【かしわ記念2021】最終予想&傾向分析【GW3連発重賞第3弾!】

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は、ゴールデンウィーク週交流重賞3連発第3弾かつ大トリのかしわ記念2021の最終予想と傾向分析記事になります!

かしわ記念は、G1ですから、かきつばた記念兵庫チャンピオンシップと比較しても出走メンバーが桁違い!

春のG1フェブラリーステークス勝ち馬のカフェファラオ、東京大賞典2着・川崎記念勝ち馬のカジノフォンテン、昨年勝ち馬のワイドファラオ、他にもインティ、サンライズノヴァ、タイムフライヤー等が出走する桁違いな豪華メンバーであり、フェブラリーステークスよりも豪華では?と思ってしまいそうなメンバー構成。

そんなかしわ記念ですから丁寧に傾向分析して、最終予想もしていきたいと思います!

かしわ記念2021 最終予想

傾向分析

まずは、かしわ記念の傾向を分析しましょう。船橋ダート1600mは、フェブラリーステークスと同じマイル戦でも全く違うコースです。

1600m戦でありながらフェブラリーステークスの開催される東京ダート1600mと圧倒的に違うことが、下記です。

・コーナーが4つ

・スパイラルカーブあり

・最初のコーナーまで250mと短い

・芝スタートではない

このような特徴があり、コーナーが4つであることからも東京ダート1600mと比較しても内枠が有利になります。

スパイラルカーブの特徴としてはコーナーの出口が急なコーナーとなっているので馬群がばらけやすいので、内枠かつ先行馬が有利とはいえ、馬群がばらけるので、コーナーリングの上手な差し馬は内から差すパターンもよく見えます。外の馬は大きく外に振られますので、内枠有利という理解でいいでしょう。

昨年も7頭立てで6人気のワイドファラオが1枠1番で圧勝し、モズアスコットやルヴァンスレーヴが外々を回って負けておりました。

他にもここ5年でも二桁馬番で馬券になったのは、2018年のインカンテーションのみ。2017年に関しては、1着1番、2着2番、3着3番という競艇と間違うような着順。また、地方競馬所属馬は、ハッピースプリントもフリオーソもソルテも6番付近の枠でしたので、それなりの枠でないと紛れも出せないのでしょう。

さらにいうと、特徴的なコースであることからもリピーターが多いです。

一昨年勝ち馬のゴールドドリームも連覇しておりますし、コパノリッキーが3勝、インカンテーションが2年連続で馬券内、他にもベストウォーリアやワンダーアキュートといった通り、このレース大得意な馬がいる中で、ノンコノユメやサウンドトゥルーのように全く好走しない馬もいますので、適性面には注意したいですね。

東京ダートと比較すると、東京ダートは時計の出やすい軽いダートですが、かしわ記念の船橋競馬場は地方競馬特有のタフな重い時計のかかる馬場ですので、馬格も必要になります。

例えば昨年のワイドファラオの勝ち時計は1分38秒6は過去5年で最速の時計でありますが、過去5年のフェブラリーステークスで最も遅い時計が2018年の1分36秒0ですからそれと比較すると2秒以上時計がかかっておりますし、今年の勝ち馬カフェファラオの勝ち時計と比較すると4秒も遅いのがかしわ記念です。

日付 1着入線馬名 1着タイム
2017. 2.19 ゴールドドリーム 1.35.1
2018. 2.18 ノンコノユメ 1.36.0
2019. 2.17 インティ 1.35.6
2020. 2.23 モズアスコット 1.35.2
2021. 2.21 カフェファラオ 1.34.4

時計のかかり方という意味でも同じ地方競馬でも南部杯と比較しても4秒以上時計がかかるのがこのかしわ記念です。地方交流が得意だからという予想コメントを時々見かけますが、盛岡と船橋では、東京と船橋くらいの馬場差があることを注目しておきましょう。地方競馬のサイトから拝借した比較表をご高覧ください。一目瞭然ですよね。

左がかしわ記念で右が南部杯です。

そうなるとゴールドアリュールのようなスタミナのある馬の産駒が強くこのレースでも7勝ですね。コーナー4つのコースへの適性、時計の掛かるダート、左回りの3点を注視して予想したいですね。

かしわ記念 有力馬分析

ワイドファラオ

ワイドファラオは、フェブラリーステークスで大敗からのかしわ記念参戦やフェブラリーステークスでの無謀なペースでの逃げという意味では全く同じローテーション。昨年と比較しても春のG1馬がいることや逃げ馬が少ないことを考えれば一発逆転があってもおかしくはないかもしれませんね。

この馬は、ユニコーンステークスを33.9-37.1の超前傾ラップを逃げ切るレースぶりで、今後のダート界を背負う1頭だと思いましたがそこからは競馬の幅を広げるためなのか脚質変更もあり、テレ玉杯オーバルスプリントで2着になって以降は、昨年のかしわ記念以外に馬券にもなっていないことからもよほど地方の時計のかかる砂が合うのかもしれません。

というのもテレ玉杯2着、かしわ記念1着、帝王賞4着と時計の速い南部杯を除けば時計のかかる地方交流戦では全く底を見せておりません。昨年も地方交流戦以外は完敗が続いた中での激走でしたから、今年も軽視は危険ですね。

カフェファラオ

勝つか負けるかのアメリカンファラオ産駒。
この馬は1ターンでこそのタイプであることは間違いなくヒヤシンスステークス、ユニコーンステークスのレースぶりは秀逸ですし、フェブラリーステークスでも怪物級。つまり1ターンの東京マイル戦では無敵かもしれませんが、4つのコーナーのマイル戦になると途端に危なくなるかもしれません。

加えて、その気性から脚質が極端なところも見逃せません。ヒヤシンスステークスは大出遅れをかまして最後方から徐々のポジションを上げて4コーナーでは大外8番手を回して上り35秒2の時計で優勝。
次走のユニコーンステークスは、ほぼ暴走ラップに近いレッチェバロックの前半3ハロン34秒2という芝並みの時計を先行して、他の先行馬が壊滅する中でもこの馬は5馬身差の圧勝で勝利。3着馬はレパードS勝ち馬、4着馬は3勝クラスでも好走中、6着馬はサウジダービー勝ち馬とかなりの強敵相手にこの競馬はさすがに強い。

そして、フェブラリーステークスも先行馬が壊滅する中で、3番手で先行して押し切る強い競馬。

爆発的な強さを発揮している1ターンのマイル戦と比較すると4つのコーナーになると物足りないです。圧倒的人気で負けたJDDを初めとして、勝利しても僅差のシリウスSもコーナー4つ、チャンピオンズカップも後方からのレースで6着とやはりコーナー4つよりは1ターンでしょう。

血統的にもアメリカ系のスピードに勝ったタイプですからちょっと危険な匂いがしております。

カジノフォンテン

東京大賞典2着、川崎記念1着と東京大賞典で敗れたオメガパフュームを相手に完勝しているあたり相当強い。

ただし、それは中距離前提での話です。

ここはバッサリいきますが、マイルレースになると本買うかしたのを2020年とすると4戦して2回5着と7着で敗れているのがどうしても気になります。

前走も同じコースの京成盃グランドマイラーズで逃げ切り勝ちしておりますが、着差も0秒1差ですし、そこまで信頼していいとは到底思えません。

応援したい気持ちもありますが、ここは軽視とします。

インティ

どうしてもフェブラリーステークス勝ち馬であるということや体格からはマイラーのように見えますが、この馬は1800mの馬です。というのもまず流れとしてもマイルのように前半33秒代になるようなレースではどうしても崩れます。前走のフェブラリーステークスも追走で苦しみながら最後は良く追い込んできましたが、6着。

これまでの1800mは、6-0-2-2と圧倒的な成績ですし、大敗したみやこステークスは、史上稀にみるハイペースダートレースなので先行しての競馬はどうしても無理でしょうし、59キロに加えて、4コーナーでの不利が致命的的です。そんな厳しいレース後も昨年はチャンピオンズカップにクリソベリル、ゴールドドリームと02差の内容。

好走する為には何がなんでも前半36秒での入りがほしいです。

そういう意味ではフェブラリーステークスよりもかしわ記念の方が息が入る地点も多いのでいいとは思います。フェブラリーステークスよりも買えますが、1800m戦じゃないところがマイナスというところで2・3着は十分にあり得そうです。

サンライズノヴァ

サンライズノヴァは、その高速時計への適性。

南部杯の時計や武蔵野ステークスの時計は秀逸ですよね。南部杯の1分34秒2は、エスポワールシチーよりも0秒9速く、ルヴァンスレーヴよりも1秒速い時計ですし、武蔵野ステークスの1分35秒0も優秀。

この高速時計適性がかしわ記念でどうかというところが大きいです。浦和のさきたま杯でも4着、大井のジャパンダートダービーでも6着と時計のかかる競馬場ではそこまで成績が良くなく、陣営も時計の速いダートコースを中心に使っております。しかしながら、年を取るにつれてスピードよりもパワーよりになってきたのか昨年はかしわ記念でも3着と好走。前走得意条件のフェブラリーステークスでも完敗ということを考えるとやはりスタミナよりにシフトしている可能性が高いです。血統的には、ゴールドアリュール産駒であり、このレース好走条件に合致します。

加えて、勝利重賞の内左回りのマイルが4勝であることも見逃せません。

展開が見込まれるのであれば、十分に勝負可能と見ました。

タイムフライヤー

タイムフライヤーが強いと思ったのは、一昨年のフェブラリーステークス。前半34.6の芝並みの時計で流れたレースを先行して直線で一度は突き抜けるかのような手応えで抜け出し最後の最後はさすがにバテましたがそれでも5着。あの持続力はさすがG1馬だと思いましたし、その後はしっかりと重賞制覇。

武蔵野ステークスでは、絶好の手応えで直線迎えるも前をカットされる不完全燃焼であり、その後もジリジリと伸びて5着でしたので、あれがなければ着順は変わってたかなと思いました。チャンピオンズカップでは8着と力負けするも根岸ステークスでは3着と盛り返してます。

実力はありますが破壊力に乏しいので、連下まで。

ミューチャリー

地方の星であるミューチャリーは、地元勢。

しかしながら、左回りになると少し崩れがち。不得意な左回りコースであることを考えるとどうしてもこのメンバーであると軽視せざるを得ないかなと考えます。

かしわ記念 最終予想

今年のかしわ記念は差し馬が台頭するのではないでしょうか。

内枠にはサルサディオーネが絶対に包まれたくないでしょうし、ワークアンドラブ、カジノフォンテンの地方勢に加えて、早め早めで前を潰したいカフェファラオ、そして快速逃げのワイドファラオで息を入れる暇もない激流かしわ記念になるのではないかと考えております。そうなれば、外枠不利でも関係なく、スパイラルカーブで馬群が散らばるので、差し馬も十分に勝負できるレースになると考えております。

◎サンライズノヴァ

能力面は全く問題なく、適性としても現状高速ダートから加齢に伴いパワー型にシフトしているのであれば左回りマイルでBEST。昨年3着からの上昇度はなくても適性面が地方競馬型に振れることは多いにありえるので非常に楽しみ。展開的な助けが必要なメンバーではありますが、この並びとこのメンバーならまず面白そう。特にワイドファラオとインティが揃って逃げ、そこにカジノフォンテンやカフェファラオに加えて、何が何でも逃げる勢からサルサディオーネとワークアンドラブ。隊列がマイル戦なのに直線までに2度も3度も入れ替わりそうな超激流戦を想定した場合、出番はこの馬にあるのではないでしょうか。

大味な競馬しかできないタイプですが、船橋競馬場はスパイラルカーブで馬群がばらけますし差しも決まる舞台。物理的に届くポジションであれば十分間に合うでしょう。

その他の地方馬も込で相手関係を含めた最終結論や買い目は最終ベスハメを配信しているLINE@で配信致します。LINE@については、かしわ記念当日の12時30分には配信予定です。

LINEの登録は下記バナー”ベスハメ”をクリックの上、宜しくお願い致します。

また、こちらで配信している中央競馬の最終レースに絞った勝負レースコンテンツである最終ベスハメも好成績を収めておりますので登録しても損はなし!?

かしわ記念の最終予想はこちらのLINEを登録!

かしわ記念2021を買うなら楽天競馬

かしわ記念を購入するなら即パットよりも楽天競馬をオススメします!その理由は、なんと言ってもポイントでしょう!特に楽天ポイントは、楽天市場で使えるお金のようなものですし、とにかくイベントが多いです。日替わりポイントキャンペーンで時々還元率5%なんていう日もあるくらいです!そいう意味でも即パットでポイントなく競馬するよりは、楽天競馬で競馬される方が同じオッズで競馬をしており、控除率20%や30%でのマイナスサムでのオッズゲームをしているのですから断然お得です。私はこの楽天競馬のポイントで楽天マガジンに登録しているので無料でサラブレやギャロップを購読しております。(厳密には楽天競馬してますが)

特に、楽天競馬でかしわ記念を購入すると単複以外の馬券であれば10%の還元を受けることができる凄まじい還元率です。まだ登録されていない方はこれを機に楽天競馬を登録するべきだと考えております。注意点は日替わりエントリーは絶対に登録してくださいね!

K-BA LIFEで競馬を楽しむ!!

 
 
◆BEST BUYを読み放題!バイブレーション競馬
 
K-BA LIFEが実際に購入するレースを厳選して配信しておりますバイブレーション競馬を会員様は読み放題です!
1頭に対して1小説くらいの物語を綴っている自己満コンテンツで有名なBESTBUYや重賞の完全予想、他の勝負レースまで紹介しています。
 
 ①BESTBUY
  当日の勝負レースです!単勝回収率は3年連続100%超え!
 
 ②重賞完全予想
  対抗以下の印と見解を記載しております。
 
 ③BETTER BUY
  BESTBUYにはいかずとも勝負レースです。
 
 ④その他人気しすぎですが買いたい馬リスト(頭固定狙い)
 
 ⑤その他穴すぎて勧めるのは忍びない馬リスト(複勝狙い)
 

◆競馬仲間と競馬を学ぶ!分科会制度

分科会では、競馬予想を深める為に、下記活動を実施しております!下記分科会で常に競馬で勝つための情報交換をしており、競馬仲間と深く学びたいという方のニーズにもお答えしますし、私も積極的に配信しております!馬場、展開、個性、必勝法に加えて、現在キル・ルメールの会も新たに構築しました。

◆皆で狂喜乱舞!!BESTBUY杯

このオンラインサロンの主目的は、全員が信念をもって勝負レースを発信できるようになることです。それを実現するために上記の分科会のアウトプットの場として、BESTBUY杯を毎月開催しております。このBESTBUY杯では、毎月優勝者には豪華景品も準備しておりますし、誰かの勝負レースで誰かが馬券を当てて、狂喜乱舞する。そして、その勝負レースの根拠で勉強して、また競馬が上手になる。そんな仕組みとなっております。入っていただければこの魅力に虜になるはずですので是非!

上記の他にも、復習コンテンツや重賞限定記事、K-BA LIFEのメモ帳等、オンラインサロンならではの仕掛けを多数発信しておりますので是非興味ある方は、現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!なので、ご参加頂ければ幸甚です。競馬予想のプロセスを学ぶにはいい環境だと自負しております!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

この最終ベスハメもプロセスは、BESTBUYと同じですが、2021年2月11日時点での成績は下記の通りです!

14R配信し、5-3-3-3の成績であり、数値化すると下記の通り。

勝率36%、複勝率79%、単勝回収率200%

地味にいい予想できていると思いますし、どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!