【エリザベス女王杯2019】最終予想&異常投票パトロール

【PR】外厩情報を無料でゲットするにはこちら

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

この記事ではエリザベス女王杯2019の最終予想と異常投票パトロールを紹介致します。プロセス重視ですので、文章は長くなってしまいますがお付き合い頂ければと存じます。

いよいよ、2019年の京都競馬場でのG1も残り2つ!京都外回り2200mという特殊条件でのレースで、あのブエナビスタも敗退し、ヌーヴォレコルトやミッキークイーンもなんどもチャレンジして勝てなかったレースで、海外のスノーフェアリーが連覇しちゃうような、クラシックの成績が全く当てにならないそんなレースです。つまり、実力通りの力を出し切れずに終わることが往往にしてあるレースですので、しっかりとレースのキャラを把握した上で予想することが大切になりますので、しっかりと準備して、予想をまとめました。また、最後には今月れんこん競馬様と企画しております”馬チェラー”参加者の予想も全てアップ致しますので、是非ご高覧頂ければと思います。馬チェラーご存知でない方は是非下記もご高覧頂ければと存じます。

【馬チェラー】馬チェラー企画概要及び参加者まとめ【れんこん競馬コラボ企画】

そして、福島の祭典、福島記念は非常に自信があったのですが、枠を見て絶望。むしろ特別登録していた馬が除外で出走してないことに憤りを感じましたwいや、◎マイネルサーパスですが何か?出走していたらこのメンバーなら余裕で馬券になっていたのに本当に勿体無い除外でした。

そんなこんなで浮き沈みの激しい週末になりましたが、予想を配信致します。私自信、平場での予想の武器にしております各競馬場のコース分析については下記記事になりますので是非ご活用頂ければと存じます。

東京競馬場を攻略する為の傾向と対策

福島競馬場を攻略する為の傾向と対策

京都競馬場を攻略する為の傾向と対策

それでは、週末重賞予想をどうぞ!

エリザベス女王杯2019 予想

詳細な分析や傾向については下記のブログで紹介しておりますので是非ご参考にしてくださいませ!

エリザベス女王杯 絶対に知っておきたいこと

絶対に知っておきたい傾向から考える全頭分析

予想

今年のエリザベス女王杯は非常に面白いメンバーで、古馬のG1級勝利馬が出走しておらず近年あまり出走してこないクラシック優勝馬が勝ちにきているようなメンバー。世間のイメージはクラシック4冠目のような位置付けでラヴズオンリーユーやクロノジェネシスに注目が集まっておりますが私の予想はいたってドライです。

3歳クラシックとエリザベス女王杯は求められる適正が異なりますので、あくまでエリザベス女王杯に適正があるのかを重視します。

京都2200mの非根幹距離は2400mと比較しても上がりがかかりますし、近年で牝馬限定戦で、32秒台のバケモノ的な末脚を出したのは名牝ブエナビスタのみであり、33秒台も数えることができるくらいです。クラシックホースがここを目標にしないことが多いのも求められる適正と実力のギャップが生じるからです。それは過去の勝ち馬を見れば否定できない事実ですし、ここの勝ち馬は有馬記念や宝塚記念といった非根幹距離のグランプリでも穴をあけることが非常に多いです。そういう意味でもクラシックでは力を出していないで、このレースに適正が高い馬をしっかりと見極めたいと思います。また、血統的には上がりのかかるレースなので、ヌレイエフやサドラーズウェルズ持ちが非常に優秀ですのでその点も考慮して予想したいと思います。

◎ラッキーライラック

絶好枠で、鞍上スミヨン騎手以上にこのレースでいかにも能力発揮しそうなこれまでの成績に魅力を感じております。

ラッキーライラックはいかにもクラシックで活躍できずに古馬になって非根幹距離で好走するタイプ。牡馬相手に2着になった1800mの非根幹距離で好走した中山記念を含めて能力は確か。中山記念で破った馬ですが、ステルヴィオ、スワーヴリチャード、エポカドーロ、ディアドラとG1馬だらけです。負けたのは中山の鬼ウインブライトであることを考えると全く悲観しなくても良いですし、

前走の負け方もよかったです。東京1800mで勝ちに行く競馬をして最後は標的にされただけでしたので、京都の外回りになれば上がりもかかりますし、あのような展開にはならなさそうですし、体調は更に上向いているようなので、チャンスありでしょう。血統的にも母系が米国系なのですが、実は好走血統のサドラーズウェルズ持ちであることが素晴らしいですよね。また、父オルフェーヴルは非根幹距離のG1を有馬記念2回、宝塚記念、菊花賞と4回勝利している3冠馬です。非根幹距離は遺伝するとはよくいったもので、ステイゴールド産駒にグランプリホースが多いことやクロコスミアがこのレースだけ異常に強いのものステイゴールドの血の影響ではないでしょうか。

少し気になるのはTwitterでも呟いたこれ。

右回りで真っ直ぐ走れるのでしょうか。スミヨン騎手にとってもオルフェーヴルは特別な馬なので、その子供であればあの凱旋門賞を思い出して真っ直ぐ走らせてくれるとは思いますが、父と同様に気性的にあれなところがあるのでちゃんと走ってほしいですね。ここまで書いて本命にするか悩み始めました。嘘です。

○クロノジェネシス

この夏最もパワーアップしたのはこの馬でしょう。2歳新馬の時点で破壊力抜群の末脚で能力はG1級と評価してきたのはこのブログの読者であればご存知の通りですが、ペースが上がると追走する力とスピードを持続させる力がこの春までは劣っておりました。

やっと手にした栄冠の秋華賞はクラシックレースでも異質なレースになりました。京都内回りでレースラップは前半58秒3ー後半61秒6で4ハロン48秒9とかなり上がりのかかったレース。これはこれで京都外回りと比較すると時計がかかりすぎなので、特殊条件なのですが緩んだ瞬発力勝負と比較したら全然いいです。秋華賞でプラス20キロの馬体重で出てきて、あのハイペースを好位で追走し、直線は余裕のペースアップでぶち抜けたところを見ると弱点も全て解消されたようです。能力としてはダントツでしょうし、秋華賞から更に状態を上げての参戦のようなので期待できますね。メイショウマンボ以来となるクラシックホースでも勝利できないかなと考えます。

血統も素晴らしいですね。バゴはご存知の通り、このエリザベス女王杯で最重要血統のヌレイエフ持ちであり凱旋門賞血統。母系も種馬問わず活躍馬を出す名門血統であり、ヴィクトリアマイルを制したノームコア、ハピネスダンサー、他にもこの一族にはフサイチリシャールやフサイチエアデールもいますので底力は抜群でしょう。血統的にはまさしくエリザベス女王杯に合ってるといえそうですね。

ラッキーライラックと甲乙つけがたいですが、ラッキーライラックは既に古馬の中距離で実績があるのでこちらよりも上にしました。

▲ウラヌスチャーム

エリザベス女王杯の人気の盲点はこの馬でしょう。

非根幹距離は2200で1-1-0-0、1800で1-2-0-2と抜群の成績です。京都成績は京都大賞典での敗戦で適性なし!って暴れる方もいらっしゃるかもしれませんが逆です。京都大賞典のような瞬発力を求められることのあるレースで負ける方がこのレースで狙い目です!府中ではダントツに強いですが、淀ではそこまでだったウォッカもそんな感じですよね。

そしてウラヌスチャームは札幌での負け方もよく、札幌の大回りのコーナーで直線が短いコースで差し届かないような馬は京都であればさらにロングスパートができるので好相性です。レース実績だけを見れば十分勝負になるというのが見解です。ここを目標に栗東滞在で下手な輸送のリスクもなさそうですし、心配ないでしょう。鞍上マーフィーはご存知の通り、日本で昨年大活躍。少し癖のあるコースですが4コーナーでばらつく京都外回りこそこういう騎手の腕が光るコースです。

父ルーラーシップはご存知の通りでキングカメハメハの子なので最重要血統のヌレイエフ持ち。そして母系に注目するとサンデーと米国系ですが、G1を6勝してる3代母もおり、能力の底力はあるでしょう。レースぶりを見ても父の影響を色濃く受け継いでおり、持続力勝負になるこのレースへの適性は高いと見ました。

△フロンテアクイーン

このフロンテアクイーンは、オークス・秋華賞と共に敗退しましたが、福島牝馬Sや中山牝馬S、クイーンステークス、府中牝馬S等の非根幹距離のレースについては連対する等、圧倒的な特殊条件巧者。こういう馬にとってはこのエリザベス女王杯がチャンスであることは自明。

昨年も7着ですが、3着〜8着まではほとんど差がないようなレースであり上がりはモズカッチャンとも変わらずですし、何よりもレース映像を観ていただきたいですが、直線ラスト200m地点で前の馬が垂れて一度減速しております。これであそこまで持ち直しているのですから普通に走ってれば3着もあった内容です。

血統的にもメイショウサムソンは好走血統のサドラーズウェルズ持ちであり、ダンシングブレーヴやグレイソヴリンもある持続力系。切れる脚はありませんがこういう特殊条件になれば華が咲くタイプですので注目です。

△色々

穴ブライトムーン

ヌレイエフ持ちってだけです。

異常投票パトロール

G1なので30万円以上を対象とします!

馬名 単勝 複勝
ラッキーライラック 50万

36万,55万

35万,30万

クロノジェネシス 30万,30万

50万,70万

90万,100万

100万,200万

ラヴズオンリーユー

34万,40万

60万,60万

60万,35万

75万,100万

200万,38万

50万,75万

79万,120万

84万,78万

スカーレットカラー 49万 45万,35万

エリザベス女王杯+11月10日全レースの外厩情報

近年の競馬は外厩なしには語れません。クラシックは当然全馬外厩仕上げ、天皇賞・秋も当然のように天栄仕上げのアーモンドアイ、ジャパンCの仮登録はほとんどノーザンファーム生産馬でした。天皇賞秋はレコード並みの決着でものすごく見ごたえのあるレースでしたね。圧勝でG1六勝目を達成したアーモンドアイはいまではかなり競馬ファンにも浸透してきた『外厩』という調整をおこなった馬です。

去年の菊花賞を3ヵ月ぶりの実戦で勝利したフィエールマンや秋華賞で勝利したクロノジェネシスも外厩仕上げですし、今や外厩は予想に欠かせないファクターになりました。

そんな外厩のお得な情報を無料でゲットできる予想さんをご紹介します。

11月10日の全てのレースの外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますのでそちらで外厩情報が確認できますので、是非ご参照ください。また、エリザベス女王杯もございますので是非登録いただければと思います。

馬チェラー参加者エリザベス女王杯2019 予想

明日のにんじんセレモニーで10名まで絞る予定ですし、プレゼント企画は土曜日中なので皆様最後の応募をお願いいたします!めちゃくちゃ美人な馬チェラー参加者に癒されてくださいませ〜!

プレゼント企画ツイート

予想一覧

福島記念2019 予想

福島記念の傾向や詳細分析は下記ブログで紹介しておりますので是非!

マイネルサーパスの除外が痛すぎます・・・

予想

このレースは前傾ラップのハンデ戦なので血統的に一気に絞ります。グレイソヴリンかロベルト持ちをピックアップして馬券を組み立てます。

◎マイネルファンロン

血統的にロベルト持ちであり、福島のような前傾ラップで上がりのかかるレースでこそ好走できるタイプなので函館記念もしっかりと2着でした。また、マイネルサーパスでも伝えようとしていたのですが、日曜日はマイネルの謝恩会でビッグレットファームの本拠地とも言える福島の重賞勝利は、お土産でしょう。このレースに懸ける気持ちが他馬とは異なりますし、ハンデも手頃。先行してそのままの粘りこみに期待しております。

○クレッシェンドラブ

▲アドマイヤジャスタ

△アロハリリー

注ミッキースワロー、ステイフーリッシュ

異常投票パトロール

馬名 単勝 複勝
レッドローゼス 12万  
デンコウアンジュ   10万
マイネルファンロン   19万
ステイフーリッシュ   34万
クレッシェンドラブ   120万,17万
カンタービレ   18万
ミッキースワロー  

27万,30万

17万

異常投票パトロールおよび一押しレース

午前中のイチオシレース

下記TwitterがRT50を超えましたら、午前中の一押しレースをこのブログに追記します。もしレース発送後に到達したら申し訳ございません。

福島

R 単勝 複勝
1
15 10万 23万
2
6   10万
3
     
4
     
5      
6
5 10万 10万
7
     
8
     
9
     
10      
11      
12      

東京

R 単勝 複勝
1

1   10万
14   60万
2
     
3

1   25万
6 10万  
4
9   10万
5      
6
     
7
5 10万  
8
14 10万  
9
     

10
6   10万
10   17万
11 4 10万 10万
12      

京都

R 単勝 複勝

1
6   10万
13 17万 20万
2
4  

10万,10万

10万,38万

50万,36万

24万

3

6   10万
11   15万
4
10   10万
5 2 10万  
6
     
7
5   14万
8
     
9

2 10万 10万
5   18万
10 13 10万 15万
12