• HOME
  • Home
  • 重賞予想
  • 【オークス2021】最終予想&異常投票パトロール【優駿牝馬は18万円転がし対象レース】

【オークス2021】最終予想&異常投票パトロール【優駿牝馬は18万円転がし対象レース】

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は牝馬クラシックの大一番オークスの最終予想と異常投票パトロールを紹介致します。オークスは、牝馬の世代頂点決定戦であり、過去の勝ち馬は古馬になっても牡馬相手に活躍を見せているので、とにかく今後の競馬界を担う馬を見つけるという意味でも非常に重要な一戦。このオークスが何故今後の競馬界を担うのかというとやはり超高速馬場に加えて、ラスト5ハロンはダービー並の時計を求められ、加えて、牝馬としては、ほとんどの馬が走ったことのない菊花賞のようなレースだから、この未知の距離を勝ち抜いた馬は底力があるのかもしれませんね。そういう意味でも菊花賞のように予想力を試されるレースと言ってもいいでしょう。

そして、このオークスは何が何でも負けられない一戦。

というのも、現在参戦している馬券転がし王という企画があり、オークスでは187,900円の転がしをすることになるので気合いが入ってます。

普通に転がしリタイアしたい気持ちは山々ですが、2万円からスタートした企画ですし、やりきります。

現在、馬券転がし王では、天皇賞春で◎ワールドプレミアNHKマイルカップ◎ソングライン2着〇シュネルマイスター馬連・ワイド・複勝・単勝的中→グランアレグリア複勝+3連単外しで2万円が18万円となっております。

オークスの最終馬券についても、Twitterの馬券転がし王で配信しますので、是非Twitterのフォローも宜しくお願い致します。

オークスはダブル本命のような形になりますので、当日の馬場や馬体が気になりますし、Twitterで最終買い目はチェックお願い致します!

オークスの買い目はTwitterで!

それではオークスの最終予想をどうぞ!

オークス2021 最終予想

予想

オークスについては、下記図解でTwitterで紹介しておりますが、最終予想前に簡単に整理します。

オークスは近年高速化が顕著となっており、狙い目も変わってきています。図解の資料がこちら。

上記を見ていただければ、2017年以降と以前のオークスは、明確な違いがあります。2016年以前までは、瞬発力勝負になりがちなレースでしたが、2017年以降は勝ち時計も速くなっているということは中間ラップも緩まないタフなレースになっており、なおかつラスト5ハロンの時計が1秒以上も以前より速くなっています。この上り5ハロンの時計や高速時計が特徴のオークスの狙い目は下記です。

後半5ハロン59秒以下のレースにおける好走実績や牡馬との厳しいレースに勝利してきた馬、高速馬場適性や持続力のある米国血統というところが狙い目となります。

土曜競馬の馬場については下記のようなイメージ。

連対馬脚質(逃-先-差-追) 2-6-2-2

連対馬進路(内-中-外) 7-2-3

馬場としては内前とったもん勝ちですが、ペースが流れたら差しも決まってます。それでもある程度内は欲しい馬場であることは間違いありませんので一頭目を大本線にします。2頭目は馬場と体重見ながら・・・

そういった点を踏まえて本命は下記としたいのですが、あまりにも馬体重リスクが高いのでダブル本命のような形で、最終的な馬体重や天候等を見て、本命と対抗と3番手あたりをいれかえたいと思います!

最終的な本命はTwitterの買い目でご確認頂ければと存じます。

◉ユーバーレーベン

フローラステークスの時点で、まずオークス本命候補だなと思っていた一頭であり月曜日からBESTBUY検討委員会で本命候補と一人で勝手に騒いでいた一頭です。週中の長い大雨、絶好枠を考え、大好きな大好きなアールドヴィーヴルではなくこちらを本命としました。馬体重がここ3戦で減り続けているのが気になりますが、それでもオークスでこそと思える一頭です。

上り3ハロンの純粋なスピードを求められる桜花賞と比較して後半の持続力を問われ、スタミナが求められるオークスでこそ狙いたいのがユーバーレーベンです。

そもそもユーバーレーベンの大目標はオークス。阪神ジュベナイルフィリーズ後、桜花賞ローテーションをスキップして、1800m戦と2000m戦を経由してオークスに向かうローテーションをまず好感持てます。加えて、フレッシュさを求められて直行ローテーションが流行りの近年の競馬では評価されませんが、前哨戦フローラステークスの内容がいかにも本番で巻き返そうな内容です。阪神JFの内容を見ればソダシやサトノレイナスとも力差はそこまでないので、ここは大目標のオークスでピークならこれまで僅差で負け続けているソダシを含めて世代上位馬と逆転も考えます。

前哨戦であるフローラステークス、そしてその前のフラワーカップの内容がいい負け方でした。

フラワーカップでは大外ぶん回しで物理的に届かない競馬で3着。レースを見て頂ければわかりますが、大外から上位に差し込めているのはユーバーレーベンのみです。明らかに位置取りが宜しくなかったと言っていいでしょう。そして、前哨戦となったフローラステークスでも逃げ・先行馬が有利な後傾ラップのレースの中で4コーナー10番手で上り最速の3着と馬場・展開と真逆の競馬で3着。これを数値にすると、開幕週の東京の馬場で、35秒2-33秒8という極端なスローからの瞬発力勝負戦になり、勝ち馬も2着馬も4コーナーで4番手、2番手というレースで内前有利の中で、スタートで外に膨れて他馬とも接触しながら後方になり、4コーナーで外々を回りながら上り最速の3着はいかにも本番に活きそうな内容でした。ワールドプレミアと同じようにステップレースでいい負け方をしたからこそ、本番で勝負になるということが競馬では往々にしてあります。ましてやほとんどの馬が2400m戦という距離を走ったことのない中では、前走の中距離戦での競馬はオークスの結果につながるはず。

また、オークスで求められるのは後半5ハロン速いレースで、最後も速い脚を使えるかという点に尽きます。

前走フローラステークスは、スローの瞬発戦ながら、後半5ハロン59秒2で上り最速の3着。

阪神ジュベナイルフィリーズは、後半5ハロン58秒2と極めて速い流れで、ソダシ・サトノレイナスといった馬を相手に上り最速の3着。

後半5ハロンが速いレースのマイル戦と中距離戦で、上り最速を出して差せているので、オークスでも末脚を再現できるのは間違いありません。

加えて、ユーバーレーベンはゴールドシップ産駒であることからも速い脚がどうかというところで疑問があるかもしれませんが、上り33秒台の末脚も出し続けれているので全く問題なし。アルテミスステークスでの負けは、向こう正面での不利が全てだとするとノーカウント。東京競馬であっても不安はないものと考えております。

そして、タフな馬場についてはゴールドシップ産駒はタフな馬場で極めて強い一頭ですし、新馬戦も不良馬場で東京競馬という舞台設定でありながら後方から一気にポジションを上げながらの競馬で勝利は適性がなければ無理です。馬場が渋れば期待値はさらに上がると思います。どうせなら大雨が降ってほしいレベルです。

上記でも買えるのに加えて、世代で上位の実力であることも忘れてはいけません。札幌2歳ステークスではソダシ以上に衝撃的な走りであり、超前傾ラップのレースの中でも14-14-5-3とポジションを上げて、ソダシと首差。このレースで小回りのタフな持続力戦でいいタイプかなと思いながら阪神JFでも注目していたのですが、世代トップでダービー参戦するサトノレイナスよりも速い上りで3着。この2戦で、ソダシ・サトノレイナスを物差しにしても、スピード、スタミナ、持続力全てにおいて世代上位の実力であることは間違いありません。タフなG1の舞台でこそ狙える一頭であるといえます。

◎アールドヴィーヴル

新馬戦終了のタイミングでこれはお宝ホースとBESTBUY検討委員会でも紹介しましたが、ブエナビスタになれる素質があると思う一頭。(細いだけ)

馬名は、”自分らしく生きる”。週中に本命をほのめかしてきたのはこれです。

正直本命にする予定でしたが、枠が外すぎます。オレンジ枠はデータだけ見れば有利なように見えますが、3勝しているのはアーモンドアイ、ジェンティルドンナ、そしてラヴズオンリーユーと海外G1を勝っているような名馬達。今の成長段階では、まだまだこの3頭クラスではなく、将来的には肩を並べてくれる一頭であると信じての2番手とします。

能力に関してはこれまで説明してきた通りですし、クイーンカップ、桜花賞も本命にしてきたので舞台設定はプラスになるここでは買いたい一頭。

新馬戦がとにかく強烈。不良馬場かつ内回りのコースで、前も後ろも脚を使って最後は同じペースになり、レースラップも36.3-35.9と内回りにしては均一ラップでしたから過酷な馬場であったことがよくわかります。
直線で使える脚が限られており、スタミナも道中無くすような逃げ・先行馬が普通に残るような展開で、この馬が出したパフォーマンスは秀逸。レース上り35秒9、上り2位馬35秒7と比較して、アールドヴィーヴルが出した上りは34秒9であり、1秒速い末脚で差し切り勝ち。2着ヴィジュネルは次走勝ち上がり、リステッドでも2着でしたし、4着馬も次走も普通に勝ちあがりしていることから相手も弱くない中でこのパフォーマンスは桁違い。ここ最近雨が多く渋った馬場になるのもこのレースぶりであれば全く問題ありませんよね。

クイーンカップも初の東京で、遠征で馬体減らしながら、直線は少しズブい所を見せても、上り最速で最後は世代上位の時計を持つアカイトリノムスメを追い詰める2着。アカイトリノムスメが先行押し切りの競馬で最高の競馬をした一方で、アールドヴィーヴルはその少し後ろで1頭外目を追走して、最後の直線は狭いところを突いてのレースでしたので、2戦目としては上々。加えてこのクイーンカップは、1回東京マイルの中では3番目に速い時計であり、時計としては先週ダービー卿CTを勝利したテルツェットのレースと同じ時計。そのレースで上り最速の2着ですから、高速時計で上りも速くなるオークスにはピッタリです。

桜花賞は言わずもがな。阪神外回りで下り坂で今から一気に加速のタイミングでシゲルピンクルビーのタックルで体勢崩してから再度伸びなおす競馬。また、内内をロスなく通った馬が上位を占めている中で、外々を回っての競馬で5着ですから、想像以上に強い競馬です。キャリア3戦でレコード決着を5着ですから、完成度を考えてもかなりの器です。レースとしても控えて末脚を爆発させるタイプですが、先行させて持続力勝負になったことが敗因の一つでもありますし、あそこまで流れるレースはこの馬にとっては適性外。オークスになれば脚を溜めることに徹することができる流れでしょうから末脚も違うはず。

加えて、皆大好きグレースアドマイヤ。このグレースアドマイヤは近年でいえばリンカーン、アドミラブル、アリストテレス、エスポワールといった近藤英子さん所縁の最強牝系。グレースアドマイヤよりも幅広く見てみれば、日本最強牝系の1つバレークイーン牝系。バレークイーンといえば音速のダービー馬フサイチコンコルドをご存知の通りで、キャリア最小3戦でのダービー勝利を思い出します。アールドヴィーヴルも4戦目でのオークス制覇となればラヴズオンリーユーと並ぶキャリア最小制覇。血統的には距離が長ければ長いほうがいいですし、馬体もどう見ても胴長シルエット。

心配点といえば、ユーバーレーベンと同様にとにかくこの馬は馬体重のみ。逆にユーバーレーベンが大幅減で勝負するなら、輸送も含めて馬体重見極めて、勝負したいと思います。

★他印込の完全予想と全頭分析はバイブレーション競馬でどうぞ!

オークスは自分らしくこの2頭の内馬場を見て18万円をぶちこむ本命馬を最終決定予定です!アールドヴィーヴルもユーバーレーベンも少し馬体重が怖いのでさすがにマイナス体重で出てきたり、東京競馬得意の馬場超回復で超高速時計の馬場になりましたら3頭目で勝負するかもしれません。その3頭目はどちらかといえば渋った馬場よりも良馬場の方がいいと思います。

このバイブレーション競馬ではオークスの完全予想以外に、絶好調のBESTBUYやBETTER BUYといった勝負レースコンテンツも配信しておりますので、是非ご高覧頂ければと存じます。

土曜競馬は勝負レースが3連勝と絶好調!オークス負けても全く問題ありませんw

バイブレーション競馬はこちら

 

異常投票パトロール

ソダシは人気馬ですので、100万円超えのみ紹介してます!それにしてもすごい売り上げです・・・

馬名単勝複勝
スルーセブンシーズ 48万
クールキャット100万 
ユーバーレーベン10万10万,40万
アカイトリノムスメ40万,

20万,20万

50万,50万

60万,220万

ソダシ

100万,200万

100万,280万

150万,100万

120万,100万

ファインルージュ10万10万

オークス外厩情報

オークスの外厩情報馬を無料でゲットできるサイトを発見しましたのでご紹介致します。

先週のヴィクトリアマイルや2週前のNHKマイルカップではサンデーレーシングの上位3頭決着で天栄組のシュネルマイスターが勝利!この勢いを支えるのが、トレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練されたオークス出走馬の外厩情報や日曜競馬全レースにおける外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されますので是非ご高覧くださいませ。

外厩情報はこちら

K-BA LIFEの勝負レースコンテンツ!

ブログで紹介している重賞レース以外に勝負レースの配信も他メディアで実施しております!特にバイブレーション競馬で発信しているBEST BUYやBETTER BUYの勝負レース配信は絶好調!

バイブレーション競馬

勝負レースで震えるをコンセプトに、2020年にスタートしたK-BA LIFEの勝負レースを詰め込んだ競馬新聞がバイブレーション競馬です!バイブレーション競馬では、見解もブログ以上に平場のレースで詰め込んでおり、下記コンテンツを配信しております。読み応えがあり、予想以上にそのプロセスが携帯小説のように面白いとご好評を頂いております。普通のブログや競馬新聞のコラムではG1でも見られないくらいの読み応えのある携帯小説と思って頂ければと存じます。

 

その馬にある物語、このレースに使うプロセス等を熟考し、コース、ラップ的な能力評価、適性、展開を盛り込んだ勝負レースを下記で配信しております。

BEST BUY

目玉コンテンツがBEST BUYです。

2週前もピーエムピンコが待ちに待った条件で1着!3週前はブルベアイリーデが2着、チアチアクラシカの1年近く待っていた待望の舞台と推奨して1着!4週前は不利をここまで受け続けて可哀そうという説明で推奨したメインターゲット1着で完全勝利!4週連続1着的中のキラーコンテンツBESTBUYで週末震えましょう!

当然重賞も他のレースも本気で予想しておりますが、全レース予想して、自信あるレースを並べて、なおかつ、オッズが高めの馬でお買い得の馬をBEST BUYと言っております。コース分析、最新の馬場分析、想定ラップ、その馬のキャラ、ヤリ要素、ローテーションから読み取る物語等を詰めこんだ予想になりますので自分にとっても最大の勝負レースとなります。

重賞完全予想

ブログでは本命馬だけの開示となりますが、対抗以下で厳選穴馬やブログでは絶対に言いたくない非公式一択馬などを配信しております。

先週はNHKマイルカップで◎ソングライン、〇シュネルマイスターの1・2フィニッシュ、新潟大賞典は限定公開した勝負レースの◎サンレイポケット1着で大的中!

BETTER BUY

同じ品質で予想しているので当然勝負レースですが、BESTBUYではなく、BETTERBUYとしている勝負レースです。

BESTBUYが外れてもBETTER BUYで助かるという日もありますし、当日の馬場状況によってはレートの比重をBETTER BUYを重めにしたりしますね!

硬すぎて・穴すぎて推奨するには忍びない馬達

全レース予想して、これはと思ってオッズを見たらガックりしたというような鉄板馬から100倍近くてもこれしか見えないっていう大穴馬を中心に配信しております。

先週はパトリックなんかがかなりの人気薄でしたね!

バイブレーション競馬、K-BA LIFEのオンラインサロン”BESTBUY検討委員会”メンバーであれば読み放題!

G1月は買い切り版も準備しておりますので、競馬のお供としてどうぞご活用くださいませ!

最終レースでハメ倒し”ベスハメ”!

競馬のコンテンツは無料に限る!という方向けにBEST BUYのエッセンスを最終レースに詰め込んだBEST BUYをLINE限定コンテンツである”最終ベスハメ”を無料配信しております。

土曜競馬ではノーブルアースで単勝10倍ゲットで大バイブレーション!!

最終レースに特化した予想ですが、力の入れ方は勝負レースや重賞と変わりません!

文章量の制限があるので、簡潔に書いておりますが、このようなアウトプットなんだなということを理解いただけるかなと考えておりますので、是非!

毎週土日に10時30分に配信しておりますし、地方重賞や海外重賞も配信しております!

LINE無料登録はこちら!

K-BA LIFEで競馬を楽しむ!!

 
 
◆BEST BUYを読み放題!バイブレーション競馬
 
K-BA LIFEが実際に購入するレースを厳選して配信しておりますバイブレーション競馬を会員様は読み放題です!
1頭に対して1小説くらいの物語を綴っている自己満コンテンツで有名なBESTBUYや重賞の完全予想、他の勝負レースまで紹介しています。
 
 ①BESTBUY
  当日の勝負レースです!単勝回収率は3年連続100%超え!
 
 ②重賞完全予想
  対抗以下の印と見解を記載しております。
 
 ③BETTER BUY
  BESTBUYにはいかずとも勝負レースです。
 
 ④その他人気しすぎですが買いたい馬リスト(頭固定狙い)
 
 ⑤その他穴すぎて勧めるのは忍びない馬リスト(複勝狙い)
 

◆競馬仲間と競馬を学ぶ!分科会制度

分科会では、競馬予想を深める為に、下記活動を実施しております!下記分科会で常に競馬で勝つための情報交換をしており、競馬仲間と深く学びたいという方のニーズにもお答えしますし、私も積極的に配信しております!馬場、展開、個性、必勝法に加えて、現在キル・ルメールの会も新たに構築しました。

◆皆で狂喜乱舞!!BESTBUY杯

このオンラインサロンの主目的は、全員が信念をもって勝負レースを発信できるようになることです。それを実現するために上記の分科会のアウトプットの場として、BESTBUY杯を毎月開催しております。このBESTBUY杯では、毎月優勝者には豪華景品も準備しておりますし、誰かの勝負レースで誰かが馬券を当てて、狂喜乱舞する。そして、その勝負レースの根拠で勉強して、また競馬が上手になる。そんな仕組みとなっております。入っていただければこの魅力に虜になるはずですので是非!

上記の他にも、復習コンテンツや重賞限定記事、K-BA LIFEのメモ帳等、オンラインサロンならではの仕掛けを多数発信しておりますので是非興味ある方は、現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!なので、ご参加頂ければ幸甚です。競馬予想のプロセスを学ぶにはいい環境だと自負しております!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

この最終ベスハメもプロセスは、BESTBUYと同じですが、2021年2月11日時点での成績は下記の通りです!

14R配信し、5-3-3-3の成績であり、数値化すると下記の通り。

勝率36%、複勝率79%、単勝回収率200%

地味にいい予想できていると思いますし、どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!