• HOME
  • Home
  • 中央競馬 , 予想
  • 【チャンピオンズカップ2018】チャンピオンズカップを予想する上で絶対に知っておきたい3つのこと

【チャンピオンズカップ2018】チャンピオンズカップを予想する上で絶対に知っておきたい3つのこと

【PR】競馬の大根おろし×K-BA LIFEコラボ企画

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日はジャパンカップでした!色々あった1日でしたので、振り返りたいと思います。

土曜日:家に帰ってきて色々してから疲れて寝る。起きたら朝4時くらいで急いでブログ書く。

    勝負レースの京都2R、JC、京阪杯全部鬼のように自信あり。床に就く。

日曜日:起床。時計は10時45分。勝負レース終了済。結果見ると勝負レースの本命馬が8人気2着。

       絶望で不貞寝しようとしても眠りすぎて眠れず。ジャパンカップ前にぼちぼち競馬してフィアーノロマーノ出遅れで意気消沈。

       トニービンに注目したジャパンカップは、番組で。

       京阪杯始まる5分前にツイッターのフォロワーが6千人になったので6千人企画で1点6千円企画実施。岩田騎手に救われる。

こんな感じでした。いや、アーモンドアイのレコードが凄まじすぎてもう言葉も出ませんでした。この馬は世界中で走るべきですね。もう勝てる馬がどこにいるのでしょうか。馬場を読み切って先行したルメール騎手も神がかっていましたし、そのアクションに答えたアーモンドアイも神がかっていました。2分20秒6は、アルカセット、ホーリックスの持つ2分22秒2やディープインパクトやキングカメハメハの持つ2分22秒3に1秒以上速いワールドレコード。こんなレースもうしばらく見れないでしょう。凄まじいスーパースターホースの誕生に歓喜ですね。

京阪杯は、淀を本拠地におく我々からしたらサービス問題でした。内枠の先行馬を買っていれば当たるのでダノンスマッシュ軸ですが、馬連ですと点数が多くなるので枠連で21万円ゲットできました。ブログでもTwitterでも事前に伝えていたので少しは貢献できたと思います。

こんないい日曜日でも競馬は終わりません。ダートの頂点決定戦、チャンピオンズカップ2018です。このレースを予想する上で絶対に知っておきたい3つのことをこのブログで紹介致します。

チャンピオンズカップを予想する上で絶対に知っておきたい3つのこと

中京ダ1800mコース分析

チャンピオンズカップが開催される中京ダート1800mは、下記のような特徴があります。

・上り坂の途中がスタート、向正面も上り坂

・残り1000mあたりから直線まで下り坂

・直線最後が上り坂

・最後の直線は410mと東京の次に長い

このようなダートコースでありますので、逃げ、先行馬が有利な流れになることが多いです。中京1800mのコース傾向として、逃げ・先行馬の単勝回収値は、逃げについては160円超え、選考については120円超えとベタ買いでも儲かる計算になります。この要因としては、上り坂スタートかつ向正面も上り坂で、3〜4コーナー全てが下り坂なので、ペースが上がりにくい上に、3〜4コーナーはコースの助けもあり加速できることが大きな要因です。

但し、重賞級のレースになると話は別です。このコースで過去10回重賞が開催されましたが、逃げ馬は1勝かつ単勝回収値で13円、先行馬は4勝も単勝回収値は46円といきなり性質が変わるレースになります。

この要因がラップです。重賞のレースになると中京ダート1800mですと3コーナーまで続く上り坂でもペースが緩まないので、ハイペースになりがちです。

次にラップを見ていきましょう。

チャンピオンズカップのラップ

チャンピオンズカップが開催された過去4回分のラップを分析します。

まず、注目は2ハロン目が過去3年で10秒台のラップを刻むことになります。ここでハイペースの激流になりますので、時には前半3ハロンが35秒〜36秒前半とダート1800mにしては速いペースになります。向正面では上り坂になるものの、ラップとしては極端に緩むこともないので、時計以上にラップとしては厳しいというのが正しい見方です。

そういう意味でもチャンピオンズカップの想定は、ハイペースであり、持続力やスタミナが必要になるという理解が一番いいと考えます。

チャンピオンズカップの注目血統

このレースは、とにかくヴァイスリージェント系に注目したいです。

過去4年間でも下記の好走馬がいます。

2014年 ローマンレジェンド

2015年 サンビスタ、サウンドトゥルー

2016年 サウンドトゥルー、アスカノロマン

2017年 ゴールドドリーム、テイエムジンソク

このように毎年好走しておりますし、特に2015年〜2017年のようにハイペースになるとこの血統が注目できます。

今年の特別登録馬での該当馬を選別したいと思います。チュウワウィザードとダノングッドは除外対象とします。

・アスカノロマン

・アポロケンタッキー

・アンジュデジール

・インカンテーション

・ウェスタールンド

・クインズサターン

・ゴールドドリーム

・ミツバ

上記の8頭になります。

チャンピオンズカップ2018 事前注目馬

このレースは、ハイペースになりやすく逃げ馬には厳しいスタミナの必要なレースであることを説明しました。また、起伏のあるコースですので、欧州スタミナ系血統に注目したいと思います。過去にもニジンスキーやサドラーズウェルズやヌレイエフのような馬に注目しますと、

2014年 ホッコータルマエ、ローマンレジェンド

2015年 サンビスタ

2016年 アウォーディー

2017年 ゴールドアリュール、テイエムジンソク、コパノリッキー

と毎年好走していることがわかります。今年もゴールドドリームは当然注目が必要ですが、それ以外に注目したい馬は、ヴァイスリージェント系と欧州スタミナ系を2つもつ馬を2頭紹介したいと思います。

1頭目の注目馬

1頭目は、ヴァイスリージェント系に加えてニジンスキーを持つ穴馬候補です。また中京ダート1800mの枠組で非常に成績のいいエーピーインディを持っておりますので、期待しております。オッズ的にも非常に面白いですし、上がりがかかるタフなレースになればなるほど相手なりにしっかりと馬券にきてくれる穴馬候補として紹介したいと思います。下記ブログランキングで馬名を紹介中です。


中央競馬ランキング

2頭目の注目馬

こちらもヴァイスリージェント系に加えて、欧州スタミナ系の母型を持つ馬です。間違いなく大穴でしょうけど前が潰れてくれるような展開になれば、一発あるかも!?なんだかんだで去年もいい競馬してるので狙っても損はないかもしれないですねw


最強競馬ブログランキングへ

以上です!来週も競馬楽しみましょう!