• HOME
  • Home
  • 重賞予想
  • オークス2024予想|優駿牝馬で狙える好走率100%!?最高ローテで挑む本命馬!

オークス2024予想|優駿牝馬で狙える好走率100%!?最高ローテで挑む本命馬!

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

オークス2024の予想記事を紹介致します!ラップと適性とお買い得感から導く本命馬を紹介致しますので是非最後までご高覧頂ければと存じますので、何卒宜しくお願い致します。先週はヴィクトリアマイルで本命馬が4着であったことから、昔ヴィクトリアマイルで的中した馬券をオークスでユーバーレーベンを本命にして転がして、44万4千円という4が並んだ馬券を取ったことを思い出しました。今年も人気薄で勝負する予定ですし、最低限これくらいの馬券はとれるような馬券を買いたいと思います。

ーご報告ー

K-BA LIFEがnetkeibaで公認予想プロとしてデビュー!

23年7月1日よりnetkeibaさんの”ウマい馬券”にて予想公開することになりました!今回”俺プロ”というnetkeiba企画で全国でTOPにならなければデビューできないため、実力が評価された形になり嬉しい結果でした。23年年間回収率は104%と回収率100%超えをまずは達成することができ、300人以上いる予想家の中で11位という結果を残すことができました!24年は1位を目指して活動したいと思います。

オークス2024 最終予想

予想

オークスは、これまで阪神マイルを頂点とする牝馬世代限定戦から突如唯一無二の東京2400m牝馬限定G1となる超特殊条件です。マイル戦は牝馬限定戦のG1が3つもあり、限定戦重賞も圧倒的にマイル戦が多く、中長距離はエリザベス女王杯とオークスの2つのG1に加えて牝馬限定戦も限られた数の番組数となっているので、基本的には牝馬の育て方はマイル仕様になりますし、これらの番組構成を考えたときに、オークスは2400mでも、これまで賞金を稼げる番組は短距離レースが圧倒的に多いことから適性外の馬が多数出走し、2400m戦でも異質な流れになることが多いです。その為、桜花賞組でもオークスで狙える馬を見つけるのか、あるいは最初からマイル路線を捨てたローテの別ローテの馬を狙うのかが重要な切り口。

実際に、桜花賞を好走したからオークスも好走しやすいというとそうでもなく、桜花賞とオークスを連勝した馬は稀代の名馬がズラリであり、そのハードルはやはり高いと考えてもいいでしょう。過去10年でもあのハープスターでさえオークスの壁は突破できず、アーモンドアイ、デアリングタクト、スターズオンアース、リバティアイランドと3冠馬が3頭もいますし、スターズオンアースは秋華賞で出遅れさえなければ勝てていたでしょうし、古馬になっても牡馬相手の中長距離戦で結果を出し続けている名馬ですから3冠級の評価が必要と考えれば、桜花賞→オークスを連勝するような馬は過去も今も3冠できるくらい抜けた実力でなければならないことがわかります。それでは、そんな異例ローテとなるオークスについて、ラップ的な側面から分析してみると、過去5年の東京2400m戦全レースの平均ラップとオークス・ダービーの過去5年平均ラップを比較すると、全レース平均と比較するとダービーもオークスもG1であることから基本的には速いラップを刻むのは当たり前ですが、オークスに関して言えば、短距離路線組が多数出走することからも前半4ハロンまでのラップがダービーと比較しても速いことがわかります。更に、種牡馬決定戦のダービーはそこから緩むどころか加速するほど熾烈なポジション争いをして限界の戦いをするのですが、オークスに関しては桜花賞組も距離不安あり5F~7Fまで一度緩むのが特徴です。その緩んだ後もラスト5Fから始まる持続力戦となるのがオークスの特徴です。

前半4ハロンまでダービーよりも速いことから過去10年逃げ馬が勝利していないですし、厳しい流れであることから、基本的には差し決着であり、桜花賞好走しても走り方次第では、簡単に敗退するのがこのオークスです。近年でも桜花賞好走組の成績は下記の通りで、先行馬が苦戦しており、差し馬優勢となっております。

23年

リバティアイランド1着→1着 追込

コナコースト2着→7着 先行

ペリファーニア3着 →12着 先行

22年

スターズオンアース1着→1着 差し

ウォーターナビレラ2着→13着 先行

ナムラクレア 出走無し

21年

ソダシ 1着→8着 先行

サトノレイナス 出走無し

ファインルージュ 3着→11着

20年

デアリングタクト 1着→1着 差し

レシステンシア 出走無し

スマイルカナ 3着→16着 先行

19年

グランアレグリア 出走無し

シゲルピンクダイヤ 2着→12着 差し

クロノジェネシス 3着→3着 差し

18年

アーモンドアイ 1着→1着 差し

ラッキーライラック 2着→3着 差し

リリーノーブル 3着→2着 差し

上記の通りであり、歴史に名を刻むような名馬級の差し馬以外は、基本的に桜花賞を先行して好走してオークスに挑んだ馬は着順を悪くしております。この要因は、上述の通りでマイル仕様に育てられてマイルに適性ある馬が狙い通り好走するのが桜花賞であり、オークスについては絶対的な能力を持つ馬以外が適性外で走れるような条件ではなく、マイルのようなレースの流れを先行して持続させる能力は求められず、激しい先行争いで折り合い、中間緩んだところで脚を溜めて、ラスト5ハロンで速い脚を再び使うというTHEクラシックディスタンスの競馬が求められます。逆に桜花賞よりもオークスを好走した馬は、昨年もハーパー、ドゥーラ、ラヴェル、シンリョクカとその後も中距離にて好走している馬でしたし、その前は、ナミュール、アカイトリノムスメ、リリーノーブル、ソウルスターリング、アドマイヤミヤビ、シンハライト、ルージュバック、クルミナル等がいまし、これらの馬はその後のキャリア(引退した馬も多いですが)を見てもマイルよりも中長距離で活躍した馬が多いです。この3歳春の時点で中長距離適性を見つけるのは容易ではありませんが、

・1800m戦以上の後半5ハロン59秒台レースで実績有

・中距離重賞実績+牡馬相手での好走実績

上記に集約できるといっても過言ではありません。桜花賞は差し決着であったことから上位馬は当然評価可能でございますが、裏を返せば展開が恵まれていたので極端な決着になったともいえることから、狙いたいのはこの馬。

アドマイヤベル

広いコースで差し脚を武器にするタイプで、オークスに関しては桜花賞組と比較しても劣るフローラS組からでも好走できる条件を突破しており、まず買える一頭。フローラSは3歳牝馬限定戦としてはオークス以前では最長距離であり、マイルを頂点とする牝馬クラシック路線の出走馬と比較するとスピードに欠ける一方で、スタミナが求められる舞台。そのフローラSで前半5ハロンが60秒を切ったレースで勝ち馬になった馬は20年ウインマリリン、22年チェッキーノと全てオークスでも好走しており、60秒は切れないまでも過去10年で3番目に速い追走を求められた21年で前残りの馬場を差して3着だったユーバーレーベンはそこからオークス制覇と前半5ハロンが流れた上位3レースは全てオークス好走馬を輩出しています。アドマイヤベルの勝利したフローラSは過去10年で2番目に速い59秒7であり、桜花賞ローテ組がそのまま出走することが多く速い流れになるオークスでの好走条件に合致のフローラSといえますし、過去のオークス好走馬と比肩する一頭。さらにこのフローラステークスを差して勝つというところも過去のオークス好走馬と比較しても同様の脚質であり、十分に好走できる一頭と考えます。

また他レースでも、いかにもオークスで走りそうなラップを刻んでおります。特に百日草特別・フリージア賞は東京2000mで後半58秒台という後半の持続力を求められるレースで上がりも33秒台を使える脚はいかにもオークス向き。百日草特別ではアーバンシックと同様に大外ぶん回しで前有利な流れを差し、フリージア賞で内前有利なレースを出負けから外々を捲り気味の競馬で時計差無しの2着になった戦歴からも実力は確かにあり、ウインマリリンやチェッキーノ級の走りができてもなんら不思議ではありません。そういう意味でも本命とします。

本重賞レースの全印を紹介した最終予想及び回収率5年連続100%超えの勝負レースBESTBUY(※)を含む他レースの予想はオンラインサロン”BESTBUY検討委員会”及びnoteにて配信の”勝負レース3本締め”限定配信となります。

※BESTBUY:5年連続回収率100%超えであり、その日最も自信あり+お買い得な一頭を紹介するコンテンツ

BESTBUY検討委員会はこちら

異常投票パトロール

単勝・複勝30万円以上の異常投票を見つけて紹介する”異常投票パトロール”の更新は、前日深夜及び早朝となりますので、是非もう一度ブログへお戻りくださいませ!

馬名 単勝 複勝
クイーンズウォーク   50万
ステレンボッシュ

100万,70万

150万,280万

100万,150万

120万,140万

アドマイヤベル   90万,60万
チェルヴィニア 30万,30万

70万,100万

110万,130万

ライトバック   30万

全頭分析(週初めにオンラインサロンで公開)

競馬新聞では、馬柱と調教と当週のコメントだけが記載されており、予想の決め手にはまだ不足しているのではないかと考えます。競馬予想にはその馬がどのような条件で走るのか?という点が重要であると考え、その点をラップやコース適性からわかりやすくまとめておりますので是非ご高覧頂ければと存じます。完全無料のブログでは、週中の枠順や最終追切等を考慮しておりませんので、評価が最終予想と変わることがありますが、そういう意味でも適性面の確認にご確認頂ければと存じます。

ステレンボッシュ

赤松賞と阪神JFでの走りが秀逸であり、桜花賞も制覇した通りで、世代最上位の存在。

赤松賞は超スローのレースであったとはいえ当日3勝クラスよりも速い時計で決着した内容は高評価+道中馬体を接触する不利ありながらも勝利と単純に地力が高く、阪神JFは勝ち時計も過去2番目に速い勝ち時計を直線では勝ち馬が前にいたことから勢いに乗ってからも内に進路を求める必要があったように非常に厳しい競馬でも最後まで差を詰めたあたり能力は勝ち馬に引けを取らない内容でしたし、ゴール後は完全に抜き去っていたことからも脚を余していたような内容で、桜花賞はNHKマイルカップでも不利ありながら2着となったアスコリピチェーノに対して、出負けしながら徐々にポジションを上げて差して完勝。この桜花賞の勝ち方は、過去オークスでも好走した桜花賞馬と同様に差し馬ですし、ゴール後を見ても驚きですが更に突き放していることからもまだまだ距離が伸びても問題なし。桜花賞同様に最有力の一頭であることは変わりません。

ミアネーロ

中山2勝で直線長いコースでの実績はありませんが能力は確か。新馬戦はポタジェよりも速い中山1800新馬戦でも過去5年で最も速い時計の勝利で、2戦目は1コーナーと直線で2度不利を受ける致命的なレース、前走は初の重賞戦で展開恵まれたとはいえ差し切り勝ちと強い競馬。個人的には時計的に物足りないところがあるので府中では少し疑問ですが、秋のクラシックは面白そう。

タガノエルピーダ

距離を延ばした忘れな草賞でのレースぶりからも朝日杯3着とはいえ中距離のほうがよいのではないかと思えるパフォーマンス。その忘れな草賞は、勝ち時計1分59秒4でアートハウスよりも速い時計であり直線では他馬が垂れるところを突き放していたように強い内容。朝日杯は前半34秒1、後半35秒4の前傾ラップで先行崩れの外差しが有利なレースでしたが、勝ち馬のジャンタルマンタルはこの世代最強マイラーですので先行して圧勝は無視し、それ以外では先行馬は軒並み潰れている中で紅一点のタガノエルピーダが残しているのは評価必要です。チューリップ賞はやや重馬場で内で脚を溜めた馬が上位を独占するレースでタガノエルピーダのみ内から3頭目の外々を前傾ラップで先行しても掲示板にはいったので負けておりますが悪くないレースですから能力は確か。上記からもある程度速いペースになって先行して耐えるという競馬の強さよりも忘れな草賞のように中距離の流れでレースをした時のパフォーマンスのほうが高いので距離延長はプラスにとらえております。一方で初の左回りで、メンバーも一気に強くなる今回は果たして・・・

ショウナンマヌエラ

決め手勝負となった後傾ラップの新潟2歳ステークスを逃げて2着に粘った内容は評価可能。新馬戦もその後勝ち上がり馬多数の出世レースであり、重賞では先行馬には厳しい流れでも残した内容は穴扱いされるなら塗り続けても良さそうですが、G1でも2戦連続いいところがなく、差し優勢のレースですからここは静観。

エセルフリーダ

ミモザ賞は小頭数とはいえ好時計かつ前残りのレースを最後方から大外ぶん回して勝ち切るあたり能力は高いです。また、ラスト3ハロンは中山2000mでは稀な加速ラップを刻んで最後方から差し切るというのは秀逸。2戦前は5着といえども弥生賞・皐月賞好走のコスモキュランダ、エコロレイズ等がいる中で5着ですし、全体時計も前半も速い流れで先行している中でこのメンバー相手に5着と強い内容他頭数でレベルが上がった時の走りは見ておきたいですが、牝馬限定戦の中距離であれば穴で塗ってもよさそうです。

全頭分析完全版はオンラインサロン限定で!

BESTBUY検討委員会はこちら

本日の勝負レース予想配信

K-BA LIFEでは、毎週全レースをラップ及びトラックバイアスの観点で回顧・復習し、気になる馬をリスト化し、リスト馬のキャラを分析して次走狙える条件に出てきて尚且つお買い得(オッズが美味しいこと)なら狙い撃ちするという予想プロセスで、その日最もお買い得な一頭を紹介する”BESTBUY”は2019年配信以降5年連続回収率100%超えの予想であり、重賞予想も本命馬の回収率は100%超えを継続しておりますので、皆様の競馬ライフに少しでもお役に立てるものであると考えます。特に2024年は東京新聞杯で◎サクラトゥジュール7人気1着で大爆発!会心の一撃ができたと思いますし、今年も回収率100%は確定できたかなというところですが、まだまだ伸ばしていく予定ですので是非今後も注目してみてください!

今日イチの勝負レース”BESTBUY”

勝負レースBESTBUYを含む他レースの予想はオンラインサロン”BESTBUY検討委員会”及びnoteにて配信の”勝負レース3本締め”限定配信となります。BESTBUYはK-BA LIFEが5年連続回収率100%超えの勝負レースコンテンツであり、その日最も自信あり+お買い得な一頭を紹介するコンテンツです。オンラインサロンは現在3日間無料キャンペーン中!

2023年勝負レースBESTBUY実績

23-14-13-55
勝率21.9%/連対率35.2%/複勝率47.6%
単勝回収率136%/複勝回収率102%

現在3日間無料キャンペーン!

 

K-BA LIFE LINE公式アカウント

LINE限定予想配信あり!重賞級に語りに語る予想を少しでも味わいたいという方は是非!

毎週土日朝9時にLINEでも配信中!是非友達登録をお願い致します。

公式LINEアカウント

コンセプトは大人の青春!オンラインサロン”BESTBUY検討委員会”

勝負レースBESTBUYを読み放題!

K-BA LIFEの勝負レースであるBESTBUYを読み放題なのはこのBESTBUY検討委員会のみ!回収率100%超えは当たり前の厳選された勝負レースは破壊力抜群!?netkeibaに実力でデビューできた実績ある予想や予想理論を深く学べるのはここだけ!

毎週週中も競馬を学べる環境!

土日の予想だけでなく、週中には重賞考察のコラムであったり、重賞の全頭分析、さらには前週における復習された厳選馬について紹介しております。他にも血統・調教師・騎手の研究等も深めており、予想の奥深さを実感できる内容と考えますし、予想のプロセスを学ぶことができると考えます。

予想の実践で身につく環境!

毎週土日には参加者で豪華景品を競う馬券バトル企画である”BESTBUY杯”を開催!このBESTBUY杯では参加者独自で達がったBESTBUY新聞の発行もあり、企画の中で競馬仲間が増えておりますので、競馬仲間を増やす環境としてもBESTな環境といえます。

リアルに感じる大人の青春!

オンラインサロンではWEBだけでなく、リアルな交流にも重きを置いており、全国でオフ会を開催しております!ここでできた仲間とは幼馴染よりも会っているといった声もあり、最高の出会いを感じておりますし、この競馬仲間が地元や自分の仕事を知ってほしいという気持ちから独自の文化で生まれた”持ち込み企画”も開催されております。22年末までで既に30回以上の企画もあり、楽しい週末を過ごせております。

大人の青春を感じる口コミ