【G1予想】秋華賞の傾向と対策【京都2000mの傾向】

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

春の女王シンハライト、メジャーエンブレムが離脱し、桜花賞馬が前哨戦で大敗。

今年の秋華賞は、大混戦の様相です。

差がないのであれば、京都2000mの適正があり、実力差を埋めれる穴馬扱いの馬の台頭が期待されます。

枠順の発表がまだですので、本日段階では、傾向と対策を伝えるに留めますが、意識する点を共有したいと思います。

 

レース展開と血統とローテーションから傾向と対策を打っていきたいと思います。

 

秋華賞のレース展開の傾向

秋華賞は、

①開幕二週目の京都開催ということ

②京都内回り2000mの為、1コーナーまでの距離が短く先行馬のポジション争いのため、ペースが速くなること

この二点から前半1000mのペースが異常に速くなり、差し、追込み馬が台頭かつ持続力勝負になりがちなレースです。

秋華賞傾向と対策 位置どり

過去10年分くらいのデータを見ると、ジェンティルドンナの勝利した秋華賞以外は、前半58秒台の超ハイペース。

さらに後半は60秒前後の平均ペース。これらから1分58秒前後の速い時計がバンバンでるのが秋華賞です。

近年の高速化は顕著であり、去年は1分56秒台、一昨年は1分57秒台と、三才牝馬が出す時計ではないような高速決着となっています。

高速馬場とコース形状の二点からも例外なく、今年も超高速時計の1分57秒程度をベースに予想を組みたてたいと思います。

超高速時計で、コーナー4つ、差し馬が台頭ということを考えると、次に意識するのは血統です。

 

秋華賞の血統

Targetにて確認したところ、種牡馬別成績は下記です。

秋華賞血統

2011年以降クラシックに出走し始めたというのに、ディープインパクトが活躍しすぎですよね。

血統的には、10年間の馬券内にきた馬の血統を見ると顕著な傾向があります。

 

父がサンデーサイレンス系、母系はノーザンダンサーの血という点です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-13-20-25-38

超高速時計の前傾ラップの持久力勝負となると注目はサンデーのスピードとノーザンダンサーのスタミナですね。

特にディープインパクト産駒が出走を始めてから今まで、ディープ産駒は、初年度産駒以外全ての秋華賞で馬券内にきており、過去5年で3勝と大暴れです。

勝ち馬の母系は、ノーザンダンサー系が主流です。ノーザンダンサー系でもヌレイエフやダンチヒといった支流血統に注目が必要です。

 

このサンデー系とノーザンダンサー系の代表的な例で言いますと、

父ディープ、母父ノーザンダンサー系に該当するのは、ミッキークイーン、ショウナンパンドラ、スマートレイアー、ジェンティルドンナになり、父をサンデー系に拡大するとヌーヴォレコルト、クイーンズリングとなります。

その他の注目血統は、穴馬をよく持ってくるミスプローとサンデーの組み合わせです。

近年では、マキシマムドパリ、タガノエトワール、ヴィルシーナ、アロマティコ、キョウワジャンヌが馬券内にきています。

 

注目すべきは、とにかく父ディープと母父ノーザンダンサー系です。シンハライトはバッチリ該当していたので本当に惜しいです。

 

ローテーションから見る秋華賞の傾向と対策

展開も読めて、血統の傾向が見れたら、状態の良さをローテーションから読むしかないです。

 

ここ数年の秋華賞はとにかくローズS組の実績ある馬が好調です。

秋華賞ローテーション

マイラーにはやはり2000mは厳しいので、ローテーションからも長い距離のレースをステップにした馬の方が有利で、マイラー適正の強い馬は、秋華賞特有の持続力勝負は厳しいのだと思います。

 

さらに、2000mから2400m実績のある馬については、穴をよくあけることもありますので、そういう意味では、距離実績のあるオークス上位馬や忘れな草賞組なども抑えておいて損はないと思います。

 

本日段階での気になる馬

血統と距離適性から下記2頭を推奨します。

ヴィブロス

パーシーズベスト

 

 

K-BA LIFEで競馬を楽しむ!!

 
 
◆BEST BUYを読み放題!バイブレーション競馬
 
K-BA LIFEが実際に購入するレースを厳選して配信しておりますバイブレーション競馬を会員様は読み放題です!
1頭に対して1小説くらいの物語を綴っている自己満コンテンツで有名なBESTBUYや重賞の完全予想、他の勝負レースまで紹介しています。
 
 ①BESTBUY
  当日の勝負レースです!単勝回収率は3年連続100%超え!
 
 ②重賞完全予想
  対抗以下の印と見解を記載しております。
 
 ③BETTER BUY
  BESTBUYにはいかずとも勝負レースです。
 
 ④その他人気しすぎですが買いたい馬リスト(頭固定狙い)
 
 ⑤その他穴すぎて勧めるのは忍びない馬リスト(複勝狙い)
 

◆競馬仲間と競馬を学ぶ!分科会制度

分科会では、競馬予想を深める為に、下記活動を実施しております!下記分科会で常に競馬で勝つための情報交換をしており、競馬仲間と深く学びたいという方のニーズにもお答えしますし、私も積極的に配信しております!馬場、展開、個性、必勝法に加えて、現在キル・ルメールの会も新たに構築しました。

◆皆で狂喜乱舞!!BESTBUY杯

このオンラインサロンの主目的は、全員が信念をもって勝負レースを発信できるようになることです。それを実現するために上記の分科会のアウトプットの場として、BESTBUY杯を毎月開催しております。このBESTBUY杯では、毎月優勝者には豪華景品も準備しておりますし、誰かの勝負レースで誰かが馬券を当てて、狂喜乱舞する。そして、その勝負レースの根拠で勉強して、また競馬が上手になる。そんな仕組みとなっております。入っていただければこの魅力に虜になるはずですので是非!

上記の他にも、復習コンテンツや重賞限定記事、K-BA LIFEのメモ帳等、オンラインサロンならではの仕掛けを多数発信しておりますので是非興味ある方は、現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!なので、ご参加頂ければ幸甚です。競馬予想のプロセスを学ぶにはいい環境だと自負しております!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

この最終ベスハメもプロセスは、BESTBUYと同じですが、2021年2月11日時点での成績は下記の通りです!

14R配信し、5-3-3-3の成績であり、数値化すると下記の通り。

勝率36%、複勝率79%、単勝回収率200%

地味にいい予想できていると思いますし、どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!