【中央競馬予想】大阪杯2017 トリビア【重賞トリビア】

競馬コラム

どーも。K-BA LIFEの中の人です!

今年からG1になり盛り上がってきました中距離路線。

世界のトレンドは、中距離。

フランケルやジャスタウェイが評価されたのもマイルから中距離での実績を買われたためと思いますし、日本も世界のトレンドを追いかけているのでしょう。

世界で羽ばたける馬を作るのが日本競馬のこれまでの歩み。

しかしながら親切G1で遠のくのは、武豊のG1完全勝利。是非、今年早速キタサンブラックで制覇してほしいですね!

 

大阪杯2017 特別登録馬・血統

過去の大阪杯は、G2といえどもG1クラスが集結しておりましたが、

G1になるとさらにメンバーが素晴らしくなりますね。

大注目は、武豊のコンビで挑むキタサンブラックでしょう。サトノダイヤモンドとの勝負で胸を貸せる立場にならないといけない馬ですので、ここでは負けられない戦いです。さらに、レーティングでは、日本一のサトノクラウン。前走京都記念の敗戦で評価を落としましたが、良馬場では、切れ味はサトノダイヤモンドをしのぐダービー馬マカヒキなど最高クラスのメンバーが揃いました。大注目ですね。血統的には、サンデーサイレンスの孫が大量に出走している感じですので、キンカメ産駒を応援したいと思います。

馬名

母父

アングライフェン

ステイゴールド

パントレセレブル

アンビシャス

ディープインパクト

エルコンドルパサー

キタサンブラック

ブラックタイド

サクラバクシンオー

サクラアンプルール

キングカメハメハ

サンデーサイレンス

サトノクラウン

Marju

Rossini

スズカデヴィアス

キングカメハメハ

サンデーサイレンス

ステファノス

ディープインパクト

クロフネ

ディーマジェスティ

ディープインパクト

ブライアンズタイム

ディサイファ

ディープインパクト

Dubai Millennium

マカヒキ

ディープインパクト

フレンチデピュティ

マルターズアポジー

ゴスホークケン

Old Trieste

ミッキーロケット

キングカメハメハ

Pivotal

モンドインテロ

ディープインパクト

ブライアンズタイム

ヤマカツエース

キングカメハメハ

グラスワンダー

ロードヴァンドール

ダイワメジャー

Storm Cat

 

大阪杯2017 重賞トリビア1

大阪杯を勝利しているジョッキーは、多数いるが、

 

その中でも6勝と

2位の安藤勝己騎手の4勝よりも抜けて勝利しているジョッキーは、

 

 

 

武豊騎手。

もう勝ち方を知っていますね。G1完全制覇でカウント外にしていただきたいです。

キタサンブラックにとっては、これ以上のデータはないですね。

 

大阪杯2017 重賞トリビア2

大阪杯の過去のデータで


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6476229459406568"
data-ad-slot="5613227532"
data-ad-format="auto">


 

 

最も回収率の高い枠番は、

 

 

 

4番。

単勝回収率は、468円。ひたすら購入していれば儲かっていた計算です。

 

大阪杯2017 重賞トリビア3

大阪杯の過去のデータで最も回収率の高い脚質は、

 

 

 

 

差し馬。

単勝回収率は、190円です。穴を開けるなら差し馬でしょう。

勝率としては、逃げ・先行馬がともに13%程度と有利。

上がり最速馬の勝率は、34.6%とそちらを狙う方が賢いかも!?

 

大阪杯2017 重賞トリビア4

大阪杯の血統的なデータの中で、

 

大阪杯を過去最多勝利しているのは、

 

6勝とダントツで抜けているサンデーサイレンスであるが、

 

 

その他の勝ち数ベスト5にサンデーサイレンスの孫は、

 

 

 

 

3頭いる。

やっぱりサンデー系ですよね!すでに運動会化しておりますが、サンデーの血は偉大です。

種牡馬

着別度数

サンデーサイレンス

 6- 3- 7-21/37

ディープインパクト

 3- 1- 1- 4/ 9

マンハッタンカフェ

 2- 1- 0- 3/ 6

ステイゴールド

 2- 0- 1- 4/ 7

オペラハウス

 2- 0- 0- 5/ 7

 

大阪杯2017 重賞トリビア5

大阪杯は、

 

芝2000mで行われるレースであるが、

 

 

大阪杯史上最速の時計で勝利した馬は、、、

 

 

 

1分57秒8で走破した

 

 

 

2011年ヒルノダムール

実はダークシャドウとエイシンフラッシュもタイム差なしの2着3着ですが、好タイムで接戦を制したのは、ヒルノダムールです。この世代も4歳世代強かったので、1、2、3には驚きました。

 

大阪杯2017 重賞トリビア6

大阪杯史上

 

 

最も着差をつけて勝利した馬は、

 

 

 

0.8秒差で勝利した

 

 

 

メジロマックイーン。

やはり、ステイゴールドとメジロマックイーンのステマ配合で、中距離を勝利しまくっていたのはメジロマックイーンの圧倒的な力も働きやすいからかもしれませんね。

 

大阪杯2017 重賞トリビア7

大阪杯史上最速の末脚は、

 

 

オルフェーヴルの記録した33秒0

 

 

 

ではなく、

 

 

 

 

32秒9の鬼脚で突っ込んできて

 

 

オルフェーヴルの2着出会った

 

 

 

ショウナンマイティ

末脚だけなら三冠馬級のショウナンマイティの末脚は確かに震えるレベルでした。

ちなみにベスト10は、下記です。

馬名

上り3F

ショウナンマイティ

32.9

オルフェーヴル

33

ショウナンパンドラ

33.3

アンビシャス

33.4

ラブリーデイ

33.4

レッドレイヴン

33.5

エイシンフラッシュ

33.5

キタサンブラック

33.6

イスラボニータ

33.6

ヒットザターゲット

33.6

 

誰が興味あるねん 大阪杯2017事前予想

良馬場であることを念頭に予想しますが、

 

過去の歴史を振り返ってみるとやはり注目は、

 

サンデーサイレンスの孫

上がり最速

極端ではない脚質

 

これは、大阪杯のコースである阪神2000mが紛れの少ないフラットなコースであることからです。

それを踏まえて予想しますと、下記です。

 

◎マカヒキ

○キタサンブラック

▲アンビシャス

 

マカヒキは、前走久しぶりに加えて、馬場が悪すぎました。このコースの良馬場であれば、全く問題ないでしょう。

 

切馬は、下記をご参考にしてください。



競馬コラムランキング

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

面白いと思って頂けましたら、SNSで共有をお願いします。

今週の勝負レースや異常投票パトロール結果や外厩情報は、下記ランキングの紹介文で紹介してます。


 

ーー外厩について理解を深めたい方へーー

【外厩入門】ノーザンファームしがらき・天栄

【外厩競馬】吉澤ステーブルWEST

【外厩競馬】山元トレセン・グリーンウッド

【外厩競馬】awajiトレーニングセンター

ーーPOG2017-2018に向けてのおすすめ記事ーー

POG2017-2018 戦略と対策

ディープインパクト産駒全頭リスト&おすすめ馬

フランケル産駒全頭リスト&おすすめ馬リスト

三冠オルフェーヴル産駒全頭リスト&おすすめ馬

ノーザンファーム生産馬全頭リスト&小ネタ

ロードカナロア産駒全頭リスト&おすすめ馬

エイシンフラッシュ産駒全頭リスト&おすすめ馬

ノヴェリスト産駒全頭リスト&おすすめ馬

ハーツクライ産駒全頭リスト&おすすめ馬

キングカメハメハ全頭リスト&おすすめ馬

ダイワメジャー産駒全頭リスト&おすすめ馬

ヴィクトワールピサ産駒全頭リスト

ルーラーシップ産駒全頭リスト

ローズキングダム全頭リスト&おすすめ馬

リーチザクラウン産駒全頭リスト&おすすめ馬

ハービンジャー産駒全頭リスト&おすすめ馬

 

関連記事

最近の投稿20

ページ上部へ戻る