【マイルチャンピオンシップ2021】最終予想&日曜競馬勝負レース

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

マイルチャンピオンシップ2021最終予想&日曜競馬勝負レースを紹介致します。

マイルチャンピオンシップは今年も超有力馬揃い。名実共にNo.1でこれが引退レースのグランアレグリア、強い強い3歳世代のマイル王シュネルマイスター、春秋マイル王インディチャンプ、またまた強い3歳世代の2歳王ダノンザキッドとグレナディアガーズ、コントレイル世代のNo.2であるサリオス等出走馬は豪華そのもの。非常に楽しみなメンバーが揃いました。この1週間は、時間もありマイルチャンピオンシップの全頭分析も実施し、周到に準備を進めてきましたので、ここは是が非でも当てたいです。

昨年は現地観戦でグランアレグリアを本命に、穴推奨したアドマイヤマーズも馬券になったようにある程度は得意なコースなのでここは外せない気持ちでの参戦になります!

土曜競馬の東スポ杯2歳ステークスで負けるわけがないと踏んでいた◎イクイノックス、▲アサヒの1着固定で重賞勝利、阪神メインはラーゴム炸裂で何とかプラス!一方で勝負レースについては、全く見せ場のない予想になってしまいましたので、ここは改善の余地ありとみて反省しております。土曜競馬の馬場も考慮した上で、最終決心をしましたので是非最後までご高覧頂けたらと思います。それでは、マイルチャンピオンシップ2021の最終予想をどうぞ!

マイルチャンピオンシップ2021 最終予想

予想

今年のマイルチャンピオンシップは、昨年に引き続き阪神マイル戦。この阪神マイル戦がどのようなレースなのか、加えて今の阪神の馬場がどういう馬なのかを整理した上で予想を進めたいと思います。

阪神マイル戦はどのようなレースになるかをグラフ化したのが下記であり、わかりやすくマイルCSとの比較を記載してます。こちらは馬場を極限まで近づけるため、5回阪神の古馬戦に限定した抽出となっております。

上記の表を見て頂ければわかります通りで、阪神マイル戦は究極の上り3ハロン瞬発力勝負であることがわかります。これは、阪神外回りがラスト3ハロン地点から下り坂があり、直線が長いということからもそのようなラップバランスとなります。加えて、昨年のマイルチャンピオンシップのラップが下記の通り。

G1レベルと言ってもやはり後傾ラップ戦であることがわかります。

昨年のマイルチャンピオンシップは高速馬場かつ前残りのレースだったのは開催前半の阪神開催だったということもありますが、それでも時計は速く勝ち時計も1分32秒0。全体ラップバランスの傾向としても34秒9-33秒5という超後傾ラップ戦であるので、G1であっても特殊な流れではなく、後半3ハロンの瞬発力勝負になる舞台であることがわかります。ラップバランスとしては究極の末脚勝負になることがわかります。

一方で、昨年のマイルチャンピオンシップと今年のマイルチャンピオンシップの違いはやはり馬場。昨年は京都開催があったので、なんだかんだで開催初期のある程度内と前が有利な馬場になってました。そういう馬場であるからこそアドマイヤマーズを狙い撃ちできたレースでもありますが、今年についてはロングラン開催でAコースが使われて既に14日目となれば最早内目の馬場は機能しておらず、外差しかつ路盤も荒れて時計も掛かってます。内回り、外回りの差はあるものの、馬場の全体的な見える化をしたいと思います。

3R内回り1200m 外差し決着

1着馬は4コーナー14番手、2着馬は4コーナーで16番手という位置取りから上り33秒台で差し切り。前傾ラップ戦ではありますがスプリント戦にしてはやや緩いペースでも外差しが炸裂で、逃げ馬は大敗でした。

4R外回り1800m 外差し決着

1着馬は中団やや後ろの外4頭目、2・3着馬は4コーナーで最後方+大外部回しのポジション。前傾ラップで上りも掛かるレースであったことで差しも決まったように見えましたがそれにしても差し決着が顕著な内容。

5R内回り1400m 外差し決着

1・2着馬共に差しのポジションで逃げ・先行馬が残るであろう前半35秒のペースを差し切り勝ち。やはり内回りは完全に外差し決着。

8R内回り1400m戦 外差し決着

2着に先行馬が残りましたが、阪神1400m戦にしてはスローと言える34秒4のペース。それでも上り35秒6はかなり時計が掛かっているのでタフな馬場であることは間違いありません。

10R外回り2400m戦 内前決着

前半61秒1のスローペースで流れる中々緩いペースであり、大逃げの影響でラスト5ハロンが持続力戦となり瞬発力を要求されないスタミナ勝負。そういう意味でも差し馬にとっては厳しく前の馬が同じペースを刻み続ければ勝てるレースでしたのでここは参考外。

11R内回り2000m戦 外差し決着

ボッケリーニ以外は外々を回ってきた馬が上位を占める内容。

グランアレグリアが控えるようならこの競馬ができますが、引退レースで無理はさせない厩舎であり、蹄不安から喉なり手術で天皇賞秋からの距離短縮ローテーションの中2週ローテーションであれば、違う馬から狙って世代交代劇といきましょう。

上記の通りで、ある程度上りも掛かるスタミナを要する馬場であることがわかり、上り33秒台を求められるような馬場ではないことがわかります。

上記を考慮した時に、一言で狙いどころを整理すると”時計の掛かる馬場で差せる馬”これに尽きるでしょう。そう考えれば、超スピードタイプのグランアレグリア、東京高速馬場で結果を出したシュネルマイスターにも隙はあるはず。せっかくのG1ですから攻めた予想をします。

◎ダノンザキッド

日本人初のブリーダーズカップを制覇した川田騎手が選択したのはグレナディアガーズではなくダノンザキッドを選択。実際この馬はまだ適性が見えてはいませんし、前走久しぶりで負けて4着ではありますが、あくまでトライアルはトライアルですから全く悲観する必要ありません。直行が流行っている現代競馬で明確にステップレースで課題解決に使い、本番に挑むというのは安田厩舎らしいローテーション。今回叩き2戦目であり、どこまで状態が戻ってきているのか楽しみな一戦。

結論から申し上げますと、右回りでは手前を替えないような不完全な競馬であっても、上りも時計も掛かる馬場で上り最速を出し続けて2歳の頂点になった馬ですから、ここで狙わない手はないと考えております。

昨年新馬戦からG1級と評価していた馬が2歳G1を勝利してからはイマイチ歯車が合っていません。

弥生賞 3着
皐月賞 15着
富士ステークス 4着

これをよく見てみると関西馬でありながら、デビュー戦以外は全て関東圏でのレースであり、走る毎に馬体重を下げ続けていましたので状態面で不安があったのは間違いありません。
そういう意味でも今回デビュー戦以来関西で走るのは輸送等を考えても明らかにプラス。川田騎手も能力には惚れ込んでいる一頭であり、前走は骨折休養明けの+22kgを叩いての2戦目で上昇も期待できます。

前走は外枠から外々を回りながらも4コーナーでは弾けるような手応えで一度は先頭に立てそうな手応えでしたが、久しぶりと重め残りでガス欠ですし、高速馬場の東京ですから。

これまでのレースを振り返ってみてもこの馬が最も力を発揮するのは、上りも時計も掛かるレースなのではないでしょうか。

元々新馬戦勝利した日からお宝ホースとBESTBUY検討委員会でも紹介していた素質馬。新馬戦の日は、宝塚記念が開催されていることでご存知と思いますが馬場も荒れて稍重馬場とはいえ時計もかかり、サートゥルナーリアがモズベッロに差されるような馬場。そんな馬場でも新馬戦にしては速い流れで、中間ラップも緩まずに先行し、上り最速の時計で0秒5差の圧勝。35秒8-35秒1というまさしく今の阪神の馬場のような時計の掛かり方で圧巻の競馬。2着馬ワンダフルタウンは次走の新潟でレコード勝利、3着馬も勝ち上がりと中々の出世レースですし、テンバガー等もおりNo.1出世新馬戦。そんなレースでも桁違いなダノンザキッドは勝ち時計もその日のオーマイダーリン等が走った城崎特別よりも0秒8速い時計であり、歴代の名馬と比較しても断トツの時計。前半1000mの通過タイムは宝塚記念とほぼほぼ同じ流れである前半35秒8で流れながら、先行して、楽々の上り34秒7は桁違いと言っていいでしょう。

1㎜も負ける気がしなかった東スポ杯2歳ステークスでも+24㎏と馬体を増やし、先行しながら上り3ハロン最速で競馬するレースぶりは昨年のコントレイルとは違った安定感のあるレースでした。
時計も1800m戦とはいえ時計も掛かる内容であり35秒8-34秒3と時計が掛かっているレース。
加えて菊花賞馬のタイトルホルダーをここで破ってます。

そしてホープフルステークス。このレースは、37秒2‐36秒8という過去にない時計の掛かる馬場で完勝。厩舎の名前と時計の豪快さからもマイラーのようなイメージはありましたが、距離延長のローテーションでホープフルステークスでは超がつく時計のかかる馬場の中で、手前を替えることなくG1制覇したのは能力が桁違い。このホープフルステークスで得た経験はやはり時計のかかる中山の馬場で実績を残せたこと。先行して競馬をして、イマイチな手応えながらも直線で坂を上ってから更に伸びるあたり、切れる脚はないですけど地力や持続力については世代でも屈指であることがわかりました。

弥生賞は内前有利な馬場とレースで、そんな中直線で伸びたのは最後の最後でありながら上りも最速ですし悲観する内容ではありません。

上記を考慮しても、上りも時計も掛かるようなレースでこれまで強い世代でも差してきた実績もありますし、他馬と比較してもそういうパワーがいる馬場では、相対的に狙えるはず。

血統的にも本日の阪神はトニービン天国。トニービン持ちのジャスタウェイ産駒ですから血統的にもピッタリと見てます。

最後に鞍上は日本人初のブリーダーズカップ優勝ジョッキーとなった絶好調の川田騎手。

川田騎手の師匠である安田厩舎の元でクラシックに挑み、デビューから陣営と一緒に歩み、クラシック制覇を目標に育て上げたダノンザキッドには並々ならない想いがあるはず。

2歳時には陣営も子供だけど能力だけで駆けっこで1番になる、それくらい伸びしろに溢れる馬の期待があるからこそ、関西馬でありながら遠征を繰り返し、課題を確認・克服、そしてG1制覇まで持ってきました。

この強い世代で、最初に強いと言われていたのはこのダノンザキッド。強豪馬を相手にもいいレースをしてくれるはず。

〇対抗馬も攻めた穴馬をバイブレーション競馬で紹介中!

マイルチャンピオンシップについては対抗馬についても攻めた予想を致します!このメンバーでも高速馬場に実績がある馬達が決して万全という訳ではないのであれば、一発3着なら拾えるのではないかと考えて先週の大荒れレース並みの展開に期待して攻めた印にしてます!バイブレーション競馬では、重賞の最終予想以外にも、平場の勝負レースも紹介しておりますので是非!土曜競馬は、相手にアサヒをしっかりと上位指名してイクイノックス本命でも配当の最大化をできましたからマイルチャンピオンシップでも熱い配当狙いでいきます!

マイルCSの最終予想&勝負レースはこちら!

異常投票パトロール

馬名単勝複勝
シュネルマイスター 170万,180万
サリオス100万 
グランアレグリア

70万,80万

90万,70万

100万,100万

 

100万,100万

100万,100万

ダノンザキッド 20万 

 

 

K-BA LIFE予想コンテンツ

勝負レース”バイブレーション競馬”

勝負レースで震えるをコンセプトに、2020年にスタートしたK-BA LIFEの勝負レースを詰め込んだ競馬新聞がバイブレーション競馬です!バイブレーション競馬では、見解もブログ以上の文章量と熱量で勝負レースを熱く語っております。特に今日一の勝負レースであるBESTBUYでは、その馬にある物語、このレースに使うプロセス等を熟考し、コース、ラップ的な能力評価、適性、展開を盛り込んだ勝負レースは、読み応えがあり、予想以上にそのプロセスが携帯小説のように面白いとご好評を頂いております。BESTBUYの他にも重賞の完全予想や準勝負レースに該当するBETTERBUY、その他にも買いたい馬等を配信しておりますので是非!オンラインサロンのBESTBUY検討委員会は無料で読み放題ですので、お試し版でハマったという方がいらっしゃいましたら競馬コミュニティのBESTBUY検討委員会も是非!

バイブレーション競馬

全レース予想 ”語りたい馬達”

毎週土日の全レース予想をTwitterで配信中ですので是非!今週も全レース予想しまして、長文で語ることができる馬をピックアップして紹介しておりますので是非フォローも頂ければなと考えております。

全レース予想はこちら!

最終レースで勝負!”ベスハメ”

最終レースは最終ベスハメ!毎週土日に10時30分に最終レースで最も狙いたい馬を配信してます!その他、地方重賞や海外重賞も配信しておりますので是非!

LINE無料登録はこちら!

重賞穴馬BEST3

2021年の夏競馬が終わるタイミングから重賞での穴馬を紹介するコンテンツを配信開始しました!

Youtubeでは、5人気以下を条件に、K-BA LIFEの中の人、パイセン、そして2名の意見合致馬の計3頭を穴馬BESTとして紹介しておりますので是非チャンネル登録の上、ご視聴頂きたく、宜しくお願い致します。キーンランドカップではエイティーンガールイチオシで7人気2着!

Youtube配信はこちら

本日の全レースにおける外厩情報

ハイレベルなノーザンファーム系の外厩からの仕上げ馬は特に注目!新聞に載っていない外厩舎情報を入手する一番簡単な方法を紹介します!今年のダービーも1.2フィニッシュ、宝塚記念も、昨年に続きクロノジェネシス、一昨年リスグラシューを含めてノーザンファームの力は偉大ですね。

特にトレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練された週末全レース出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。当日の外厩情報は新聞にもない情報なので是非!

外厩情報はこちら

以上です!

K-BA LIFEのオンラインサロン”BEST BUY検討委員会”

 
 

K-BA LIFEの全てを詰め込んだコンテンツが、BESTBUY検討委員会です!

BESTBUY検討委員会 コンテンツ一覧

バイブレーション競馬

重賞完全予想・全頭分析

毎月開催!BESTBUY杯

競馬の復習

メンバー限定LIVE

他にも色んなコンテンツが充実しておりますので、是非BESTBUY検討委員会に遊びにきてくださいね!

3日間無料入会体験キャンペーン中です!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!しかし、重賞だけのブログでは、不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!