• HOME
  • Home
  • 重賞予想
  • 【オールカマー2021】豪華メンバーのオールカマー全頭分析と厳選穴馬!

【オールカマー2021】豪華メンバーのオールカマー全頭分析と厳選穴馬!

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は、オールカマー2021の全頭分析とこの豪華メンバーでも絶対に買いたい穴馬を紹介致します!

先週はここで紹介しましたタイトルホルダーがやや危険視しソーヴァリアントを人気馬で最も評価した通りで、今週も丁寧に分析しました!

オールカマーは、前半3ハロンが極端に緩み、その後4ハロン目以降一切緩まないのが特徴的です。

古馬の天皇賞秋のステップレースであり、直線の長い東京コースを意識してからかもしれませんが、後半の時計が非常に速いのが特徴的です。

非根幹距離の直線が短い内回りコースなのでどうやってもペースアップが早いタイミングとなり、持続力勝負となります。

そういう意味でも持続力勝負の代名詞となる宝塚記念からのローテーション馬は、オールカマーの流れでも全く戸惑わないのか、好走馬多数であり、大注目。

速い馬場で持続力を問われるので米国系の血統で好走馬が多いのも見逃せません。

オールカマー2021 全頭分析&厳選穴馬

レイパパレ

6戦6勝の史上初無敗の大阪杯馬で前走宝塚記念で初めて黒星。

馬場が速くても重くてもどちらでも対応できる万能さが魅力です。

距離を1600m→1800m→2000mと徐々に伸ばし、斤量も52→53→55㎏と増やし続け、全て昇格戦で勝ち続けているのは名馬の器。

宝塚記念で2200mで距離を伸ばし折り合い専念しながらの競馬でしたので距離は何とかなりそうです。

能力的にも、チャレンジカップの上り4ハロン45秒8は超重賞級。

この時計よりも速いのはスワーヴリチャードしかおらず、ラッキーライラックやキタサンブラックよりも速い時計で先行馬壊滅の中で、先行して押し切るのだからまず能力は高いです。

ここまで速い時計で走れるのに重馬場も全く苦にしないディープ牝馬。

シンプルに能力が高いですし、やっぱり秋華賞出れていたらデアリングタクトに勝利していたかもしれませんねって思ってしまう逸材。

グローリーヴェイズ

グローリーヴェイズは、香港や日経新春杯のようなレースでもしっかりと勝ち切る為、瞬発力型ではなく持続力型であること明白。

これはディープではなく母系にあるメジロの血の力でしょう。

そして折り合いに不安があるため、基本的に外枠NG。

日経新春杯は前半10秒台が2回刻まれ2400m戦ですが、34.1で流れ、上がり5ハロンも62秒以上かかってるレースであることからも非常にタフなレースでしたし、

長距離でも好走してることからもスタミナ寄りであることは確か。2400mも得意の舞台であり、好走実績が京都に偏っており、実力的には大阪杯を制覇したラッキーライラックに香港で圧勝。

何よりも世紀の一戦での競馬が秀逸。

アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクト相手に、勝ちにいく競馬で0秒3の内容は斤量を考えても強いの一言。

1~4着馬は55㎏以下であり、グローリーヴェイズのみ57㎏でしたから、キセキが引っ張るような流れで後半上りの掛かる持続力勝負になれば強いのは間違いありません。

宝塚記念と金鯱賞の内容からも馬場が渋ると全然ダメなので、良馬場で。逆に雨+外枠なら積極的に軽視してもいいでしょう。

ウインマリリン

これまでの戦歴からも器用に脚を使えるタイプでありながら、ペース不問の先行馬。

クラシックでの内容もデアリングタクト相手に下記の通りで、この馬としては良く競馬しており、エリザベス女王杯で重視してまさかの4着。

秋華賞は、オークスからぶっつけ本番が悪かったわけではなく、10日間フレグモーネで完全に調教ができずに緩んでしまったこと、外枠からの積極策で前半59.4のハイペースに加えてデアリングタクトが3コーナーから進出する前の馬が絶望的な展開になったという2つが大きな敗因。(実際にこの2つが想定されたので秋華賞は切りでした)

レースを見てもいかにも制御しきれてなかった感じに見受けられることからも大敗はノーカウント。実際にウラヌスチャームで前走大勝した横山武史騎手がウインマリリンを選択したことからもこの馬に対する実力は間違いないものと見てます。

オークスではスローの瞬発力勝負で積極的に自分の競馬をしてデアリングタクトに土をつけそうな内容で競馬をできましたし、フローラステークスでは前半58.9の流れを先行して後続を押し切った競馬。

その後は不良馬場のAJCCで牡馬相手に0秒4差の6着、日経賞ではカレンブーケドール、ワールドプレミア相手に完勝、天皇賞春では牝馬でありながら5着と素晴らしい内容です。

上記からも能力は間違いなく、明らかに距離が長かった天皇賞春からの距離短縮、3勝の中山という舞台、母系が光るフサイチペガサス、中山の持続力戦大得意のスクリーンヒーローとなれば好走条件は揃いました。

欲を出すなら、外枠は苦手なので内枠がいいですね。

キングオブコージ

久しぶりの復帰戦で得意舞台。

1年ぶりのレースになるのでそこまで甘くはないでしょうけど、昨年の4連勝で目黒記念を制覇した勢いは本物でした。

京都大賞典でもグローリーヴェイズ・キセキ相手に3着ですから実力はあります。

一方で57㎏の斤量を背負った途端連勝街道がストップ、今回も別定戦ですので・・・

久しぶりですしさすがに様子見で良さそうです。

オールカマーどうしても買いたい厳選穴馬

Youtube動画でオールカマーのイチオシ穴馬を紹介中ですので是非!緊張感を持たせるために、罰ゲーム制度を採用しております!5人気以下でも狙える厳選穴馬を是非ご堪能ください!

オールカマーの厳選穴馬はこちら!

その他全頭分析はBESTBUY検討委員会で配信中!

その他のオールカマーにおける全頭分析は、BESTBUY検討委員会あるいはK-BA LIFEの競馬新聞バイブレーション競馬で配信中です!

本命候補の馬まで詳細分析をしておりますので、是非!

オールカマーの全頭分析はこちら!

K-BA LIFEのオンラインサロン”BEST BUY検討委員会”

 
 

K-BA LIFEの全てを詰め込んだコンテンツが、BESTBUY検討委員会です!

BESTBUY検討委員会 コンテンツ一覧

バイブレーション競馬

重賞完全予想・全頭分析

毎月開催!BESTBUY杯

競馬の復習

メンバー限定LIVE

他にも色んなコンテンツが充実しておりますので、是非BESTBUY検討委員会に遊びにきてくださいね!

3日間無料入会体験キャンペーン中です!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!しかし、重賞だけのブログでは、不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!