きさらぎ賞を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

きさらぎ賞を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

究極の切れ味勝負

京都1800はスタートしてコーナーまで900mありますので、ひたすら直線を走ることとなります。特に3歳ということもあって、スローペースになりやすい傾向があります。

コーナーを迎えると徐々に坂を上り、4コーナーへ向けて下り坂を下って、外回りの400mの直線へ。

つまりスローペースの上、コーナーから下りながら(加速しながら)、平坦の直線を迎えますので、物理的に前が止まりにくい傾向にあります。前が止まりにくいというよりも、そのままなだれ込むイメージですね。

そういうコースと流れでありながら、外回りコースの平坦コースであるので、究極の末脚勝負になります。

前走1位あるいは2位の末脚を持つ馬がこのレースでは圧倒的な成績です。過去5年の馬券になった馬の中でも15頭中14頭が該当します。

前走新馬戦の馬は軽視可

新馬戦からのローテーションで、人気になった馬はこのレースで馬券になった馬はサトノフェイバーを除いて1頭もいません。

出走頭数は16頭出走しておりますが、馬券になったのは1頭だけですので、そこまで甘いレースではないということがわかりますね。

ディープ×グレイソヴリンに注目

ディープインパクト産駒の活躍がとにかく目立ちます。過去の活躍をまとめてみました。

特にディープでもノーザンFでの育成馬の活躍が目立ちます。

2018 2着グローリーウェイズ

2017 2着サトノアーサー

2016 1着サトノダイヤモンド 2着レプランシュ 3着ロイカバード

2015 2着ポルトドートウィユ

2014 1着トーセンスターダム

これだけでは、全く面白くないと思いますので、もう一つ注目血統を紹介したいと思います。

京都外回りコースといえば、グレイソヴリンです。きさらぎ賞でもこの3年で、ラセット、ダンビュライト、レプランシュと3年連続馬券内にきておりますので注目したいです。今年のグレイソヴリン持ちは、エングレーバー、サンアップルトン、タガノディアマンテの3頭です。

 

【S級美人UMAJOがプライベートショットや予想を配信中】
 
 
ブログでは、一部の情報公開となっておりますがBESTBUY検討委員会では、誰でも見れるブログでは伝えきれない情報まで全て配信しております。
特に勝負レースについてはBESTBUY検討委員会でのみ配信となります!

現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!

オンラインサロン機能を活かして、勝負レースを導くプロセスを多方面から学べるコンテンツとなっておりますし、馬券バトルを初めとして多数の企画も実施しております。

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

LINE登録はこちらから!