【エプソムカップ2020】エプソムカップを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

【PR】競馬の大根おろし×K-BA LIFEコラボ企画

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日はエプソムカップを予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

そしてブログっぽいことも書いていきたいなと思います。まずは、先週の回顧です。

先週は土曜日は勝負レースも的中できて、大根おろし様との一日一善企画で複勝12倍を的中させることで、一気にハイボルテージとなり、日曜競馬に向けて万全の予定でした。

しかしながら、日曜競馬はとにもかくにも、流れが悪かったです。

前日の内に、選んでいた本命候補が6Rあり、その内3レースを重視しました。

そのうちの1つが一日一善企画での勝負レースとBEST BUYでも指名した前走先行したから今回も先行してくれると信じたスキップ。

金麦も購入して、スキップしながらレースを見ていました。

スタート直後、控える競馬。

直線でも雰囲気はありましたが見事な5着でした。

複勝12万円の大勝負ちりました。

除外した3レースが2-1-0-0と凄まじい成績。さらにYoutubeではグランアレグリアをあれだけ吹いておいて、直前で枠が外だからという理由で対抗に下げて〇▲◎の着順で決まるも1円も馬券は当たらないという状況。前日得た12万円のお金も失い、もはや生きる気力を失いそうになりましたが、サウナに行って、整ってから、全レースの復習をして、BEST BUY検討委員会で色々なコメントを見ていたら”まぁいっか”ってなりました。競馬は切り替えが大切ですよね。なんやかんやで先週は4000円しか負けていないのでゆっくりと予想準備したいと思います。

さぁ、そんなこんなで今週からは函館開催ですね。函館競馬場は去年初めて行ったのですが、飛行機がとにかく近く、こじんまりした競馬場ながら見どころ満載で、園田競馬場かな??と思ったのが懐かしい思い出です。その時の動画については、Youtube競馬番組で紹介しておりますので、どうぞ!

函館競馬場の達人

それでは脱線しまくりましたが、エプソムカップの予想をする前に絶対に知っておきたい3つのことをどうぞ!

エプソムカップ2020 特別登録馬

特別登録を見ると、私が好きな渋い馬が多数出走しておりますので非常に楽しみです。

 

馬名
アイスストームストーミングホーム
アトミックフォースワークフォース
アドマイヤジャスタジャスタウェイ
アメリカズカップマンハッタンカフェ
アンドラステオルフェーヴル
インビジブルレイズハーツクライ
エメラルファイトクロフネ
キョウヘイリーチザクラウン
ギベオンディープインパクト
ゴーフォザサミットハーツクライ
サトノアーサーディープインパクト
サトノガーネットディープインパクト
サラキアディープインパクト
シャドウディーヴァハーツクライ
ソーグリッタリングステイゴールド
ダイワキャグニーキングカメハメハ
トーラスジェミニキングズベスト
ピースワンパラディジャングルポケット
ブレステイキングディープインパクト
マイネルハニーマツリダゴッホ
マイネルファンロンステイゴールド
*ミラアイトーンLonhro
レイエンダキングカメハメハ
レッドヴェイロンキングカメハメハ
ロシュフォールキングカメハメハ

エプソムカップ2020 無料外厩情報

安田記念もグランアレグリアとアーモンドアイの外厩コンビで1.2フィニッシュでした。

ノーザンファーム天栄の育てた最高傑作”アーモンドアイ”がヴィクトリアマイルで圧勝。NHKマイルカップではしがらき経由のラウダシオン、レシステンシアで1.2フィニッシュでした。天皇賞春もフィエールマンの直行ローテーションで天栄仕上げが爆発。昨年のオークスもラヴズオンリーユーがノーザンファームしがらきからの直行ローテーションで制覇していることからもこの外厩情報はオークスを予想する上で、仕入れておいて損はないでしょう。現代競馬で欠かすことのできない外厩情報は、昨年のG1戦線を席巻したノーザンファームの成績を見れば一目瞭然。

特にトレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練された鳴尾記念や安田記念他の全レース出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。

外厩情報はこちら

競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。入手方法は下記の通りです。

①競馬セブンに登録する。

②週末になり、アクセスし、社台軍団の本音にアクセス 

④外厩情報リストを確認する。下記のようなリストがあります。

【タレントの柳いろは様が予想配信!】

外厩情報を入手するにはこちらから↓↓

外厩情報はこちら

エプソムカップを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

エプソムカップは後傾ラップのスピード重視のレース

毎日王冠は東京1800mという非根幹距離の特殊条件レースです。

スタート地点が1〜2コーナーのポケットである為、特殊なコースです。ほぼほぼ1ターンのコースでありますが、3コーナー手前が上り坂であり、最後の直線と坂に備えて末脚を温存するパターンの競馬が一般的。非根幹距離というと基本的には、持続力勝負になるイメージですが、この東京1800mについては、ほぼほぼ1ターンのようなコーナーであり中間ラップが緩むことが多数です。実際に過去10年のラップを見てみましょう。

ここ2年は馬場が悪くなり上りがかかっておりますが、それでも全体的にみれば、前半5Fよりも後半5Fの方が速い後傾ラップが多く見て取れます。前半5Fは59秒台が多く、中には60秒台を越えている年度もあり、比較的ゆったりな1800mの重賞としてはゆったりとしたペースと言えるでしょう。ただし勝ち馬の上がりが33秒台が一般的で、ゆったりと流れた分、最後は相応の瞬発力が求められるレースであることがわかります。ルージュバックやクラレントが勝利した年は、12.0のラップが連続し、息が入った分、上がりは32秒台。究極の瞬発力勝負であったことが見て取れます。

そういう意味でも直線でのスピードが重視されるレースであることがわかります。昨年も稍重馬場とはいえ、上り32秒台の馬もいたくらいなのでそれくらい途中のラップが緩みます。

そうなるとローテーション的に狙いたいのは、距離延長組。

距離短縮組は、1-3-5-51と勝率が1.7%であり、複勝率も15%と絶不調。一方で距離延長組は5-3-1-35と勝率も複勝率も抜けて高いことがわかります。

2019年サラキア、2017年ダッシングブレイズ、2016年ルージュバックと母数が少ないながらも短い距離からのローテーション馬の活躍が目立ちますね。

さらに言えば、直線のスピード勝負になるレースですので、前走は東京や京都外回り、阪神外回りコースといった直線の長いコースからのローテーション馬以外に勝ち馬はなんと2011年のダークシャドウを除いておりません。そういう意味でも前走長い直線コースを経験している馬に注意しましょう。

エプソムカップは中途半端なレースだからこそ目標度を見極める

エプソムカップは安田記念の翌週にある非根幹距離レースです。

さらに、サマーマイルシリーズもこの後に控えており、このレースを目標にという陣営は相当少ないはずです。

ほとんどの理由が秋競馬の東京開催までに、1度東京でレースを使っておきたいといった試行の意味や賞金加算の意味で使う馬が多いものと考えます。

そういう意味でも、エプソムカップを出走させる陣営の意図を考えなければならないです。

G1では一歩足りないのでここで賞金稼ぎするという馬が多く、このレースをステップに出世した馬は少なく、ここ5年でもエイシンヒカリのみです。

そういう意味でも意図して東京を使い続けていた去年のレイエンダのようなパターンや東京1800mをここで使わないと秋まで待たないと得意舞台がこないと考えているサトノアーサー、アストラエンブレムといった非根幹距離を得意とする馬なのかの意図を見抜く必要がありますし、たいていの馬はそんなに間隔を開けずに、1か月以内に調子がいいから出走するというローテーションで出走しております。

陣営コメントや調教から勝負度合いを見極める必要があるでしょう。

ダンチヒに注目するレース

このレースは意外とディープインパクト産駒が活躍しておらず、ダッシングブレイズやハクサンルドルフ、レイエンダといったサンデー系以外の馬も勝利するようなレースであり、直線でのスピードといいながらも中間ラップが緩む分、欧州系の持続力が求められる600m以上のロングスパート勝負になっているのでしょう。

そのようなレースになると直線の持続力に優位性のあるダンチヒに注目です。

過去5年でもこの圧倒的な影響力がよくわかります。

2019年

2着 サラキア

2018年

1着 サトノアーサー

2016年

2着 フルーキー

3着 マイネルミラノ

2015年

3着 ディサイファ

2014年

1着 ディサイファ

2着 マイネルラクリマ

3着 ダークシャドウ

上記の通り、無視できない血統ということがよくわかります。他にも欧州系の血統がよく馬券になっておりますし、狙うなら欧州系血統であることを念頭において予想したいですね!

エプソムカップを予想する前に絶対に知っておきたい3つのことは以上です!注目馬については、Youtubeや最終予想で紹介予定です!

”勝負レース”に魂注入!BEST BUY検討委員会のご案内

K-BA LIFEのBEST BUY検討委員会って何?というお問い合わせを多数いただくようになりました。

BEST BUY検討委員会は、オンライン上の競馬サークル、いや、本気度でいえば競馬の部活動のような活動です。

参加者全員が自信の勝負レースを検討委員会内でプレゼンし、チーム対抗戦の勝負レース選定に選ばれるように日々努力し、そして開催日に狂喜乱舞するという活動です。また、チーム対抗戦で優勝チームには、BEST BUY杯に参加頂き、毎月商品券争奪戦をして頂きます。他のサロンと異なるのは、頂いた会費の大半を下記の活動費用に充てていることかなと思いますので、内容も充実しております。

◆K-BA LIFEの勝負レース”BEST BUY”

2019年から配信を開始している勝負レースコンテンツ”BEST BUY”を検討委員会でも紹介しております。

昨年は単勝回収率177%であり、5月終了時点での回収率は下記です。6月1発目もしっかりと的中できたので170%に近づけたかなと思います。

2020年の累計は12-5-1-25で、5月は4-1-0-4と明らかにピンかパーですが配当は1倍台は絶対に狙わないようにしており、あくまで期待値を見て、”お買い得”なBEST BUYを紹介するコンテンツです。その他にもBETTER BUYというコンテンツも配信しており、先週は、12倍の単勝でトーホウラデンが勝利しました。この勢いで6月もしっかりと的中したいですね。

◆大根おろし様との”一日一善”

超有名なチャンネル登録10万人超えの競馬Youtuber”競馬の大根おろし”様とのコラボ企画です。1日1レース大根おろし様と勝負レースを協議し、複勝で徳を積み、10万円に到達したら大勝負というコンテンツです。1日に1回面白い企画を提案し、馬券を通じて競馬の楽しみ方をお伝えしようという企画です。複勝勝負、複勝リレー等、時々とてつもない馬券が的中したりするので是非大根おろし様ファンもよろしくです!先週は1万円を12万円にして、翌日に12万円勝負して散りました。またリベンジしたいと思いますw

◆1か月3万円馬券生活

先月はBEST BUYや重賞の勝負レースを主軸にして、1か月3万円馬券生活をやり切り、G1や地方交流重賞等多数ある5月でプラス収支でした。実際にこの検討委員会で投票履歴まで全て開示して、嘘偽りなく全ての週で競馬をしてプラス収支で終えることができました。その中で、意識したことは3つあり、その3つについて6月に虎の巻として紹介予定です。また、フルコミットを前提に1か月〇万円馬券生活を実践する人には、全力サポートしたいと考えております。

◆競馬の復習部屋

開催終わりには、レースを見て、K-BA LIFE流復習基準をベースに、レースを復習し、次走注目馬をメンバー全員で共有しております。前走~の条件で、今回~の条件だから買える、前走~不利で、今回は~だから買える等をベースにしております。さらに、復習した馬は、出走時にリマインドするように検討委員会でしっかりと管理しております。これがBEST BUYの基本といっても過言ではありませんので白熱した議論ができることをお待ちしております。

◆開催週予想談義

開催週の予想談義をしていただくスレッドを準備しておりますので、皆様にわいわいして頂いております。時々K-BA LIFEのlive配信で、観戦会を企画しております。

上記以外にも色んな委員会がありますので、是非競馬を楽しむ仲間を集めたいという方や勝負レースにこだわりを持ちたいという方はお待ちしております!

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

【S級美人UMAJOがプライベートショットや予想を配信中】