【競馬の参考書】きさらぎ賞の傾向と対策【事前予想とおまけ情報もあり!】

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

明日からの仕事を忘れるために、きさらぎ賞の傾向と対策をまとめてみたいと思います。

 

きさらぎ賞 特別登録馬

馬名

母父

アメリカズカップ

マンハッタンカフェ

Coronado’s Quest

エスピリトゥオーゾ

ダイワメジャー

フォーティナイナー

サトノアーサー

ディープインパクト

Redoute’s Choice

スズカメジャー

ダイワメジャー

クロフネ

タガノアシュラ

マンハッタンカフェ

パラダイスクリーク

ダンビュライト

ルーラーシップ

サンデーサイレンス

プラチナヴォイス

エンパイアメーカー

マンハッタンカフェ

ベルエスメラルダ

カジノドライヴ

ブライアンズタイム

マテラレックス

ルーラーシップ

フジキセキ

ムーヴザワールド

ディープインパクト

Sadler’s Wells

ワンダープチュック

ハーツクライ

Storm Cat

 

きさらぎ賞の傾向

京都芝1800mのきさらぎ賞コースの傾向を説明します。

 

種牡馬

このコースでは、ディープインパクト産駒、マンハッタンカフェ産駒の独壇場ですが、エンパイアメーカー産駒にも注目です。

種牡馬

着別度数

勝率

ディープインパクト

 37- 29- 22-149/237

15.60%

マンハッタンカフェ

 15-  6-  8- 53/ 82

18.30%

ハーツクライ

  7-  8- 14- 70/ 99

7.10%

エンパイアメーカー

  6-  6-  2- 14/ 28

21.40%

ダイワメジャー

  4-  6-  4- 29/ 43

9.30%

ルーラーシップ

  0-  2-  1- 11/ 14

0.00%

カジノドライヴ

  0-  0-  0-  4/  4

0.00%

 

一方で、きさらぎ賞の過去10年間の種牡馬成績は、下記です。

種牡馬

着別度数

ディープインパクト

 4- 3- 2- 6/15

ホワイトマズル

 1- 2- 0- 0/ 3

スペシャルウィーク

 1- 1- 0- 3/ 5

アグネスタキオン

 1- 0- 1- 2/ 4

マンハッタンカフェ

 1- 0- 0- 4/ 5

ネオユニヴァース

 1- 0- 0- 2/ 3

フジキセキ

 1- 0- 0- 0/ 1

完全にSS系です。条件戦などでは、エンパイアメーカーなども太刀打ちできますが、3歳重賞では完成度の差でSS系には勝てないイメージです。

母系は、ノーザンダンサーやミスプロなどが主流でした。

 

脚質

脚質

着別度数

逃げ

  2-  3-  0-  5/ 10

先行

  4-  3-  2- 28/ 37

中団

  4-  0-  5- 18/ 27

後方

  0-  4-  3- 22/ 29

追い込みでは少し厳しい印象。京都外回りですので逃げは難しいものの平坦コースであることから前目が有利。

過去のきさらぎ賞のペースを見てみると、前半5Fが1分を切ることは過去10年間で2回。比較的瞬発力勝負になることが多いことがわかります。

日付

馬場

1着

上り

3F

5F

5F

07年

アサクサキングス

35

61.7

59.5

08年

レインボーペガサス

34.7

60.8

60.2

09年

リーチザクラウン

35

61.7

59.8

10年

ネオヴァンドーム

34.6

60.4

61

11年

トーセンラー

33.4

60.2

59.9

12年

ワールドエース

33

61.7

58

13年

タマモベストプレイ

34.3

62.2

59.3

14年

トーセンスターダム

34.7

59.9

60.2

15年

ルージュバック

34.4

61.6

59.7

16年

サトノダイヤモンド

34.2

59.8

59.4

 

きさらぎ賞の対策

上記の基本的なデータからきさらぎ賞の対策を練っていきます。

サンデー系が優勢に加えて、エンパイアメーカー産駒をリストアップします。

馬名

アメリカズカップ

マンハッタンカフェ

エスピリトゥオーゾ

ダイワメジャー

サトノアーサー

ディープインパクト

スズカメジャー

ダイワメジャー

タガノアシュラ

マンハッタンカフェ

プラチナヴォイス

エンパイアメーカー

ムーヴザワールド

ディープインパクト

ワンダープチュック

ハーツクライ

 

多すぎでした。次に脚質と展開面を考えます。

展開的には、逃げ馬は、タガノアシュラとベルエスメラルダですが、そこまで速い時計にはならないと考えられます。

タガノアシュラは出遅れることが多いですし、ベルエスメラルダはダートから芝代わりですので、スピード的にそこまでです。

さらに少頭数の外回りであるため、ゆっくりとした流れとなる可能性が高いです。

そのため、例年通りの瞬発力勝負になると想定し、逃げと追い込みの脚質は嫌いたいです。

 

そうすると有力馬は、下記。

馬名

アメリカズカップ

エスピリトゥオーゾ

サトノアーサー

スズカメジャー

プラチナヴォイス

ムーヴザワールド

 

中でも、上がり3Fの格としては、順番に

 

前走が異次元の末脚であったサトノアーサー、

新馬戦上がり1位、東スポ杯2位のムーヴザワールド、

野路菊Sでいい末脚を使えたアメリカンズカップ、

荻ステークス上がり1位のプラチナヴォイス

 

これら4頭の争いになると考えます。

 

きさらぎ賞の予想

◎ムーヴザワールド

○サトノアーサー

▲アメリカンズカップ

△プラチナヴォイス

 

サトノアーサーは、まだ重賞でのレベルの高いレースで対戦したことがないことがマイナス。

レースレベルが上がりメンバーも強化された中でも前走のような末脚を出せるかは不明。

そのため、本命には、重賞経験もあり、ディープインパクト産駒という血統的なメリットと上がり3ハロンも常に上位の瞬発力を持つ

ムーヴザワールドを本命としたいと思います。

 

おまけ

サトノアーサーが2歳戦で上がり3ハロン32秒を前走叩き出して、騒がれていますが、

他にも2歳戦で32秒台を記録した馬が、4頭います。知らない人は、下記バナーをクリックして紹介文より。


競馬コラムランキングへ

 

【S級美人UMAJOがプライベートショットや予想を配信中】
 
 
ブログでは、一部の情報公開となっておりますがBESTBUY検討委員会では、誰でも見れるブログでは伝えきれない情報まで全て配信しております。
特に勝負レースについてはBESTBUY検討委員会でのみ配信となります!

現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!

オンラインサロン機能を活かして、勝負レースを導くプロセスを多方面から学べるコンテンツとなっておりますし、馬券バトルを初めとして多数の企画も実施しております。

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

LINE登録はこちらから!