• HOME
  • Home
  • 予想 , 海外競馬
  • 【海外競馬予想】ドバイワールドカップデー2018予想&傾向と対策【シーマクラシック、ターフ、ゴールデンシャヒーン】

【海外競馬予想】ドバイワールドカップデー2018予想&傾向と対策【シーマクラシック、ターフ、ゴールデンシャヒーン】

【PR】外厩情報を無料でゲットするにはこちら

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

枠順も発表されましたし、ドバイワールドカップデーの予想をアップしていきたいと思います。桜も見頃ですし、大阪杯もありますし、今週は大忙しですね!

ドバイワールドカップデーでは、

・ドバイゴールデンシャヒーン

・ドバイシーマクラシック

・ドバイターフ

・ドバイワールドカップ

上記の4レースを予想予定です。

K-BA LIFEでは、海外競馬についても傾向分析をしておりますので、昨年も穴馬を的中することができました。

今年も下記のブログ記事を参考に傾向に沿った予想展開をしたいと思います。

【海外競馬予想】ドバイシーマクラシック傾向と対策

【海外競馬予想】ドバイターフ傾向と対策

【海外競馬予想】ドバイワールドカップの傾向と対策

大阪杯は、下記のブログで事前分析を実施済みです。

【大阪杯2018】傾向分析&事前予想【豪華メンバー】

それでは、ドバイワールドカップデーの予想をしていきたいと思います。馬券については、Twitterでアップ予定です。

PR from 暴露王

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

   第62回 大阪杯(GI)

新聞の印に惑わされたくない方へ
  【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

  →ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

▼最近も凄穴◎・激走○で高額的中続出!▼

3月11日 阪神11R
『第52回フィリーズR』
◎リバティハイツ
(8人気・単勝22.3倍)
△アンコールプリュ(2人)
△デルニエオール(5人)
3連複  9140円
馬 単  9680円
━━━━━━━━━━━
 →今週限定の買い目を入手!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『大阪杯(GI)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
  【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・大阪杯

━━━━━━━━━━━━━━━

ドバイの馬場について整理

ドバイワールドカップデーの予想を前に、ドバイのメイダン競馬場の馬場について紹介したいと思います。

ドバイの芝は、香港の芝と同様に暖地型の芝をベースとして寒地型の芝をオーバーシードした作りとなっております。この馬場は、芝の長さも日本や香港と同様で、硬くスピードが出やすい馬場であり、欧州の芝とは異なるつくりです。その為、過去の日本馬は、香港国際競争と同様に、ドバイの芝レースで非常にいい成績をあげております。

一方でドバイのダートは、日本と全く異なるダートです。日本でいう砂よりも細かい粒子の比率が高く、時計も日本とは全く逆で、良馬場なら馬場が硬く、時計が速くなり、不良に近くにつれて時計がかかるようになるダートです。さらに日本のダートは、砂の厚さを9cmに揃えられておりますが、ドバイのダートは、砂の厚さが40cmと非常に砂厚が分厚いコースです。これはダート大国のアメリカ馬の参戦を意識したものということで有名な話で、雨の少ないアメリカの馬場と似ていると言われております。

ドバイゴールデンシャヒーン2018 予想

ドバイゴールデンシャヒーンは、ダート1200mでBCスプリントと並び賞金2億円を超える超高額賞金レースです。

コースとしては、1ターンの左回りコースであり、中京競馬のダートスプリントレースと似ています。1ターンの競馬場である為、基本的には先行勢が有利でありますが、馬場が重くなると途端に差しが決まるようになります。

時計面の考察

時計としてはドバイのスプリントはとにかく速いです。メイダンのダートで開催されるようになった2015年以降3年とも1分10秒台での決着です。

似たようなコースの中京競馬場ダート1200mの平均的な勝ち時計ば1分12秒であることを考えると非常に時計の速い硬いダートであることがわかります。

血統面の考察

2015年以降の勝ち馬の血統は、下記です。

【PR】サラブレ/Gallopを最も安く読むには楽天マガジン

2015年:父ミスプロ系 母父ノーザンダンサー系

2016年:父ダンジグ系、母父ノーザンダンサー系

2017年:父デピュティミニスター系、母父デピュティミニスター系

目立つのはノーザンダンサーを代表とする欧州スタミナ血統です。ちなみに、2〜3着の馬を見てもダンジグの血が目立っております。ある程度スピードを求められるダートについてはこの血統がいいのかもしれません。

ドバイゴールデンシャヒーン 予想

血統的に攻めたいと思います。

欧州スタミナ血統およびダンジグの血に注目すると、下記馬に注目しております。

・エックスワイジェット

・シロング

・マイキャッチ

・ジョーダンスポート

これらの中でも、持ち時計やドバイのダート適性を考慮した予想としております。ロイエイチは前走も楽勝でしたし、ここでもダントツ人気になるのでしょうが、ロイエイチ以外の本命馬を選びました。海外競馬の情報をいっぱい分析して◎ロイエイチって熱く語る予想に価値はないと勝手に思っているからです。

◎下記ブログランキングで紹介中!

血統としても好走パターンに当てはまりますし、米国のような高速ダートに適正もあり、勢い・もち時計ともに抜群です。昨年のレースを見れば外枠が有利?というような感じではありましたが、基本的にタイトなコーナーでありますし、内枠有利でしょう。ここでは本命とさせていただきます。


最強競馬ブログランキングへ

◯ロイエイチ

▲ジョーダンスポート

△マインドユアビスケット

ドバイターフ2018 予想

ドバイターフは日本馬がよく勝利するレースの一つです。先ほども説明した通り、ドバイの芝は日本や香港に似た馬場でありますので、スピードをもつ日本血統がとにかく強いですから期待したいですね。但し、日本と比較して軽いかといわれるとNoであるため、ある程度日本よりも時計のかかるコースであることを意識したいです。

ドバイターフは、瞬発力を求められるレースです。スタートしてすぐにコーナーがあるコースでありますが、基本的には1ターンのコースです。リアルスティールの勝利したレースのラップを見ると、13.1-11.6-11.9-11.2-11.7となっていることから、スタート直後はスローで、淀みのないペースで進み、4コーナーを回ってから瞬発力勝負になるようなレースとなっておりますので、やはり直線での瞬発力が問われています。血統的には、SS系に加えて母系にノーザンダンサーやミスプロの血統があるのがいいですね。詳細は、下記ブログでどうぞ。

【海外競馬予想】ドバイターフ傾向と対策

◎下記ブログランキングで紹介中!

どうしても期待したいのはこの馬。久しぶりのほうがいいのはこれまでのレースでも一目瞭然ですし、1ターンのコースでこそ本領発揮してくれるでしょう。


中央競馬ランキング

◯ヴィブロス

▲ランカスターボンバー

△ディアドラ

注トレスフリュオール

ドバイシーマクラシック2018 予想

ドバイの芝レース最高峰のレースです。日本からもレイデオロ、サトノクラウン、モズカッチャンとG1馬が集結。これは楽しみなレースですね。

詳細な傾向分析は、下記記事です。

【海外競馬予想】ドバイシーマクラシック傾向と対策

コーナーが多いので内枠が有利でしょうし、ジェンティルドンナのレースを見ても内がごった返して、しっかりと捌いて抜け出せる馬がどうしてもいいと思います。

そういう意味でも本命馬は妙味を込めてこちらの馬にします。血統的にもミスプロの血はいい成績が多いですからね!前走よりも少し上がりがかかる馬場でありますし、いい方向に向いてもらえれば一発あるのではと思います。

◎下記ブログランキングで紹介中。


最強競馬ブログランキングへ

◯サトノクラウン

▲レイデオロ

△クロスオブスターズ

ドバイワールドカップ2018 予想

ドバイワールドカップの傾向はわかりやすいですね。世界でも有数のオイルマネーレース。傾向は下記で紹介しております。

【海外競馬予想】ドバイワールドカップの傾向と対策

ポイントは、ものすごく時計が速いダートレースであり、なおかつミスプロの血統が大爆発するレースです。狙いたい馬は、この馬一択?!

昨年のアロゲートはまさかの出遅れからのポツンでとんだかな~と思っていたら圧巻の追い込みさく裂。震えました。今年はアロゲートやガンランナーが引退したので、王者不在のムードですが、今年はどうでしょうか。タリスマニックがダートをこなせないのであれば、どうみてもウエストコースト一択のような感じはしますが、ノースアメリカが邪魔することを考えたり、いろいろ考えた結果が下記です。

◎ミスプロの血が騒ぎますよね。下記ブログランキングで紹介中!


中央競馬ランキング

◯ウエストコースト

▲フォーエバーアンブライドルド

△ノースアメリカ

以上です!