【小倉大賞典2018】最終予想に向けた傾向分析と注目馬紹介【大賞典馬が遂に引退】

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

いよいよ毎年全国の大賞典を沸かせてくれていたヒットザターゲットが10歳にして引退。

一時代が終えようとしております。いつも内枠ならとにかく買ってみようと思っていたヒットザターゲットがいなくなるのは辛いですが、このレースでは1円も買わない予定です。そんなこんなで小倉大賞典の傾向分析をやっていきたいと思います。

小倉大賞典の傾向分析

ラップ分析

小倉大賞典は、小倉1800mの小回り非根幹距離。コーナーが4回あるコースであることからもトリッキーなコースです。

さらに、夏の小倉開催から十分な期間を開けての開催となる為、芝生のいい状態であることがジョッキー心理に繋がり、先行への意識が高くなること、コーナーまでは270mと十分に距離があることからもテンの3ハロンが速くなります。その後も極端に緩まずに、中間ラップが締まった状態で淀みのないペースとなります。直線が短くコーナーも小回りであることから、ペースが上がり続ける非常に持久力が求められる展開になります。

上記が過去10年間のラップになりますが、淀みのない展開であることがわかりますでしょうか。レースとしても上がりがかかる展開になりますので、求められる資質は、スタミナと小回りに対応できる柔軟さになります。

血統分析

トリッキーなコースであることから父はダイワメジャーやディープインパクト産駒に好成績の馬が多く、母系にはトニービンやロベルトやノーザンダンサー系が集中しているのが全体的な傾向です。小倉大賞典では、過去5年間ディープインパクト産駒やダイワメジャーが毎年のように馬券内におり、その母系には、欧州スタミナ系の血が目立ちます。そういう意味でも今年の出走馬で、血統的に狙ってみたい馬は、下記です。

・ケイティープライド

・タイセイサミット

・ダノンメジャー

この3頭を血統的に狙ってみたいと思います。

PR【重賞4レース予想】3連単を狙いやすいのはフェブラリーS


的中に特化した予想。
2月10日(土)単勝95.8%、三連単37.5%という高水準を過去4年にもわたり保ち続ける予想データ。
このデータを使って、G1フェブラリーS、小倉大賞典、ダイヤモンドS、京都牝馬Sをひも解いて予想します。
このデータは無料会員になればだれでも今週から見れますので、チェックしてみてください。
⇒ こちら

小倉大賞典
ダイヤモンドS
京都牝馬S

この3レースの予想が難しい。
この中だったら、ダイヤモンドSが予想しやすいかなぁ。と思いますが、それでも直近2017年成績がいまいちです。
指数1位〜3位までの馬が馬券に絡むことは間違いないのですが、馬券内3頭を絞り込むにはもっと分析が必要になります。
しかし、一つだけ予想のヒントとしてあるデータを見つけました。
それは【穴馬発見法】です。この指数データとオッズを組合せて発見します。

例年穴馬の好走が見られますが、オッズの変動でその隠れた馬を見抜ける可能性があります。
指数というのは【全頭の全レースの情報から強い馬の順位を付ける】
しかし僕はここに欠点があると思っています。
その欠点とは【距離適性バッチリの穴馬見落とし】です。

総合評価、つまり全レースで見ると弱いけど、1,800mだけは強い。そんな穴馬たまにいますよね。
オッズだけ見てもこれは正直わからないです。穴馬探しで全頭チェックするのも大変な作業です。
そこで、いい例が小倉大賞典の昨年1着馬マルターズアポジー。
指数14位予想と評価が低いのに、4人気とオッズでは高評価。矛盾が起きました。

どういうことだ?と疑問がうまれマルターズアポジーだけの前レース情報を調べてみました。
すると、2016年2500mの有馬記念で15位と大敗。その前走福島記念G3や、秋風Sなどでは7人気以下にも関わらず1着。
つまり、距離適性は1600m〜1800mの馬。G1競争で勝てるほどの実力はないが、G3や特別戦では1着になれるほどの馬とみます。
結果【マルターズアポジー:1800mのG3小倉大賞典は一番力をだせるレース→1着】
ちょっとしたオッズの変化は簡単に気づけません。
しかしこの指数と連携することにより【全体的に見て弱い馬でも、そのレースだけ、ピンポイントで強い馬】を導きだすことができます。

今週末は重賞4鞍。とても楽しみな週末です。
ぜひこの指数を参考にしてみてください。
⇒ こちら

小倉大賞典2018の注目馬

上記の通り、血統的に3頭を絞りましたが、そこからさらに絞っていきたいと思います。

小倉大賞典は、

・開催時期からも、先行馬有利である意識が働くこと

・コーナーが4つある器用なコースであること

・持久力勝負になること

これら3つを考慮した上で、狙ってみたいのは、下記ブログランキング(D)で紹介中のお馬さんです。


最強競馬ブログランキングへ

この馬を選んだ理由は、まず先行馬が多い中で持久力勝負になることが間違いないこと、前走からの距離短縮組であり持久力勝負に分があることも2点です。血統的にも裏付けがあり、非常に狙ってみたい1頭です。

小倉大賞典2018 外厩情報

ノーザンファームしがらき

・ケイティプライド

・サトノアリシア

・トリオンフ

・もう1頭は、個人的に相手候補で狙っているあの馬です。下記ブログランキング(D)で紹介中のお馬さんです。


中央競馬ランキング

外厩情報を全レース確認したいという方は、下記競馬セブンを無料登録頂きましたら毎週土曜に配信されますので、是非ご活用ください。

PR 競馬セブン━━━━━━━━━━
  ■第35回 フェブラリーS(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
フェブラリーSを3点で獲れなければ
  2018年の日本ダービーまでの
  全GIを無料配信いたします

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

K-BA LIFEで競馬を楽しむ!!

 
 
◆BEST BUYを読み放題!バイブレーション競馬
 
K-BA LIFEが実際に購入するレースを厳選して配信しておりますバイブレーション競馬を会員様は読み放題です!
1頭に対して1小説くらいの物語を綴っている自己満コンテンツで有名なBESTBUYや重賞の完全予想、他の勝負レースまで紹介しています。
 
 ①BESTBUY
  当日の勝負レースです!単勝回収率は3年連続100%超え!
 
 ②重賞完全予想
  対抗以下の印と見解を記載しております。
 
 ③BETTER BUY
  BESTBUYにはいかずとも勝負レースです。
 
 ④その他人気しすぎですが買いたい馬リスト(頭固定狙い)
 
 ⑤その他穴すぎて勧めるのは忍びない馬リスト(複勝狙い)
 

◆競馬仲間と競馬を学ぶ!分科会制度

分科会では、競馬予想を深める為に、下記活動を実施しております!下記分科会で常に競馬で勝つための情報交換をしており、競馬仲間と深く学びたいという方のニーズにもお答えしますし、私も積極的に配信しております!馬場、展開、個性、必勝法に加えて、現在キル・ルメールの会も新たに構築しました。

◆皆で狂喜乱舞!!BESTBUY杯

このオンラインサロンの主目的は、全員が信念をもって勝負レースを発信できるようになることです。それを実現するために上記の分科会のアウトプットの場として、BESTBUY杯を毎月開催しております。このBESTBUY杯では、毎月優勝者には豪華景品も準備しておりますし、誰かの勝負レースで誰かが馬券を当てて、狂喜乱舞する。そして、その勝負レースの根拠で勉強して、また競馬が上手になる。そんな仕組みとなっております。入っていただければこの魅力に虜になるはずですので是非!

上記の他にも、復習コンテンツや重賞限定記事、K-BA LIFEのメモ帳等、オンラインサロンならではの仕掛けを多数発信しておりますので是非興味ある方は、現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!なので、ご参加頂ければ幸甚です。競馬予想のプロセスを学ぶにはいい環境だと自負しております!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

この最終ベスハメもプロセスは、BESTBUYと同じですが、2021年2月11日時点での成績は下記の通りです!

14R配信し、5-3-3-3の成績であり、数値化すると下記の通り。

勝率36%、複勝率79%、単勝回収率200%

地味にいい予想できていると思いますし、どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!