【今週のテーマ】マツパク(松田博資)ウィーク

【PR】外厩情報を無料でゲットするにはこちら

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

今週は、マツパクこと松田博資調教師(知らない人はwikiでお願いいたします。)関係でまとめたいと思います。

私は、末脚を磨き抜くマツパク先生の一貫した競馬観や調教方針が大好きです。(武豊騎手が好きな私ですが、マツパク先生との確執についてはまったく気にしていません。)

来年の2月に定年を迎えてしまうマツパク先生には、多くの偉大な名馬を育てていただいたこともあり、恩返しも込めてマツパク先生のすごさや記録について語り継いでいきたいという想いがあり、ジャパンカップで有力馬のラストインパクトを出走させるこのタイミングでマツパク先生をテーマとして、K-BA LIFEの記事を書いていきたいと思います。

【PR】サラブレ/Gallopを最も安く読むには楽天マガジン

少し脱線しますが、マツパク先生の想い出ですが、ベガ、アドマイヤムーン、アドマイヤドン、ハープスター等の多くのスターホースを育て上げたマツパク先生ですが、私の一番の思い出はブエナビスタですね。ジャパンカップでブエナビスタがトーセンジョーダンとの叩き合いで勝利した後のインタビューで涙したことに胸を打たれたことです。ブエナビスタの引退式では、現地で自分も感動してしまい、泣いてしまった感動があります。ブエナビスタの子供がデビューするときは、絶対にPOGで1位指名しますし、デビュー戦は現地に駆けつけますってくらいマツパク先生が育てたブエナビスタが好きだったんです。ここまで言えば、今週の私のジャパンカップの本命もわかったのではないでしょうか。

話を戻しまして今週の記事の予定としては、下記です。

火曜日

マツパク先生の育てた種牡馬であるあの馬を取り上げて買い時を見つけたいと思います。

ブログはこちら

水曜日

マツパク先生のヤリライン(騎手、馬主)

 

木曜日

マツパク先生の育てた牝馬の子供について

 

金曜日

ラストインパクトについて(ジャパンカップ)

 

以上です。