【フェブラリーステークス2019】フェブラリーSを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

【PR】外厩情報を無料でゲットするにはこちら

【!】LINE@始動! 勝負RはLINEで配信予定!

友だち追加

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は、2019年中央競馬一発目のG1”フェブラリーステークス2019”を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介します。フェブラリーステークスは、東京ダート1600mで開催されるレースですが、ダート番組は、1400m以下と1800m以上のレースが非常に多いので、経験している距離が違う馬が数多く混在してのレースとなりますので、レースの特徴をしっかりと把握した上で予想する必要があります。

こういった点をG1なのでいつもの2倍丁寧に紹介していきたいと思いますので、是非最後まで読んでいただければありがたいです。

フェブラリーS2019 特別登録

これは面白いレースになりそうです。まずは超新星インティ。時計だけなら冬場の最も時計のでにくい東海ステークスでダート王のルヴァンスレーヴに勝る時計で圧勝。まだまだ余裕のある感じでしたし、馬の完成もまだ先とのこと。先行して上がり最速を出せる怪物に対して、古馬からはこの舞台大得意のゴールドドリーム、東京大賞典で古馬を撃破したオメガパフューム、昨年覇者のノンコノユメ、そして今年最も話題は、鞍上藤田菜七子を手配したコパノキッキング。この豪華メンバーにルヴァンスレーヴがいればドバイよりもいい舞台になったと思うのに本当に残念ですが、考えられる限り最高のメンバーが揃いましたね。

馬名
アンジュデジール55ディープインパクト
インティ57ケイムホーム
オメガパフューム57スウェプトオーヴァーボード
クインズサターン57パイロ
コパノキッキング57Spring At Last
ゴールドドリーム57ゴールドアリュール
サクセスエナジー57キンシャサノキセキ
サンライズソア57シンボリクリスエス
サンライズノヴァ57ゴールドアリュール
ナムラミラクル57スパイキュール
ノボバカラ57アドマイヤオーラ
ノンコノユメ57トワイニング
メイショウウタゲ57プリサイスエンド
$モーニン57Henny Hughes
ユラノト57キングカメハメハ
レッツゴードンキ55キングカメハメハ
ワンダーリーデル57スタチューオブリバティ
ヴェンジェンス57カジノドライヴ

フェブラリーS 絶対に知っておきたい3つのこと

外枠の上がり最速馬を探そう

東京ダート1600mの最大の特徴は、スタート後に150m程度芝を走ることであり、30m程度外の方が長いことが特徴的です。芝の方がスピードを活かせ、外枠の馬が前にいき、内枠の馬が後ろに下がってしまうということからも、外枠の方が有利になります。このようなコースなので、ダートスタートを得意な馬がスタートで手こずることもよくあります。さらに、コースとしても直線が非常に長くて末脚に自信のある馬の活躍が目立ちます。

数値的にこのことを説明しますが、過去5年の全てのダート1600mの傾向をみていきたいと思います。まずは、クラス別ラップをみてみます。

上級クラスになれば、前半3ハロンが速く、かつ上がりの時計が36秒台となるので、非常にスタミナと1ターンダートからの速い末脚を求められる直線勝負に適応できる軽さも特徴的です。

前半3ハロンが速い理由は、前述の通りでスタートして150m程度芝があることにより外枠の馬が先行することと内枠の先行したい馬が飛ばすことからもペースが速くなるのだと考えられます。また、枠順の傾向としては、外枠有利。過去5年間でも下記の通りです。

この通りで、1番枠が3.7%の勝率であすが、7枠、8枠は共に7.5%の勝率であり、この傾向は明らかです。

次に、直線が長く、速い上がりが求められる軽さも必要であるということをお伝えしましたが、脚質の傾向としては下記です。

上がり上位が全て単勝回収値が100円超えであり、東京のダートマイルは、上がりが非常に重要です。基本的にはダートレースであるので、逃げ・先行馬が有利であるのは確かですが、それよりも上がりが重要なコースになります。

それでは、上記を意識してフェブラリーステークスでも該当するのかを確認していきたいと思います。まずは、外枠の優位性を確認したいと思います。過去10年間の成績で下記です。

単勝回収値を見ても7枠・8枠の成績が抜けていることがわかりますので、例外はないでしょう。次に、コースラップと上がり3ハロンについても確認していきたいと思います。

フェブラリーステークスの過去10年のラップですが、過去10年中9年が前傾ラップの持続力勝負です。前半が34秒台で後半が35秒台も必要なレースであることがわかります。先行争いで前半が速く、コーナーもやや下り坂のコースでペースが落ちにくいのですが、上がりもそれなりのレベルを求められる非常にスピードの持続力が求められるレースであることがわかります。上がり最速馬の成績についても確認します。

上がり1位と2位は単勝回収値が200円を超えてますし、6位以下は話になりません。その為、ある程度のポジションで脚をためて速い上がりが出せるレースをしなければならないレースであることがわかります。

コースの形状からも外枠の上がり最速馬を買いましょう!

前走先行できた距離短縮馬を積極的に買おう!

冒頭に少し説明しましたが、ダートコースは1400m以下と1800m以上の番組が非常に多いです。そのため、1600mであるフェブラリーステークスでは、距離短縮馬と距離延長馬が激突することになります。結論からいいますが、フェブラリーステークスは、距離短縮馬が買いです。

この通り、距離短縮馬が過去10年で7勝、単勝回収値が389円と非常に好成績です。私の予想ではよく距離短縮とよく言うのですが、この距離短縮理論が非常に狙いやすいレースがこのフェブラリーステークスでしょう。

まず、フェブラリーステークスは前傾ラップの持続力勝負であることをお伝えしました。前半3ハロンが非常に速く、中間ラップもそんなに緩まず、上がりも求められる非常にタフさを求められるレースであることを伝えました。

競馬予想では最早常識となっているMの法則でも有名な競争馬はストレスがない状態で走れることが最も力を発揮できるという理論に基づけば、前走何m走ったのかを覚えていない競争馬は、距離が短縮されると前走よりもストレスなくゴール前を通過できるということになります。

さらに、前半のペースが速くなる短縮のレースであれば、距離が長い前走で先行できていた馬であれば、よほど超絶な前傾ラップにならない限りは、問題なく追走できるので、前走と比較してもスタミナを温存した状態で直線を迎えることができるので有利という理論になります。

実際、このフェブラリーステークスでは、過去7勝しておりますが、距離短縮が得意な馬が非常に多いことも特徴的です。今でこそ名馬であるコパノリッキーも最低人気で初G1を制覇したのはこのフェブラリーステークスです。さらに前走フェアウェルステークス(1800m)を先行して9着からの距離短縮でフェブラリーステークスでは当時の最強馬ホッコータルマエやベルシャザールを打ち負かしての勝利でした。ホッコータルマエも距離短縮ですが地方交流重賞の緩いペースでしたし、ベルシャザールはJCDですが先行ではなく差しの競馬でした。前走先行した馬の距離短縮は狙い目であることは過去の大穴配当からも紐解くことができます。

長々と説明しましたが、とにかくフェブラリーステークスは前傾ラップのタフなレースであるので、距離短縮馬を狙いましょうということです。

ボールドルーラー系を狙おう!

フェブラリーステークスの血統は、今回ボールドルーラー系を狙おうと書きましたが、違和感を覚えますよね?おそらく理由は、下記です。

・ゴールドアリュール天国違うの?

・ボールドルーラーなんて一杯いるやん

正しくその通りですw

ゴールドアリュール産駒では面白くないですし、ボールドルーラーの中でも狙いたい血統を紹介したいと思います。

まずは、フェブラリーステークスの過去10年の血統成績ですが、下記です。

そらゴールドアリュールですよねって感じになりますが、これではゴールドドリーム一択ですねの一言で終わるので単純に面白くないのと、この驚異的な単勝回収値はコパノリッキーの初G1制覇でかなり水増しされているので数字としてはそこまで信用がないのではないかということで違う傾向狙いたいと考えました。過去10年の血統表を長々と見ましたところ、セクレタリアトやネヴァーベンド等のボールドルーラーも目立つのですが、このレースは、他のレースがイマイチでもしっかりとフェブラリーステークスだけ好走するような馬が過去何頭もいることに気づきました。

・カジノドライブ

・テスタマッタ

・インカンテーション

・ベストウォーリア

これらの共通点ですが、ボールドルーラーだけではなく、エーピーインディでした。米国の持続力勝負に強いこの血統は、日本でもTapitやシニスターミニスターを通じて高い適応性を見せている名種牡馬です。このエーピーインディを持つ馬に注目しましょう。

フェブラリーステークス2019 傾向まとめ

・外枠の上がり最速馬を狙え

・距離短縮馬を買おう

・エーピーインディを探せ!

上記3つがフェブラリーステークス2019を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことです。次回水曜日あたりに、上記傾向から今年の特別登録馬の中で狙える馬を探していきたいと思いますので、是非お楽しみに。今年はG1については本気中の本気で傾向分析もしていきますので、何卒よろしくお願いいたします。

そうだ 競馬しよう〜美女と旅競馬編〜

ダービーインパクト
現在950万人がダウンロードされているメガアプリダービーインパクトは、実名使用はもちろん、最大の魅力はなんと言ってもフル3Dグラフィックのレースシーン!!競馬仲間とグループチャットを作って馬の配合やレース予想についてわいわい盛り上がってます!アプリ内では自分が育てた馬を実名レースに出馬させることもできます!さらに、競馬予想で賭けができたりと馬券的中の勘が鍛えられること間違いなし!競馬で負けて、ダビマスでハートが無くなったらダビパクして翌週まで節約するのが競馬通でしょう!
 
 ダービースタリオンマスターズ

プレイヤーが牧場のオーナーとなって、競争馬を配合から引退までとことんオーナー気分を楽しめるゲームです!騎手や馬名、レース名までが実名なのがリアルであり、競馬場だけでは知り得ない競争馬の裏の姿を知ることができますし、馬好きにも楽しめることができるアプリです。物語性もあり、競馬アプリなのにロールプレイングゲームのような面白さがあります。競馬をやったことがない初心者でも血統や配合についても語れるほど詳しくなれますし、教科書代わりで使えるような内容です!まだダウンロードされてない方は、下記リンクよりDLし、是非一緒にダビマスで熱く語りましょう!競馬で負けすぎたら絶対競馬アプリで時間つぶしが一番です!