【アルゼンチン共和国杯2020予想】絶対に知っておきたい傾向と狙える穴馬

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日はアルゼンチン共和国杯2020の予想記事です。

予想前に、傾向の分析と狙える穴馬を分析したいと思いますので、是非ご参考に頂ければと存じます。

先週は天皇賞秋でアーモンドアイがとにかくお見事。私の本命馬であるダノンキングリーが鞍上もなぜかわからないというコメントがあったように不可解な敗退でしたし、とにかく無事でいてほしいですね。

シンボリルドルフの呪いを乗り越えたアーモンドアイの偉業も素晴らしく、ジャパンカップに是非出てきてほしい。

そして、決して自己条件とはいえない距離と流れを力だけで持ってきたクロノジェネシスとフィエールマンはとにかく強かったですね。

有馬記念ではこの2頭が盛り上げてくれそうで今から楽しみです。

それでは、今週はG1の中休みになりますので、重賞分析をしたいと思います。

本日はアルゼンチン共和国杯を分析し、買える穴馬を発掘したいと思いますので是非最後までご高覧ください。

アルゼンチン共和国杯を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

スタミナが求められるレース

アルゼンチン共和国杯は、東京2400mと比較して100m伸びるだけで上がりも1秒以上かかるレースになるので特徴をしっかりと押さえましょう。東京2500mは、最後の直線の坂の手前からスタートするので、急坂を2回越えなければならないコースです。そういう意味でも東京2400mのチャンピオンコースと同じレースをする場合は、非常にタフなレースになりますし、重賞級になればこの100mが馬に与える負荷はかなり大きく、上がり3ハロンも33秒台とはならずに34秒後半から35秒になります。ジョッキー心理としては、距離も長いですし、最後の長い直線に向けて構えることが多くなることからも、ラップバランスは、基本的には後傾ラップが多く、前半後半の5ハロンを比較すると後半5ハロンが1秒以上速くなることが過去5年あることからも基本的には5ハロンスパートの持続力勝負になり、上がりがかかります。2500mの距離で5ハロンのペースが速くなり、上がりが33秒を必要としないということはスタミナが求められます。このスタミナに注目して予想することが求められるのがこのレースになります。

過去10年のラップを見てみましょう。

レースラップを見て頂いてもわかります通り、基本的にスタートしてからゴールまで淡々としたラップになり、後半5ハロンから速くなるというレース。

前半1000mは緩いように見えますが、中間ラップがまったく緩まないレースになりますので、このコースは上がりがかかるスタミナの要求値が高くなります。

こういうレースは、G1のような極限の消耗戦になればよく生じるラップなので、スクリーンヒーロー、トーセンジョーダン、シュヴァルグラン、ゴールドアクター、スワーヴリチャードといったG1級の馬がこのレースをステップに出世しているのかなと思います。過去においても、阪神大賞典、ステイヤーズステークス、ダイヤモンドステークスといった長距離レースの実績馬であるパフォーマプロミス、シュヴァルグラン、アルバート、メイショウカドマツ、フェイムゲーム、アドマイヤラクティ、オウケンブルースリ、ジャミールといった馬が馬券になってます。

過去2400m以上で長くいい脚を使える馬には注目したいレースといえますね。

前走条件戦の馬に注目

アルゼンチン共和国杯は上記の通り、スタミナが求められるレースであり、ステイヤーがよく来ます。

その為、これまで中距離でスピード不足で中々勝ち上がれなかった馬がこのレースで花を咲かせることが往々にしてあります。

これは、何度もいうように番組的にも多いスピードや瞬発力勝負では分が悪いスタミナを持ち味とする馬が夏に多い長い距離の番組で出世し、やっと適性ある重賞で勝負できるレースになります。

いわゆる格下馬が下克上できるコースになります。

実際に過去10年の成績を見ていただければ、昇級戦の馬が複勝回収値が100円超えです。これは前走G1の馬と同等の成績になります。

【S級美人UMAJOがプライベートショットや予想を配信中】

具体的には近走条件戦でくすぶっていた馬が下記です。

19年 2着タイセイトレイル前走丹頂S、3着アフリカンゴールド前走六社S

18年 ムイトオブリガード、マコトガラハット前走3勝クラス

17年 ソールインパクト前走1600万下

16年 ヴォルシェーヴ前走1600万下

15年 ゴールドアクター前走1600万下

14年 クリールカイザー、スーパームーン3走前1600万下

この通り、近走でスピード負けしていた馬はこのレースで花を咲かし、好走することがよくあるレースになります。

トニービンとロベルトに注目!

このレースは古くからこの2つの血統が重要視されます。特にトニービンの好走が多く毎年のように好走しております。トニービン持ちの好走馬は下記です。

2019年:ムイトオブリガード、タイセイトレイル

2018年 ムイトオブリガード

2017年:スワーヴリチャード

2016年:シュヴァルグラン、アルバート

2014年:フェイムゲーム

2013年:アドマイヤラクティ

トニービンに関しては、上記のように毎年好走しているので何がなんでも無視できない好走血統となっております。

また、ロベルトについても無視はできません。

2019年 タイセイトレイル

2018年 パフォーマプロミス、マコトガラハット

2017年 セダブリランテス

2015年 ゴールドアクター、メイショウカドマツ

2014年 スーパームーン

この通り、トニービンやロベルトといった長距離のロングスパート戦にめっぽう強い血統が純粋に結果を残してるので注目したいですね!

昨年のタイセイトレイルは、トニービンとロベルト持ちであり、長い距離でも実績を残してきた条件戦上りでしたので、一択として勝負しておりましたが、ムイトオブリガードに差されてしまい、お通夜でした。

アルゼンチン共和国杯2020 買える穴馬達

ベストアプローチ

ベストアプローチは2年ぶりの怪我から復帰して、この夏2戦。基本的にイギリス生まれの馬ですからスピードや瞬発力勝負よりはスタミナよりの馬であることは間違いありません。巴賞では復帰初戦で前残りの馬場を後方から競馬して不利を受けながらも上り最速をしたように実力面は文句なしですし、ボコボコの荒れた不良馬場や函館のような小さい競馬場は不向きであることは間違いなし。

怪我前の話でいえば、良馬場のメトロポリタンステークスでその年の宝塚記念で3着になったノーブルマーズやホープフルステークス勝ち馬のハートレー相手に完勝しており、そのレースも上り5ハロン57秒7と完全に後半5ハロンの持続力勝負。間隔を開けたローテーションでなければ力を発揮できないタイプでありますし、今回の休み明け1戦目こそ復活しそうな雰囲気ありますね。

血統的にもロベルト持ちであり、好走血統に該当。大穴でも十分狙える一頭と考えます。

トーセンカンビーナ

スタミナが重要なレースという意味では、アルゼンチン共和国杯で最もスタミナのある一頭はこの馬であることは間違いないでしょう。

出世が遅れたのは直線の長い関西の番組が少ないことが要因であり、前走は意欲の東上でしたが、距離が短すぎました。

阪神大賞典は先行馬が総崩れするように、キセキが途中ペースアップしたことで底力勝負になりましたが、そのレースでも10番手から外を回して上り最速タイの2着、天皇賞春でも出遅れて14番手からの競馬ながらも4コーナーには8番手まで進出する競馬で、5着とスタミナがあることを示してます。距離が長ければ長いほどいいのはこれまでの戦歴から間違いなし!

アルゼンチン共和国杯注目の穴馬

個人的に一番狙っている穴馬については、BEST BUY検討委員会で紹介中です!

これまでの戦歴、血統からもいかにもアルゼンチン共和国杯に向きそうな一頭ですので一発狙ってます!

出走できるようなら本命にしようかなと思ってます!

【タレントの柳いろは様が予想配信!】

K-BA LIFEの新聞 ”ベスハメ” BEST BUY×ハメ倒し=最強!?

2020年K-BA LIFEでは競馬新聞”ベスハメ”を配信開始しました!

ベスハメ完全版では1日全レースの中で最も自信の勝負レースである”BEST BUY”やパイセンのハメ倒し競馬-THE BEST-を配信ます!

BEST BUYの夏競馬終了時点での年間単勝回収率は下記です。

18-10-4-40という成績であることからも好オッズで尚且つ4回に1回程度は頭で来ていますので、私自身も自信をもって勝負できております。

BEST BUYを配信している”ベスハメ”についてはBEST BUY検討委員会のメンバーは無料で見ることができますので、是非ご入会くださいませ!

ベスハメ完全版を配信しているBEST BUY検討委員会は単純な予想配信だけではなく、各種オンラインサロン機能も有しておりますので様々なイベントを実施中です!

★BEST BUY検討委員会について

①BEST BUY検討委員会

参加者全員が自信の勝負レースを検討委員会内でプレゼンし、チーム対抗戦の勝負レース選定に選ばれるように日々努力し、そして開催日に狂喜乱舞するという活動です。また、チーム対抗戦で優勝チームには、BEST BUY杯に参加頂き、毎月商品券争奪戦をして頂きます。

②エンターテイメント活動

他のサロンと異なるのは、頂いた会費の大半を上記の活動費用に充てていることかなと思いますので、内容も充実しております。

これまでもごめん4着Tシャツ企画、大根おろし様との一日一善、一か月〇万円生活等多数の分科会もあります。

ごめん4着Tシャツは有名UMAJOの方にもご好評を頂いております!販売して得た売り上げは色んな企画に回してます!

◆Mサイズ lounge.dmm.com/content/8247/

◆Lサイズ lounge.dmm.com/content/8248/

③競馬の復習部屋

全員で競馬を回顧して、次に狙える馬をしっかりと復習して、次走出走時にはオーナーからリマインドするように仕組み化しております。

BEST BUY検討委員会は、オンライン上の競馬サークル、いや、本気度でいえば競馬の部活動のような活動ですので、本気で競馬を人生の一部にしたいという方は是非、週末一緒に楽しみましょう!

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

しかしながら、びた一文オンラインサロンや競馬の情報にはお金を払いたくない!

そういう方いらっしゃると思います。

そこで、お試し版としてベスハメLINE版をご紹介致します。

8月8日より開始しており、8月実績は嘘偽りなく下記の通り!

【ベスハメLINE版8月成績】
最終Rのみ15頭配信して5勝で単勝回収率は483%!パイセンの破壊力w

8/8札幌◎フィルムフェスト14.5倍

8/16札幌◎サマーエモーション1.9倍

8/22新潟◎グルファクシー17.5倍

8/22小倉◎ファビュラスギフト27.3倍

8/30札幌◎アラスカ 4.7倍

その他にも地方交流重賞や海外重賞の予想も配信しており、9月の東京記念でもしっかり3人気◎サウンドトゥルーを的中!

パイセンの〇〇はマジで・・・といった一言コラムもありますので是非、ベスハメを宜しくお願い致します!LINEを使われている方は全員確認可能です!下記より、友達登録をお願い致します!

LINE登録はこちら!

今週の外厩情報~外厩情報無しに馬券は語れない~

現代競馬と一昔前の競馬との違いは、”外厩”であることは間違いなく、この情報なく馬券は買えない!?

トレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練された全レース出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。入手方法は下記の通りです。外厩情報や社台系ヤリなど幅広い情報を無料で入手できますのでおススメです。

①競馬セブンに登録する。

②週末になり、アクセスし、社台軍団の本音にアクセス 

④外厩情報リストを確認する。下記のようなリストがあります。

外厩情報を入手するにはこちらから↓↓

外厩情報はこちら