【エリザベス女王杯2020】最終予想&勝負レースの福島記念

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日はエリザベス女王杯2020の最終予想と勝負レースの福島記念を紹介致します。

エリザベス女王杯については週初めにざっくりと予想を紹介しておりましたので、最早予想がついているのではないかと思いますが、渾身の予想ですので的中したいですね!?

土曜競馬は勝負レースで痛恨の大出遅れでしたので非常に厳しいレースでした。

さらに、楽しみな福島記念は重賞ですが日曜競馬の勝負レース!

何とかして当てたい一戦なので、気合い入れて予想してますので是非ご高覧頂ければと存じます。

エリザベス女王杯2020 最終予想

エリザベス女王杯2020 予想

エリザベス女王杯は、下記の傾向分析記事で紹介した通りで、阪神2200mのコースレイアウトに加えて、今年の高速馬場を考慮した予想としております。

エリザベス女王杯を予想する前に何よりも注目しなければならないのは、ラップバランス。

有名すぎるほど京都2200mのエリザべス女王杯は、3コーナーまでの上り坂で緩み、坂の頂点となるラスト4ハロン地点から一気にペースがあがるロングスパート戦。一方で宝塚記念に代表される阪神2200mは超前傾ラップの持続力勝負戦となります。スタートしてからすぐに下り坂があり、コーナー4つの内回りコースであることからもペースが早まるタイミグが3ハロン程度早いのが特徴です。

そういう意味でも狙いたいのは、瞬発力に特化したタイプではなく、いい脚を長く使えるタイプの馬。そうなればもうこのコースでは一択かなと思っております。

◎ノームコア

今年のエリザベス女王杯は、ノームコア。枠もよく下記理由から本命としました。

前走の札幌記念は一択と豪語しておりました通りで買い要素満載の通り実力を発揮してG1馬相手に完勝。

阪神競馬場であればこそ買いたいと思った理由が、コースレイアウトの関係でスローからの瞬発力勝負になりにくいことと今の高速馬場への適性です。

まず距離不安については、札幌記念で既に決着がついてるように思いますが、距離延長のローテーションに注目。デビューしてからフラワーカップ3着、エリザベス女王杯5着、ヴィクトリアマイル3着、札幌記念1着とG1レースでも崩れていないので心配は不要ですし、何よりも2000m戦は2-1-1-0と完璧な競馬で問題なしなので、これまでマイルでレースを進めていたことのほうが疑問に思いますよね。

中距離戦でのノームコアが好走してるのは緩まないレース。マイルG1馬ならではの追走時の高いスピードと持続力が持ち味になります。

特に紫苑ステークスと札幌記念のレースぶりはいかにも中距離馬。

紫苑ステークスは先行してラスト5ハロン57秒9の超持続力かつスピードを求められるレースで3馬身差の圧勝。

札幌記念は全く緩まない追走ペースで早々とラッキーライラックがバテる中で余裕ある追走で構えて、直線サッと追うだけで突き抜けて完勝。

京都のエリザベス女王杯は前半緩むレースであることからより瞬発力に優れた馬に優勢のレースでありますが、阪神2200になったらスタートしてから前傾になるのでノームコア好みのレースに変貌するはず。

そもそも3歳牝馬時のノームコアは未完成であり、その素質だけで、適性外のレースでもリスグラシューから0.6差、3歳牝馬では最上位の着順で5着は十分褒められていい内容です。

加えて今の阪神競馬場は高速馬場であり、ある程度のポジションで競馬ができる器用さが必要なので脚を常に使える持ち味が活きること、高速馬場へはレコードホルダーであることからも1mmも心配いらないですし、今年の札幌は高速時計でしたから、やはり狙いたいのは速い時計を求められる舞台。

血統も素晴らしく、牝系はご存知の通り妹に宝塚記念を制覇したクロノジェネシスがいて兄弟はほとんど勝ち上がりかつ日本屈指の名血。ハービンジャーは欧州系の血統であり急坂あるコースへの距離延長ローテーションを得意とする馬が多数です。実際に札幌記念は距離延長のローテーションで完勝してますし、ここも問題ないでしょう。

阪神開催であることを知った瞬間、飛びついてしまいましたね。

◯エリザベス女王杯2020注目の大穴馬はベスハメ完全版で!

エリザベス女王杯はいかにも硬く決まらなさそうですよね!宝塚記念でも今年はサートゥルナーリアがモズベッロに差されてましたし、とにかく紛れのあるコースです。

そんな紛れのあるコースであるからこそ狙いたい馬をピックアップしました。

ベスハメ完全版はこちら!

このレースでの買い要素としては、前走の負け方、馬柱の汚れ方、何よりもとある理由から勝負気配が物凄くします。

先日はこのコンテンツでサンアップルトン8人気を本命としましたし、ここ最近の穴馬推奨としては、ファンタジーステークスではオパールムーン、秋華賞ではマジックキャッスル、菊花賞ではアリストテレス、JBC2歳優駿ではラッキードリームを推奨し、他にも府中牝馬ステークスのシャドウディーヴァ等の穴馬を本命にして馬券になることが多数で絶好調です!

ベスハメ11月15日号では、上記の大穴馬以外にも下記配信予定です。

・BEST BUY(K-BA LIFEの勝負レース)

・パイセンのハメ倒し競馬-The BEST-

・その他買いたい馬リスト

・勝負レース of 最終レース

▲センテリュオ

本当は京都のエリザベス女王杯で見たかったですが、オールカマーでのレースを見るとこの阪神2200m適性は相当高そうですし、血統的にも晩成血統であり5歳秋は走りごろ。

中山のオールカマーで強敵馬を撃破して牝馬最上位クラスのカレンブーケドールもしっかりと差し切ったあたり能力は高い。オールカマーは阪神内回りと似ており、下り坂の4-5ハロン持続力勝負かつ急坂コース。これを克服して強い馬相手に差し切ったのだから、阪神2200を克服できないはずはありません。実際に瞬発力を求められる阪神外回りよりも内回りで好成績が多いですし、間違いなくいいでしょう。京都外回りの場合は、ラッキーライラックが強すぎるので頭とるならこの舞台の方が相対的に面白そう。どうしても血統背景的に京都外回りの一族であることからこの印としました。

注 ソフトフルート

良馬場だけに限定すれば相当熱いのがこのソフトフルート。3-0-2-1と崩れたのは前が詰まって4着となったレースのみであり、秋華賞でも出遅れ後方からの競馬で3着で上がり最速なので世代最上位の力を示したクラシックラストでした。また2勝クラスの勝ち方も秀逸であり前半61.8でありながら、後半は58秒代。全体時計はローズステークスともほとんど差のないことを考えてると、内容は濃い。前走秋華賞で前傾の持続力勝負で見せた末脚は、この2走前が本物であったことの裏付けともいえますし、末脚の持続力はいかにも阪神2200m向き。

△エスポワール

阪神開催のエリザベス女王杯だからこそ面白いと言えるのがこのエスポワール。前走はウラヌスチャームと全く逆の競馬で結果的に騎乗がまずかったという評価。前走は好スタートからの2番手で3コーナーでは7番手に下げて、最終コーナーも差しの競馬。一方でウラヌスチャームは8番手から3コーナーで先頭に押し上げての競馬で圧勝。これは脚の使い所の差と言ってもいいでしょうし、このエスポワールが阪神だから買えて、前走を無視していいのが今年のエリザベス女王杯が急坂コースであるということ。

そもそもエスポワールの急坂コースである阪神、中山、中京の戦績を見ると下記の通り。

3-1-1-0とパーフェクトです。

中京2000mの重馬場でも上がり最速を記録してるあたりで、スタミナについても問題ないことがわかりますし、この急坂への対応は非常に好感。

血統的にもアリストテレスが菊花賞を好走したのが記憶に新しいですが、グレースアドマイヤ一族が盛り上がりつつあります。兄のアドミラブルはG1未勝利馬ながら種付けも70頭と絶好調。これは大偉業と言ってもいいですし、この血統の魅力は全力を出せれば重賞でも勝負になる底力。

コース適性と血統からも狙ってみたい穴馬ですね!

抑ラッキーライラック、ラヴズオンリーユー

3連系なら買いますけど基本的には軽視。

ラヴズオンリーユーは高速馬場合いそうななのでありそうですけどノームコア本命にしてる手前、さすがにここでは同列にはできないですね。

また、ラッキーライラックについては非常に相性がいい一頭です。個人的にも昨年のエリザベス女王杯で本命にし、今年の大阪杯でも本命にし、宝塚記念では1円もいらない切り扱いにし、札幌記念でも軽視として結構走り時がわかっているがのラッキーライラック。このラッキーライラックは、結論から申し上げますと、前半が極端に緩むレースでG1級のポテンシャルを発揮します。

思い返せばラッキーライラックが注目されたのは夏の新潟マイル戦でのデビュー戦。

中間ラップが13秒続き、上りは33秒4のレースを上り33秒1の末脚で千切りました。

3歳春までの牝馬クラシックロードは、阪神ジュベナイルフィリーズ、桜花賞、オークスとどれも後傾ラップのレースばかりで好走できたものの、前傾ラップの上りのかかる秋華賞では春までの安定感が一気になくなりました。その後は牝馬戦特有の番組の悪さで、スプリント路線からも出走してくるマイル戦で大敗したり、緩んだレースで好走したりを繰り返していました。

そして、キャリアハイのレースとなったレースがG1のエリザベス女王杯と大阪杯。

エリザベス女王杯は冒頭申し上げた通り、京都2200m戦であり前半が非常に緩みます。

これはメンバー云々、コースレイアウト上物理的に避けられないものだと説明しておりますが、この年は前半37秒6で後半34秒6の3秒以上後傾のレース。こういうレースで抜群の強さを発揮するのがラッキーライラックです。

続いて大阪杯。大阪杯も前半3ハロンが極端に緩むレースで非常に有名なレース。そういうレースだからこそラッキーライラックを本命としました。

今年の大阪杯でも例外なく前半は36秒9のどスローで、後半3ハロン34秒2とこれまた3秒近い後傾ラップ。

そして、自信の切りだった宝塚記念は、冒頭申し上げた通りで中距離戦の中では極端に前半が速くなるレースでラッキーライラックの苦手な前傾ラップレース。

札幌記念についても、ラッキーライラックが嫌うマイラー的な前半から後半まで緩みのないペースで続くレース。

走り時がここまでわかりやすい馬もいませんので馬券的には美味しい馬です。

今年のエリザベス女王杯は宝塚記念と同じ阪神2200m戦。前半3ハロンがいきなり忙しくなるレースでありますから・・・

今年は逃げ馬として、ロサグラウカが宣言しておりますし、クイーンスプマンテをされたくない陣営は早々と捕まえに動くでしょうから持続力勝負として考えております。

異常投票パトロール

G1なので30万円以上の投票に限定して異常投票を紹介致します。

馬名単勝複勝
センテリュオ70万 
ラヴズオンリーユー  50万
サラキア  
ラッキーライラック100万,30万

120万,79万

49万,74万

99万,55万

エリザベス女王杯2020 関連記事

エリザベス女王杯・福島記念 外厩情報

近年の競馬は外厩なしには語れません。そんな外厩仕上げの武蔵野S出走馬を調べたい場合は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますのでそちらで外厩情報が確認できますので、是非ご参照ください。また、エリザベス女王杯やそれ以外の全レースの外厩情報がございますので是非登録いただければと思います。

勝負レース”福島記念2020” 最終予想

福島記念2020 本命馬

福島記念2020では、どうしても買いたい一頭がいましたので、11月15日号のベスハメ完全版で携帯小説並みの文章量で紹介中です!

ベスハメ完全版はこちら!

このレースでの買い要素としては、前走の負け方、馬柱の汚れ方、この舞台での適性、相手関係、血統と全て文句なしですし、何よりもとある理由から勝負気配が物凄くします。個人的に1人気でもいいのではないかなと思ったらハンデも前走比では手ごろですし、某競馬サイトを見たら穴馬扱い。これは…お買い得と思ったのでBEST BUY級の評価とします。

先日はこのコンテンツでサンアップルトン8人気を本命としましたし、ここ最近の穴馬推奨としては、ファンタジーステークスではオパールムーン、秋華賞ではマジックキャッスル、菊花賞ではアリストテレス、JBC2歳優駿ではラッキードリームを推奨し、他にも府中牝馬ステークスのシャドウディーヴァ等の穴馬を本命にして馬券になることが多数で絶好調です!

このベスハメ完全版は、BEST BUY検討委員会以外でも見ることができますし、福島記念当日の日曜競馬におけるBEST BUYをはじめとした勝負レースに加えて、エリザベス女王杯の限定紹介馬も予定しておりますのでこの機会に是非!一緒に狂喜乱舞しましょう!

K-BA LIFEで競馬を楽しむ!!

 
 
◆BEST BUYを読み放題!バイブレーション競馬
 
K-BA LIFEが実際に購入するレースを厳選して配信しておりますバイブレーション競馬を会員様は読み放題です!
1頭に対して1小説くらいの物語を綴っている自己満コンテンツで有名なBESTBUYや重賞の完全予想、他の勝負レースまで紹介しています。
 
 ①BESTBUY
  当日の勝負レースです!単勝回収率は3年連続100%超え!
 
 ②重賞完全予想
  対抗以下の印と見解を記載しております。
 
 ③BETTER BUY
  BESTBUYにはいかずとも勝負レースです。
 
 ④その他人気しすぎですが買いたい馬リスト(頭固定狙い)
 
 ⑤その他穴すぎて勧めるのは忍びない馬リスト(複勝狙い)
 

◆競馬仲間と競馬を学ぶ!分科会制度

分科会では、競馬予想を深める為に、下記活動を実施しております!下記分科会で常に競馬で勝つための情報交換をしており、競馬仲間と深く学びたいという方のニーズにもお答えしますし、私も積極的に配信しております!馬場、展開、個性、必勝法に加えて、現在キル・ルメールの会も新たに構築しました。

◆皆で狂喜乱舞!!BESTBUY杯

このオンラインサロンの主目的は、全員が信念をもって勝負レースを発信できるようになることです。それを実現するために上記の分科会のアウトプットの場として、BESTBUY杯を毎月開催しております。このBESTBUY杯では、毎月優勝者には豪華景品も準備しておりますし、誰かの勝負レースで誰かが馬券を当てて、狂喜乱舞する。そして、その勝負レースの根拠で勉強して、また競馬が上手になる。そんな仕組みとなっております。入っていただければこの魅力に虜になるはずですので是非!

上記の他にも、復習コンテンツや重賞限定記事、K-BA LIFEのメモ帳等、オンラインサロンならではの仕掛けを多数発信しておりますので是非興味ある方は、現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!なので、ご参加頂ければ幸甚です。競馬予想のプロセスを学ぶにはいい環境だと自負しております!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

この最終ベスハメもプロセスは、BESTBUYと同じですが、2021年2月11日時点での成績は下記の通りです!

14R配信し、5-3-3-3の成績であり、数値化すると下記の通り。

勝率36%、複勝率79%、単勝回収率200%

地味にいい予想できていると思いますし、どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!