【皐月賞2019】皐月賞を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと【牡馬クラシック開幕】

【PR】外厩情報を無料でゲットするにはこちら

【!】LINE@始動! 勝負RはLINEで配信予定!

友だち追加

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

皐月賞2019の傾向分析記事です。

桜花賞は、グランアレグリアが完勝でした。何よりもルメール騎手のうまさ。グランアレグリアは、気性があれなのであのように抑え込める騎乗ができるのはこの騎手ならではの乗り方でしょう。私の本命は、がっつり向正面で引っかかっておりましたので全然景色が違いましたw

グラアレグリアは、ステップレース無しでのローテーションで世の中にまた外厩のすごさを見せつけることとなっておりましたし、レース後のインタビューでも名将藤沢和雄調教師が、”牧場で仕上がっていたから調整するだけだった”という凄まじい忖度コメントがありました。

外厩の記事については、下記に詳細記載しておりますので是非ご参照ください。

【外厩入門】ノーザンファームしがらき・天栄【外厩を制すものが競馬を制す】

外厩情報を入手する方法

調教師が馬房頭数管理のマネジメントと微調整に徹してきているような気がして残念ですが、調教師は調教師でしっかりと仕事してます。グランアレグリアのあの気性をギリギリまで耐えさせることができたのは、むしろ厩舎の力ではないでしょうか。この厩舎の力については、また別の記事で紹介予定です。

そして、グランアレグリアは気性的にも集中力が全く続かないのでオークスにはいかないのは英断だったと思います。今回の桜花賞で私のオークス本命馬は決まりましたので、また楽しみになってきました。

さぁそして、いよいよ牡馬クラシックの幕開けですね!まずは第一弾”もっともはやい馬が勝つ”皐月賞!本日は皐月賞2019の予想をする前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介します。

サートゥルナーリア・アドマイヤマーズ・ダノンキングリーの3強ムードが漂っています。特にMデムーロJはサートゥルナーリアを敵に回して初の騎乗となりますし、しかも乗り手がルメールJですから、負けたくはないでしょうね。個人的にはそのあたりに注目しております。

皐月賞2019 特別登録

メイショウテンゲン 三浦

シュヴァルツリーゼ 石橋

ブレイキングドーン 福永

エメラルファイト 石川

ファンタジスト 武豊

ヴェロックス 川田

アドマイヤマーズ Mデムーロ

サートゥルナーリア ルメール

ニシノデイジー 勝浦

ダノンキングリー 戸崎

ランスオブプラーナ 松山

アドマイヤジャスタ 〇〇

ラストドラフト 〇〇

サトノルークス 池添

クラージュゲリエ 横山典

クリノガウディー 藤岡兄

ナイママ 柴田大

タガノディアマンテ 田辺

皐月賞を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

ローテーション分析 ~王道ローテーションも変わりつつある~

牡馬クラシックの王道ローテーションというと、弥生賞→皐月賞→ダービーというローテーションを思い浮かべがちですが、時代の変化と共に変わりつつあります。というのも過去10年、弥生賞から勝ち馬は出ていないんですよね。一方で好相性なのがスプリングS、共同通信杯といった1800からの参戦組。

これは前哨戦のペースによるものでしょう。弥生賞は少数頭になりやすく、また2000mが初めてという馬も多いですから、スローペースになりがちです。一方でスプリングSは1800mというマイルよりの距離ですから、比較的速いラップの持続力が求められます。

皐月賞は最も速い馬が勝つと言われるように、求められるラップが類似しているという意味で、スプリングSや共同通信杯と皐月賞がリンクしやすいのでしょう。過去10年のラップを見てみても、10年中6年は前傾ラップであり、時計も弥生賞よりも1〜2秒速い時計になり、スピードとある程度の持続力が求められるレースであることがわかります。

特に勝ち時計が1.58秒台の速い決着になりますと、特に、1800mを中心に使われた馬の好走が目立ちます。1800mの非根幹距離のレースでは、コーナーの位置的な関係で、ペースが上がるのが速いので、持続力勝負になりがちです。当日の馬場傾向次第ですが、速い決着になりそうであれば、前走1800m組や朝日杯組を狙うとよいでしょう。

以下、過去6年の分析になります。

2018 勝ち時計2.00.8

①エポカドーロ 500万下①→スプリングS①

②サンリヴァル ホープフルS④→弥生賞④

③ジェネラーネウーノ 葉牡丹賞①→京成杯①

※この年はワグネリアン、ステルヴィオ、キタノコマンドールといった有力馬がすべて後方から。先行馬への意識が薄く、結果的にクイーンスプマンテ・テイエムプリキュアのエリザベス女王杯のような前残りの決着となってしまった。ローテーション云々の前に、前に行ったもの勝ちというオチになってしまいました。

2017  勝ち時計1.57.8

①アルアイン シンザン記念⑥→毎日杯①

②ペルシアンナイト シンザン記念③→アーリントンC①

③ダンビュライト きさらぎ賞③→弥生賞③

※2017年は勝ち時計が1.57.8と非常に速く、マイルを中心に使われきた2頭での決着となった。

2016 勝ち時計1.57.9

①ディーマジェスティ 共同通信杯①

②マカヒキ 若駒S①→弥生賞②

③サトノダイヤモンド きさらぎ賞① (この馬は明らかにダービーが最大目標でしたね)

2015 勝ち時計1.58.2

①ドゥラメンテ 500万下①→共同通信杯②

②リアルスティール 共同通信杯①→スプリングS②

③キタサンブラック スプリングS①

この年も勝ち時計が1.58.2と速く、1~3着馬全てが前走1800m戦。馬場の傾向を見て、速い時計がでそうであれば、1600~1800mで戦ってきた馬を狙うといいのかもしれません。

2014 勝ち時計1.59.6

①イスラボニータ 東スポ杯①→共同通信杯①

②トゥザワールド 若駒S①→弥生賞①

③ウインフルブルーム 朝日杯③→シンザン記念②→若葉S②

2013 勝ち時計1.58.0

①ロゴタイプ 朝日杯①→スプリングS①

②エピファネイア ラジオnikkei杯①→弥生賞④

③コディーノ 朝日杯②→弥生賞③

この年も勝ち時計が1.58.0と速い決着。マイラー色の強い朝日杯の1、2着馬が馬券に絡んできました。

ロベルトを狙うが吉!

皐月賞はとにかくペースが速くなり、前半のペースが速くなり前傾ラップになる皐月賞に関していえば、下記の通り、ロベルトの血が爆発しています。

2018年

ジェネラーレウーノ

2016年

ディーマジェスティ

2013年

エピファネイア

2012年

ゴールドシップ

2009年

セイウンワンダー

このようにスピードが問われつつも、前半のペースが速くなるレースにはロベルトの血がしっかりと貢献してくれるのでしょうね!今年もしっかりとレースラップがどうなるかを見極めましょう!

ここが最大目標なのか、ダービーが最大目標なのか

皐月賞を予想する上で、ここが最大の重要ポイントだと考えております。と言いますのも、特に近年は目標となるレースのためにローテーションを絞り、そのレースに対して一球入魂で臨む傾向にあります。これはノーザンFの使い分けによる影響も大きいと思います。

例えばノーザンFのクラシック有力馬が3頭いたとして、A馬は皐月賞が距離が持たないから、皐月賞へ全力投球。B馬は種牡馬にしたいから、ダービーへ全力投球。C馬は折り合いがつくから菊花賞へ全力投球といった使い分けですね。

その見極めが難しいところですが、サートゥルナーリアは休み明けで臨むということはレイデオロと同じローテーションであり、ダービーが最大目標と考えるのが自然でしょう。逆に言いますと、このローテーションで皐月賞を勝たれたらもうお手上げでございます。

その点、アドマイヤマーズはダービーが最大目標という馬でも無さそうですし、ここへの本気度は高いと考えられます。前走の共同通信杯は究極の上り勝負となり、斤量の差・切れ味・通った場所の差が出ただけで、小回り2000への適性はダノンキングリーよりアドマイヤマーズの方が高いと考えております。

またダノンキングリーは1戦目・2戦目とマイルで使わており、またどちらのラップも素晴らしいんですよね。この馬は本当にスピードに長けている。だからこそ前述したとおり、速い決着になるようであれば、この馬が台頭せざるを得ないと考えております。

※サンリヴァル、ジェネラーネウーノのように中山2000に拘って使っている馬は皐月賞が最大目標の可能性が高いです。現にこの2頭はダービーでは大崩れしております。

ちなみに皐月賞の外厩仕上げ馬を調べたい場合は、無料で競馬セブンにて配信されております。競馬セブンを無料登録後にて無料コンテンツの社台軍団の秘話というコンテンツにアクセスしますと”社台外厩リターン”というコンテンツがありますので是非ご参照ください。

皐月賞の予想プロセスについて

予想する前に知っておきたい傾向をおさらいすると、下記になります。

・ローテーションとしては、1600〜1800mからのローテーション

・前傾ラップになるとロベルトが爆発する

・本気度をしっかりと把握すること

上記の3つになりますので、まずは展開面を整理して、先行馬が多いかを確認し、血統を確認し、ローテーションを見て選別して、陣営のローテーションから本気度を見つけていくことになります。このプロセスを次回のブログで紹介し、事前の注目馬を紹介したいと思います。

以上です!

K-BA LIFEの勝負レース

K-BA LIFEでは、G1以外にも最近4着病に陥っておりますが、2019年1月からの累積でいいますと余裕の単勝回収値100円超えのコンテンツであるBest Buyを毎週土日の午前9時に配信しております。配信内容は、下記3つのコンテンツです。

・勝負レース

・イチオシ外厩情報

・イチオシ異常投票

桜花賞の日には、桜花賞よりも自信があると公言して、阪神10Rでヤマカツグレースをしっかりと推奨し、馬券も的中しました!Twitterでもいろんな方と感動・興奮・震えを共有することができましたねwこちらについては、下記のLINE@で配信しておりますので是非、友達登録をお願い致します。

友だち追加

【PR】TAZUNA




今週はいよいよ牡馬クラシック一戦目『皐月賞

サートゥルナーリアダノンキングリーの無敗馬2頭。

2歳王者アドマイヤマーズ、前走圧勝のヴェロックス

やはりクラシックは他のG1とは一味違う華やかさがありますね。



クラシックといえば先週の『桜花賞

グランアレグリアが久々のハンデをものともせずに好タイムで優勝!

2着は和田騎手の好騎乗も光ったシゲルピンクダイヤが入り、中波乱の結果になりましたね。



4月7日()阪神11R桜花賞(G1)

—————————————–

買い方:3連複ながし

軸:8グランアレグリア

相手:1,2,4,15,16

買い目合計:10点

推奨購入馬券代:1点500円

5000円投資→29,950円払戻!

—————————————–



↑が実際に無料公開された推奨買い目

しっかり軸馬が1着に来ているところが予想力の高さ。

このまま丸乗りして買ってみても良いですし、参考にして3連単でグランアレグリア1着固定で流しても20点なので応用しても面白いように馬券取れそうですよね。



今週も土曜夜22時前後に配信開始。

皐月賞+ワイド一鞍(無料)

これからG1シーズンなので重宝しますね。

無料なので安心してください。

そうだ 競馬しよう〜美女と旅競馬編〜

全国で色んなUMAJOと馬券バトルを通じて回収率向上を目指す番組です。

サラブレ・Gallopを格安で読む裏技

皆さま!毎週サラブレやGallop等を購入して読まれてますか!?1冊サラブレは960円でGallopは720円ですが、それらをほぼほぼ無料で読書する方法をご紹介致します。

楽天マガジン に登録することです。楽天マガジン は、380円/月でサラブレやGallopといっや競馬雑誌以外にも250誌以上が読み放題です。これだけでも元がとれることがわかりますし、さらに、ポイントでも支払えますので、楽天カードを利用の方は、ほとんどの方は無料で読めるのではないでしょうか!?この楽天マガジンの登録は非常に有意義ですし、生活費のコストダウンに直結するので非常におすすめですね!

さらに、地方競馬を日常的に実践されている方は、上記を無料にする為に楽天競馬を絶対に活用すべきです。楽天競馬でも楽天ポイントが溜まり、そのポイントで競馬雑誌を無料で読む。これが新世代の競馬好きが集まるK-BA LIFEならではの情報収拾方法でしょう!