注目馬としたいと思います。下記ブログランキング(B)で馬名紹介中です。


中央競馬ランキング

また、キセキが控える競馬をするとかで、上記とは異なる中間ラップが緩いペースになった場合での事前注目馬を下記ブログランキング(B)で馬名を紹介中です。


最強競馬ブログランキングへ

【PR】 J.H.A

17年2着クイーンズリング 8人気 3連単25,040円(1-8-3人気)
15年1着ゴールドアクター 8人気 3連単125,870円(8-5-4人気)
14年2着トウザワールド  9人気 3連単109,590円(4-9-1人気)
今週末の有馬記念も何かが1頭食い込む予感!

カペラS53万、中日新聞杯105万、チャンピオンズC24万。そして・・エリザベス女王杯!クロコスミア入れた12点で3連単45万。馬券師Gマイスターは今シーズンG1を筆頭に重賞で点数、金額ともに圧巻の実績です。是非過去実績見てください。
J・H・A馬券師集団の有馬記念厳選買い目を見たい方は・・週末無料で見れます。
サイトはコチラです。(無料厳選買い目)※木曜のお試し依頼も是非!!

 

【PR】サラブレ/Gallopを最も安く読むには楽天マガジン

おすすめコンテンツ

そうだ 競馬しよう〜美女と中央全場旅〜

競馬ガチ勢に加えて、有名インスタグラマー芸能事務所所属の子、人気Youtuberグラビアアイドル等と全国の競馬場を旅して競馬を楽しんでいる競馬番組を発信してます!是非チャンネル登録をお願い致します!

おすすめ動画

大根おろし様との人類史上初のコラボ動画

京都競馬場編

小倉競馬場編

中京競馬場編

福島競馬場編

東京競馬場編

阪神競馬場編

多大なご協力を頂いた皆様
sarajo様
我々のチャンネルに数多くのUMAJO様が出ておりますがsarajoのメンバーからも多数出演頂きましたw可愛い美女多数なので是非!また、メンバーの一人が横浜で競馬バーもしておりますので是非そちらもよろしくお願いいたします!
 
大根おろし様
誰もが皆様ご存知の大根おろし様!Youtube10万人超え、Twitter3万人を個人で超えるモンスターメディアです!福島競馬場で人類史上初のコラボをさせて頂きました!
 
さなびっち様
こちらも誰もが皆さまご存知のさなびっち様です!さなびっち様はUMAJOの中でも飛び抜けた馬券センスを持っておりますし、芸能活動も多数されておりますので色々勉強になりました!
 
穴馬ハンター
仲良くさせて頂いている穴馬ハンター!重賞の穴馬を調教の視点で紹介頂けます!毎週LINEにて配信頂いておりますので、是非お友達登録して激アツ穴馬情報をゲットしましょう!