【注目】日本中央競馬史上最速の末脚~ダート編~【上がり3ハロン】

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

おはようございます。 本日は、先日書いて好評でした【コラム】日本競馬史上最速の末脚【上がり3ハロン】のダート編を整理しました。ダートの末脚といえば、ブロードアピール(下記動画)やヴォーグトルネードを思い出される方が多いと思いますし、ダートでの末脚の定量化は、需要があるものと思いますので、調べてみました。   ダート編は、少し簡潔にまとめてみました。  

 

■ブロードアピールの驚異的な末脚  

日本競馬史上最速の末脚(ダート)ベスト10

芝では、新潟の1000mが上位独占でしたが、どうでしょうか。結果は、下記です。  

順位日付開催レース名馬名性別年齢距離タイム上り3F着順騎手
1120610阪神天保山Sマルカベンチャー61200109933.82安藤勝己
2140614函館500万下トウカイチャーム6100058433.99井上敏樹
390822札幌真駒内特1000クリノビリオネア31000586341三浦皇成
480503東京1000万下・牝シュウザンアイ614001238342伊藤工真
5100710阪神出石特別1000シルクフォーチュン41200110434.11小牧太
690711札幌500万下クリノビリオネア3100058434.11丸田恭介
700514京都栗東Sブロードアピール61200109234.11松永幹夫
800514京都栗東Sイソノウイナー61200109734.16飯田祐史
9970406阪神500万下シークレットパール41200111834.13四位洋文
10890625札幌白樺賞ツキノラデカル6100058834.17横山典弘

マルカベンチャーの天保山Sでの末脚が日本競馬史上最速の末脚(ダート)です。 ダートで33秒台の上がりは、ありえないといっていいレベルです。 当時のレースを探しましたが、ダートであの位置は、絶望的ですが、よく2着に持ってきています。。 ちなみに冒頭紹介したブロードアピールは、上がり34.3であったため、圏外でした。 見た目的には、ブロードアピールの方がはるかに速そうですが、マルカベンチャーすごいです。  

1600メートル以上の末脚ランキング

短距離ではなく、マイル以上のダートランキングも見たいという方   安心してください。   用意していますから↓↓

順位日付開催レース名馬名性別年齢距離タイム上り3F着順騎手
180614東京ブリリアHエスケーカントリー42100210134.51横山典弘
270917札幌エルムSG3メイショウトウコン51700143334.51池添謙一
360701京都灘SHエーピーフラッシュ61800150634.65岩田康誠
4141220阪神摩耶SH1600ドラゴンピース51800149934.72伊藤工真
5131020京都観月橋S1600ワイルドフラッパー41800149534.71蛯名正義
6971115京都トパーズプレミアムサンダー31800148434.71武豊
7141004阪神シリウスHG3ケイアイレオーネ42000204234.95浜中俊
8140511東京ブリリアHヴォーグトルネード52100211634.91福永祐一
9140208京都1000万下ウエスタンオウジ418001500351国分優作
10131116東京伊勢佐木1000リキサンステルス321002133351北村宏司

  1位は、エスケーカントリー号が上がり34.5秒で第1位です。(2位のメイショウトウコンも同じ上がりなのですが、ダート2100mで出したことに重きを置きました。) あの距離で、芝生並みの上がりを出すエスケーカントリーは、常にマクリや最後方から競馬をする個性の強い馬で、この最速の上がりを出したブリリアントステークスは、横山騎手得意のポツンかと思いましたが、直線大外に出し、ダート2100mでは、見たこともない34.5秒の末脚を繰り出し差し切り勝ち。単勝馬券を持っていた人は、直線半ばまで諦めていたことでしょう。。。   レース映像を探してきましたので、どうぞご参照くださいませ。気持ちいい勝ち方で、 さすが天才横山典弘と思います。     以上、本日のブログ更新は終えたいと思います。 本日も頑張って働きましょう!

K-BA LIFEで競馬を楽しむ!!

 
 
◆BEST BUYを読み放題!バイブレーション競馬
 
K-BA LIFEが実際に購入するレースを厳選して配信しておりますバイブレーション競馬を会員様は読み放題です!
1頭に対して1小説くらいの物語を綴っている自己満コンテンツで有名なBESTBUYや重賞の完全予想、他の勝負レースまで紹介しています。
 
 ①BESTBUY
  当日の勝負レースです!単勝回収率は3年連続100%超え!
 
 ②重賞完全予想
  対抗以下の印と見解を記載しております。
 
 ③BETTER BUY
  BESTBUYにはいかずとも勝負レースです。
 
 ④その他人気しすぎですが買いたい馬リスト(頭固定狙い)
 
 ⑤その他穴すぎて勧めるのは忍びない馬リスト(複勝狙い)
 

◆競馬仲間と競馬を学ぶ!分科会制度

分科会では、競馬予想を深める為に、下記活動を実施しております!下記分科会で常に競馬で勝つための情報交換をしており、競馬仲間と深く学びたいという方のニーズにもお答えしますし、私も積極的に配信しております!馬場、展開、個性、必勝法に加えて、現在キル・ルメールの会も新たに構築しました。

◆皆で狂喜乱舞!!BESTBUY杯

このオンラインサロンの主目的は、全員が信念をもって勝負レースを発信できるようになることです。それを実現するために上記の分科会のアウトプットの場として、BESTBUY杯を毎月開催しております。このBESTBUY杯では、毎月優勝者には豪華景品も準備しておりますし、誰かの勝負レースで誰かが馬券を当てて、狂喜乱舞する。そして、その勝負レースの根拠で勉強して、また競馬が上手になる。そんな仕組みとなっております。入っていただければこの魅力に虜になるはずですので是非!

上記の他にも、復習コンテンツや重賞限定記事、K-BA LIFEのメモ帳等、オンラインサロンならではの仕掛けを多数発信しておりますので是非興味ある方は、現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!なので、ご参加頂ければ幸甚です。競馬予想のプロセスを学ぶにはいい環境だと自負しております!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

この最終ベスハメもプロセスは、BESTBUYと同じですが、2021年2月11日時点での成績は下記の通りです!

14R配信し、5-3-3-3の成績であり、数値化すると下記の通り。

勝率36%、複勝率79%、単勝回収率200%

地味にいい予想できていると思いますし、どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!