【日本ダービー2018】”東京優駿”予想に向けた全頭分析【全頭分析編】

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

日曜日には、傾向分析を実施しましたが、本日は日本ダービー的中に向けて全頭分析を実施します。やりすぎかというくらい分析してますが、しっかりと的中に向けて研究したいですね!

詳細な分析点は、下記ブログの通り、傾向に合っている馬であるのかということについて分析したいです。

競馬の祭典日本ダービーを勝つための傾向分析

レースの展開等を踏まえた予想については、枠順発表後に更新予定です。それでは、全頭紹介します!めっちゃ時間かかりましたので、注目馬だけ確認したいという方は、下記ブログランキングで馬名チェックください。プロセスを知りたい方は、お手数ですが、ブログを読んで頂ければ幸甚です。

①天栄仕上げの注目馬 下記ブログランキング(B)です。


最強競馬ブログランキングへ

②しがらき仕上げの注目馬 下記ブログランキング(B)です。


中央競馬ランキング

PR 競馬セブン


競馬セブンでは社台系出走馬の情報は勿論、出走馬全頭の関係者情報も入手できる情報網があり、全頭の厩舎情報および追い切り評価など馬券に直結する内部情報を入手可能。公にはならない関係者情報は馬券に直結する裏ネタばかり。今年の日本ダービーもお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ダービー・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■第85回 日本ダービー(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
日本ダービーを3点で獲れなければ
    2018年有馬記念までの
  全GIを無料配信いたします

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

日本ダービー2018 全頭分析

アドマイヤアルバ

父ハーツクライはトニービン、母系は、ストームキャットでありダービーの好走血統であることがわかります。アドマイヤアルバについては、前走の京都新聞杯の内容が前傾ラップでタフなレースである中での勝利でしたので、末脚の切れ味勝負というよりは持続力勝負になる想定では面白そう。超スローペースの場合は少し厳しいでしょう。

エタリオウ

父ステイゴールド、母系にストームキャット、ダンジグ、リファー等のダービー好走血統の1つ。青葉賞2着であり、能力的には厳しいかもしれません。青葉賞でのレースタイムは非常に優秀な時計でありますが、エタリオウについては、ダービーで必要な加速を続けるレースではなく、先行からの粘り込みで2着になっていることがラップを見ても明らかですし、少し厳しいのではないかと考えております。

エポカドーロ

皐月賞馬。唯一のトリプルクラウン挑戦馬です。父オルフェーヴルはSS系、母系にはミルリーフがあるもののダービー血統とは言いにくいです。皐月賞は騎手の好騎乗と荒れた馬場での開催であるため、参考外。末脚勝負になり時計も高速時計ですのでどうかというところです。

オウケンムーン

父オウケンブルースリ、母系はストームバード等の欧州スタミナ系。父系のトニービンはいいのですが、あまりにも欧州スタミナ血統が多いので、スピード勝負になるとどうかというところです。共同通信杯も上がりは最速ではなく位置どりとセンスで勝利しておりますし、どうでしょうか。展開想定の中で前傾ラップの非常にタフなレースになる予想では無視はできない存在になりますが、例年の傾向でいえば厳しいかもしれません。

キタノコマンドール

血統的には、ディープインパクト×キングカメハメハは、日本の主流血統。このレースに挑む為の馬といっても過言ではありません。しかしながら、ダービーで必要なのは、サンデーサイレンスあるいはキングマンボとプラスαでグレイソヴリンやニジンスキーが欲しいところです。レースとしては、新馬戦と2戦目が優秀。ダービーといえばこのような末脚自慢が台頭しますので無視はできないでしょう。

グレイル

父ハーツクライ、母系にダンジグのダービー血統でありますが、坂のあるコースで途端に末脚が鈍っておりますのでどうでしょうか。

コズミックフォース

父キングカメハメハですが、母系に1パンチ欲しいところです。切れ味勝負となったすみれステークスでもキタノコマンドールに置いていかれましたし、ダービーで勝てるかというと少し疑問です。前走も末脚としては、2着のブレスステイキングの方が0秒6速いので、ダービー向きではないかもしれません。

ゴーフォーザサミット

父ハーツクライ、母系は、ストームキャットであり近年のダービー好走血統です。青葉賞馬であり、エタリオウよりも内容がよく今年のダービー2着馬は確定!?

サンリヴァル

父ルーラーシップ、母系はSSです。書いてて思いましたがルーラーシップは、すでにキングマンボとトニービンを持っており、母系にSSがあればダービー好走血統になります。サンリヴァルは母父にアグネスタキオンであり心持ち距離感が長いように思います。皐月賞も上がりのかかる展開であり、ダービーの展開で勝つことができるかどうかですね。

【S級美人UMAJOがプライベートショットや予想を配信中】

ジェネラーレウーノ

数々のダービー馬を生み出した皐月賞3着馬です。皐月賞で本命にしたのですが、上がりのかかる前傾レースであれば買いという根拠でした。流石にあの展開にはならないのではないかと思いますので、軽視でしょうか。血統的には、父の母がSSであり、母系にはダンジグ、ストームキャット、ニジンスキーとダービー好走血統が目白押し。スピードという点で少し父系に一押しが欲しいですが、非常にいい血統ではないかと思います。

ジャンダルム

父系が欧州スタミナ系の馬で好走したのは過去10年でもサトノクラウン、アポロソニックのみで勝ち馬は0です。母系にはSSとダンジグがありますので、0点ではありませんが、中々厳しそうです。

ステイフーリッシュ

父ステイゴールドに母系がキングカメハメハ。ニジンスキーやダンジグやグレイソヴリンがなく、どちらかというと皐月賞向きですね。前走も内容としては2着馬の方がダービー向きでした。センスの良さでどこまで。

ステルヴィオ

悩ましい1頭です。血統的には、父はアーモンドアイで2400mを早速制覇したキングマンボ系のロードカナロア。ロードカナロアの母系にはストームキャットもありますし、ダービーの条件であるSSの血も母系にあり、ダービー好走血統とはいえそうですが、1パンチ足りない印象。母父のファルヴラブがどうしてもマイルよりに働くのでどうかなというところです。但し、この馬が繰り出す末脚は、すべてダービーに求められる条件に合致しております。皐月賞では、上がり5ハロンでメンバー最速の58秒8、上がり3ハロンもメンバー最速タイの34秒8。通ったコースを含めて最も厳しい位置どりからの4着ですので評価せざるを得ません。皐月賞の馬場であの競馬をできるのであれば距離の不安は不要かも?スプリングSも唯一加速ラップを刻み続けて差し切った内容は素晴らしいの一言ですし、決め手が重視されるレースなのであればこの馬は無視できません。

タイムフライヤー

G1馬タイムフライヤー。血統的には、父ハーツクライ、母系にはロベルト、リファード等近年のダービー好走傾向に合致します。前走は最内が最悪でしたが、今回は広いコースになりますし、距離延長は間違いなくプラス。好走しているレースがタフな上がりのかかる前傾ラップが多い為、そういうレースになると踏まえるのであれば大きく見直しても良さそうな1頭です。

ダノンプレミアム

この世代の大本命で無敗の馬です。血統的に父は大正義ディープインパクト、母系にロベルトかつダンジグのダービー血統。近年、父がSSで母系にダンジグとロベルト持ちがダービーで好走することが多いですし、ディープインパクト産駒なら尚更血統的にはグッドです。高速馬場の日本ダービーで、この馬のスピードは重要でしょう。ケチをつけるとすれば、ダービーはやはり先行押し切りではなく末脚勝負になりますので、2400mの距離を目標にされ続け、最後の最後まで脚が持つのかという点には不安点はあります。馬体的にも胴の詰まり方がすごいので弥生賞の時に軽視してしまったくらいです。この世代の牡馬に対しては負ける姿が思い浮かばないくらいにこれまで圧勝を続けているので、問題はないかもしれませんね。

テーオーエナジー

血統的にもローテーション的にも厳しいでしょう。

ブラストワンピース

この馬も注目馬ですね。注目を浴びたのは日本ダービーと同舞台のゆりかもめ賞。走破時計2分27秒で2着につけた着順4馬身とダービーに進む馬であれば500万下クラスではこれくらいの勝ち方普通と思いますが、上がり3ハロンは、レースの上がりと比較して1秒4、上がり2位のドレークと比較しても0秒9速い凄まじい末脚でした。続く毎日杯では先行して上がり33秒9という隙のない競馬でNHKマイルカップ2着のギベオンに2馬身差で勝利。当然ダービーではこのように末脚の質を問われるレースですので、レース内容としては間違いなくダービー向き。血統的には父ハービンジャーがイマイチも血統表には、サンデーサイレンス、キングカメハメハ、ダンジグ、リファードのダービーに必要な血統は網羅されております。できればニジンスキーやトニービンがあれば良かったのですが、血統的にも減点はできない馬です。

ワグネリアン

前走で株を落としたワグネリアンを分析します。父ディープインパクト母父キングカメハメハの血統でありますがキタノコマンドール同様100点満点の血統評価をつけるには、プラスαでグレイソヴリンやニジンスキーが欲しいところですが減点要素は0でしょう。レース的にもワグネリアンは2歳時からとてつもない32秒6の末脚でデビュー戦を飾り、一気にダービー候補と言われた馬であり、東スポ杯で見せた末脚はどう見てもダービーを意識したものです。皐月賞も大外からの競馬で昨年のスワーヴリチャードのようにダービーを意識した競馬ではないかと想定されます。ローテーション的にも王道で進めていますし、坂路調教でも意欲的に攻めれていることやマイル戦を使っていないこともいかにもダービー仕様。

 日本ダービー2018 外厩仕上げ馬

昨年は、ノーザンファーム天栄・しがらき仕上げの馬が1・2フィニッシュであったので今年も見過ごすことができません!

ノーザンファーム天栄

・ジェネラーレウーノ

・もう1頭は下記ブログランキング(B)で紹介中。人気どころの中では、この馬だけです!


最強競馬ブログランキングへ

ノーザンファームしがらき

しがらき仕上げは1頭のみ!下記ブログランキング(B)で紹介中です。


中央競馬ランキング

 
 
ブログでは、一部の情報公開となっておりますがBESTBUY検討委員会では、誰でも見れるブログでは伝えきれない情報まで全て配信しております。
特に勝負レースについてはBESTBUY検討委員会でのみ配信となります!

現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!

オンラインサロン機能を活かして、勝負レースを導くプロセスを多方面から学べるコンテンツとなっておりますし、馬券バトルを初めとして多数の企画も実施しております。

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

LINE登録はこちらから!