【天皇賞秋2021】最終予想&日曜競馬の勝負レース【3強対決】

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

天皇賞秋2021の最終予想と日曜競馬の勝負レースを紹介致します。

今年の天皇賞秋は、非常に予想しがいがあるレースです。

私は長距離派ですので、菊花賞や天皇賞春が好きではありますが、俯瞰して、感情を抜きに天皇賞秋を見たときにこのレースは日本1決定戦といえます。というのも、現代競馬の主流は完全なスピード競馬。種牡馬の価値もマイルと中距離勝利馬の価値が高く、種牡馬のリーディングも類まれなスピードを発揮したディープインパクトの後継は、スプリント王のロードカナロアであり、ロードカナロアが種牡馬となってからはアーモンドアイがジャパンカップでワールドレコードを叩き出す等、日本の馬場と競争馬の質が掛け算となりスピード優勢となっております。こういったスピード偏重の日本競馬の中で、日本のチャンピオンコースである東京競馬場で開催される2000m戦ということからも日本最強馬決定戦のような位置づけであり、この2年は日本競馬史上最も芝G1を勝利したアーモンドアイが勝利しておりますし、勝ち時計も年々速くなっており、出走馬のレベルも今年のようにとにかく高い。

一方で天皇賞秋のポジションは、秋初戦であり、賞金的にもジャパンカップや有馬記念といった世界の中でも有数の賞金を誇るレースがあること、秋1戦のみというのは競争馬のキャリアを考えた時に基本的にありえないので、やはり2戦目も見据えた仕上げになりがち。そういうことを考えると、ここを目標に仕上げてくるという馬は夏の上り馬だったり、秋初戦を叩いてという馬になり、天皇賞秋でジャスタウェイやスピルバーグのようにG1初勝利がこの舞台ということが往々にしてあります。

そういう意味でも、従来のチャンピオンクラスの馬vsここを目標にしてきた馬という構図ができており、予想しがいがあります。

そんな天皇賞秋で、昨年はアーモンドアイが8勝するのか、クロノジェネシスとどっちが強いのか、この2つが見どころでしたが、今年は更に面白い。アーモンドアイを安田記念で破って圧勝したグランアレグリア、3冠馬のコントレイル、強い世代No.1のエフフォーリアの3頭が激突という何とも面白い構図。

こんなに面白い天皇賞秋も中々ないので、楽しみながら予想したいと思います。

天皇賞秋2021 最終予想

予想

天皇賞秋については、既に【天皇賞秋2021予想】全頭分析&3強対決の中でも狙いたい穴馬にて紹介しております通りですが、予想のポイントを簡単に説明します。この東京2000mで開催されるチャンピオン決定戦については、下記の通りで他2000mG1と比較すると天皇賞秋の特徴としては、どのG1レースよりも全体時計が速いということが注目です。非常に速い流れで追走し、後半も非常に速いというのが特徴的なのは、やはり東京の大箱であり、スピードの減速要素がないということ、直線が長いということが寄与しているものと考えます。

今回の天皇賞秋を予想する上で、まず考えなければならないのがコースレイアウトから生じる内外の不平等さ。スタートしてからコーナーがすぐにあるレイアウトで毎年1コーナ―で非常にごちゃつき不利も発生するようなレイアウトとなっております。(昨年クロノジェネシスとフィエールマンがスタート後に不利がありました)そして、今年の枠順発表を見てみると数少ない先行するカレンブーケドール、ヒシイグアスが大外の枠に入ったこと。これにより外から2頭の先行馬がポジションを取りにいくので、内からポジションを取りたい馬と外からポジションとりたい馬に挟まれる形になる並びの真ん中の馬が非常に不利を受けやすくなる可能性が高くなります。そうなると最も競馬をしやすいのは真ん中よりも内の白~赤の枠。その枠にいる3強の中でも、最も競馬がしやすいのはこの馬。

◎コントレイル

無敗で3冠を達成した馬が、最も適性高い舞台に登場。

史上最弱?弱い世代?早熟?

全く関係ないってところを見せて欲しい。

3冠馬とは、2000m、2400m、3000mという全く求められる適性が異なるレースを勝ち切る絶対的な能力を持つ馬でしか達成することができない偉業です。

あの凱旋門賞で最も日本馬で優勝に近づいたオルフェーヴルも3冠達成後に有馬記念で勝利はしたものの、阪神大賞典は逸走、天皇賞春は大惨敗というところで、宝塚記念や有銘記念、そして凱旋門賞で歴史的な強さを見せて、今でも最強馬論争で語られていますし、コントレイルもそうであってほしいというか日本の今後の未来のためにも、ここは勝利を飾ってほしい。

コントレイルの評価を急落させたのは、菊花賞以降の3戦でしょうか。菊花賞では重賞を勝てないアリストテレスに詰め寄られ、ジャパンカップではアーモンドアイに敗れ、大阪杯ではレイパパレとモズベッロに負けたということで世代を超えたレースで勝利していないというところが”弱い世代の早熟3冠馬”と謎の評価がついている一番の要因でしょう。しかしながら、全てに理由があります。

まず菊花賞。菊花賞はコントレイルにとって明らかに向いていない、それでも勝たないといけないという使命感から、使わらなくてもいい神戸新聞杯を使ってからピークにもっていき、菊花賞制覇で感動の父子無敗の3冠制覇を達成しました。距離は合わないと陣営も公言しており、馬場も荒れており時計も掛かる京都競馬場でしたからあの条件で勝つことが陣営の力量にほかならず、条件の合わない菊花賞でも勝利したという強さの裏返しでもあります。

そしてジャパンカップ。ジャパンカップは世紀の1戦。このレースは3冠馬が3頭、日本最高賞金額レースで対決するというドリームレースであり、現地でも観戦しており、人生でも最高の瞬間でした。この最高のレースで、コントレイルの高騰するシンジケートを抑えるために、ノーザンファームの総大将であるアーモンドアイが参戦し、空前の盛り上がりになっていました。このレースではピークの菊花賞から下降線になっていたコントレイルも競馬を盛り上げるためという使命感で菊花賞と同様に出走を決め、状態面がイマイチといわざるを得ない状態で出走し、レースでもキセキが引っ張る厳しい展開の中で、大外ぶん回しの上り最速ですから強さを見せたのはコントレイルだと考えます。

そして、大阪杯。大阪杯は距離としては2000m戦で問題なかったでしょうが、極悪の不良馬場に加えて、コースも小回りといっていい内回りコースであることから完全に適性外。

そういう意味でもこの3戦は、適性や状態面で満点で出走できたレースはありませんでした。

やはりコントレイルにとって、最高の条件は時計の速い良馬場のレースかつ東京コースのような広いコースかつ左回りでしょう。辛勝したレースは全て右回りであったり時計の掛かるレースでありましたから、左回りの良馬場だけでピックアップすればその強さが明白であり、弱いというコメントは誰もできないと思いますので説明したいと思います。

この馬が世代No.1と言われたレースの東京スポーツ杯2歳ステークスですが、2歳時に走破したこのレースが桁違い。過去10年のレースラップを並べたのがこちらになり、赤色がコントレイルです。コントレイルの年の東スポ杯2歳ステークスは、前半から速い流れで流れ、後半5ハロンは57秒4、後半4ハロンは45秒7と過去の名馬と比較しても1秒以上速いレースで上りも33秒1とスローで中間ラップが緩んだスマートオーディンの32秒9に次ぐ2位ですから、いかにも天皇賞秋と相関がありそうなラップ。天皇賞秋も上述の通りで、マイルのようなスピードで流れて後半4~5ハロンがG1レースの中でも有数な速さを求められるレースですからこのレースから絶好舞台はここであることがわかります。

そして、今世紀の日本ダービーでは、0秒5差の圧勝。これは数ある名馬を輩出したダービーでも特筆すべきことであり、限界まで仕上げられたライバル相手にこの着差をつけた馬は、21世紀ではウオッカとディープインパクトの2頭のみ。この飛びぬけたパフォーマンスを見せた日本ダービーでは、これまでの後方からの競馬だけではなく、3番手の競馬でレースを進め、スローで流れる中、きっちりと折り合いをつけてラスト5ハロンで58秒4とペースが上がる中でも脚をため、レース上りに対して0秒3だけ速い上り34.0ですが、早め抜け出しからの押切競馬であることからもこの上りの速さは不要ですし、先行してこの末脚を出されるとお手上げ感。レースを見ても馬なりで先頭にたち、ラスト300mあたりからスパートし、最後は流す余裕で時計以上の完勝。毎日王冠を圧勝した好敵手のサリオスに対しても圧勝でしたのでさすがにこの世代では桁違いでした。距離を伸ばしてパフォーマンスを上げ、サリオスにも決定的な差をつけましたし、福永騎手も遊びながら勝っていたとコメント。遊びながらこの時計+着差は忘れてはいけません。ちなみにこの後半5ハロン58秒4という時計は、ディープインパクトの年のダービーよりも0秒4速い時計ですし、天皇賞秋で求められるのも速い追走と速い後半5ハロンでの末脚。天皇賞秋でもこの日本ダービーでの走りを内から狙うはず。

そして、神戸新聞杯では最大の武器である瞬発力で抜け出しただけでノーステッキ。レースとしても好位の内につけ、先行馬がディープボンド含めて馬券外に沈むような展開の中で、ある程度のポジションで追走し、直線入口では万事休すのような包まれ方をしましたが、瞬発力が他馬とまるで違うので不利を不利としない抜け出しで抜け出した後はノーステッキで差を開くだけという桁違いの内容でした。

そして、理外にいる3冠馬が3頭集まったジャパンカップ。

制覇したのは、日本競馬史上初の芝のG1を9勝したアーモンドアイ。理外にいる3冠馬も日本競馬史上最もタイトルを取り続けた馬には勝てなかったのですが、ジャパンカップでは最も強い競馬をしたと考えております。このレースは、アーモンドアイが通過したコースが一番いいコース。さすがルメール騎手と言える位置取りで馬場のいいところを先行して、アーモンドアイのスピードを活かす競馬をしてくれました。ラップとしては、キセキの大逃げで把握しづらいところがありますが、前半3ハロンは35.3-37.8かつアーモンドアイの上り3ハロンが34.7ですから上りのかかる前傾ラップレースであったことは間違いなさそう。そのレースで4コーナー9番手で、外々を回りながら上り最速の34.3を記録したコントレイルは最も強い競馬をした一頭と言っていいです。

上記の通りで、良馬場の左回り戦であれば歴代の名馬に対しても、極めて秀逸なパフォーマンスを出し続けているのがこのコントレイルです。

それでは、横の比較ですが、グランアレグリアが人気二分しているような形になっておりますが、グランアレグリアは確かに強いですし、歴代マイラーの中でもNo.1の馬ともいえるようなスピードを持っている馬でありいかにも天皇賞秋でくるタイプ。一方で安田記念の前には、蹄不安がありとん挫がありましたし、安田記念でも喉の調子が悪く圧倒的な力を発揮できなかったという臨戦過程。喉なりの症状を夏場に手術をするようなとん挫。状態面を見極めたいので調教を見たのですが、藤沢厩舎にはめずらしい強めかつ本数も多いですし、坂路の2本追いを追加で実施する等調教パターンも急仕上げ感があるようなところからも仕上げ不足なのでは?と思うようなところもあり、この厩舎は隠れ坂路で前日追いなどしたりしてスプリンターズステークスでもあるのですが、それでも蹄の回復や手術の経過観察という意味でも少し極限のレースになった時にこの仕上げ方で疑問があるので、7か月間ここ2戦に絞ったコントレイルが順調と見えます。

今の時代に求められるのは強い牡馬と亡きディープインパクトの後継種牡馬。天皇賞秋で強いと言われる馬達を全て蹴散らし、最後には一強だったと言われるようなレースに期待したいですね。

〇K-BA LIFEの競馬新聞”バイブレーション競馬”で紹介中!

バイブレーション競馬で対抗以下の印についても見解付で紹介中!3強以外でどうしても買いたいという馬について語り倒しておりますので是非競馬のお供にどうぞ!バイブレーション競馬では、天皇賞秋の対抗以下の印に加えて勝負レースも配信しております!昨日の勝負レースは阪神8Rのセウラサーリ1着、新潟9Rベンチャーアウト2着、東京10Rのウイングレイテスト3着といった勝負レースでも大爆発でしたし、全レース予想の結果も36R予想して単勝10本以上とれたので余裕の回収率は100%超えでした!先週菊花賞で暴れすぎた分を全て回収できたので本当に助かりました!明日も勝つ!!

天皇賞秋完全予想はこちら!

注目穴馬はYoutubeで配信中!

Youtubeでは3強以外に買いたいと思える注目の穴馬を紹介中です!特に3頭目のパイセンと被ったあの馬は枠もよく、今絶好調でいかにも初G1は天皇賞秋でという言葉が似合いそうな一頭。波乱があるとすればこの馬だと思いますから是非ご視聴頂ければと存じます!

天皇賞秋穴馬BESTはこちら!

異常投票パトロール

天皇賞秋は発売と同時に大盛況ですから、3強については50万円以上の投票、その他はいつも通りで10万円以上の投票をベースに紹介します。

馬名単勝複勝
コントレイル

50万, 200万

100万,150万

130万,150万

100万,300万 

100万

エフフォーリア 

50万,140万

60万,120万

グランアレグリア

50万,150万

100万,70万

140万,180万

100万,120万 

120万

トーセンスーリヤ10万10万 
カレンブーケドール 10万

K-BA LIFE予想コンテンツ

勝負レース”バイブレーション競馬”

勝負レースで震えるをコンセプトに、2020年にスタートしたK-BA LIFEの勝負レースを詰め込んだ競馬新聞がバイブレーション競馬です!バイブレーション競馬では、見解もブログ以上の文章量と熱量で勝負レースを熱く語っております。特に今日一の勝負レースであるBESTBUYでは、その馬にある物語、このレースに使うプロセス等を熟考し、コース、ラップ的な能力評価、適性、展開を盛り込んだ勝負レースは、読み応えがあり、予想以上にそのプロセスが携帯小説のように面白いとご好評を頂いております。BESTBUYの他にも重賞の完全予想や準勝負レースに該当するBETTERBUY、その他にも買いたい馬等を配信しておりますので是非!オンラインサロンのBESTBUY検討委員会は無料で読み放題ですので、お試し版でハマったという方がいらっしゃいましたら競馬コミュニティのBESTBUY検討委員会も是非!

バイブレーション競馬

全レース予想 ”語りたい馬達”

毎週土日の全レース予想をTwitterで配信中ですので是非!今週も全レース予想しまして、長文で語ることができる馬をピックアップして紹介しておりますので是非フォローも頂ければなと考えております。

全レース予想はこちら!

最終レースで勝負!”ベスハメ”

最終レースは最終ベスハメ!毎週土日に10時30分に最終レースで最も狙いたい馬を配信してます!その他、地方重賞や海外重賞も配信しておりますので是非!

LINE無料登録はこちら!

重賞穴馬BEST3

2021年の夏競馬が終わるタイミングから重賞での穴馬を紹介するコンテンツを配信開始しました!

Youtubeでは、5人気以下を条件に、K-BA LIFEの中の人、パイセン、そして2名の意見合致馬の計3頭を穴馬BESTとして紹介しておりますので是非チャンネル登録の上、ご視聴頂きたく、宜しくお願い致します。キーンランドカップではエイティーンガールイチオシで7人気2着!

Youtube配信はこちら

本日の全レースにおける外厩情報

ハイレベルなノーザンファーム系の外厩からの仕上げ馬は特に注目!新聞に載っていない外厩舎情報を入手する一番簡単な方法を紹介します!今年のダービーも1.2フィニッシュ、宝塚記念も、昨年に続きクロノジェネシス、一昨年リスグラシューを含めてノーザンファームの力は偉大ですね。

特にトレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練された週末全レース出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。当日の外厩情報は新聞にもない情報なので是非!

外厩情報はこちら

以上です!

K-BA LIFEのオンラインサロン”BEST BUY検討委員会”

 
 

K-BA LIFEの全てを詰め込んだコンテンツが、BESTBUY検討委員会です!

BESTBUY検討委員会 コンテンツ一覧

バイブレーション競馬

重賞完全予想・全頭分析

毎月開催!BESTBUY杯

競馬の復習

メンバー限定LIVE

他にも色んなコンテンツが充実しておりますので、是非BESTBUY検討委員会に遊びにきてくださいね!

3日間無料入会体験キャンペーン中です!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!しかし、重賞だけのブログでは、不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!