• HOME
  • Home
  • 重賞予想
  • 【東西金杯2022】中山金杯・京都金杯最終予想&2022年1発目のBESTBUYはこの馬!

【東西金杯2022】中山金杯・京都金杯最終予想&2022年1発目のBESTBUYはこの馬!

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

東西金杯2022中山金杯&京都金杯における最終予想と今年1発目のBESTBUYについて紹介致します。

皆様新年明けましておめでとうございます。昨年は皆さまのおかげで大変すばらしい1年を過ごすことができました。本年においても昨年と変わらずにブログで中央競馬の予想、オンラインサロンでは勝負レース発信を続けたいと思います。

昨年の成績は下記の通りでした。

得意舞台であり、毎年入れ食い状態であった京都開催が無くなったことが非常に大きく、回収率を下げることになりましたが、それでも単勝回収率では100%を勝負レース、重賞予想においては超えることができましたので最低限の予想はできたかと思います。BESTBUYを配信続けてこれで3年連続100%回収できておりますので、今年もスタンス変えずに予想を進めたいと思いますし、何よりも競馬予想は楽しいものだと思えるようにプロセスをしっかりと伝えていくように努めたいと思います。

それにしても昨年は有馬記念で◎ステラヴェローチェ4着からのホープフルステークス◎キラーアビリティ1着、東京大賞典は買い目配信で〇ー◎ー相手の馬連、3連単完全的中の大逆転はいい年越しでした。

この勢いをそのままに、今年1発目の中央競馬開催である東西金杯2022の最終予想を紹介致します。

中山金杯2022 最終予想

予想

中山2000mというと中央最終重賞のホープフルステークスが開催された舞台と同じコースですが、中山金杯は古馬戦ですので再度分析して考える必要があります。中山2000mは、スタート直後が急坂であり、その後1〜2コーナーは上り坂の内回りコース。最後の3〜4コーナーがスパイラルカーブかつ下り坂になっているのが特徴のコースです。上り坂が途中でもある為、下記のように過去10年のラップは、4〜6ハロン目の中間ラップが緩むラップになり、後傾ラップとなります。

一方で、最初の急坂や1〜2コーナーにかけてある上り坂による前半ラップの落ち込みによる相対的な後傾ラップであることや、最後の急坂によるラスト2ハロンの時計がかかるレースであることからもスタミナを要するレースになります。

重賞コースであることや特殊日程であることからも中山金杯でのラップを個別に分析したところ、やはりスタート直後に急坂があり、その後2コーナーまで上り坂であることから、前半3ハロンが緩みます。前半3ハロンの時計は古馬の2000mでは非常に緩い36秒〜37秒とスローペースともいえる時計が10年間続いております。ドリームヒーローが大逃げをした2014年以外は、過去10年間中9回が後傾ラップでありますが、それでもタフな冬場の中山だと思わせてくれるのが上がり3ハロンは34秒後半以降になっていることです。最後の坂の急坂や荒れた中山の馬場からもペースが落ち着いたとしてもタフさが必要なレースであることがわかります。また向正面からは緩やかな下り坂が続いていることからもラスト5ハロンのロングスパート勝負になっており、5ハロンだけの時計で見ると58秒台が多く、2000m戦かつ最後に急坂があることを考えると、かなり速い時計であることがわかります。

加えて、中山金杯は有馬記念のAコース開催からCコース開催へ仮柵を一気に6mも外へ移動させるので内前有利な馬場になります。加えて、レースの流れとしても、持続力を求められるレースになればなるほど走る距離が短い方がいいので、内枠や内に進路を取れる馬が有利になります。コーナーも4つで小回りであることからも内前有利な馬場であることが顕著であり、実際に過去数年を見ても内前のポジションをとれた馬が好走を重ねているので、先行力と持続力に注目したいレースです。そういう意味でも今回は一択。

◎トーセンスーリヤ

中山金杯は、内前有利なレースであり、先行脚質のこの馬にとっては絶好の舞台といっていいでしょう。

中山適性については、説明不要であり、中山1800mでの2勝クラスの勝ち時計は中山記念級の走りであり、過去5年の4回中山を除いた1800m戦の中でもウインブライト、ドゥラメンテ、ダノンキングリー、ジナンボー、セダブリランテス、フェルメッツァ等の重賞馬に次ぐ8番目の時計でありネオリアリズムの中山記念や中山牝馬Sよりも速い時計を持っていることからも中山でも重賞級の走りです。

好走条件については、下記の通り。

・綺麗な芝で走りたいタイプなので良馬場は条件。
・先行馬ですがスローになると中々渋く持続力戦がいい

また、この1年爪の立て直しに時間がかかりましたが、昨年からの充実度は素晴らしく、やっと立ち直った後のレースでは完全に本格化。函館記念は1分58秒7の好時計で3馬身差圧勝、そして新潟記念ではこれまでの先行一辺倒の競馬から一転して、差しの競馬をして、トップハンデの57.5kgを背負いながらも差しの競馬で上り33秒9の2着は新しい一面を見せてくれて成長を見せてくれました。特に函館記念では逃げたレッドジェニアルとマイネルファンロンが大敗する34秒4‐36秒0の前傾ラップ戦を3-3-3-2と先行かつ3~4コーナーでポジションを上げる負荷の高い競馬でも3馬身差圧勝はさすがにモノが違いました。

前走の天皇賞秋は、毎日王冠を急遽回避したという背景からも正直ローテーションが微妙だったと言わざるを得ません。そういう意味でも、今回は間隔を明けて、謎のダートレース登録除外からの金杯ではありますが、猛時計をコース追いでも出してますし順調そのもの。また、中山金杯では過去何度も好走馬を出している血統にも合致しており、父ローエングリンの血統が暴れてくれるはず。

ここは自信を持って本命とします。

〇対抗以下はバイブレーション競馬で紹介!

K-BA LIFEの競馬新聞で中山金杯の対抗以下の印について紹介!バイブレーション競馬では、重賞の見解だけでなく勝負レースについても配信しておりますので是非!

中山金杯最終予想

K-BA LIFEの勝負レースコンテンツ

オンラインサロン”BESTBUY検討委員会”

K-BA LIFEの全てを詰め込んだコンテンツが、BESTBUY検討委員会です!競馬を楽しみ、競馬を学び、競馬を愛す術全てを詰め込み、競馬仲間と”バイブレーション”を合言葉に狂喜乱舞するオンラインサロンになり、勝負レースの”BESTBUY”だけでなく、豊富なコンテンツを揃えております。

コンセプトは、全員が自信を持って勝負レースを発信できるようになることです。全力で勝負レースを発信し、全員で応援し、勝てば自分の馬券関係なく狂喜乱舞できる、そんな競馬の輪を体験できる仕組みを作り、競馬仲間が周りにいらっしゃらないという方は仲間ができるはずです!

K-BA LIFEの勝負レースを見るだけでなく、自分でも勝負レースをひねり出し、自分だけの宗教馬を作れることができる、そんな競馬サロンの運用を目指しておりますが、当然毎週発行しているK-BA LIFEの競馬新聞”バイブレーション競馬”も読み放題です。今年度は3日間無料キャンペーンも12月末まで実施予定ですので、是非!

3日間無料体験はこちら!

競馬新聞”バイブレーション競馬”

勝負レースで震えるをコンセプトに、2020年にスタートしたK-BA LIFEの勝負レースを詰め込んだ競馬新聞がバイブレーション競馬です!バイブレーション競馬では、見解もブログ以上の文章量と熱量で勝負レースを熱く語っており、コンテンツは下記の通り!BESTBUY検討委員会メンバーは読み放題、非会員の方は買い切り版もありますので競馬のお供に是非!

重賞レース 最終予想

ブログでは本命馬に加えて、対抗以下の印に加えて、G1では全頭分析も紹介しております。

BEST BUY

的中率と回収率を想定して、その日最もお買い得な勝負レースの配信をしております。直近でもBESTBUYが1着的中になることも多く自分としても重賞級に楽しみなレースの一つです。2019年から開始して現在3年連続単勝回収率100%超え!今年も狙ってます。

BETTER BUY

BEST BUYにするか悩んだ勝負レースがBETTER BUYです。勝負レースですので当然BEST BUY級に力を入れて配信をしております。

バイブレーション競馬

最終レースで勝負!”ベスハメ”

最終レースは最終ベスハメ!毎週土日に10時30分に最終レースで最も狙いたい馬を配信してます!その他、地方重賞や海外重賞も配信しておりますので是非!

LINE無料登録はこちら!

重賞穴馬BEST3

2021年の夏競馬が終わるタイミングから重賞での穴馬を紹介するコンテンツを配信開始しました!

Youtubeでは、5人気以下を条件に、K-BA LIFEの中の人、パイセン、そして2名の意見合致馬の計3頭を穴馬BESTとして紹介しておりますので是非チャンネル登録の上、ご視聴頂きたく、宜しくお願い致します。キーンランドカップではエイティーンガールイチオシで7人気2着!

Youtube配信はこちら

本日の全レースにおける外厩情報

ハイレベルなノーザンファーム系の外厩からの仕上げ馬は特に注目!新聞に載っていない外厩舎情報を入手する一番簡単な方法を紹介します!今年のダービーも1.2フィニッシュ、宝塚記念も、昨年に続きクロノジェネシス、一昨年リスグラシューを含めてノーザンファームの力は偉大ですね。

特にトレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練された週末全レース出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。当日の外厩情報は新聞にもない情報なので是非!

外厩情報はこちら

京都金杯2022 最終予想

予想

中京マイルは、左回り1ターン戦+急坂+コーナー距離が短く急なユニークコース。馬場もタフで、近走ではショウナンバルディの逃げ残りが目立ったように直線の切れ味だけでは厳しいコース。今回もB→Aコースでどこまで馬場が回復しているかというところもありますが、ある程度前目でパワーある馬を狙うのがセオリーと考えてよさそうです。加えて、中京1600m戦はマイル戦の中でも比較的落ち着きやすいコースであり、昨年の京都金杯も35秒2-34秒6と後傾ラップ戦であり、内前に進路をとった馬の決着が目立ちました。枠はそこまで意識してませんが、今回距離延長組でいいポジションをそういう流れでとれるこの馬で勝負。

◎ステルヴィオ

誰がどう見てもG1馬であるので実績は最上位でありますが近走の馬柱が汚れているのでお買い得なオッズになっているのがステルヴィオ。前走のスワンステークスも直線の入口ではもげるような手応えで内が有利な馬場の中で外から伸びていたことから、まだまだやれそうですし、中京の1600m戦であることがいいです。というのもステルヴィオは前半34秒台で流れると全く最後にいい脚を使えないのが難点。

直近でも流れたレースは下記の通り。

スワンステークス 34秒1 5着

京成杯オータムハンデ 34秒6 7着

阪神カップ 34秒0 12着

高松宮記念 34秒2 9着

阪急杯 34秒1 5着

安田記念 34秒5 8着

逆に35秒台ですとこの1年でも京王杯SCで2着、スワンステークスで2着と重賞でも馬券になっております。上記を考慮しても、今回中京マイルである程度緩むようなレースになれば、単純な能力比較でも有利に立てる実力は持っておりますのでここでも有力と考えて本命とします。

〇対抗以下はバイブレーション競馬で紹介!

K-BA LIFEの競馬新聞で京都金杯の対抗以下の印について紹介!バイブレーション競馬では、重賞の見解だけでなく勝負レースについても配信しておりますので是非!

京都金杯最終予想

K-BA LIFEのオンラインサロン”BEST BUY検討委員会”

 
 

K-BA LIFEの全てを詰め込んだコンテンツが、BESTBUY検討委員会です!

BESTBUY検討委員会 コンテンツ一覧

バイブレーション競馬

重賞完全予想・全頭分析

毎月開催!BESTBUY杯

競馬の復習

メンバー限定LIVE

他にも色んなコンテンツが充実しておりますので、是非BESTBUY検討委員会に遊びにきてくださいね!

3日間無料入会体験キャンペーン中です!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!しかし、重賞だけのブログでは、不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!