• HOME
  • Home
  • その他
  • 【競馬コラム】アーリントンカップトリビア【重賞トリビア】

【競馬コラム】アーリントンカップトリビア【重賞トリビア】

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は、アーリントンカップの重賞トリビアを紹介します。阪急杯も時間があれば、紹介したいと思います。

 

アーリントンカップ2017 重賞トリビア1

アーリントンカップ史上最速の末脚は、、、

 

 

 

2013年4着の

 

 

 

 

 

メイショウヤマホコ 33.8秒

 

 

 

 

全然出世しておりませんね。しかし、歴代末脚ランク10位を見ると5位には、コパノリチャード、9位にはディープスカイ、10位にはタニノギムレットがいます。

ちなみに世界一のジャスタウェイは、11位(34.1秒)

 

へ〜、へ〜、へ〜と思っていただければ、下記バナーをクリックしていただければありがたいです。


競馬コラムランキングへ

 

アーリントンカップ2017 重賞トリビア2

アーリントンカップ歴代最大着差をつけて勝利した馬は、、、

 

 

 

1993年に0.7秒差で勝利した

 

 

 

グランドシンゲキ

 

 

 

圧勝のイメージのあったタニノギムレットやミッキーアイルでさえ、0.6秒差。

【S級美人UMAJOがプライベートショットや予想を配信中】

お見事です!

 

 

 

へ〜、へ〜、へ〜と思っていただければ、下記バナーをクリックしていただければありがたいです。


競馬コラムランキングへ

 

 

アーリントンカップ2017 重賞トリビア3

歴代アーリントンカップで最も走破時計が速く勝利したのは、、、

 

 

1分33秒9で勝利した

 

 

トーセンキャプテン

スギノハヤカゼ

タニノギムレット

 

 

アーリントンカップ2017 重賞トリビア4

 

アーリントンカップ勝ち馬の父馬で、

 

 

複数回勝利している馬は、1頭であるが、、

 

 

その馬は、、、

 

 

 

下記で紹介しております。


競馬コラムランキングへ

 

馬券的中のヒントは、トリビアにあり!

 
 
ブログでは、一部の情報公開となっておりますがBESTBUY検討委員会では、誰でも見れるブログでは伝えきれない情報まで全て配信しております。
特に勝負レースについてはBESTBUY検討委員会でのみ配信となります!

現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!

オンラインサロン機能を活かして、勝負レースを導くプロセスを多方面から学べるコンテンツとなっておりますし、馬券バトルを初めとして多数の企画も実施しております。

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

LINE登録はこちらから!