【福島記念2019】福島記念を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

【PR】外厩情報を無料でゲットするにはこちら

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

福島の祭典といえば七夕賞と福島記念ではないでしょうか!?

同日にあるエリザベス女王杯については下記で既に分析済みですので、そちらもよろしくお願い致します。

エリザベス女王杯を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

G1の裏開催とはいえ、福島は既に大根おろし様の力により全国区。福島競馬場に大根おろし様と競馬してきた映像をどうぞ!

そして、この福島記念で開催される福島競馬のコース分析を下記で実施しておりますので、そちらについてもどうぞ!

福島競馬場を攻略する為の傾向と対策

福島記念2019 特別登録馬

ハンデ重賞なのでハンデについては注目しておきましょうね!トップハンデはミッキースワロー、次にステイフーリッシュと最近調子のいい2頭ですね!

 

馬名 斤量
アウトライアーズ 54 ヴィクトワールピサ
アドマイヤジャスタ 53 ジャスタウェイ
アメリカズカップ 55 マンハッタンカフェ
アロハリリー 54 ハーツクライ
ウインイクシード 54 マンハッタンカフェ
カンタービレ 55 ディープインパクト
クレッシェンドラヴ 55 ステイゴールド
ゴールドサーベラス 54 スクリーンヒーロー
ステイフーリッシュ 57.5 ステイゴールド
デンコウアンジュ 55 メイショウサムソン
トーセンガーネット 50 アグネスデジタル
ナイトオブナイツ 56 ハービンジャー
フローレスマジック 53 ディープインパクト
マイネルサージュ 55 ハービンジャー
マイネルサーパス 53 アイルハヴアナザー
マイネルファンロン 55 ステイゴールド
ミッキースワロー 58.5 トーセンホマレボシ
メートルダール 56 ゼンノロブロイ
リリックドラマ 52 ステイゴールド
ルミナスウォリアー 56 メイショウサムソン
レイホーロマンス 51 ハービンジャー
レッドローゼス 56 ステイゴールド
ロードヴァンドール 55 ダイワメジャー

福島記念2019 外厩情報

近年の競馬は外厩なしには語れません。クラシックは当然全馬外厩仕上げ、天皇賞・秋も当然のように天栄仕上げのアーモンドアイ、ジャパンCの仮登録はほとんどノーザンファーム生産馬でした。

【PR】サラブレ/Gallopを最も安く読むには楽天マガジン

そんな外厩仕上げの武蔵野S出走馬を調べたい場合は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますのでそちらで外厩情報が確認できますので、是非ご参照ください。また、エリザベス女王杯やそれ以外の全レースの外厩情報がございますので是非登録いただければと思います。

福島記念を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

前傾ラップの福島記念

福島記念を予想する時には福島2000mのキャラを把握する必要がありますので、コースとラップの分析をします。

スタンド前のポケットからスタートである為、スタートから最初のコーナーまでの距離が長く、テンの3ハロンが速くなる傾向があり、過去10年間中7回が前傾ラップです。

また、福島競馬場の芝コースの注目はなんといってもスパイラルカーブかつ下り坂の4コーナーでしょう。このコーナーの影響でどうしても前が有利な展開になります。データとしても先行馬が過去10年で7勝、逃げ馬が1勝と完全に前有利のコースです。開幕前半という助けがありますが、とにかく前への意識が強くなるレースでしょう。

スパイラルカーブの下り坂の後には、直線平坦なので前が有利であるという騎手心理が働き、前目の意識が強くなるのでしょうが、2000m戦でコーナー4つのコースなので、ある程度はペースが緩み、逃げ・先行有利になるのでしょう。

一方でスパイラルカーブを最速の脚で曲がれる馬の複勝率は72%。下り坂でのコーナリングがうまく前目でいい脚を使える馬を探すことが重要になるのですが、これは先ほどのデータと少し相反しております。逃げ、先行馬が多数勝利しているのですが、上がり最速馬が馬券になる確率が7割ということは、前にいる馬は既にポジションの差とスパイラルカーブの下り坂で加速をつけて直線で勝負を決している状態ですが、上がり最速馬は残り600mから絶望的なポジションから最後ギリギリ3着まで持ってくるというパターンが多いです。

色々なこと言いましたが、前傾ラップである程度タフな流れになるといってもコースや馬場的には前が有利なんですね。

圧倒的内枠有利なハンデ重賞

この福島記念の特徴は上記の通りで前傾ラップかつ直線では半分くらい勝負が決まっている開幕馬場ということです。そうなると枠もハンデも特色が出てきます。

上記の通りで、6〜8枠は勝ち馬がいない状況で連対率も絶望的です。一方で1〜4枠で実に8勝。もはやこの開幕の福島コースは内枠天国といってもいいでしょう。

さらにハンデも見逃せません。

トップハンデ馬は大体57.5~59kgになりますし、そこまで成績がよくないのが気になりますね。

血統的にはグレイソヴリンとロベルトに注目

福島記念は前傾ラップの上がりがかかる中距離です。上がりのかかる中距離レースで非常に相性がいいのがロベルトとグレイソヴリンです。上がりがかかる持久力勝負であることからもグレイソヴリンの血統がよく来るレースでも知られております。また、近年はロベルトの血統もよく馬券内に突っ込んできております。この3つの好走血統がどの程度好走しているか見ていきましょう。

グレイソヴリン

2017年 ウインブライト

2016年 ダイワドレッサー

2014年 メイショウナルト

2013年 ダイワファルコン

2013年 ダイワファルコン、ダコール

2010年 トウショウシロッコ

2009年 サニーサンデー、トウショウシロッコ、

ロベルト

2018年 エアアンセム

2016年 マルターズアポジー、ゼーヴィント、

2015年 ヤマカツエース、ミトラ

2014年 ミトラ

上記のように、グレイソヴリンとロベルト大正義といったところでしょうか。

この通り、血統的にはロベルトとグレイソヴリンに注目して予想しましょう!

福島記念2019 事前予想

福島記念での事前注目馬をピックアップしたいと思います。

まずは、グレイソヴリンかロベルト持ちをピックアップします。

・アドマイヤジャスタ

・アロハリリー

・ゴールドサーベラス

・ステイフーリッシュ

・マイネルサーパス

・マイネルファンロン

・ミッキスワロー

・メートルダール

上記になります。上記の中で先行実績があるのがアロハリリー、マイネルサーパス、マイネルファンロン、メートルダールの4頭になります。上記の中で1頭ピックアップしますが、非常にいい馬がいます。

マイネルサーパスです。

マイネルサーパスは福島成績で、1-1-0-0。前回の福島での競馬においても馬場が全く向かない中でもしっかりと2着を確保。さらにハンデも非常に恵まれており、何より血統的にグレイソヴリンとロベルトを持つ中々の完璧っぷり。ここは自信の一択でしょう。