【きさらぎ賞2020】最終予想&異常投票パトロール&日曜競馬の勝負レース

【PR】外厩情報を無料でゲットするにはこちら

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日はきさらぎ賞の最終予想と異常投票パトロール、そして日曜競馬の勝負レースを紹介したいと思います。きさらぎ賞については、絶対に知っておきたい3つのことで既に詳細分析は完了しておりますが、枠順もでたので再度予想を検討した結果がこちらの最終予想となります。東京新聞杯には別記事で既にアップしておりますので、東京新聞杯2020最終予想記事をご高覧頂ければと存じます。

土曜競馬もお疲れ様でした!土曜競馬では、勝負レースのBest Buyや皆様で検討頂いたBest Buyで大騒ぎしておりました。

個人的には勝負レースでトリガミしましたが、ブログでアップした注目馬で完全に捲ることができましたので本日もプラス回収で何とか折り返しできました!勝負レース等の詳細は、本記事最下段にてご説明しておりますので是非ご確認ください。

競馬って皆ですれば本当に面白いってことを再確認できた1日でした。この楽しみをオンラインとはいえ、毎週できるのは素晴らしい環境ですwそれでは、きさらぎ賞の最終予想と日曜競馬の勝負レースをどうぞ!

きさらぎ賞 予想

きさらぎ賞2020 最終予想

きさらぎ賞を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことで詳細については分析しておりますが、本記事でもおさらいします。

まず、きさらぎ賞が開催される京都1800はスタートして最初のコーナーまで900mあるワンターンのコースです。特に3歳ということもあって、スローペースになりやすい傾向があります。過去10年のラップを分析すると、前半5ハロンと後半5ハロンを比較すると1~2秒後傾ラップであることからも、前半1000mはゆっくり走り、後半800mのロングスパート戦なので、ある程度早いタイミングからスパートをかけてそのスピードが持続するレースになります。そういうレースになると、スタートしてからのスピードを持続するのではなく、後半のスパートとなる4ハロンの高い持続力が必要になりますおで、前走1位あるいは2位の上りを出した馬がこのレースでは圧倒的な成績です。過去5年の馬券になった馬の中でも15頭中13頭が該当しますので、末脚については重要な要素であることを理解しておきましょう。また、ロングスパート戦になりますので、緩んだペースですぱっと切れるような馬ではなく、1800m以上の距離でタフな流れでもいい脚を使った実績があったほうがいいですし、実際にもこの3年の連対馬は全部1800m以上の距離実績馬です。そのようなレースになると、経験値がものをいうので、新馬戦からのローテーションは軽視でよく、新馬戦からのローテーションで馬券になった馬は、過去10年で11頭出走してますが、馬券になったのはサトノフェイバーを除いて1頭もいません。血統的にはディープ産駒に加えて、母系の短距離血統に注目したいですし、特に短距離血統といえば例えばフォーティナイナーの血統の好走が目立ちます。

まとめると、きさらぎ賞のポイントは下記です。

・1800m以上実績馬の上り上位馬

・新馬戦勝ち馬は積極的に狙わない

・ディープ産駒または母系が短距離血統

上記を考慮すると、まず1800m以上で新馬戦からのローテーションではない馬は、アルジャンナとサトノゴールドの2頭のみとなります。8頭立てなので、印はこの2頭につけたいと思います。

◎アルジャンナ

間違いなく一番人気でしょうが、この馬から。大外枠といっても8頭立てなので全く心配不要ですし、今の京都は外差し馬場です。2000mの新馬戦は5頭立てのレースでしたが、上り最速で圧勝しました。ただ、このレースは全くの低レベルレース。この馬の真価は、次戦でしたね。前走はコントレイルに完敗でしたが、2歳代表牡馬を相手に5馬身差で負けてますが、自身も中身の濃い従来レコードタイムを更新する走りで走破し、3着馬には4馬身差をつけ、上り2位で走れていることからも力関係は世代屈指。きさらぎ賞で重要なタフなレース経験に、速い上りを持ち合わせております。

父ディープインパクトであり、このレース大得意なディープ産駒。母は米国の1400mのG1馬であることからもきさらぎ賞の重要血統である短距離血統に該当。この母父はコントレイルと同様のティズナウであり、今後もディープニックスとして流行りそうな血統ですし、注目したいですね。更に、アルジャンナは、きさらぎ賞で昨年のダノンチェイサーや過去にはサトノダイヤモンド、サトノアーサー、アッシュゴールド、トーセンスターダム、ワールドエース、オルフェーヴルと馬券になった馬多数で、非常にこのレースを得意とする厩舎です。また、池江厩舎でこのレースをステップにする馬はダービー目標である馬も多く、軽い走りでありますがこのレースを攻略し圧勝でもしようものなら、今後も注目できるでしょう。

○サトノゴールド

対抗はサトノゴールド。武豊騎手が新馬勝ちのギベルディに乗っているので空気扱いになっておりますが、この今の京都の時計のかからない、タフな上りのかかるレースであればぴったりでしょう。新馬戦、札幌2歳ステークス共に、上りがかかるタフな馬場の中で、上り最速を記録しているところは父親とそっくり。京都の1800mロングスパートは持続力勝負になりますし、札幌もコーナー距離が非常に長いので持続力勝負になりがちであることを考えると、十分狙えるでしょう。血統的にはダンチヒ持ちであり、きさらぎ賞好走血統の1つ。アルジャンナと購入してもちょっとした高配当メーカーになってくれるのではないかなと考えております。

異常投票パトロール

馬名単勝複勝
トゥルーヴィル 

10万,10万

10万

ギベルティ 20万,10万
グランレイ20万

10万,10万

10万,10万

10万

ストーンリッジ10万 
 アルジャンナ

20万,10万

10万,30万

30万,20万

20万,20万

29万,20万

40万

 

50万,50万 

28万,50万

100万,100万

30万,20万

70万

【PR】血統ウィナーズ

今週の重賞はきさらぎ賞&東京新聞杯!血統専門家予想で攻略しよう!
→東京新聞杯・きさらぎ賞週の情報を見に行く!
こちらからまずは無料情報でぜひ試してみてください!地方競馬も充実したコンテンツがあるので平日から楽しめますよ。

東京新聞杯 予想

東京新聞杯2020 最終予想

個人的には2択。過去の傾向にも合致しており、勝負気配も十分です。下記ブログで是非ご参照くださいませ。

異常投票パトロール

馬名単勝複勝
ヴァンドギャルド

10万,10万

10万

32万,20万

20万,50万

50万,10万

30万,10万

サトノアーサー20万10万
ケイデンスコール10万 
レッドヴェイロン20万,10万

16万,14万

10万,20万

60万,50万

10万,30万

18万

クリノガウディー 40万

異常投票パトロール

京都1R アサカディオネ

朝7時18分に単勝80万円投票発見!その30分後に複勝50万円も投票されていることから、なにかしらの情報が出回った!?

京都2R クールインパクト

0時に単勝29万円投票発見。間違いなく個人ですね。

京都8R ロードブレス

7時40分に単勝53万円、8時4分に単勝47万円とこの30分の間に合計100万円の売り上げ達成ですねw

京都9R レッドルゼル

6時1分に単勝30万円の投票を発見。

日曜競馬全レース 外厩情報

昨年のG1戦線はノーザンファーム一色。

有馬記念ではリスグラシューとサートゥルナーリアの1・2フィニッシュし、秋華賞から続くG1連勝を10とし、自身が持つ年間18勝の記録を上回る19勝目をマーク。ホープフルステークスでは勝ちこそノースヒルズのコントレイルに持って行かれましたが、2〜5着はノーザンファーム生産馬でした。このような桁違いの成績を誇るその理由の一つに外厩があることは間違いないでしょう。

ノーザンファーム生産馬はしがらきと天栄でリフレッシュすることも鍛えることもトレセン近場で実施できます。トレセン以上に勾配もある坂路で負荷をかけられているので仕上がりも早いですし、レースに使わずとも心肺能力を鍛えることができます。

そんなきさらぎ賞や東京新聞杯を含めた日曜競馬全レースの外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。

日曜勝負レースと注目馬

日曜競馬の注目馬と勝負レースを紹介したいと思います。まずは、注目馬を数頭紹介致します!

日曜競馬 注目馬

東京5R グランエクセレント 

前走はスタートで不利を受けても先行して4着。母系からも今の東京の馬場は合いますし初東京でも買い。

東京7R レオビヨンド

東京替りであれば買いたいですね。

京都8R モーニングサン

前走の加速ラップでの逃げの内容は非常によかったです。このレースができれば昇級でも。

日曜勝負レース”Best Buy”

今年のBEST BUY結果は下記のとおりです。コールドターキーは脚部不安でヤらずでしたが、まだまだ単勝回収値は401%と十分な結果です。

エアファンディタ 7.9倍1着

マイネルミュトス 7着

ダイワダグラス 9.5倍1着

タマモメイトウ 8.2倍1着

ペイシャキュウ 2着

ハトホル 9着

ナリタブレード 9.5倍1着

コールドターキー 15着

土曜日の勝負レースの結果は京都5Rでムジカが2着でした。勝ち馬はインを突き、ムジカは大外ぶん回しし直線では既に勝ち馬と5馬身差ありました。大外が伸びるとはいえそれでも厳しかったですし、何より京都の芝が今年始まって一番高速化していることに驚きを隠せませんでした。ムジカはある程度時計がかかることを想定していたのですが、仕方ないですね。色々いいましたが、日曜日の勝負レースの詳細見解を合わせたプレゼンについてはBEST BUY検討委員会で日曜日の8時~9時に紹介します!上記の注目馬以外の馬についても、3頭Best Buy候補いますので、Better Buyとして紹介予定です!おそらくBest Buyはその中でも一番オッズの付きそうな馬を狙い撃ちする予定です。

BEST BUY 検討委員会への入会はこちら

ここまで引っ張ってますが、この検討委員会では皆様が主役になります。

今月のBest Buy検討委員会ではみんなと一緒に競馬を楽しむ為に、2月は鍋は水炊き派、蟹派、すき焼き派と3チームに分かれて全員でBEST BUYを検討し、そして月次で単勝回収率1位のチームを決めます。単勝回収率1位のチームには、ギフトカードを含めた馬券バトルを翌月曜日の地方競馬最終レースを私が指定するので予想して頂きます。全員外れた場合は、次月にキャリーオーバーを予定してますので毎月楽しみながらBEST BUYを実践できる仕様になってます。

今回は、私と同様に2着になったムジカを選んだ水炊きチーム、京都10Rにて3着になったスマートリアンを選んだすき焼き派チーム、小倉12Rであわや逃げ切りの人気薄で5着のバカラクイーンを選んだ蟹派チームと非常にハイレベルな馬券バトルになっておりますので、日曜日も注目しております。

また、全チームと中の人が選んだ馬が一致したBEST BUYはMUST BUYとして全員で狂喜乱舞する勝負レースになりますので、いつか夢を見てます。詳細については下記にてご確認よろしくお願い申し上げます。

Best Buy検討委員会 コンテンツ

Best Buy検討委員会はこんな人にオススメ!

   

Best Buy検討委員会は、2月1日から配信スタートしてます。Best Buyを一緒に作りたいという方は参加をお願いいたします!

BEST BUY 検討委員会への入会はこちら