• HOME
  • Home
  • 重賞予想
  • 【安田記念2023】最終予想&異常投票パトロール【春のマイル王決定戦】

【安田記念2023】最終予想&異常投票パトロール【春のマイル王決定戦】

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本ブログ記事では、安田記念2023の最終予想・異常投票パトロールの紹介を致します。

土曜鳴尾記念では◎フェーングロッテン2着、▲ボッケリーニ1着でも馬券を外し、BESTBUYは東京11Rアラジンバローズ3着でしたが、二択のタイセイサムソンに敗れて馬券を外してしまいましたが、この悔しさを糧にG1は完全勝利したいと思います!

K-BA LIFEでは、毎週全レースをラップ及びトラックバイアスの観点で回顧・復習し、気になる馬をリスト化し、リスト馬のキャラを分析して次走狙える条件に出てきて尚且つお買い得(オッズが美味しいこと)なら狙い撃ちするという予想プロセスで、その日最もお買い得な一頭を紹介する”BESTBUY”は2019年配信以降4年連続回収率100%超えの予想であり、重賞予想も本命馬の回収率は100%超えを継続しておりますので、皆様の競馬ライフに少しでもお役に立てるものであると考えます。(2022年予想一例:スプリンターズステークス◎ジャンダルム

2023年K-BA LIFE予想実績~5月

勝負レースBESTBUY:7- 6- 7- 20

複勝率:50.0%、単勝回収率:147%、複勝回収率:117%

Moring BESTBUY:13- 7- 2- 16

複勝率:57.9% 単勝回収率:178% 複勝回収率:107%

Morning BESTBUYは、Twitterにて配信中!是非フォローをお願い致します。

安田記念2023 最終予想

予想

安田記念はご存知の通りで春のマイル王決定戦。

安田記念は、同じマイルG1のマイルCSと比較すればわかりやすいのですが、京都のマイルCSはラスト4ハロンの下り坂の影響で東京・阪神と比較してもスパートのタイミングが早い代わりに4ハロン通過地点の緩みは上り坂の影響もあり大きいです。その為、上りも3競走の中でも最も掛かる持続力戦になりますが、安田記念は下表を見て頂ければわかる通りでスタートから非常に速いラップを刻み続けて、なおかつラスト3ハロン地点が極めて速いというラップを刻む通りで末脚の質を要求されるレース。阪神のマイルCSも似たところがあり、ラスト600m地点からの下り坂による日本一瞬発力を要求されるコースのために中間ラップの緩みこそありますが、ラップのバランスは似たところがあります。


スプリントG1ホースのロードカナロアが初のマイル戦でぶっちぎったこともこのようなラップが生み出した結果といえますし、逆に東京G1で無双するアーモンドアイが安田記念で結果を残せず、スプリント戦でも桁違いの内容で勝利し、安田記念でもアーモンドアイ相手に圧勝したグランアレグリアの強さが際立ったのもこの点が大きいといえます。(当時スプリントの差し脚を評価してグランアレグリアを評価したのに馬券は外す失態でブリッジしたのは今でも懐かしい。)

近年の好走馬を見ても上記のように短距離レースに好走歴のある馬が多数好走しているのも、この全体的な時計の速さとマイルレースなのに前半3ハロンが速い短距離質のレースであることも大きな要因に考えます。同じ距離のヴィクトリアマイルと比較しても、高松宮記念以降使うレースのないスプリント勢や京王杯SCといった1400m戦組なども参戦することからも流れが速くなる要因もあります。

また、このようなレースラップでも近年の安田記念は差し馬の活躍が目だちます。

勝ち馬の脚質を見ると2016年のロゴタイプが逃げて勝利して以降、サトノアラジン、モズアスコット、インディチャンプ、グランアレグリア、ダノンキングリー、ソングラインと全て差し・追い込み馬が勝利しています。

土曜競馬は大雨警報が朝の時点であったくらいの状況で、渋っておりましたがさすが東京競馬場。不良馬場スタートから当日中には重馬場まで回復。基準タイムからも午前中は+3秒程度でしたが、午後には+2秒程度まで回復していたことからも当日は良馬場で開催できそうです。

展開ではジャックドール、ソダシ、ウインカーネリアンが引っ張るレースであるもののジャックド―ルは前半飛ばすとどうかというところもありおそらく逃げないのではとも思いますし、中距離馬が引っ張るペースはスローよりになってしまいますからそういう意味でも引っ張るのは外のウインカーネリアン、そして意外とカフェファラオではないかと考えます。前に行く馬は緩めたくない馬ばかりですし、ある程度流れる例年の安田記念と見て外差しのこの馬を本命とします。

◎ソングライン

昨年本命、前走ヴィクトリアマイルでも本命にした通りで、この舞台なら本命候補。ハイペースの左回り戦が得意で、ソダシと似た適性あるものの先行するソダシに対して差すのがソングライン。その為、安田記念のように全体時計の速いレースで差しが決まるレースが滅法得意。そういう意味でも昨年サウジの135ターフスプリントを差し切った内容も安田記念に直結しますし、緩い流れだった昨年の安田記念よりも更に向きそうと考えております。

左回りはG1勝利した前走ヴィクトリアマイル、昨年安田記念、シュネルマイスターと僅差で競馬できたNHKマイルカップを見ても明らかであり、右回りは阪神カップや桜花賞で15着になっているように全く走れない一頭。22年のヴィクトリアマイルは34秒7‐34秒2の後傾ラップ戦であり、この馬の持ち味はでませんでしたし、3コーナーの躓きも痛かったですからノーカウントと考えれば崩れ無し。

最も得意とするのが上述の通りである程度の流れで差す形ですから、今回ある程度の流れが見込める安田記念というレースに加えて、大雨の影響で拍車のかかる外差し馬場を考慮してもこの馬が大外枠を活かして外差しポジションを取り、差してくる姿がイメージできます。

ヴィクトリアマイルからの安田記念ローテーションは過去グランアレグリアやアーモンドアイが負けているように鬼門とされておりますが、元々その2頭は間隔を詰めて使えないキャラでしたから参考にする必要はありませんし、むしろ昨年も同じローテーションで、攻め強化して勝利したようにこの馬は叩いてなんぼのタイプ。桜花賞→NHKマイルC、VM→安田記念と間隔を詰めて2戦目で更にパフォーマンスアップできる牝馬らしからぬタフさが一番の武器と言っても過言ではありませんし、外枠を勝ち取った時点でここは本命。

また、本重賞レースの全印を紹介した最終予想及び勝負レースBESTBUYを含む他レースの予想はオンラインサロン”BESTBUY検討委員会”及びnoteにて配信の”勝負レース3本締め”限定配信となります。

BESTBUY検討委員会はこちらから!

異常投票パトロール

単勝・複勝30万円以上の異常投票を見つけて紹介する”異常投票パトロール”の更新は、前日深夜及び早朝となりますので、是非もう一度ブログへお戻りくださいませ!

馬名単勝複勝
ジャックドール 100万
セリフォス100万

90万,80万

50万

ソダシ 100万,90万
ソウルラッシュ30万100万
シュネルマイスター300万,250万

120万,70万

50万,50万

ソングライン 40万

K-BA LIFEの勝負レース

K-BA LIFEの中やんとパイセンの両名が1日3レース勝負レースを紹介するコンテンツが勝負レース3本締めです!中やんのBESTBUYは、2022年配信以来勝負レース3本締め本命馬での単勝回収率は余裕の100%超え!競馬のお供に是非!

勝負レース3本締め

K-BA LIFE配信コンテンツ一覧

少しでも興味があるコンテンツがありましたら、下記リンク先にて各種コンテンツへアクセス頂ければと存じます。

K-BA LIFEまとめ

全てを網羅的に確認できるのは、オンラインサロンのBESTBUY検討委員会となりますので是非!

BESTBUY検討委員会はこちらから!

以上です。