• HOME
  • Home
  • 重賞予想
  • 皐月賞2024予想|G1予想連勝中!超ハイレベル世代でも抜けた素質を持つ本命馬!

皐月賞2024予想|G1予想連勝中!超ハイレベル世代でも抜けた素質を持つ本命馬!

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

皐月賞2024の予想記事を紹介致します!ラップと適性とお買い得感から導く本命馬を紹介致しますので是非最後までご高覧頂ければと存じますので、何卒宜しくお願い致します。先週は桜花賞で本命ステレンボッシュ1着大阪杯に続き本命が2連勝と絶好調です!

また、土曜競馬ではBESTBUYとして紹介したアーリントンカップでの本命馬が1着で爆勝ち!

今週の皐月賞も超混戦といえる素晴らしいメンバーがそろった中でも素質重視で本命馬を選定しましたので、自信をもって推奨いたします。

ーご報告ー

K-BA LIFEがnetkeibaで公認予想プロとしてデビュー!

23年7月1日よりnetkeibaさんの”ウマい馬券”にて予想公開することになりました!今回”俺プロ”というnetkeiba企画で全国でTOPにならなければデビューできないため、実力が評価された形になり嬉しい結果でした。23年年間回収率は104%と回収率100%超えをまずは達成することができ、300人以上いる予想家の中で11位という結果を残すことができました!24年は1位を目指して活動したいと思います。

皐月賞2024 最終予想

予想

皐月賞は、最も”速い馬”が勝つレースと呼ばれますが、まさしくその通り。特に近年の皐月賞は超がつく高速決着が普通になるくらいに”スピード”が求められます。同距離同コース重賞と比較しても、皐月賞は中山金杯といった古馬重賞、同じ3歳重賞の弥生賞、2歳G1のホープフルステークスと比較しても圧倒的に速いレースであり、これまで勝利実績のある馬は重馬場を除いては時計的に速いレースを経験している馬に好走歴が偏っております。特に重要視したいのは、東京での高速決着での時計実績。近5年で良馬場で開催された皐月賞でいえば、ジオグリフ、イクイノックス、エフフォーリア、コントレイル、サリオス、ダノンキングリーといった馬がこれまで記録しており、近年の皐月賞においては最重要ファクターといえます。この中山2000m戦かつクラシックというレースになると自分の形でレースを進めるためにある程度前半から速くなりますし、直線が短いことからも仕掛けも速くなることからラスト3ハロン勝負になるということはありません。またエアレーションが踏み固められることで高速化も進むのが特徴ですからラスト4Fでの速い時計を出せる持続力が重要になります。その為、中山という東京と真逆の適性を求められるコースであるものの結果としては長い直線で速い時計を求められる東京での実績を問われるレースになります。

また、土曜中山の馬場を見ると、スローの前残りばかりであり参考になるレースはありませんでしたが、内も外も伸びているように見えましたので、フラットとみて展開を重視します。流れとしては、メイショウタバル、シリウスコルト、アレグロブリランテ、ホウオウプロサンゲあたりが逃げたい馬で、外からジャスティンミラノ、ある程度包まれたくないサンライズジパング、掛かり気味のエコロヴァルツ、好位で持続力勝負したジャンタルマンタル、ダノンデサイルあたりがその後ろで、レース道中からはサンライズアースとコスモキュランダが捲り気味にペースが上がることからも先行馬の少し後ろに位置するこの馬に展開が向くはず。

◎アーバンシック

この馬はデビューからクラシック候補の1頭と評価している馬であり、決め手はこのメンバーでも随一の存在であり、百日草特別の勝ち時計は超高速馬場でレコード連発の2021年11月を除けば過去10年でも2歳馬東京2000m戦史上最速の時計での勝ち時計の持ち主なので皐月賞で求められるスピード実績に合致。また、武器である末脚に関しては、京成杯での上がり3ハロン33秒9が、京成杯史上最速の時計かつ同じ中山2000mの皐月賞でも歴代でいえば追い風吹いて差し脚が目立ったディーマジェスティや史上最強馬論争にも出てくるドゥラメンテと同じ時計。これまでのレースを振り返ってもゴール後最上級の末脚を出しながらもまだまだ脚を余しているようなレースぶりに能力に関しては十分に評価できます。

新馬戦は札幌のコーナー4つの舞台で、直線で前の馬が外に寄られて進路無くしながらもラスト2F過去でも上位のスローの展開を差し切り勝ちし類まれな瞬発力を見せて、進路が開いてからは一頭だけまるで違う手応えで突き抜けたように相当強い内容。

2戦目も上述の通りで勝ち時計は超高速馬場でレコード連発の2021年11月を除けば過去10年でも2歳馬東京2000m戦史上最速の時計での勝ち時計とただただ秀逸ですし内容も濃い。スタートで出遅れ、スローの流れを外々回し、ラスト5ハロンは58秒6、ラスト4ハロンは46秒4のレースで上り2位馬よりも0秒6速い末脚で差し切りは相当強い内容ですし、その他の馬は先行馬が残る展開の中で差し切りだけに末脚だけで勝ち切ったのは出世を約束された存在のレース。

そして前走京成杯においても前が残るレースの中で一頭だけ後方からの競馬でなおかつ進路もスムーズではなく後方から外に出すのではなく内にモタれてしまい内に行かざるを得ず、狭い中でも、京成杯史上最速の上がり33秒9で伸びて2着という内容は負けてもG1級の末脚といえます。

まだまだ頭が高い走りで伸び代しか感じないような状態でもこの走りができており、京成杯から更に上の走りができるはずです。小回りコースよりも広いコースが得意であるのは間違いないでしょうが、今の中山の馬場であれば十分に外を回しても届きそうですし、エンジンが掛かってからのスピードが凄まじく、昨年のソールオリエンスのような競馬に期待したいところです。同血統のレガレイラが一本被りの人気をするのであれば20倍近くオッズがつくこちらを本命とします。

本重賞レースの全印を紹介した最終予想及び回収率5年連続100%超えの勝負レースBESTBUY(※)を含む他レースの予想はオンラインサロン”BESTBUY検討委員会”及びnoteにて配信の”勝負レース3本締め”限定配信となります。

※BESTBUY:5年連続回収率100%超えであり、その日最も自信あり+お買い得な一頭を紹介するコンテンツ

BESTBUY検討委員会はこちら

異常投票パトロール

単勝・複勝30万円以上の異常投票を見つけて紹介する”異常投票パトロール”の更新は、前日深夜及び早朝となりますので、是非もう一度ブログへお戻りくださいませ!

馬名 単勝 複勝
メイショウタバル 30万  
ジャンタルマンタル  

100万,30万

100万

アーバンシック  

40万,40万

80万

レガレイラ

30万,100万

50万

200万,40万
ジャスティンミラノ  

30万,60万

40万,30万

シンエンペラー 200万

100万,200万

300万

全頭分析(週初めにオンラインサロンで公開)

競馬新聞では、馬柱と調教と当週のコメントだけが記載されており、予想の決め手にはまだ不足しているのではないかと考えます。競馬予想にはその馬がどのような条件で走るのか?という点が重要であると考え、その点をラップやコース適性からわかりやすくまとめておりますので是非ご高覧頂ければと存じます。完全無料のブログでは、週中の枠順や最終追切等を考慮しておりませんので、評価が最終予想と変わることがありますが、そういう意味でも適性面の確認にご確認頂ければと存じます。

①ジャンタルマンタル

センスある競馬が武器のジャンタルマンタル。そのセンスの中身は、速い流れでも好位につけ最後はいい脚を使うという王道の競馬ができること。特に朝日杯FSでは前半34秒1の流れを先行して、差し決まる流れでも突き抜けましたし、共同通信杯は距離を延ばしてのレースでやや控えめな競馬をしましたが、それでも最後は位置取りの差だけで上がり32秒6と速い脚を使えることも証明。デイリー杯2歳Sではやや重馬場でも過去10年で最速タイの時計であったこと、新馬戦も過去5年の京都新馬1800mの中でも上位の時計を記録していることから能力は重賞級であることは間違いありません。

しかしながら、朝日杯FSはG1というには物足りない相手関係であったのは阪神JFとの比較でも明らかですし、他に好走したレースは全て展開的に恵まれたレースであったのも事実です。共同通信杯も結果的に超スローペースのラスト4ハロン勝負でも突き抜けた勝ち方をできなかったのは中距離戦では能力上評価は難しい一頭。マイル実績は評価できるものの他馬と比較すると一歩引いた評価をせざるを得ないかなというところです。

②シンエンペラー

凱旋門賞馬の弟という血統でありながらも瞬発力もあるタイプで総合力が非常に高い一頭。新馬戦は加速ラップかつラスト1Fで11秒0と過去5年でも古馬含めて上位のラスト1Fのラップを刻む速い脚、京都2歳Sではコーナー4つの舞台で前傾ラップの上がりのかかるレースでもしっかりと差し切り、ホープフルSでは中山2000では極めて厳しい35秒4-35秒9の前傾ラップ戦を先行して残す強い内容で、弥生賞も過去10年で最速の時計を記録するトライアルレースで上がり最速2着と抜群の安定感。流れ・コースを問わない総合力の高さが武器であり、速い脚を使った実績もありますが、これまでレース展開上先行馬不利の流れでも長くいい脚を使っての好走というシーンも多数あるだけに、持続力戦となる皐月賞では当然マーク必要。

③レガレイラ

差し決まる流れであれば圧倒的な末脚が武器で、注目の一頭。新馬戦はスローでも過去5年でも古馬含めても上位に入る上がり34秒9の末脚で上がり2位馬よりも0秒8とまるで違う決め手での勝利に加えて、ホープフルステークスでも展開が向いたとはいえ牡馬相手に上がり2位馬よりも0秒4も速い末脚で差し切りと相当強い内容。決め手については上位の存在であるのは間違いなく、ロカの子ということで爆発力あり。揉まれる競馬になったりスローのレースで大外ぶん回しになるとそこまでしても勝ち切れる持続力があるかというところは現状まで課題としてあるものの、ホープフルSでは牡馬との斤量差1kgで、3歳になってからは2㎏差になることからも有利に働くのは間違いありません。今回同距離の皐月賞でも買える一頭であることは間違いありませんが、馬場的に大外一気が厳しそうな馬場ですと上記の課題がまだあるだけに土曜日の馬場次第で考えたい一頭。

④コスモキュランダ

元々デビュー前から期待の一頭と言われていた馬ですが、もまれ弱さやゲートに課題あり中々結果がでませんでしたが、走る都度強くなり、ここ2戦で一気に本格化。1勝クラス時には2着に負けたとはいえゴール前の勢いは一頭だけ別次元の脚色でしたし時計以上に評価が必要で、弥生賞も過去10年で最速の時計と相当強い内容での勝利。高速決着となった弥生賞は、なぜか皐月賞よりもダービーと直結しており、2位のマカヒキ、3位のタスティエーラ、4位のアスクビクターモアがどれもダービーで好走していることからもコスモキュランダも最後の最後に馬力求められるダービー向きの可能性が高いものの、地力を見せたレースとしてクラシック直結の評価必要。また、この日の馬場は前がなかなか止まらない馬場だっただけに作戦勝ち感もありながらスタートで出遅れて向こう正面で一捲りしてから2番手のポジションで3~4コーナーを走り、最後は突き放して上がり2位ですから高い持続力を持っております。今回もスタートでまず出遅れる可能性が高いですが、鞍上は最強騎手であるモレイラ騎手なのでうまく先行して能力は発揮してくれそうです。ある程度流れて自力勝負になるのであれば、あっさりまで。

⑤メイショウタバル

とにもかくにも毎日杯の競馬が強すぎの一言。馬場が向いた等の意見は全く無視できる能力の高さに、驚きました。その毎日杯ですがシンザン記念の勝ち馬であるノーブルロジャーを相手に重馬場で1秒差をつけての完勝ですが、注目したいのはその勝ち時計。毎日杯は、1分46秒5を閾値として、それよりも速い時計でレースをした馬は軒並みG1勝利する出世レースに変貌します。実際に最速のシャフリヤールはダービー馬ですし、ドバイシーマクラシックも勝利し、今年リバティアイランドにも先着という名馬。そのレースで3着だったプログノーシスもG1候補ですし、毎日杯をこの1分46秒5という時計を閾値にすると、過去キズナ、ディープスカイ、アルアイン、ブラストワンピースとG1馬を出しているだけに無視はできません。さらにいえば、この時計を重馬場で記録しており、上がりも34秒4と良馬場高速時計でも中々毎日杯では見れない末脚での勝利にこの馬だけがただただ強いという結果。

もし雨が降るようなら鉄板級、良馬場でも当然有力の一頭として計算にいれるべき一頭です。

また、これまでのレースを見ても控える競馬になるともまれ弱さがあるのかイマイチですが、4コーナー先頭の持続力を生かす競馬になればまるで違うレースぶり。今回も枠や出走馬の並びで自分の競馬ができそうであれば本命級の評価が必要と言えます。

残りの分析はオンラインサロン限定公開!

BESTBUY検討委員会はこちら

本日の勝負レース予想配信

K-BA LIFEでは、毎週全レースをラップ及びトラックバイアスの観点で回顧・復習し、気になる馬をリスト化し、リスト馬のキャラを分析して次走狙える条件に出てきて尚且つお買い得(オッズが美味しいこと)なら狙い撃ちするという予想プロセスで、その日最もお買い得な一頭を紹介する”BESTBUY”は2019年配信以降5年連続回収率100%超えの予想であり、重賞予想も本命馬の回収率は100%超えを継続しておりますので、皆様の競馬ライフに少しでもお役に立てるものであると考えます。特に2024年は東京新聞杯で◎サクラトゥジュール7人気1着で大爆発!会心の一撃ができたと思いますし、今年も回収率100%は確定できたかなというところですが、まだまだ伸ばしていく予定ですので是非今後も注目してみてください!

今日イチの勝負レース”BESTBUY”

勝負レースBESTBUYを含む他レースの予想はオンラインサロン”BESTBUY検討委員会”及びnoteにて配信の”勝負レース3本締め”限定配信となります。BESTBUYはK-BA LIFEが5年連続回収率100%超えの勝負レースコンテンツであり、その日最も自信あり+お買い得な一頭を紹介するコンテンツです。オンラインサロンは現在3日間無料キャンペーン中!

2023年勝負レースBESTBUY実績

23-14-13-55
勝率21.9%/連対率35.2%/複勝率47.6%
単勝回収率136%/複勝回収率102%

現在3日間無料キャンペーン!

 

K-BA LIFE LINE公式アカウント

LINE限定予想配信あり!重賞級に語りに語る予想を少しでも味わいたいという方は是非!

毎週土日朝9時にLINEでも配信中!是非友達登録をお願い致します。

公式LINEアカウント

コンセプトは大人の青春!オンラインサロン”BESTBUY検討委員会”

勝負レースBESTBUYを読み放題!

K-BA LIFEの勝負レースであるBESTBUYを読み放題なのはこのBESTBUY検討委員会のみ!回収率100%超えは当たり前の厳選された勝負レースは破壊力抜群!?netkeibaに実力でデビューできた実績ある予想や予想理論を深く学べるのはここだけ!

毎週週中も競馬を学べる環境!

土日の予想だけでなく、週中には重賞考察のコラムであったり、重賞の全頭分析、さらには前週における復習された厳選馬について紹介しております。他にも血統・調教師・騎手の研究等も深めており、予想の奥深さを実感できる内容と考えますし、予想のプロセスを学ぶことができると考えます。

予想の実践で身につく環境!

毎週土日には参加者で豪華景品を競う馬券バトル企画である”BESTBUY杯”を開催!このBESTBUY杯では参加者独自で達がったBESTBUY新聞の発行もあり、企画の中で競馬仲間が増えておりますので、競馬仲間を増やす環境としてもBESTな環境といえます。

リアルに感じる大人の青春!

オンラインサロンではWEBだけでなく、リアルな交流にも重きを置いており、全国でオフ会を開催しております!ここでできた仲間とは幼馴染よりも会っているといった声もあり、最高の出会いを感じておりますし、この競馬仲間が地元や自分の仕事を知ってほしいという気持ちから独自の文化で生まれた”持ち込み企画”も開催されております。22年末までで既に30回以上の企画もあり、楽しい週末を過ごせております。

大人の青春を感じる口コミ