• HOME
  • Home
  • 重賞予想
  • 【高松宮記念2021】最終予想&異常投票パトロール【マーチステークス2021】

【高松宮記念2021】最終予想&異常投票パトロール【マーチステークス2021】

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は春のG1シーズンを告げる高松宮記念2021の最終予想とマーチステークスの最終予想、そして異常投票パトロールを紹介したいと思います。

今年の高松宮記念は、メンバー構成がバラエティー豊かなメンバーが揃いました。

春秋マイル王のインディチャンプがスプリント路線に殴りこみ、前走1400m戦でレコード勝利の快速馬レシステンシア、グローバルスプリンターになったダノンスマッシュを筆頭に1200m戦をにぎわせてくれていた古豪の馬達、マルターズディオサやダノンファンタジーのような牝馬達等、非常に面白いメンバーです。

加えて、馬場も中京のロングラン開催+連日の降雨+Bコース替りと全く予想もつかない馬場状態。

そして、そして最後に雨予報。

誰がこのレースを完璧に予想できるのだろうかと思ってしまいますが、ここまで難しい条件だらけだと想像力豊かな小説家に勝機あり。

そういう意味でも基本に立ち返って、高松宮記念についての理解を深めて、予想したいと思います。

基本情報については、先週から開始している重賞図解シリーズはTwitterで実施しておりますので、是非!

K-BA LIFEのTwitterはこちら

そして、マーチステークスについては、アメリカンシードが一強感。さすがに重賞初参戦でルメール騎手騎乗だから異常人気感はぬぐえませんので違う馬から狙います。

高松宮記念が終了しましたが、ドバイワールドカップもありますので、競馬尽くしの一週間になりますね。

高松宮記念2021 予想

最終予想

高松宮記念の予想になりますが、まずは図解で紹介致します。

こんな感じでの紹介では少し薄いという方向けに、文章でもポイントを紹介しておりますので、こちらも是非。

【高松宮記念2021予想】絶対に知っておきたい傾向から導く有力馬予想【競馬図解】

上記でまとめたことを簡単に整理しますと下記です。

簡単にいうとスプリンターズステークスよりもタフな馬場かつコース設計になります。

・スプリンターズステークスよりも1400m以上の実績を問われる

・馬格が大きな馬に有利

・ニジンスキーの血統が狙い目

上記のような傾向にあります。

上記のようなレースの流れからも純粋なスプリンター以上に、長めの距離を走っていた、馬格のある馬を狙いたいレースになります。

加えて今年は、重馬場かつロングラン開催での後半の馬場になりますので、どうやっても時計がかかりそう。

そういう意味でも、純粋なスプリンター以上に、よりスタミナやパワーを求められるレースになると考えての予想としました。

◎全てに合致した本命馬をバイブレーション競馬で紹介中!!

週中にバイブレーション競馬で紹介した馬がいかにも合いそうなので、限定の形となり申し訳ございませんが、この馬を本命としたいと思います。

何よりもBコース替りがいかにロングラン開催といえどもこの高松宮記念では警戒しないといけないですよね。

本命馬を限定公開にしたので、相手関係は全てこちらで配信致します。

〇ラウダシオン

対抗は成長著しいラウダシオン。

前走、NHKマイルカップ、富士ステークスでの好走から東京マイル感が強いですが、全体的に言えるのはレフティ(左利き)。

左回りに限定すれば2-2-1-0ですし、重馬場についても1-1-1-0という河童さん。

特に昨年夏からの成長が著しく、馬体重もデビュー時には488㎏であった体重もいまは512㎏と30㎏近くの成長を見せております。

成長を感じた一戦であった富士ステークスで33.8-36.0の超前傾マイルレースを3番手で競馬して2着ですが、このラップはシーズンズギフトとスマイルカナが暴走してできたラップであり、1000m通過時計はまさかの57秒4と超速の前傾ラップであり、かなりスプリントよりのレースでした。離された3番手とはいえ前にいた馬は総崩れの展開で、残した内容は強いといえます。

前走シルクロードステークスは久しぶりの1200m戦であってもスタートの良さを発揮して外差し決着の中で、自分が有利な馬場を選択しながら先行しても最後まで残したので本番に生きる内容でした。

この富士ステークスとシルクロードステークスの内容は、完全に馬場や展開と真逆の競馬で結果を残しているので、今年の高松宮記念で心強い。

というのも、今年の高松宮記念は内前有利なレースが想定されます。

このロングラン開催では、内も外も馬場がボコボコであり、外差ししようにも物理的に使える脚が制限されて、直線での巻き返しが厳しいようなレースになることも多く、デアリングタクトでもギベオンを差せないのだから、どうやっても前のポジションをとれる馬が有利。

前のポジションをとったとしてもタフな舞台で最後まで踏ん張りがきくのはやはり馬格のある馬や距離実績のある馬を中心に狙いたいですよね。

そういう意味でもラウダシオンは、上述の通りでマイル実績もあり、前走は差し決着の中でも先行して粘った内容も評価でき、本格化し馬格も出てきて、重馬場にも対応可能となれば、十分勝負可能でしょう。

完全にたたき良化型ですから、外枠でもまれない競馬であればG1でも勝負できると思っていたので、いい枠も引けました。

▲インディチャンプ

マイルからスプリントのタイトルを欲しがっている一頭であり、本番は確実に走ってくる叩き良化型タイプ。

ここ2戦はスプリントよりのレース慣れと見れば、本番のここでは巻き返し必須。

というのも、現役馬の中でも比類なピッチ走法であり、重馬場への対応は全く問題なく、1400m以上の距離実績を問われる高松宮記念であれば十分チャンスありといえるでしょう。

やはり溜めが欲しいタイプであり、少しでも内が欲しかったのでギリギリの9番枠でしたのでまだ勝機あり。馬格も480㎏以上とあり、ある程度のポジションで競馬ができる器用さもあるので、今年の高松宮記念なら面白そうです。

ここ2戦で阪神1400mで阪神カップ3着と阪急杯4着。この結果については下記で整理しております。

阪神カップは同コースで新馬戦以来の1400m戦を走りましたが、前残りのスローの展開で追い込みが届くには相当厳しいレースでしたが、上り最速と見せ場は十分。
阪急杯も似たようなレースであり、9番手で脚を溜めて、上り2位の末脚で4着と追い上げ。

ここ2戦でこれまで経験のなかった34秒0というテンのスピードでも最後まで脚を伸ばしているのは能力が高い証拠です。
この2戦でわかったことは、脚を溜めることが必要なこと。
阪急杯と比較して、阪神カップは緩んでいた分上り3位の競馬でしたし、見た目にも一頭だけ素晴らしい末脚でした。

加えて、この2戦は超がつく特殊コースである阪神1400m戦。
阪神1400mはラスト800mー400mで一気に下り坂を駆け抜けてペースアップして残り400mは短い直線と急坂が待っているので非常に脚の使いどころが難しいコース。
狙いはこの下り坂をインで脚を溜めて、直線一気に加速するレースだったのでしょうけど、そこまでうまく脚がたまらなかった前走は切れ味不足。

そういう意味では、中京1200mはスプリント戦で前傾ラップレースといえども、コーナー距離が長く、スプリンターズステークスと比較してもコーナー分で緩む分、内で溜めて長めの直線で末脚爆発というシーンは十分に考えられそうです。

スタートからテンで33秒台の脚で先行しなければならないようなレースでもないですし、直線だけでも十分間に合うレースですので、ここは注目。

血統的にはニジンスキーやフォーティナイナー持ちではありませんが、トキオリアリティ―の血筋は競馬界屈指のスピード牝系。
ネオリアリズム、アウィルアウェイ、アベルトゥーラといったスピード豊かな馬を多数輩出しておりますから基本的なスピードも十分。

極めつけはG1で2勝した時も叩き2走目だったように、叩き良化型。楽しめそうですね。

△レシステンシア

前走1400mの阪急杯でレコード勝利でしたし、まだまだ余裕がある勝ちっぷりでしたので、まずここでも人気しそうです。気になるのは初スプリントで一番人気というところですが、高松宮記念はタフな舞台であり、快速馬でありますがどちらかというとこの距離実績はあったほうがいいレースです。生粋のスプリンターやアイビスSDで勝利するようなタイプが中々勝てないレースですが、マイラーや1400m巧者が馬券になるレースですからレシステンシアも十分資格がありそうです。

このような距離実績に加えて、馬格もダイワメジャー産駒らしい雄大な馬体であり500㎏超え。血統的にもニジンスキー持ちとあれば、好走傾向には合致してますし、イメージはレッツゴードンキ。

左回りもNHKマイルカップで2着と実績がありますし、問題はないでしょう。

重馬場での好走実績もありますから心配していませんが、いかんせん外枠。

少しロスが多いかもしれませんね。

注レッドアンシェル、サウンドキアラ

レッドアンシェルは、重賞勝利がともに上がりのかかる稍重と不良馬場。特に評価したいのが日本で1番前傾ラップになる重賞として有名な北九州記念でモズスーパーフレアが作った前半32.4の流れを8番手でしっかりと追走し、激流の中でも脚を溜め、最後に外から突き抜けた内容は秀逸。CBC賞や彦根ステークスの内容から後傾ラップ専用機だと思ってましたがこの馬を見る目が一気にかわりました。とてつもない追走スピードを求められてモズスーパーフレアも残る展開の中でもしっかりと差し切った内容は評価せざるを得ません。

加えて、輸送が激しく苦手なタイプであり、今でこそまだマシですが、若い時は輸送しては負けてを繰り返してましたから、この近場の中京であれば全く問題なし。

馬格に関しては、新馬戦の時には432㎏であった馬体重が今やぐんぐんと成長し、476㎏。タフな馬場も全く苦にしませんし、むしろ得意舞台。不良馬場のCBC賞で魅せた末脚は目が覚めるような末脚でしたし中京にも不安無し。馬場がタフになれば相対的に狙える一頭です。

後方からの位置取りになるので少し控えめの評価としておりますが、モズスーパーフレアとレシステンシアがやりあうような展開になれば、面白そうですね。

サウンドキアラは河童さん。初スプリント戦なので控えめな評価ですが、普通に走ればこのメンバーなら実力も上位級。外枠なので少し嫌いましたが、こんな感じでしょうか。

異常投票パトロール

馬名単勝複勝
ライトオンキュー 

10万.20万

40万.20万

20万

ダノンファンタジー 10万
インディチャンプ 10万
ラウダシオン 10万.20万
ダノンスマッシュ30万70万,30万
レシステンシア

40万.300万

100万,50万

50万

30万.10万

20万.40万

30万,30万

30万.20万

30万

K-BA LIFEの勝負レースコンテンツ!

K-BA LIFEでは、ブログで紹介している重賞レース以外に勝負レースの配信も他メディアで実施しております!

K-BA LIFEの競馬新聞 バイブレーション競馬

勝負レースで震えるをコンセプトに、2020年にスタートしたK-BA LIFEの勝負レースを詰め込んだ競馬新聞がバイブレーション競馬です!

バイブレーション競馬では、見解もブログ以上に平場のレースで詰め込んでおり、下記コンテンツを配信しております。

読み応えがあり、予想以上にそのプロセスが携帯小説のように面白いとご好評を頂いております。普通のブログや競馬新聞のコラムではG1でも見られないくらいの読み応えのある携帯小説と思って頂ければと存じます。

その馬にある物語、このレースに使うプロセス等を熟考し、コース、ラップ的な能力評価、適性、展開を盛り込んだ勝負レースを下記で配信しております。

BEST BUY

目玉コンテンツがBEST BUYです。

当然重賞も他のレースも本気で予想しておりますが、その中でも自分が一番勝負したいと思ったレースをBEST BUYとして紹介しております。

コース分析、最新の馬場分析、想定ラップ、その馬のキャラ、ヤリ要素、ローテーションから読み取る物語等を詰めこんだ予想プロセスです。

先週は土日共に2着!今週こそ土日1着狙います!

全レース予想して、自信あるレースを並べて、なおかつ、オッズが高めの馬でお買い得の馬をBEST BUYと言っております。

あまり意味はありませんが、下記のような成績でした。

2019年 単勝回収率177%

2020年 単勝回収率112%

2021年 1日2本立てに変更しており、100%超えを目指してます!

重賞完全予想

ブログでは本命馬だけの開示となりますが、対抗以下で厳選穴馬やブログでは絶対に言いたくない非公式一択馬などを配信しております。2020年から始めた運用になりますが、〇▲爆穴を基本的に追記しているのですが、下記の実績があります。

・フェブラリーステークス

バイブレーション競馬で限定公開した3頭で決着し、ブログで紹介したサンライズノヴァで外し、オンラインサロンメンバーは10万馬券を皆様取っており、何をしてるんだってなった案件です。

〇カフェファラオ 1人気1着

▲ワンダーリーデル 8人気3着

爆穴推奨 エアスピネル 9人気2着

・フェアリーステークス ホウオウイクセル 8人気2着

・京成杯 テンバガー 6人気3着

・東海S アナザートゥルース 7人気2着

・シルクロードS シヴァージ 4人気1着

・きさらぎ賞 ◎〇▲決着

・クイーンカップ アールドヴィーヴル5人気2着

・共同通信杯 ◎エフフォーリア4人気1着

・京都記念 ダンビュライト6人気3着

・京都牝馬S ギルデッドミラー5人気2着、ブランノワール9人気3着

・阪急杯 ジャンダルム4人気3着

・チューリップ賞 ◎〇▲決着で3連単2点の会

・中山牝馬ステークス ロザムール5人気2着

・ファルコンステークス ルークズネスト1着

・スプリングステークス アサマノイタズラ2着、ボーデン3着

BETTER BUY

BESTBUYにするか迷ったレースですが、同じ品質で予想しているので当然勝負レースです。

BESTBUY外してもBETTER BUYで助かるという日もありますし、当日の馬場状況によってはレートの比重をBETTER BUYを重めにしたりしますね!

硬すぎて・穴すぎて推奨するには忍びない馬達

全レース予想して、これはと思ってオッズを見たらガックりしたというような鉄板馬から100倍近くてもこれしか見えないっていう大穴馬を中心に配信しております。

バイブレーション競馬、K-BA LIFEのオンラインサロン”BESTBUY検討委員会”メンバーであれば読み放題!

G1月は買い切り版も準備しておりますので、競馬のお供としてどうぞご活用くださいませ!

最終レースでハメ倒し”ベスハメ”!

競馬のコンテンツは無料に限る!という方向けにBEST BUYのエッセンスを最終レースに詰め込んだBEST BUYをLINE限定コンテンツである”最終ベスハメ”を無料配信しております。

複勝率は70%超えのコンテンツであり、単勝回収率も余裕の100%超えです!土日同時単勝的中という日もありましたね!?

最終レースに特化した予想ですが、力の入れ方は勝負レースや重賞と変わりません!

文章量の制限があるので、簡潔に書いておりますが、このようなアウトプットなんだなということを理解いただけるかなと考えておりますので、是非!

毎週土日に10時30分に配信しておりますし、地方重賞や海外重賞も配信しております!

LINE無料登録はこちら!

高松宮記念 外厩情報

ノーザンファーム生産馬が秋の古馬芝G1レース完全制覇で終わった2020年。

伝説だらけのレースでしたが、やっぱりアーモンドアイ、クロノジェネシス、グランアレグリアを筆頭に強かったですね。これも外厩を含めたチームワークのなせる業ですね。

そんな高松宮記念における外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。

競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できますので、是非ご参照ください。

外厩情報はこちら

マーチステークス2021 最終予想

予想

マーチステークスが開催される中山1800m は、向正面の坂の手前からスタートし、高低差がJRAダートコースで最も大きな4.5mのアップダウンを2回経験するタフなコースになります。スタートしてから直線までの距離が300mあり、急坂もあるので前半3ハロンは36秒代とクラス別平均でも時計がかかってます。更に全体時計としても同じようなコースレイアウトの阪神1800mが重賞クラスになると1分49秒代がでて、京都1800mが1分49-50秒代と速い時計になるのですが、この中山コースはタフな砂に、アップダウンの激しさからも重賞においても1分51秒以上時計がかかるコースになっているのが特徴的なレース。

今年のマーチステークスは雨の馬場ですので、もう少し時計は速くなりそうですが、やはり狙いたいのエーピーインディ系。

アメリカンシードが完全に該当しますし、ハンデ55㎏ですし、何故かG1週にルメール騎手が中山で騎乗するしで、最早この馬以外を探すのが難しい状況。

しかしながら、勝ち方は派手ですが、時計はそこまでですし、初重賞挑戦でうまくいくのでしょうか。

違う側面から狙ってみたいと思います。

アメリカンシードが先行馬をお掃除し、デルマルーヴルが捲り気味の競馬をするのであれば、タフな競馬になるのではないでしょうか!?そんな期待も込めて、本命はこの馬。

◎ヒストリーメイカー

前走東京大賞典は後方からの競馬で4着と11人気ながら非常にいい競馬でしたが、近走の充実ぶりは目を見張るものがあります。というのも東京大賞典は近年まれにみるスローペースであり後方からではかなり速い脚を長く使い続けなければ物理的に届かないレースになりましたが、最後まで鋭い末脚を出してくれたのは充実の証。

また、ここ2年でいえば、右回りの坂のあるコースは阪神しか走っておりませんが、2-1-0-0と崩れ知らずで、みやこステークスでも快進撃を続けるクリンチャーの2着ですし、スワ―ヴアラミス等にも先着しております。

このメンバーで距離短縮の坂ある右回りコースであれば十分勝負可能。

ここはヒストリーメイカーから勝負したいと思います。

〇バイブレーション競馬で紹介!

 

異常投票パトロール

アメリカンシードは50万円以上の投票をピックアップしてます!

馬名単勝複勝
ロードゴラッソ10万 
アメリカンシード

100万,100万

60万

50万

K-BA LIFEで競馬を楽しむ!!

 
 
◆BEST BUYを読み放題!バイブレーション競馬
 
K-BA LIFEが実際に購入するレースを厳選して配信しておりますバイブレーション競馬を会員様は読み放題です!
1頭に対して1小説くらいの物語を綴っている自己満コンテンツで有名なBESTBUYや重賞の完全予想、他の勝負レースまで紹介しています。
 
 ①BESTBUY
  当日の勝負レースです!単勝回収率は3年連続100%超え!
 
 ②重賞完全予想
  対抗以下の印と見解を記載しております。
 
 ③BETTER BUY
  BESTBUYにはいかずとも勝負レースです。
 
 ④その他人気しすぎですが買いたい馬リスト(頭固定狙い)
 
 ⑤その他穴すぎて勧めるのは忍びない馬リスト(複勝狙い)
 

◆競馬仲間と競馬を学ぶ!分科会制度

分科会では、競馬予想を深める為に、下記活動を実施しております!下記分科会で常に競馬で勝つための情報交換をしており、競馬仲間と深く学びたいという方のニーズにもお答えしますし、私も積極的に配信しております!馬場、展開、個性、必勝法に加えて、現在キル・ルメールの会も新たに構築しました。

◆皆で狂喜乱舞!!BESTBUY杯

このオンラインサロンの主目的は、全員が信念をもって勝負レースを発信できるようになることです。それを実現するために上記の分科会のアウトプットの場として、BESTBUY杯を毎月開催しております。このBESTBUY杯では、毎月優勝者には豪華景品も準備しておりますし、誰かの勝負レースで誰かが馬券を当てて、狂喜乱舞する。そして、その勝負レースの根拠で勉強して、また競馬が上手になる。そんな仕組みとなっております。入っていただければこの魅力に虜になるはずですので是非!

上記の他にも、復習コンテンツや重賞限定記事、K-BA LIFEのメモ帳等、オンラインサロンならではの仕掛けを多数発信しておりますので是非興味ある方は、現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!なので、ご参加頂ければ幸甚です。競馬予想のプロセスを学ぶにはいい環境だと自負しております!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

この最終ベスハメもプロセスは、BESTBUYと同じですが、2021年2月11日時点での成績は下記の通りです!

14R配信し、5-3-3-3の成績であり、数値化すると下記の通り。

勝率36%、複勝率79%、単勝回収率200%

地味にいい予想できていると思いますし、どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!