【ヴィクトリアマイル2019】絶対に知っておくべき傾向から導く本命馬【余裕の2択?】

【PR】外厩情報を無料でゲットするにはこちら

【!】LINE@始動! 勝負RはLINEで配信予定!

友だち追加

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

ヴィクトリアマイル2019の予想記事です。

ゴールデンウィーク明けが凄まじく忙しく、あいみょんの歌を聴いて元気になろうとしているのですが、まだまだやる気がでないですね。叩いて、叩いて仕上がるタイプなので、おそらくキングマンボの血が流れているのでしょう。また、Youtubeでも新企画をアップしたので、是非ご視聴ください!毎週水曜日にアップ予定です。

さて、本題のヴィクトリアマイル2019の絶対に知っておくべき傾向から導く本命馬を紹介したいと思います。

絶対に知っておきたい3つのことは、下記ブログにて紹介中しております。

【ヴィクトリアマイル2019】VMを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

本日は傾向から、特別登録馬をスクリーニングし、最後に残った馬を紹介していきたいと思います。

ヴィクトリアマイル2019 予想

前半緩みスピードが求められる

このレースは、他の東京マイルレースと比較すると牝馬限定戦であることからも、前半が緩み、スピードの切れ味を求められるレースです。32秒台の馬が台頭することもあるので、スピードが非常に重要な要素となります。

そこで、過去の好走馬の共通点は、1600m以下の牡馬混合戦で、しっかりと実績を残した馬です。

例えば、このレースで大得意なストレイトガール。牝馬でありながらスプリントG1を制覇し、香港スプリント3着という非常に素晴らしいスピードを持った快速っ娘です。このストレイトガールのすごさは、ミッキークイーンやジャパンカップを勝利したショウナンパンドラにも勝利しているのです。中距離では牡馬を粉砕できる実力馬を撃破してヴィクトリアマイルを制覇していることからも”スピード”が重要なレースであることがわかります。前半緩み、後半にすぱっと切れる脚を使える馬が狙えるこのレースでの注目馬を紹介します。

条件は、1600m以下の牡馬上級混合戦で好走している馬です。

・アエロリット

 NHKマイルカップ1着、安田記念2着

・プリモシーン

 関屋記念1着

・ミエノサクシード

 京都金杯3着

・レッツゴードンキ

 高松宮記念2着、スプリンターズS2着、阪急杯2着

・レッドオルガ

 東京新聞杯2着

・ワントゥワン

 富士ステークス2着、オータムハンデ2着、関屋記念2着

上記の6頭が該当します。

スプリント血統や末脚に特化した欧州スタミナ系

このレースでは、スピードが重要でありスプリント血統や末脚に特化した欧州スタミナ系のニジンスキーやダンシングブレーヴに注目です。

上記の6頭の中でも、該当馬は下記になります。

・プリモシーン

 ニジンスキー、ダンチヒ持ち

・ミエノサクシード

 エーピーインディ、ダンチヒ持ち

・レッツゴードンキ

 ニジンスキー持ち

・レッドオルガ

 ダンシングブレーヴ、プリンスリーギフト

上記の注目血統を持ちながらも、中間ラップが緩むこのコースでは最強クラスの種牡馬であるディープインパクト産駒を注目血統として、本項では、プリモシーンとレッドオルガを注目馬とします。

プリモシーンかレッドオルガどっち?

ここまでの傾向では、この2択になっております。それではどっち?を選んでいきたいと思います。


このレースではとにかくスピードが求められます。中間ラップが緩み、その後にトップスピードのレベルの高さがそのまま結果につながります。各馬の分析をしたいと思います。

プリモシーン

プリモシーンは、血統は抜群。さらにいつも通りの天栄仕上げ。一方で馬自身の資質はヴィクトリアマイルに求められる資質に対して、どうかというところを見ていきたいと思います。

この馬の実績を見てみると、好走実績が面白いですね。

牡馬混合戦で実績を残しているダービー卿と関屋記念は、前半3ハロンが33秒9と34秒2という前半3ハロンが速いペースですので、ヴィクトリアマイルと比較すると少し持続力勝負よりのレースで好走しております。関屋記念は上がり3ハロンが新潟でも34秒4という少し上がりがかかったようなレースです。

そういう意味でも本当にヴィクトリアマイルで好走するのか?というと少しトップスピードに不安があるかなと考えております。緩みに緩んだレース経験が未勝利くらいしかないので、ヴィクトリアマイルでいきなり変わる可能性があるかな?と思いますが、実績がない分満点ではございません。

レッドオルガ

この馬も血統的には文句がつけようがなく、しがらき仕上げ。さらに加点としては、チートのように東京マイルに強い母系だということです。過去にもレッドヴェイロン、レッドアヴァンセ、クラレントと兄弟がこのコースで荒稼ぎしております。レッドオルガも例に違わず、東京新聞杯や紅葉ステークスで牡馬相手にも激走。血統的には満点評価でしょう。

さらに、この馬の好走パターンは、前半3ハロンがとにかく緩むレース。東京新聞杯も前半3ハロン34秒5と緩むレースであり、紅葉ステークスに至っては35秒7。安田記念などと比較すると緩むヴィクトリアマイルでは非常に相性がいいのではないでしょうか。

血統的にも展開的にもTHE ヴィクトリアマイル馬ということで、おそらく人気するでしょうが、他の有力馬が持続力戦に強い馬が多いということもあり、人気を分け合ってくれれば単勝でも面白いかもしれませんね!?

ということで、私の現時点での本命馬は、レッドオルガになります。

ヴィクトリアマイル 外厩

 マイルカップもしがらき組のアドマイヤマーズやカテドラルでしたね!この東京マイルは、ノーザンファーム生産馬がとにかく桁違いに強いです。全レースの4割くらいは、ノーザンファーム生産馬のようです。例にたがわず、ヴィクトリアマイルでもノーザンファーム生産馬は、5勝2着5回と圧巻の成績。これも外厩の力なのでしょうか。今年の外厩を紹介します。

天栄仕上げは、アエロリット、ノームコア、プリモシーンです。しがらき仕上げは、ラッキーライラックとレッドオルガです。ヴィクトリアマイルやその他レースで外厩仕上げ馬を調べたい場合は、無料で競馬セブンにて配信されております。競馬セブンを無料登録後にて無料コンテンツの社台軍団の秘話というコンテンツにアクセスしますと”社台外厩リターン”というコンテンツがありますので是非ご参照ください。

そうだ 競馬しよう〜美女と旅競馬編〜

全国で色んなUMAJOと馬券バトルを通じて回収率向上を目指す番組です。

サラブレ・Gallopを格安で読む裏技

皆さま!毎週サラブレやGallop等を購入して読まれてますか!?1冊サラブレは960円でGallopは720円ですが、それらをほぼほぼ無料で読書する方法をご紹介致します。

楽天マガジン に登録することです。楽天マガジン は、380円/月でサラブレやGallopといっや競馬雑誌以外にも250誌以上が読み放題です。これだけでも元がとれることがわかりますし、さらに、ポイントでも支払えますので、楽天カードを利用の方は、ほとんどの方は無料で読めるのではないでしょうか!?この楽天マガジンの登録は非常に有意義ですし、生活費のコストダウンに直結するので非常におすすめですね!

さらに、地方競馬を日常的に実践されている方は、上記を無料にする為に楽天競馬を絶対に活用すべきです。楽天競馬でも楽天ポイントが溜まり、そのポイントで競馬雑誌を無料で読む。これが新世代の競馬好きが集まるK-BA LIFEならではの情報収拾方法でしょう!