【宝塚記念2019】絶対に知っておきたい傾向から導く厳選注目馬

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

この記事は、宝塚記念2019の予想記事です。先日アップしました宝塚記念2019の予想をする前に絶対に知っておきたい3つのことから今年の宝塚記念出走馬の中で傾向に合致する馬をピックアップしていきたいと思います。宝塚記念はダービー馬が活躍しなかったり、初G1がこの舞台であることが多いレースでもあります。

過去の名馬のレースであれば、メイショウドトウが宿敵テイエムオペラオーに勝利したのがこのレースでしたし、昨年のミッキーロケットもクラシックではイマイチ結果がでませんでしたが宝塚記念では世界のワーザー相手に激走、さらにいえばサトノクラウンがキタサンブラックに、マリアライトがドゥラメンテに勝利できるのもこのレースだからです。

宝塚記念の本質をしっかりと理解した上で予想してみて、傾向に合致する厳選注目馬を紹介したいと思います。

宝塚記念2019 特別登録馬

特別登録の段階で13頭と出走頭数は少し寂しいものとなったが、17年のクラシックホース・レイデオロ、キセキ、アルアイン、16年のダービー馬・マカヒキ、昨年の大阪杯を制したスワーヴリチャード、エリザベス女王杯を制したリスグラシューと6頭のG1ホースをはじめ、G1戦線には欠かせない存在となった最強の1勝馬・エタリオウも初戴冠を目指して参戦と少数精鋭の興味深いメンバーとなった上半期グランプリ・宝塚記念。馬券的にも妙味たっぷりのレースとなりそうで、上半期を締めくくるにふさわしい注目の一戦ですね!

馬名
アルアインディープインパクト
エタリオウステイゴールド
キセキルーラーシップ
クリンチャーディープスカイ
ショウナンバッハステイゴールド
スティッフェリオステイゴールド
スワーヴリチャードハーツクライ
ソールインパクトディープインパクト
タツゴウゲキマーベラスサンデー
ノーブルマーズジャングルポケット
マカヒキディープインパクト
リスグラシューハーツクライ
レイデオロキングカメハメハ

絶対に知っておきたい3つのことから導く本命馬

非根幹距離・直線が短い内回りのコースで持続力戦

宝塚記念は、冒頭説明した通り、クラシックではイマイチでもこの舞台では花が咲くタイプが多いレースです。

初G1がこのレースであることが多い理由は、下記です。

・非根幹距離

・内回りで直線が短い

・馬場が比較的タフ

・前傾ラップの持続力勝負

中距離G1で有名なレースといえば、ダービー、天皇賞・秋、ジャパンカップ、大阪杯等といった根幹距離かつ直線が長い、後傾ラップのレースが多いのが日本競馬です。しかしながら、宝塚記念は、下り坂かつ1コーナーまでの距離が長いことからも、前傾ラップになり前半速いペースになりやすいコースです。過去10年のラップを見てみましょう。

過去10年でも8回が前傾ラップの2200mという、日本競馬では後継ラップが一般的な中距離レースでも珍しいレースといえるでしょう。また、非根幹距離の内回りであることから、脚を使うタイミングが早くなることから、4ハロン持続力勝負になりがちなレースであることがわかります。

ここまでの説明をした中で、ピンときた方もいらっしゃると思いますが、この宝塚記念は、中山コースと似ております。

この宝塚記念での勝ち馬を見ても、中山実績のある馬が非常に多いことがよくわかります。

2009年 ドリームジャーニー 有馬記念勝ち馬

2010年 ナカヤマフェスタ セントライト記念

2011年 アーネストリー オールカマー

2012年 オルフェーヴル 有馬記念・皐月賞

2013・14年 ゴールドシップ 有馬記念・皐月賞

2015年 ラブリーデイ 中山金杯

2017年 サトノクラウン 弥生賞

過去10年でも8回中山重賞実績のある馬が勝ち馬であることからも、この中山実績が重要であることを理解した上で予想していきましょう!今年の特別登録馬13頭の中でも中山実績のある馬は下記です。

アルアイン 皐月賞

エタリオウ 日経賞2着

マカヒキ 弥生賞、皐月賞2着

レイデオロ 有馬記念2着

上記4頭が好走条件に合致します。

天皇賞春で敗退した実力馬を狙おう

宝塚記念は、上記のような前傾ラップの持続力勝負となりますが、天皇賞・春は今年がディープインパクト産駒1・2フィニッシュのレースであるように、中間ラップが緩み、直線勝負となることが多い舞台です。高速馬場のステイヤーレースでありますが、求められる適性は宝塚記念とは真逆といってもいいでしょう。

そういう意味でも前走天皇賞春で敗退した馬の巻き返しが目立つレースであることでも有名です。過去10年で前走天皇賞・春組で馬券になった馬は、下記の通りです。

ミッキーロケット

ゴールドアクター

キタサンブラック

デニムアンドルビー

ゴールドシップ

オルフェーヴル

エイシンフラッシュ

ドリームジャーニー

8頭おり、さらにいうとゴールドシップが2回馬券になっていることを考えると過去10年で9頭が前走天皇賞・春組で、馬券になっております。この中でも前走天皇賞・春で馬券になっていない馬と天皇賞・春での着順は、下記です。

・ミッキーロケット 4着

・ゴールドアクター 7着

・デニムアンドルビー 10着

・ゴールドシップ 7着・5着

 →ちなみに天皇賞春を勝利した後の宝塚記念はまさかの15着。

・オルフェーヴル 11着

 →歴史的な大敗でしたよね。

8頭中6回が前走天皇賞・春で馬券にならずに完敗した後のローテーションで宝塚記念をモノにしております。

今年の出走馬で、天皇賞敗退組は、下記です。

・エタリオウ

・クリンチャー 

上記2頭になります。

ディープ牝馬又は父Notサンデー系を狙おう!

宝塚記念はとにかくディープインパクト産駒の牝馬でしょうが、今年の出走馬にディープ牝馬はおりません。

そこで、注目は、Notサンデー系でしょう。昨年のミッキーロケット、ワーザー、ノーブルマーズといったようにNotサンデー系が、ダービーやジャパンカップで勝ちまくるサンデー系に勝てる舞台がこの宝塚記念です。宝塚記念は内回りかつ起伏のあるコースでありながらも前傾ラップのレースです。このようなコースでは、脚の使い所が普通のコースよりも早くなることからも持続力勝負になります。

持続力勝負になると必要な能力は、高いギアよりも低いギア。坂のあるコースでもバンバン進むことができる欧州系の血統に注目でしょう。サンデー系はどちらからというと平なコースで高いギアなので後傾ラップのレースを得意としますが、このレースで求められる適性はバテててもスピードを維持できる脚質でしょう。

そういう意味でも今年の出走馬で注目したいのは、Notサンデー系種牡馬を父に持つ下記です。

・キセキ

・ノーブルマーズ

・レイデオロ

上記は血統的にも注目でしょう!

宝塚記念2019 外厩

過去5年でも外厩仕上げの馬は好走が多数です。ミッキーロケット、サトノクラウン、ドゥラメンテ、ヴィルシーナはしがらき仕上げで宝塚記念を制覇しました。今年も出走馬にも外厩仕上げが多数です!

ノーザンファームしがらき

・スワーヴリチャード

・リスグラシュー

・アルアイン

・エタリオウ

ノーザンファーム天栄

・レイデオロ

他のレースで外厩仕上げ馬を調べたい場合は、無料で競馬セブンにて配信されております。競馬セブンを無料登録後にて無料コンテンツの社台軍団の秘話というコンテンツにアクセスしますと”社台外厩リターン”というコンテンツがありますので是非ご参照ください。

宝塚記念2019の厳選注目馬

ここまで色々な傾向を説明しましたが、整理すると下記です。

・中山実績

・天皇賞・春のような後傾ラップレース敗退組

・Notサンデー系

これらを考えると、注目したいのは2頭でしょう。

・エタリオウ

・レイデオロ

エタリオウについては、日経賞でも2着になれる脚の使い所があり、天皇賞・春で敗退したローテーションからの持ち直しがいかにもありそうなタイプ。血統的にはサンデー系の中でも異質なグランプリ大好きなステイゴールド産駒。全ての傾向に合致していると言っても過言ではないでしょう。

レイデオロも同様に有馬記念で好走できる脚質に加えて、後傾ラップのドバイシーマクラシック で大敗。血統的にもサンデーを持たないタイプであることからもいかにも宝塚記念で突き抜けそうな血統です。

今年の宝塚記念はこの2頭に注目したいと思います!

【PR】TAZUNA

今週の無料提供レースは上半期の総決算『宝塚記念
豪華G1もTAZUNAの無料情報で的中ゲットしよう!

ジャパンCで世界レコード決着を演出したキセキ。国内G1では安定した成績のダービー馬レイデオロ。昨秋のエリザベス女王杯勝ちから海外G1でも活躍中のリスグラシュー。他にも大阪杯勝ちのアルアインやスワーヴリチャードなど本当に豪華メンバーが揃いましたね!そんなドリームレースの予想にはTAZUNAさんの無料買い目情報が役立ちます!
今年の春のビックレース「桜花賞(G1)、皐月賞(G1)」をこの無料予想で的中!実際に配信された無料買い目はこちら↓です。

桜花賞回収率599、皐月賞回収率148%を達成!!
G1予想に強くてこれだけ無料予想で回収率を提供してくれるので予想が助かります!加えて合計でプラス3鞍の4鞍がレース前日に配信されます。春G1のクライマックス『宝塚記念』はTAZUNAさんに儲けさせてもらいましょう!
無料で宝塚記念の無料買い目を見る!
簡単メルマガ登録のみ。まずは無料から!確認メールきたらクリックしてログイン!

K-BA LIFEで競馬を楽しむ!!

 
 
◆BEST BUYを読み放題!バイブレーション競馬
 
K-BA LIFEが実際に購入するレースを厳選して配信しておりますバイブレーション競馬を会員様は読み放題です!
1頭に対して1小説くらいの物語を綴っている自己満コンテンツで有名なBESTBUYや重賞の完全予想、他の勝負レースまで紹介しています。
 
 ①BESTBUY
  当日の勝負レースです!単勝回収率は3年連続100%超え!
 
 ②重賞完全予想
  対抗以下の印と見解を記載しております。
 
 ③BETTER BUY
  BESTBUYにはいかずとも勝負レースです。
 
 ④その他人気しすぎですが買いたい馬リスト(頭固定狙い)
 
 ⑤その他穴すぎて勧めるのは忍びない馬リスト(複勝狙い)
 

◆競馬仲間と競馬を学ぶ!分科会制度

分科会では、競馬予想を深める為に、下記活動を実施しております!下記分科会で常に競馬で勝つための情報交換をしており、競馬仲間と深く学びたいという方のニーズにもお答えしますし、私も積極的に配信しております!馬場、展開、個性、必勝法に加えて、現在キル・ルメールの会も新たに構築しました。

◆皆で狂喜乱舞!!BESTBUY杯

このオンラインサロンの主目的は、全員が信念をもって勝負レースを発信できるようになることです。それを実現するために上記の分科会のアウトプットの場として、BESTBUY杯を毎月開催しております。このBESTBUY杯では、毎月優勝者には豪華景品も準備しておりますし、誰かの勝負レースで誰かが馬券を当てて、狂喜乱舞する。そして、その勝負レースの根拠で勉強して、また競馬が上手になる。そんな仕組みとなっております。入っていただければこの魅力に虜になるはずですので是非!

上記の他にも、復習コンテンツや重賞限定記事、K-BA LIFEのメモ帳等、オンラインサロンならではの仕掛けを多数発信しておりますので是非興味ある方は、現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!なので、ご参加頂ければ幸甚です。競馬予想のプロセスを学ぶにはいい環境だと自負しております!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

この最終ベスハメもプロセスは、BESTBUYと同じですが、2021年2月11日時点での成績は下記の通りです!

14R配信し、5-3-3-3の成績であり、数値化すると下記の通り。

勝率36%、複勝率79%、単勝回収率200%

地味にいい予想できていると思いますし、どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!