【火曜日更新!】ジャパンカップ 2017の傾向と対策&外厩情報【マイルCSの回顧】

【PR】外厩情報を無料でゲットするにはこちら

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

更新履歴:トーセンバジル回避により修正

 

マイルCS 2017は、いかがでしたか!?

私は、◎サングレーザーで、週初めからずっと推奨し、動画でも◎サングレーザーと言い続けてました。

その結果については、下記の動画にて発表しておりますので、是非見ていただければと思います。また、チャンネル登録頂ければモチベーションにも繋がりますし、非常にありがたいです。

今年のマイルCSは、Mデムーロ騎手が騎乗したペルシアンナイト号。本当にこの人は、騎乗が上手です。2着のエアスピネルに騎乗したムーア騎手よりこのレースに関していえば圧倒的に好騎乗でした。道中の進め方から進路どりまで全てが完璧で200点の騎乗でした。ムーア騎手も120点でしたし、福永騎手も安定の100点満点騎乗でしたが、デムーロ騎手が本当に素晴らしかったです。マイルCSに関しては、人6馬4ではないでしょうか。(これ言うといつも批判コメント多いですが言います)

それでは、切り替えて、ジャパンカップです。見所はやはり前走で存在感を見せつけたキタサンブラックでしょう。また、ダービー馬レイデオロが参戦するのも楽しみですね。本日のブログでは、ジャパンカップ的中に向けて、傾向と対策と狙い目や注目馬等を紹介していきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■第37回 ジャパンカップ(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
ジャパンカップを3点で獲れなければ
  2017年の全GIレースを無料配信

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

ジャパンカップ 2017 特別登録馬

タンタアレグリアが回避でレインボーラインが滑り込み参戦でしょうか!?

海外勢では、アイダホ、イキートスといった凱旋門賞組が参戦!凱旋門賞から1戦挟んでのジャパンカップですので、サトノダイヤモンドと比較すると働きすぎだろという感じがしますが、強い馬がきてくれることは非常にありがたいですし、競馬界も盛り上がりますよね!

馬名

母父

アイダホ

Galileo

Danehill

イキートス

Adlerflug

Areion

キタサンブラック

ブラックタイド

サクラバクシンオー

ギニョール

Cape Cross

Monsun

サウンズオブアース

ネオユニヴァース

Dixieland Band

サトノクラウン

Marju

Rossini

シャケトラ

マンハッタンカフェ

Singspiel

シュヴァルグラン

ハーツクライ

Machiavellian

ソウルスターリング

Frankel

Monsun

ディサイファ

ディープインパクト

Dubai Millennium

ブームタイム

Flying Spur

Snippets

マカヒキ

ディープインパクト

フレンチデピュティ

ヤマカツエース

キングカメハメハ

グラスワンダー

ラストインパクト

ディープインパクト

ティンバーカントリー

レイデオロ

キングカメハメハ

シンボリクリスエス

レインボーライン

ステイゴールド

フレンチデピュティ

ワンアンドオンリー

ハーツクライ

タイキシャトル

PR from うまコラボ【予想に自信のない方必見!】

マイルCSの3連単も難なく的中させたコラボ指数。
知らなかったはお金を捨ててると同じ!
新予想方法で回収率145%達成!


■コチラ↓
https://www.collabo-n.com/

今週『勝てます』

提供されたとおり予想を買うだけで、
1,000円が16,300円に!18,300円になって返ってきた!!

今週『勝てます』

競馬ファン全員に『勝てる予想』を『コラボデータ予想』で公開!

■コチラ↓
https://www.collabo-n.com/
【実戦記録!】コラボデータ予想【勝ち確馬連】動画

ジャパンカップ 2017 外厩情報速報

下記馬は、外厩先からジャパンカップに向かうことでしっかりと調査済みです。

ノーザンファーム天栄

唯一の天栄で仕上げて国際競争に挑むのは、下記A)で紹介中!こちらは人気しそう。


中央競馬ランキング

ノーザンファームしがらき

・ラストインパクト

 

ジャパンカップ 2017 傾向と対策&狙い目

まずは闇雲にデータを探しても意味がないので、天気予報がK-BA LIFE流です。

Yahoo!によると、水曜日に雨で他は雨が降らないようです。東京開催の最終ですし、これまで途轍もない雨が多かったので、非常に状態は悪い芝を想定。

2010年ディープ産駒がデビューしてからのジャパンカップについて、分析していきます。

このコースは本当に1枠が強い。勝ち馬は、昨年のキタサンブラックやブエナビス、2着のジャスタウェイ、3着になったラブリーデイ、ヴィクトワールピサ、ジャガーメイルなどが1枠からです。ダービーも白帽ならガッツポーズでますし、本当にこのコースの白帽は注目です。

脚質

逃げはキタサンブラックの1勝。これは本当にキタサンブラックの強さを物語っているデータです。

先行2勝、差しが4勝とどちらかと言うと脚を溜める馬が勝てるコースであり、前が不利です。

上がりについても、決して上がり最速馬であれば勝てると言う訳ではなく、絶望的なポジションからの最速では届かないし、ある程度時計のかかる上がりになることが想定されます。昨年のジャパンカップで上がり最速を繰り出したのはレインボーラインですが、着順は掲示板にも残れず。2010年以降上がり最速で勝利したのは、ブエナビスタのみ。連覇したジェンティルドンナでさえ、2位でした。これだけ語っておいて何ですが、32秒が必要なレースになったり、ハープスターでも35秒しか出せない時もあるレースですのであくまで流れを想定したレースが必要です。

 

勝率

単勝回収

着別度数

【PR】サラブレ/Gallopを最も安く読むには楽天マガジン

3F  1位

12.50%

42

  1-  2-  2-  3/  8

3F  2位

25.00%

205

  3-  1-  2-  6/ 12

3F  3位

0.00%

0

  0-  0-  0-  3/  3

3F ~5位

0.00%

0

  0-  4-  0- 10/ 14

3F 6位~

3.60%

17

  3-  0-  3- 77/ 83

展開的考察

近年は、強い牝馬の時代と言われ、ジャパンカップも過去10年間で、6勝、ディープ産駒がデビューした2010年以降からになると過去7年で5勝。

これは、東京競馬場が前半スローからの後傾ラップが要因と考えます。やはり一瞬の切れ味という意味では、前半がスローで厳しいラップが入らないレースになれば、牝馬特有のスピード勝負になりがちなのがジャパンカップということになります。

下記が近10年間のレースラップですが、とにかく中緩みで残り4〜3ハロンからの末脚勝負になっていることがわかります。

今年は、キタサンブラックが他の馬がどうしようもない前半5ハロン61秒程度で逃げることができるのかが注目です。前走の競馬を見せつけたので他の馬はあたりに行くこともできないですし、明確な逃げ馬もおりませんので、個人的には昨年と同様のスローペースになると考えております。

 

血統的考察❶種牡馬

ディープ産駒が3勝ですがジェンティルドンナが2回、スペシャルウィーク産駒は、ブエナビスタのみ。

そうなると目立つのは、トニービンの血でしょうか。勝ち馬こそいないですが、堅実に2着から3着にきています。

種牡馬

単勝回収値

着別度数

ディープインパクト

111

 3- 2- 1-10/16

スペシャルウィーク

170

 1- 1- 0- 0/ 2

キングカメハメハ

88

 1- 0- 2- 7/10

ブラックタイド

380

 1- 0- 0- 0/ 1

シンボリクリスエス

890

 1- 0- 0- 0/ 1

ジャングルポケット

0

 0- 1- 2- 9/12

ハーツクライ

0

 0- 1- 1- 7/ 9

ネオユニヴァース

0

 0- 1- 1- 2/ 4

ステイゴールド

0

 0- 1- 0- 9/10

血統的考察❷母父馬

やはりノーザンダンサー系の活躍が目立ちます。近代競馬はそればっかりですね。

記号

母父馬

単勝回収

着別度数

ND

Bertolini

290

 2- 0- 0- 1/ 3

ND

Caerleon

85

 1- 1- 0- 2/ 4

SS

サンデーサイレンス

80

 1- 0- 1- 9/11

ND

フレンチデピュティ

460

 1- 0- 0- 1/ 2

NA

サクラバクシンオー

190

 1- 0- 0- 1/ 2

SS

スペシャルウィーク

890

 1- 0- 0- 0/ 1

ND

ノーザンテースト

0

 0- 1- 1- 3/ 5

ND

Dixieland Band

0

 0- 1- 0- 1/ 2

その他

メジロマックイーン

0

 0- 1- 0- 2/ 3

MP

ティンバーカントリー

0

 0- 1- 0- 1/ 2

MP

キングカメハメハ

0

 0- 1- 0- 1/ 2

ND

Wild Again

0

 0- 1- 0- 0/ 1

MP

Machiavellian

0

 0- 0- 2- 2/ 4

SS

ダンスインザダーク

0

 0- 0- 1- 1/ 2

T

トニービン

0

 0- 0- 1- 0/ 1

MP

Lycius

0

 0- 0- 1- 0/ 1

 

現時点でのジャパンカップ 2017注目馬

ポイントは、スローペースからなる後傾ラップ、母系にノーザンダンサー、穴を狙うならトニービンとしましたが、枠が出ていない中での予想なので、簡単に。

 

◎キタサンブラック

 

では面白くありませんので、下記の3頭を狙っていきます。

・マカヒキ

 血統的に◯ですし、スローペースであればここでも通用。前走の凄さに気づいた方はいっぱいいるのでは。

・シャケトラ

 この秋もっとも馬が成長していると思っております。絶対に良馬場で走らせたい1頭。血統的にもいいですね!

・もう1頭が現状の本命候補。どうしても後傾ラップであれば狙ってみたいです。この馬がやっと買いときがきました。

 本当に自信ありです!この馬を秋は我慢し続けましたので、ここで全力勝負したいと思います。五十丸です!

下記ブログランキングのB)で紹介中!!


最強競馬ブログランキングへ

今週も一週間がんばってJCを楽しみましょう!