• HOME
  • Home
  • 重賞予想
  • 【日本ダービー2021】最終予想&異常投票パトロール【東京優駿は44万円勝負】

【日本ダービー2021】最終予想&異常投票パトロール【東京優駿は44万円勝負】

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は日本ダービー2021の最終予想と異常投票パトロールに加えて目黒記念2021の最終予想を紹介致します。いよいよダービーですね。本当にこのダービーというのは毎年ですが、トレセン周辺もピリツキますし、栗東トレセンのマイマートもどこか空気が重いですよね。やはり競馬の祭典と言われるだけあり、ダービーは、野球で言えば甲子園、サッカーでいえば冬の選手権のような位置づけですから、その競争馬にとっては全てを出し切るレースでもありますし、そのような空気になるのも当たり前かもしれませんし、ホースマンは皆ダービーを目指しているといいますから、それだけ特別なのでしょう。

そんな特別な競馬の祭典、特に今年の日本ダービーは、私にとっても特別なものになります。

というのも現在Twitterで馬券転がし王という企画で、天皇賞春から2万円スタートで馬券を転がしているのですが、4コロ目のオークス44.4万円まで転がってしまいました!

企画の最終レースであるダービーでは、この44.4万円を全額転がすことになりますので、全力で予想して、手元にお金を残さなければなりません。昨年は、オンラインサロンの中で1か月3万円馬券生活という企画の中で、限られた資金の中でダービーを全力予想し、3連単的中しましたが、今年は天皇賞春から転がした2万円が44.4万円になり、それを絶対外してはいけないというプレッシャーの中で予想することになります。

ダービーとはこういうプレッシャーの中で競馬をしているのかと毎年トレセン近くのピリピリ感と似たひりつく1週間を過ごしてますが、なんせ楽しみです。

さらに、この44.4という数値ですが、競馬では4着を連想させますが、4が3つ並ぶのはエンジェルナンバーという幸せを象徴する数値のようです。4合わせですね。既にここまで2万円が転がって幸せですが、競馬の祭典、日本ダービーでここまで大きな勝負ができるというのが非常に幸せですね。

また、日ごろの皆様への感謝やダービーを盛り上げるために、下記Twitterでは参加型プレゼント企画を実施しておりますので是非ご参加頂ければと存じます。

また、ダービーの事前予想については、Twitterでの図解や下記のダービー予想記事でも配信しておりますので是非ご高覧頂ければと存じます。

【日本ダービー2021】東京優駿は新時代のダービーポジションと再現性ある実績馬で44万円大勝負!

そんなこんなで日本ダービー2021の最終予想を紹介致します。

日本ダービー2021 最終予想

予想

日本ダービーは、上述のブログやTwitterの図解で紹介しておりますが、簡単に狙いどころをおさらいします。

まずレースラップですが、一言で後半重視。皐月賞ではスタートしてからのスピードの持続力を求められますが、ダービーは2400mという長い距離でも最後の後半5ハロンからペースアップし、直線でも速い脚を出すことが求められるレースです。

そのようなレースであり、なおかつ馬場もダービー週になるとBコースが2週間しか使われないのに即Cコースとなり、柵も6m外側へ移動しますから超高速馬場になりますし、現在のダービーポジションは4コーナーで4~5番手の前々のポジションに変貌。昔のような大外一気のような末脚競馬ではないことがわかりますし、近年の高速化したダービーでいえば、コントレイルとキズナ以外で上り最速馬が勝利したことはありません。コントレイルは先行して上り最速の桁違いの馬でしたので、参考外にしていいと思いますが、大外一気の競馬ではどうしても差し切れないというのが現代競馬のダービーです。

一方で、今年は近年と異なる馬場の変化点が2点あります。これがノイズのように自分の予想をブレさせていますから土曜競馬は血眼になって馬場を見ました。

まず、この2回東京開催では例年実施するエアレーションが実施されておりませんでした。通常、エアレーションを実施し、開催の終盤であるダービーになるととてつもない高速馬場になるのが例年の傾向にありますが、今年についてはエアレーションを実施しておらず、5月1週目にはレコード近い時計が連発されるような馬場でした。ここは正直コース替わりでなんともいえないですが、タフ→軽いの馬場変更が通例の東京競馬で少し違和感として残る馬場作りです。しかしながら前日に雨が降り、当日朝は稍重のようなコンディションであったオークスでも2分24秒5、10Rでは東京1400mで1分20秒3と速い時計なのでここはそこまで関係ないかなと思ってもいいですが、念のため軽さだけで勝ってきたようなタイプは警戒した方がいいかもしれません。

2つ目が、記録的早さで到来した梅雨。この梅雨の影響で週中に大雨が降り、クッション値も金曜日時点で8.6と非常に低い値。大雨によるものでありますが、この影響は少なからずあると思います。金曜ー土曜日ー日曜日と快晴かつ気温も高いのであまり意識しなくていいかなとは思いましたが頭の片隅にいれてます。

これらを頭にいれた状態で土曜競馬を振り返ってみます。

連対馬脚質(逃先差追):0-2-6-2

連対馬進路(内中外):1-3-6

血統傾向:

3R1~3着トニービン持ち、5R1着トニービン持ち、6R1~2着トニービン持ち、7R1着トニービン持ちと10Rはトニービン持ち出走無し

トニービンが出走している全部のレースで勝ち負けしているのはトニービン持ちの差し馬でした。

そして、時計も速く東京7Rでは同じ2400m戦で1勝クラスで2分23秒8、東京10Rではマイル戦で1分32秒5と非常に速いです。

予想が難しいのが時計が非常に速く、外差しが決まるという馬場なので、イメージは直線までの馬場がタフで、直線の大外が軽いという馬場になっているように思います。加えてエアレーションしていないことから、前半→後半にかけて馬場がタフになるので、外が非常に綺麗で加速力を発揮できる馬場というイメージでしょう。上記のように馬場としては、完全に外差し傾向ですが、ペース次第では直線前だからダメということもなく、そこらへんをどう考えるかですが、レッドライデンくらいのポジションで競馬をしても最後まで脚を残せるのであればやはりポジションだと思います。加えて、馬場が午前から午後で高速化していることも見逃せないですし、明日になれば更に乾いているものとも考えられます。上記の最新の馬場状態とダービーの近年の傾向を照らし合わせた結果、本命は下記。

◎エフフォーリア

いや、1人気やんと思われるかもしれませんが、私は百日草特別のレースを見て、ダービー馬候補と言い続けて、共同通信杯は自信のBESTBUY、そして皐月賞は絶対に合わないと思って断腸の想いとダービー少しでもいいオッズで買いたいという想いから軽視して痛い目にあったという経緯を持っているので皐月賞や共同通信杯を見てから本命にしたという人とは一緒にしないで欲しいです(言い過ぎました)そんなエフフォーリアがダービーで最強と言われる1枠1番の枠に入ることになり、最早妙味等と言ってられませんし、44.4万円賭けるのでダービーくらいは本命サイドでも許してください。

この馬の強さを語るのは、競馬新聞等に任せておいて、気持ち的には鞍上がいいですよね。ヨーロピアンスタイルの騎乗でフォームはどこかライアンムーアを彷彿とさせます。アメリカンスタイルの池添騎手と横並びにすれば全然違うので是非比較しながら見てください。その横山武史騎手が5年目の22歳で挑む2回目のダービー。奇しくも父である名手横山典弘騎手も5年目のダービーで1人気のメジロライアンに騎乗しました(2着)。何かと父が偉大ですと比較されますし、戦後最年少のダービージョッキーになって、父との比較からも是非開放してもらいたいという気持ちがあります。そんなこと言っても21歳で史上最年少の関東リーディングですから、そういうレベルの騎手ではないのかもしれませんが、父の横山典騎手はメジロライアン騎乗時にはいつも飄々としているのに、その日だけは一言も話さなかったという話もある通り、ダービーは神格化されすぎていて、プレッシャーが大きいのも間違いありません。そういうプレッシャーも跳ね除けてスターダムにのし上がってほしいなと思うばかりです。

それでは、エフフォーリアの話を。

そもそもここまで飛びが大きい馬が稍重の皐月賞でオルフェーヴル・ナリタブライアン以来となる3馬身差の皐月賞勝利は衝撃的。

一言で能力の絶対値が違うことを証明しました。

皐月賞は一番苦手と思われた小回りかつ前傾ラップ戦で、スタートしてからのスピードを持続させる能力でも敵がいないことを証明。内を通った馬が軒並み好走していたのでレースが向いたという話がありますがそういうレベルではないです。というのもレースラップは36.3-37.0の上りのかかる前傾ラップ戦であり、上りも12.1-12.3-12.6と減速ラップを記録する非常にタフな流れ。その流れを先行4番手からの競馬で、上りも2位。上り1位馬のヨーホーレイクは後方からの差しの競馬、同じく上り2位のステラヴェローチェも1コーナ―では13番手にいましたから、4番手のポジションであの競馬をされては物理的にどの馬も勝てないです。

この皐月賞で見せたエフフォーリアの強さを言葉にすると、

テンよし、中よし、終いよし

スタートも上手で好位をとれて、中盤はしっかりと折り合い、終いも極上の瞬発力を発揮。昨年のコントレイルの日本ダービーで見せた競馬を再現してくれそうですね。

さて、ダービーの話にしますが、これまで共同通信杯の予想記事などでも紹介していたように、ダービーで好走できる適性は若くして証明していました。

まずダービーを意識した2歳の百日草特別で後半58秒9-45秒9の強烈な後傾ラップ戦を先行し、上り最速で突き抜けた内容。2歳戦で後半58秒9-45秒9のレースは数少なく、このレベルのラップで走破したレースにはカミノタサハラやジェネラーレウーノやシャドウディーヴァといった重賞上位馬もいる中で、先行して上り33秒4は歴代No.1の時計。

これだけでクラシック級だなと思ってましたが、共同通信杯での58秒0-45秒9の後傾ラップ戦を先行して上り33秒4で突き抜けて自分の中では、ダービー確定で、皐月賞は負けてダービー何卒とずっと考えるようになりましたが、皐月賞は上述の通りで弱点がないことを証明。この共同通信杯で戦った相手も2着ヴィクティファルスは後のスプリングS勝ち馬、シャフリヤールは超絶レコードで毎日杯勝利、4着キングストンボーイは青葉賞でワンダフルタウンと時計差無しの2着、5着ステラヴェローチェは皐月賞4着、11着ディオスバリエンテはプリンシパルSで2着。皐月賞と合わせて大半の馬と勝負付けを済ませてしまってます。

加えて、恐ろしいのはクラスを上げる毎に0.1秒差→0.2秒差→0.4秒差→0.5秒差と着差が拡大してます。これはご存知の通りでナリタブライアンやオルフェーブルやディープインパクトとの共通点ですが、レースレベルが上がるごとに着差を広げるということは展開の有利不利よりも中間ラップが厳しくなるレースで地力勝負になった時に能力差が拡大するということになります。

ここまでは、誰にでも分析できることですから、ダービー的な要素で。近年のダービーは、ダービーポジションと言われる好位から後半速くなる持続力戦で速い脚を使える馬が重要です。

キズナとコントレイル以外は先行して脚を使い切る競馬でダービー制覇をしていることからもダービーは昔と比較して大外一気の派手な競馬ができる馬が勝てるレースではなくなりました。

エフフォーリアはそういう意味でも先行力については文句なしであり、ダービー馬にふさわしい一頭。

血統的にケチをつけられそうなのは、ダービー2着感でしょうか。

父エピファネイアはダービー2着、父の父シンボリクリスエスもダービー2着、母父ハーツクライもダービー2着。逆に買い要素でいえば、父はジャパンカップ勝ち馬、父の母はオークス馬、父母父はダービー・ジャパンカップ勝ち馬。東京2400mはBESTな舞台と考えます。

枠順については、1枠1番が不安な馬場ですが、強い馬はアーモンドアイのように外差し馬場であっても前残り馬場であっても馬場的な不安点は全て能力がカバーしてくれると信じてますし、ダービーでは回復傾向に馬場が傾く可能性もまだ捨てきれてません。そんな不安をかき消すために、何よりも見て頂きたいのがこのエフフォーリアの調教中の横山騎手。

これ見たらもう本命しかありえないですよね。44.4万円賭けますから。

〇対抗以下はバイブレーション競馬で!

本命をエフフォーリアにするからには対抗以下の印は攻めるところは攻めて、バッサリいくところはバッサリいきます。

土曜馬場は正直エフフォーリアにとっては厳しい馬場だと思いますし、横山騎手も相当考えて乗るはず。

そういう意味でも馬券的には1着以外の馬券も馬場傾向に即して考えていきたいと思います。

皐月賞組、別路線組を日本ダービーの狙い目と合わせてしっかりと選別し、ダービーを頂点にしっかりと上り目のある馬を狙っていきたいと思います。特にサトノレイナスの取捨についても記載しておりますので、是非ご興味があるという方は、バイブレーション競馬を片手に競馬しましょう!

◆バイブレーション競馬 東京優駿特別号

・日本ダービー完全予想

・BESTBUY

・BETTER BUY

・その他買いたい馬リスト

日本ダービー完全予想

 

いよいよダービーも間もなく!買い目は全力で考えており、ダービーの買い目は全てTwitterでアップ予定です!

44.4万円→●●万円になるか!?是非応援をお願いします!

ダービーの買い目はTwitterで!

異常投票パトロール

エフフォーリアについては、100万円以上の投票に限定してピックアップしております!

馬名単勝複勝
エフフォーリア

100万,100万

500万,200万

500万,400万

360万,300万

300万,100万

200万,250万

ディープモンスター 50万,100万
グレートマジシャン10万24万
タイトルホルダー 60万
サトノレイナス

50万,50万

48万

24万,90万

40万,70万

70万,90万

ダービー外厩情報

外厩情報馬を無料でゲットできるサイトを発見しましたのでご紹介致します。

この春もヴィクトリアマイルでのグランアレグリアや2週前のNHKマイルカップではサンデーレーシングの上位3頭決着で天栄組のシュネルマイスターが勝利!この勢いを支えるのが、トレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練された葵ステークス出走馬の外厩情報や土曜競馬全レースにおける外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されますので是非ご高覧くださいませ。また、ダービー予想が外れたら有馬記念まで無料予想配信とのことで、お得感もあるキャンペーンも実施中!

外厩情報はこちら

K-BA LIFEの勝負レースコンテンツ!

K-BA LIFEのBESTBUY検討委員会やLINE配信のベスハメでは、勝負レースを配信しており現在絶好調!

先週土曜日は、重賞でオーヴェルニュ的中だけではなく、勝負レースの東京11Rのアブレイズ、最終レースで単勝10倍のノーブルアース的中で3連勝!

日曜競馬も止まりませんでした!オークス前の新潟11Rでは、BESTBUY検討委員会メンバーに配信中のバイブレーション競馬限定で紹介しているK-BA LIFEの”宗教馬”タマモメイトウで単勝60倍的中!その後はご存知の通りで、23万円勝負のオークスで◎ユーバーレーベン1着的中に加えて、最終レースでパーティナシティ1着〆の2日連続メイン~最終レースの3連勝で蔵が立つ勢いでの圧勝劇を実現しました!

この勢いもBESTBUY検討委員会で日々勝負レースに心臓を捧げる活動の成果ってところかもしれませんね!?今週も勝負レース準備しておりますので是非興味がある方は、バイブレーション競馬での買い切り版もございますのでお試し頂ければと思います!詳細は下記で説明しておりますので是非最後までご高覧ください。

バイブレーション競馬

勝負レースで震えるをコンセプトに、2020年にスタートしたK-BA LIFEの勝負レースを詰め込んだ競馬新聞がバイブレーション競馬です!

バイブレーション競馬では、見解もブログ以上に平場のレースで詰め込んでおり、下記コンテンツを配信しております。その馬にある物語、このレースに使うプロセス等を熟考し、コース、ラップ的な能力評価、適性、展開を盛り込んだ勝負レースは、読み応えがあり、予想以上にそのプロセスが携帯小説のように面白いとご好評を頂いております。普通のブログや競馬新聞のコラムではG1でも見られないくらいの読み応えのある携帯小説と思って頂ければと存じます。

BEST BUY

バイブレーション競馬の目玉コンテンツがBEST BUYです。

2週前もピーエムピンコが待ちに待った条件で1着!3週前はブルベアイリーデが2着、チアチアクラシカの1年近く待っていた待望の舞台と推奨して1着!4週前は不利をここまで受け続けて可哀そうという説明で推奨したメインターゲット1着で完全勝利!4週連続1着的中のキラーコンテンツBESTBUYで週末震えましょう!

当然重賞も他のレースも本気で予想しておりますが、全レース予想して、自信あるレースを並べて、なおかつ、オッズが高めの馬でお買い得の馬をBEST BUYと言っております。コース分析、最新の馬場分析、想定ラップ、その馬のキャラ、ヤリ要素、ローテーションから読み取る物語等を詰めこんだ予想になりますので自分にとっても最大の勝負レースとなります。

重賞完全予想

ブログでは本命馬だけの開示となりますが、対抗以下で厳選穴馬やブログでは絶対に言いたくない非公式一択馬などを配信しております。

先週はNHKマイルカップで◎ソングライン、〇シュネルマイスターの1・2フィニッシュ、新潟大賞典は限定公開した勝負レースの◎サンレイポケット1着で大的中!

BETTER BUY

同じ品質で予想しているので当然勝負レースですが、BESTBUYではなく、BETTERBUYとしている勝負レースです。

BESTBUYが外れてもBETTER BUYで助かるという日もありますし、当日の馬場状況によってはレートの比重をBETTER BUYを重めにしたりしますね!

硬すぎて・穴すぎて推奨するには忍びない馬達

全レース予想して、これはと思ってオッズを見たらガックりしたというような鉄板馬から100倍近くてもこれしか見えないっていう大穴馬を中心に配信しております。

バイブレーション競馬、K-BA LIFEのオンラインサロン”BESTBUY検討委員会”メンバーであれば読み放題!

G1月は買い切り版も準備しておりますので、競馬のお供としてどうぞご活用くださいませ!

 

 

最終レースで震える”ベスハメ”!

BESTなハメ倒し案件を最終レースで厳選1頭紹介するコンテンツです!オークス週は土日共に1着で大バイブレーション!

文章量の制限があるので、簡潔に書いておりますが、このようなアウトプットなんだなということを理解いただけるかなと考えておりますので、是非!

毎週土日に10時30分に配信しておりますし、地方重賞や海外重賞も配信しております!

LINE無料登録はこちら!

目黒記念2021 最終予想

予想

目黒記念もダービーウィークの代名詞ですよね!ダービー後にしっかりと重賞を持ってくるあたり本当にいい番組だと思います。

その目黒記念ですが、ダービーと同じように時計勝負を求められるのかと思いきや、前半5ハロン60秒とダービーと比較してもそこまで速くないのですが、上り3ハロンを見ると35秒1と時計が掛かってます。

同じ日に開催され、同じようなレースのダービーと比較すると上がりのかかるレースであることがわかります。ダービーの上がり3ハロンは、34秒前半が平均ですが、目黒記念については平均をとると古馬の重賞戦にも関わらず、平均が35秒台になります。過去のラップを見てみると、目黒記念はダービーよりもさらにロングスパート戦になることが多いです。

目黒記念過去10年における平均上り4ハロン47秒1というのは、実は日本ダービーの上り4ハロンと同じ時計であり、距離が長いにも関わらず、上り3ハロンは時計がかかり、上り4ハロンは同じ時計なのでスタミナが求められる直線の持続力勝負になっていることがわかります。

なんでこのようなレースになるかというと、ダービーは、距離延長を重ねてスピード優勢の馬が目標に仕上げられてくるのですが、番組構成上、目黒記念はスピードある馬は安田記念に偏りますし、天皇賞春を使えなかった馬が宝塚記念を目標に使うようなレースですから、基本的にスピードが劣る馬が集まるレースに加えて、非根幹距離というジョッキーもペース把握が難しいレースだからです。

そういう意味でも必要な素質は”持続力”と”スタミナ”が求められるので、前走2400m以上からのローテーションの馬に好走馬が多いです。

加えて、トニービン天国になるレースですから、狙い目は長距離走れるロングスパート大好きな馬を狙って本命にしたいと思います。

◎サンアップルトン

アルゼンチン共和国杯で9人気3着の時に本命にし、有馬記念も出走していたら恐らく重い印を打っていたサンアップルトン。スピードがなく3歳時の主流の番組ではスピード不足で出世が遅れてしまい、3歳夏以降に出走できる長い距離のレースでゆっくりと出世した馬であり、古馬になってやっと使えるレースが増えてきました。2020年なって3勝クラスを勝ち上がりするも、出世したレースは福島2600mのフルーツラインカップ、中山2500mのサンシャインカップといかにもスタミナ寄りの馬で3歳時の出世が遅れた感もいい味出してます。そして、このスピードが不要で、直線の末脚が確実なレースでこそのタイプであり、この目黒記念はもってこい。

というのも目黒記念は、下表を見て頂ければわかります通りで、赤線のラップになり、ペースの落差が少ないラップで、常に速い脚を使い続ける必要があるレースです。ちなみに青線がアルゼンチン共和国杯で、濃い青色がサンアップルトンが走った2020年のアルゼンチン共和国杯のラップです。

アルゼンチン共和国杯は、見て頂ければわかります通りで、目黒記念と比較すると緩み気味です。そのアルゼンチン共和国杯でサンアップルトンは、他の馬が4コーナー地点である程度のポジションをとっていましたが、当馬は4コーナーでも12番手から最後大外に出しての直線勝負だけで上り最速3着。大外に出したロスがあっても脚を余し気味になっていたのを考えると、目黒記念くらい平均ラップで流れたほうがまずいいでしょう。

サンアップルトンのこれまでを振り返っても長い距離で直線勝負でいい競馬をできていることからも東京の目黒記念はベスト舞台。

血統的にも土曜競馬でも大爆発のトニービン持ちであり、距離についても文句なし。

目黒記念はサンアップルトンから勝負したいと思います。注目の大穴馬については、最終ベスハメのLINE版にて配信予定ですので是非そちらもご高覧頂ければと存じます。

以上です!日本ダービー週楽しみましょう!

K-BA LIFEで競馬を楽しむ!!

 
 
◆BEST BUYを読み放題!バイブレーション競馬
 
K-BA LIFEが実際に購入するレースを厳選して配信しておりますバイブレーション競馬を会員様は読み放題です!
1頭に対して1小説くらいの物語を綴っている自己満コンテンツで有名なBESTBUYや重賞の完全予想、他の勝負レースまで紹介しています。
 
 ①BESTBUY
  当日の勝負レースです!単勝回収率は3年連続100%超え!
 
 ②重賞完全予想
  対抗以下の印と見解を記載しております。
 
 ③BETTER BUY
  BESTBUYにはいかずとも勝負レースです。
 
 ④その他人気しすぎですが買いたい馬リスト(頭固定狙い)
 
 ⑤その他穴すぎて勧めるのは忍びない馬リスト(複勝狙い)
 

◆競馬仲間と競馬を学ぶ!分科会制度

分科会では、競馬予想を深める為に、下記活動を実施しております!下記分科会で常に競馬で勝つための情報交換をしており、競馬仲間と深く学びたいという方のニーズにもお答えしますし、私も積極的に配信しております!馬場、展開、個性、必勝法に加えて、現在キル・ルメールの会も新たに構築しました。

◆皆で狂喜乱舞!!BESTBUY杯

このオンラインサロンの主目的は、全員が信念をもって勝負レースを発信できるようになることです。それを実現するために上記の分科会のアウトプットの場として、BESTBUY杯を毎月開催しております。このBESTBUY杯では、毎月優勝者には豪華景品も準備しておりますし、誰かの勝負レースで誰かが馬券を当てて、狂喜乱舞する。そして、その勝負レースの根拠で勉強して、また競馬が上手になる。そんな仕組みとなっております。入っていただければこの魅力に虜になるはずですので是非!

上記の他にも、復習コンテンツや重賞限定記事、K-BA LIFEのメモ帳等、オンラインサロンならではの仕掛けを多数発信しておりますので是非興味ある方は、現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!なので、ご参加頂ければ幸甚です。競馬予想のプロセスを学ぶにはいい環境だと自負しております!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

この最終ベスハメもプロセスは、BESTBUYと同じですが、2021年2月11日時点での成績は下記の通りです!

14R配信し、5-3-3-3の成績であり、数値化すると下記の通り。

勝率36%、複勝率79%、単勝回収率200%

地味にいい予想できていると思いますし、どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!