• HOME
  • Home
  • 重賞予想
  • 【マイルチャンピオンシップ2021予想】全頭分析&究極の末脚勝負で買いたい厳選穴馬

【マイルチャンピオンシップ2021予想】全頭分析&究極の末脚勝負で買いたい厳選穴馬

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

マイルチャンピオンシップ2021の全頭分析と厳選穴馬について紹介致します。

先週のエリザベス女王杯は本命ランブリングアレーで自信があったのですが、まさか内先行潰れの馬場で内先行で前の馬を潰しにいく競馬をするとは到底想像しておらず、リベンジしたいと思います。

今年も昨年と同様に阪神1600m戦で開催されます。全頭分析の前に、まずは阪神マイル戦と従来のマイルチャンピオンシップでは流れにおいてどのような差があるのかを紹介したいと思います。京都のマイルチャンピオンシップは京都外回りマイルかつCコース代わりかつロング開催の後半なので圧倒的に他のコテコテのマイルレースとは求められる適性が異なります。その為、マイル以外で実績を残していた馬の活躍が目立ちます。これは非常に有名な話ですが、トーセンラーが初マイルでマイルチャンピオンシップに勝利したことが代表例でありますが、マイルと適性がズレている馬が狙い目でした。例をあげるとキリがないですが、中距離重賞実績馬は特に多いです。この理由としては、マイルレースでありながら向正面の上り坂で緩み、下り坂のはじまる残り4ハロンのロングスパート戦になるので、中距離重賞と同じような末脚の持続力を求められます。その為、中距離実績馬がとにかく好走することが多いのがこの京都マイル戦になります。

一方で阪神マイル戦はどのようなレースになるかをグラフ化したのが下記であり、わかりやすくマイルCSとの比較を記載してます。こちらは馬場を極限まで近づけるため、5回阪神の古馬戦に限定した抽出となっております。

上記の表を見て頂ければわかります通りで、阪神マイル戦は究極の上り3ハロン瞬発力勝負であることがわかります。これは、阪神外回りがラスト3ハロン地点から下り坂があり、直線が長いということからもそのようなラップバランスとなります。加えて、昨年のマイルチャンピオンシップのラップが下記の通り。

G1レベルと言ってもやはり後傾ラップ戦であることがわかります。

昨年のマイルチャンピオンシップは高速馬場かつ前残りのレースだったのは開催前半の阪神開催だったということもありますが、それでも時計は速く勝ち時計も1分32秒0。全体ラップバランスの傾向としても34秒9-33秒5という超後傾ラップ戦であるので、G1であっても特殊な流れではなく、後半3ハロンの瞬発力勝負になる舞台であることがわかります。

ラップバランスとしては究極の上り3ハロン戦であり、先週の馬場を見て頂ければわかる通りであり、とにかく外差し馬場。内で脚を使う馬が全て垂れるようなわかりやすい馬場であることからも狙いたいのは差し馬です。そういう視点で全頭分析を進めたいと考えております。

マイルチャンピオンシップ2021予想 全頭分析

グランアレグリア

とにかくマイルまでの距離でBESTコンディションなら負けるところが1mmも想像がつかないくらい強い一頭であり、適性面や能力面では説明するのが不要だと思うように強い一頭、。特筆すべきはスプリント戦でも他の馬が止まるくらいで、得意舞台を走るアーモンドアイも全く相手にしないその末脚の加速力。

スプリント戦でもマイル戦でも上がり33秒台と展開不問で同じような末脚を発揮してるところからも持ち味はスピード。

3歳時には気性も若く、幅も物足りない感じでしたが、秋を超えて一気に進化したところを阪神カップで見せましたが、この距離なら世界でも負けないだろうと思わせる、そんなグランアレグリアを冷静に分析してみましょう。阪神開催では朝日杯で負けてしまいましたが、その後3歳になってからの桜花賞をレコード圧勝を含めて2-0-1-0と完璧な成績。朝日杯は気性が若すぎたことが敗因でしょうけど先行して溜めが効かなかったのも痛かったです。また、NHKマイルカップでもこの精神面の弱さが出て、かかり倒して斜行して4位入選からの5着。そこから半年放牧を経て、成長を促してからは、差しの競馬で折り合った阪神カップ、距離延長のローテーションでも安田記念でアーモンドアイをぶっちぎったように、完全にメンタル面がフィジカルに追いつきました。

そのスピードを裏付けるのはスプリントのG1を2戦したこと。高松宮記念では前が残る馬場でかつ重馬場で唯一後方から馬券になった末脚は破格の33.1、スプリンターズステークスも出遅れ後方から他の馬が止まったような末脚でこちらも破格の33.6。ヴィクトリアマイルでも桁違いの内容でしたし、最早能力は疑いようがないです。

ここまで書いてこの馬の強さは、ペース不問で確実に末脚を爆発させることができることです。

スプリンターズステークスはモズスーパーフレアの作った32.8の超前傾ラップ、安田記念も34.2-34.3の緩みない前傾ラップ、高松宮記念はスプリント戦ですが34.2の緩いペース、阪神カップは33.9-34.2の前傾ラップの流れでした。若い時は、スローペースになると暴れるような手応えで先頭に立ち、さらに突き抜けるという荒削りな競馬でしたが、今ではすっかりと折り合って差す競馬ができるのですから本当に成長したと感じます。

さらに成長したのはメンタルだけではありません。デビュー時に458kgあった馬体重が今や504kgと完全にビルドアップされてますからこの筋肉のつき方はスピード競馬適性を更に高めてます。話を戻して、この阪神マイルの長い直線であれば直線外に出して、持ち味であるスピードを生かした差しの競馬に徹することができるコースできますし、何よりもアーモンドアイを力でねじ伏せた馬ですし、桜花賞もアーモンドアイより時計速いですから、嫌う理由を探すほうが難しいと思いますが、1つだけあります。

唯一の不安はそのローテーションと状態面。

この馬は、常に3ヶ月程度あけたローテーションで走っており1-2ヶ月の間隔の場合は朝日杯、NHKマイルカップと実力を発揮できずに敗れてます。今回は中2週であり、この馬にとってはかなり狭いローテーション。加えて、今年は中距離レースを2度挟んでいることからも馬づくりがまず違います。ヴィクトリアマイル後は蹄に影響あり、この夏には喉なりの手術をして、天皇賞秋は急仕上げ感満載。今回間隔を詰めたローテーションでのレースというだけあって、状態面は非常に注意したいところです。今回距離短縮+、コース適性+、ローテーション×ではありますが、春のVM→安田記念は3戦目、今年については秋2戦目であることを考えると、そこまで心配しなくてもいいかもしれませんし、何よりも末脚を武器にする一頭なので、大外が伸びる今の馬場なら他馬ではどうしようもないかもしれません。状態見ながらですが、急仕上げ後の中2週ですし、去年不利があったとはいえ圧勝できなかった舞台ですから、今回頭固定しない馬券にしようかなと思っております。

シュネルマイスター

今年の3歳は強い。エフフォーリアがコントレイルとグランアレグリアを撃破し、ピクシーナイトがスプリンターズステークスで勝利した時点で最早それは確定的。

それだけに最も早くから古馬相手に結果を出してきたのがこのシュネルマイスターですから来年のマイル~中距離路線を考えても注目です。

安田記念は3歳馬の斤量を活かしてまたもや外枠からの競馬で3着。ダノンキングリー・グランアレグリアに次ぐ3着、インディチャンプに先着というだけで能力は確か。そして、毎日王冠ではダノンキングリーを相手に直線でも最後方からの競馬で差し切り勝ちは正直桁違い。後傾ラップ戦のスローのレースで、ダノンキングリーも捲るような競馬で押し切り勝ちかと思ったところを外から差し切る内容に計り知れないポテンシャルを感じました。

気になるのは非常に強い競馬をしたのがここ3戦全て東京であり、今回は初の遠征競馬に加えて、右回りの直線が長い瞬発力を求められるマイル戦であるということ。大外一気は今の馬場であれば魅力的ではありますが、ここは未知。2戦目のひいらぎ賞も右回りマイル戦で強い競馬でしたが、阪神マイルとはまた違う適性が必要です。一方で、直線長く瞬発力が求められるコースは、東京競馬場でも直線まであえて追い出しを待って差し切ったことからも十分狙い目と言えるでしょう。

インディチャンプ

春秋マイル王であり、もし阪神のマイルチャンピオンシップを勝てば、東京、京都、阪神の古馬マイルG1勝利という誰もしたことがない偉業の達成ですね。

インディチャンプの好走条件はやはり後傾ラップの瞬発力勝負のレース。祖母がトキオリアリティーというリアルインパクトやネオリアリズムを産んでいる通りでマイラーよりのスピード馬を出せる牝系の最高傑作といっていいでしょう。加えて父ステイゴールドの持つノーザンテーストで3度馬が変わると言われる成長力も兼ね備えており、いまが走り頃と言えます。この血統が出す瞬発力こそが持ち味ですから、阪神マイルコースについては間違いなく適性ありでしょう。

ここを勝てば古馬のマイルG1で前人未踏の3場制覇。

個性としては、ピッチ走法で重馬場が得意であり、使える脚が一瞬であることからも内枠で脚を溜めれば阪神マイルのような瞬発力が必要となるコースでは絶好。
一方で、阪神カップあたりからスプリント寄りの追走力を身につけるように馬づくりをし始めてやや行きっぷりがよくなっている印象であり、
前走の安田記念もやや力みながら5番手からの競馬になり、直線では伸びを欠くようなところがありましたのでここが気になります。

去年も今年と同じ休み明け初戦のローテーションでマイルCSに参戦であり、ローテーションは非常にいいように思いますし、舞台設定は阪神マイルで一昨年の馬なら完璧だと思いますが、
このスプリント戦線に使ってきたことがどのように影響するのか判断しきれないのが実情。
また、昨年も2着ということから休み明け初戦がいいように思いますが、インディチャンプがこれまでG1を制覇した時を思い返すと叩き2戦目。

安田記念1着時(マイラーズカップ4着からの2戦目)
マイルチャンピオンシップ1着時(毎日王冠3着からの2戦目)

グランアレグリアを徹底マークして差のない競馬ができたのが休み明け初戦でありましたが、スプリンターズステークスを使えなかったとん挫面含めて状態は完璧ではなかったはず。

そういうことを考えると舞台面では、一瞬の脚を活かせる瞬発力勝負舞台なのでプラス、叩き2戦目ではないところがマイナス、とん挫がないところはプラス。
血統的にもトキオリアリティ―一族でスピードに勝ったタイプで、ノーザンテーストは3度成長しますからこの一族は晩成でも衰えはないでしょう。

外差し馬場なので伸びる場所だけで脚を使うような競馬をすれば十分勝負になるとは思いますし、買える一頭です。

その他全頭分析はオンラインサロンで紹介中!

マイルチャンピオンシップは特殊馬場に加えて特殊コースであることからも上記の人気3頭以外に狙いたいあの馬をオンラインサロンであるBESTBUY検討委員会で熱く語っております!BESTBUY検討委員会ではバイブレーション競馬というK-BA LIFEの競馬新聞も配信しており、先週は勝負レースで9人気1着で大万馬券を炸裂させたり、先々週も勝負レースで馬券外1回のみと絶好調継続中です!是非興味あるという方は、大人の青春、大人のサークルを味わえるBESTBUY検討委員会に是非遊びに来ていただければと存じます。

マイルCS全頭分析はこちら!

以上です!

K-BA LIFEのオンラインサロン”BEST BUY検討委員会”

 
 

K-BA LIFEの全てを詰め込んだコンテンツが、BESTBUY検討委員会です!

BESTBUY検討委員会 コンテンツ一覧

バイブレーション競馬

重賞完全予想・全頭分析

毎月開催!BESTBUY杯

競馬の復習

メンバー限定LIVE

他にも色んなコンテンツが充実しておりますので、是非BESTBUY検討委員会に遊びにきてくださいね!

3日間無料入会体験キャンペーン中です!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!しかし、重賞だけのブログでは、不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!