【中日新聞杯2018】中日新聞杯を予想する上で絶対に知っておきたい3つのこと

【PR】外厩情報を無料でゲットするにはこちら

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は、中日新聞杯2018の予想記事です。少し速いですが、本命馬についても触れたいと思いますが、いつもと同様に中日新聞杯2018を予想する上で絶対に知っておきたい3つのことを紹介してから本命馬紹介を致します。

中日新聞杯2018を予想する上で絶対に知っておきたい3つのこと

トラックバイアス

ルヴァンスレーヴの圧勝に沸いた先週の中京競馬場ですが、ただ個人的に気になったのは、中京芝の異常な時計の速さです。

先週日曜の中京9R

豊川特別 3歳上500万下1600m

1着 トライン 1.33.3 上がり32.9 ←!?

上がり32.9を見て一瞬、新潟かと勘違いしてしまいました。2着のバルマリアも上がり33.7でしたから、かなり時計が速そうです。(ちなみに1、3着馬はディープ産駒)

同日の中京10Rに関しては、

鳥羽特別 3歳上1000万下(牝)1400m

1着ラベンダーヴァレイ 1.20.6 上がり34.0

1400で1.20.6って、単純に1F12.0秒を足したら、マイルで1.32.6秒換算ですから普通に速いです。

(ちなみにこのレースも1、3着がディープ産駒。こういう速い時計で差し込める馬場がディープは滅法強いです)

昨年の本レースでは、勝ち馬メートルダールが上がり33.6で差し切りましたし、速い上がりで差し切れるスピードがほしいと言えます。ただ昨年の本レースで一番注目してほしいのはトラックバイアス(馬場傾向)。1着メートルダール、2着ミッキーロケット、4着ショウナンバッハや6,7着馬までも大外から伸びてきており、圧倒的に外に有利な馬場だったと言えます。中京競馬場はトラックバイアスの傾向が変わりやすいので、当日に見極める必要があります。

このレースのラップを確認してみると、過去10年で3回12月開催がありましたが、2008年、2017年は前後半で1秒以上も後傾ラップのレースであり、上がり3ハロンも34秒前半と非常に上がりのスピードを求められるレースであることがわかります。

ローテーション

本レースは元々12月に行われていましたが、3月に移った後、昨年から12月2週目に戻ってくることとなりました。

このような微妙な時期にある重賞で大事なことはこのレースを次走への叩きとして出走させているのか、それともこのレースを取りに来ているか見極めることです。(このレースに限らず全てのレースに言えることですが)

例えばメートルダールは典型的なサウスポーで、左回りとなると東京、新潟、中京しかレースがありません。

新潟はしばらくレースがないし、東京の毎日王冠や天皇賞秋はレースの敷居が高すぎる。。

となると昨年で高い適性を見せたこのレースを目標とするのは当然でしょう。

一方でギベオンやグレイルは3歳馬で、使うレースがないし、とりあえず使ってみるか感がすごいです。

もちろん素質馬ですから、あっさり勝利されても驚きはしませんが、ギベオンはレース適性がイマイチ掴めてない馬ですし、2頭とも人気もしますから、積極的には狙いづらいです。またストロングタイタンは休み明けで、まだまだこれからといった状態のように映ります。

また中京といえば、以前の記事でご当地馬主を紹介させていただいたところです。

その馬主さんが2頭出しですから、注目でしょう。

中日新聞杯で役立つ血統知識

このレースは、アーネストリーが作るような上がりのかかるレースになるとトニービンやロベルトといった持続力に優れた種牡馬の産駒が好成績を残すのですが、後傾ラップの上がりが速いレースになるとどうしてもディープインパクト産駒とキングマンボを筆頭にミスプロ系の活躍が目立ちます。

今年は明確な逃げ馬がおらず、逃げたとしてもサイモンラムセス、ドレッドノータス、マイスタイルと最近はどちらかというと控えているような馬ばかりです。何がなんでもの馬がいないと中京2000mはどうしても直線長く、坂もあるため、構えがちです。今年も速い上がりが求められるレースになると想定されます。

過去の後傾ラップのレースでは、下記のように活躍馬が多数です。

2008年:

ヤマニンキングリー(父ミスプロ系

フサイチアソート(父ミスプロ系

2012年:

ダノンバラード(ディープ産駒

2014年

マーティンボロ(ディープ産駒

ラキシス(ディープ産駒

ラブリーデイ(キングカメハメハ産駒

2015年

ディサイファ(ディープ産駒

デウスウルト(キングカメハメハ産駒

2016年

サトノノブレス(ディープ産駒

2017年

ミッキーロケット(キングカメハメハ産駒

今年もこの傾向を踏襲していれば当たりそうな感じはします。

中日新聞杯2018 予想

今回は特に穴から!

◎下記ブログランキングで紹介中!



中央競馬ランキング

中京注目オーナーの1本目の矢。Twitterをみている方ならすぐに感づかれたかもしれませんが、中京のこのオーナーの複数頭出しは黙って買いです。さらに、53キロ、注目血統もあいまって買い要素満載。テン乗りではなく、前走と継続ジョッキーというのも最初からこのレースを目指していた証拠でしょうね。また前走は短期休み明けで、+12キロで余裕残しでしたし、色々と香ばしい匂いがプンプンとしますw

◯下記ブログランキングで紹介中!



最強競馬ブログランキングへ

注目のオーナーの2本目の矢。(むしろこっちが実力的に本線かもしれません)

前走のエリザベス女王杯で狙った人もいたかと思いますが、エリザベス女王杯は叩きレースで、このレースと1月の愛知杯が目標なのを私は最初から読んでおりました。笑51キロのハンデも手頃ですし、中京の実績も申し分ない。1発の魅力は十分でしょうが、こちらは次の愛知杯でも引き続き狙えそうです。◎の馬より実績ありますし、こちらが本線でも全く問題ありませんね。

▲ショウナンバッハ

これまた大穴から攻めますよ。

昨年の4着馬で、一昨年もこのレースに出走してるんですよね。

つまり陣営はこのレースに対して適性があると踏んでいるのでしょう。

また前走はスタートして出遅れて、ジ・エンド。まさにヤラズといったレースでした。

今回の斤量が54キロとかなり手頃ですが、前走わざと大敗することによって、今回の軽い斤量を狙いにいったとしか考えられないんですよね。。

前走は現地でこの馬を拝見しましたが、7歳とは思えぬくらいの活気があったことを申し添えさせていただきます。

この人気なら狙い目でしょう。

この3頭で決定すれば間違いなく帯間違いなしです!今週も競馬楽しみましょう!

【PR】競馬リポート

数多くの競馬サイトを検証した競馬リポートが結構面白いので紹介しております。完全無料登録で管理人が身銭を切った検証情報を得れるのはここだけ!?

ダービーインパクト
現在950万人がダウンロードされているメガアプリダービーインパクトは、実名使用はもちろん、最大の魅力はなんと言ってもフル3Dグラフィックのレースシーン!!競馬仲間とグループチャットを作って馬の配合やレース予想についてわいわい盛り上がってます!アプリ内では自分が育てた馬を実名レースに出馬させることもできます!さらに、競馬予想で賭けができたりと馬券的中の勘が鍛えられること間違いなし!競馬で負けて、ダビマスでハートが無くなったらダビパクして翌週まで節約するのが競馬通でしょう!
 
 ダービースタリオンマスターズ

プレイヤーが牧場のオーナーとなって、競争馬を配合から引退までとことんオーナー気分を楽しめるゲームです!騎手や馬名、レース名までが実名なのがリアルであり、競馬場だけでは知り得ない競争馬の裏の姿を知ることができますし、馬好きにも楽しめることができるアプリです。物語性もあり、競馬アプリなのにロールプレイングゲームのような面白さがあります。競馬をやったことがない初心者でも血統や配合についても語れるほど詳しくなれますし、教科書代わりで使えるような内容です!まだダウンロードされてない方は、下記リンクよりDLし、是非一緒にダビマスで熱く語りましょう!競馬で負けすぎたら絶対競馬アプリで時間つぶしが一番です!