【函館2歳ステークス2019】函館2歳Sを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は、ノー残業デーの水曜日でしたが、がっつりと残業して帰ってきました!働き方改革とはなんのことやら、目の前でお客様が待っていれば働く、これが日本のサラリーマンの働き方でしょう!と適当に自分を納得させてますが、さすがに夏競馬終わったあたりからはできるだけ残業なくゆっくりとブログや動画作成の時間を確保したいなと考えております!

また、ブログでは最近こういう系の記事もよく書くようになっているので、もっともっといろんなジャンルをかけるようにしたいと思いますので時間捻出したいと考えております。

【競馬入門】夏競馬を攻略する為に絶対に知っておきたいこと

【競馬入門】新馬戦を予想する前に絶対に知っておきたいこと【芝編】

【競馬入門】新馬戦を予想する前に絶対に知っておきたいこと【ダート編】

基本的には、競馬ブログ、Youtube配信、筋トレを仕事時間の以外でどれだけ詰め込むことができるかを意識して活動しておりますので、時間捻出術とかはそこらへんの本屋さんにあるタイムマネジメント本よりも間違いなく実践的だと思いますのでこの方法論を欲しい方は売りますよ!(冗談です)

それでは、余談がすぎたので、本題に写りたいと思います。

本日は、今年初、令和初の2歳重賞”函館2歳ステークス”を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介します。この函館2歳ステークスは昨年パイセンとWINSでラブミーファインを応援していたら7人気2着でしたが、持っていた馬券は単勝馬券でしたので悶絶でした。このラブミーファインは函館2歳ステークスの予想をする上でも重要な要素を持っており、これから説明するので注目しておいてください。

函館2歳ステークス2019 特別登録

中央初出走の馬も3頭出走登録しておりますが、しっかりと函館の短距離戦で勝ち上がった馬が登録してきておりますし、好時計で勝利したレッドヴェイパーやケープゴットも出走しているので注目したいですね。

馬名
xアザワクカレンブラックヒル
イーサンティラノローレルゲレイロ
ケープコッドダイワメジャー
ゴッドスターアサクサキングス
スマートカーリーエピファネイア
タイセイビジョンタートルボウル
*ニルカンタテソーロSpeightstown
xバブルガムダンサーパイロ
パフェムリヴィクトワールピサ
ビアンフェキズナ
ブルーパピヨンマツリダゴッホ
xプリモジョーカースズカコーズウェイ
プリンスリターンストロングリターン
マンバージョーカプチーノ
メイショウナパワントゥザワールド
ヤマメパイロ
リュウノゲキリングランプリボス
レッドヴェイパーキンシャサノキセキ

函館2歳Sを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

2歳戦らしい前傾ラップの上がりがかかるレース

過去10年のラップを見ていただければわかる通り、函館2歳ステークスは、アメリカンなレースになります。前半3ハロンが過去10年で10年とも前傾ラップの上がりがかかるレースです。上がりは全レースで35秒以上であることからも基本的にはスピードの持続力を求められるレース。

向正面が坂であり海風もある中で前傾ラップであることからも、字面以上に直線はバテバテでしょう。過去10年のラップは下記です。

こういうレースで一発狙ってみたいのは、教科書通りで距離短縮組。過去にも大穴でひやっとするのは距離短縮組み。例えば、昨年のラブミーファインやトーセンシルエットは単勝も人気薄の爆走でした。基本的にサンプル数が少ないのですが、予想以上にタフなレースですので、距離短縮組の爆走は狙ってみたいですね。ただし、地方からの距離短縮組やダートからの距離短縮組みはスピード不足か信用はできないですね。

前走逃げ・先行の経験が生きるレース

このレースは、圧倒的に逃げ・先行が有利です。というのも2歳重賞の割には、ラップやコース形状、環境が非常にタフなレースであることからも最後の直線ではどの馬もそんなに脚色が変わらないことと、直線が中央で一番短いことからも全く持って追い込みが届かないということもあります。

過去10年で前走脚質を調べると下記でした。

9勝が前走逃げ、先行の実績馬です。馬券になった15頭中12頭が前走逃げ・先行馬であるという事実からもとにかく逃げ・先行の経験馬を狙い撃ちしましょう!

米国系ダート血統に注目

このレースは、米国系ダート血統に注目のレースです。スプリントレースはレースラップがスピードの持続力を求められるレースであり、アメリカダート血統が適正が求められます。

例えば、ストームバードやヴァイスリージェント、フォーティナイナー系やプリンスリーギフトを持つ馬などが注目です。特に、このレースは何と言ってもストームバードの血統が大正義のレースです。父ストームバード系の過去5年の成績は、2-0-1-3と複勝率5割の大活躍っぷりです。

2014年

1着 アクティブミノル

3着 トウショウピスト

2015年

3着 ヒルダ

2018年

1着 アスターペガサス

また、サンデー系でもスプリントからマイルを走ることができるダイワメジャーやキンシャサノキセキといった血統も好走馬が多いため、注目したいと思います。

函館2歳ステークス 外厩分析

ノーザンファームしがらきで仕上げた馬が1頭います。

タイセイビジョンです。

この馬は唯一のメインコース勝ち上がり馬。期待が高まりますね。

他のレースで外厩仕上げ馬を調べたい場合は、無料で競馬セブンにて配信されております。競馬セブンを無料登録後にて無料コンテンツの社台軍団の秘話というコンテンツにアクセスしますと”社台外厩リターン”というコンテンツがありますので是非ご参照ください。

函館2歳S 事前予想

このレースは、前走逃げ・先行馬で、血統的にも米国ダート血統やスプリントからマイルに対応できるサンデー系に注目するとお伝えしました。このレースの該当馬を数頭紹介したいと思います。

ケープコッド

父ダイワメジャーに、母系は注目血統のストームバードや米国血統が目白押し。前走未勝利戦を先行してなおかつ好時計で勝利したのは好印象。

ニルカンタテソーロ

父スパイツタウンは、ストームバード持ち。前走脚質が追い込みで勝ち上がっているので派手に見えますが前走レースレベル含めて少し疑問。

ビアンフェ

母系にプリンスリーギフトや米国血統目白押し。前走逃げて勝利なので脚質は十分勝負になる脚質でしょう。

レッドヴェイパー

父キンシャサノキセキに母系はアメリカ血統のヴァイスリージェントといえばこのレースの好走血統でしょう。前走は先行して圧勝。やや重の馬場で、持ち時計はメンバー最速と抜けた印象です。

中でも注目はレッドヴェイパーでしょう。時計もよく血統もいいのでさすがにこのメンバーでは一枚上手と判断します。

K-BA LIFEのオンラインサロン”BEST BUY検討委員会”

 
 

K-BA LIFEの全てを詰め込んだコンテンツが、BESTBUY検討委員会です!

BESTBUY検討委員会 コンテンツ一覧

バイブレーション競馬

重賞完全予想・全頭分析

毎月開催!BESTBUY杯

競馬の復習

メンバー限定LIVE

他にも色んなコンテンツが充実しておりますので、是非BESTBUY検討委員会に遊びにきてくださいね!

3日間無料入会体験キャンペーン中です!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!しかし、重賞だけのブログでは、不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!