【エリザベス女王杯2020予想】阪神2200mの舞台だから狙える穴馬

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日はエリザベス女王杯2020の穴馬予想のコンテンツになります!

エリザベス女王杯は今年は阪神2200mでの開催になりますから、阪神2200mだからこそ狙いたい馬を、穴馬で紹介できればなと考えております。

阪神2200mで開催されるエリザベス女王杯は、下記ブログで狙い目含めて、予想の基準となる方針を紹介しておりますし、加えて、有力馬3頭の分析も実施しております。

ざっくりと言えば、コースレイアウトは宝塚記念と同じなのでラップバランスは宝塚記念と同じで、一方で全く違う点といえば高速時計の馬場であるということでしょうから、これらを踏まえて予想をまとめていければなと思います。

今年のエリザベス女王杯はとにかく混戦。ラッキーライラック、ラヴズオンリーユー、ノームコアが人気なので、G1以外の重賞でも負けていることが多い馬ですし、そういう意味ではどの馬にもチャンスがあるといってもいいでしょう。それでは、穴馬候補の5頭を紹介したいと思います。

穴馬の定義は、某競馬サイトにおける5番人気以下の馬で5頭をピックアップしております。そして、穴人気しそうなこの5頭の中でも、買える馬、買えない馬をジャッジしたいと思いますので、是非ご参考にして頂ければと存じます。

エリザベス女王杯2020 穴馬予想

ソフトフルート

エリザベス女王杯で狙いたいのは、非根幹距離実績に加えて、非根幹距離で前傾ラップになるのでクラシックで実力あるのに勝ち切れなかったというタイプ。

そういう意味ではこのソフトフルートは買える一頭と言っていいでしょう。

2月に未勝利戦を勝ち上がる遅咲きですが、その後は矢車賞で2勝目、夕月特別にて古馬相手に快勝する等上り馬としてクラシック最終戦の秋華賞に出走し、惜しくも3着。秋華賞は、前半が非常に速くなるレースであることが有名ですが、この阪神2200m戦とはリンクするものと考えております。簡単な例では、クロノジェネシス、ヴィルシーナ、ミッキークイーン、ショウナンパンドラといった秋華賞好走馬が宝塚記念で好走していることからもやはり前半速いレースということで相関があるのでしょう。その秋華賞では、デアリングタクトを上回る末脚で、3コーナーまでは殿のポジションから3着にきたとおりでとにかく長くいい脚を使うことが特徴。前半速くなり、末脚の持続力勝負になれば、この穴馬も見所十分の末脚を発揮してくれそうですね。

加えて、良馬場だけに限定すれば相当熱い。

3-0-2-1と崩れたのは前が詰まって4着となったレースのみであり、秋華賞でも出遅れ後方からの競馬で3着で上がり最速なので世代最上位の力を示したクラシックラストでした。

また2勝クラスの勝ち方も秀逸であり前半61.8でありながら、後半は58秒代。全体時計はローズステークスともほとんど差のないことを考えてると、内容は濃い2勝クラス戦でした。

前走秋華賞で前傾の持続力勝負で見せた末脚は、この2走前が本物であったことの裏付けともいえますし、末脚の持続力はいかにも阪神2200m向き。

時計が速くても勝負になるでしょうし、混戦必須な今年のエリザベス女王杯で高配当メーカーになれそうな一頭として注目してます。

エスポワール

阪神開催のエリザベス女王杯だからこそ面白いと言えるのがこのエスポワール。前走はウラヌスチャームと全く逆の競馬で結果的に騎乗がまずかったという評価。前走は好スタートからの2番手で3コーナーでは7番手に下げて、最終コーナーも差しの競馬。一方でウラヌスチャームは8番手から3コーナーで先頭に押し上げての競馬で圧勝。これは脚の使い所の差と言ってもいいでしょうし、このエスポワールが阪神だから買えて、前走を無視していいのが今年のエリザベス女王杯が急坂コースであるということ。

そもそもエスポワールの急坂コースである阪神、中山、中京の戦績を見ると下記の通り。

3-1-1-0とパーフェクトです。

中京2000mの重馬場でも上がり最速を記録してるあたりで、スタミナについても問題ないことがわかりますし、この急坂への対応は非常に好感。

血統的にもアリストテレスが菊花賞を好走したのが記憶に新しいですが、グレースアドマイヤ一族が盛り上がりつつあります。兄のアドミラブルはG1未勝利馬ながら種付けも70頭と絶好調。これは大偉業と言ってもいいですし、この血統の魅力は全力を出せれば重賞でも勝負になる底力。

コース適性と血統からも狙ってみたい穴馬ですね!

ウラヌスチャーム

上述の通りで、エリザベス女王杯の好走パターンである非根幹距離実績に加えて、非根幹距離で前傾ラップになるのでクラシックで実力あるのに勝ち切れなかったというタイプが多いです。

ウラヌスチャームは、前走の新潟牝馬ステークスで3コーナーから一気に進出し、重馬場を苦にせずに1秒2差という圧勝での勝利で上り最速のおまけつきでした。非根幹距離でも結果を残し、クラシックでも出走できなかったといういかにも穴人気しそうなタイプですが、買いたくないという結論です。

この馬が好走するのは良でも重でも前半3ハロンが36秒以上の緩んだ時です。阪神2200mは相当前半速くなりやすいレースであり極端なスローは見込めないのでどうしても狙いづらい。このムラッ気がある成績は、ペースが流れるか流れないかです。

好走したレースでは新潟牝馬ステークスが36秒3、メトロポリタンステークスが37秒1、迎春ステークスが37秒3と3勝クラス以上になるとわかりやすいくらいに前半が緩んだレースで出世しております。加えてややこしいのが瞬発力がないので、前残りのレースになると後方からの競馬では差し切れないというやっかいなキャラです。そういう意味でも阪神2200mのエリザベス女王杯では軽視でもいいかなと考えます。

リアアメリア

リアアメリアはローズステークスで脚質転換して圧勝。春の強豪であるクラヴァシュドールやデゼルを相手にしなかったことを考えれば、ハマる条件になれば買えるのですが、今回エリザベス女王杯は阪神2200mなので極めてその可能性は低いと思われます。

この馬の好走条件は超スローペースの良馬場。

秋華賞は、逃げ宣言する馬がいないのにも関わらずコースレイアウトで物理的にハイペースになり、この馬の持ち味が活きず、また馬場も悪すぎました。

2走前のローズステークスは、前半35.7-60.9という流れで一見普通のペースに見えますが、この流れは前日や翌日のレースをみれば1勝クラス級の流れであり、前日のケフェウスステーススでいえば全体時計は1分58秒7で

前半も59.6と1秒以上速い流れでした。ポポカテペトルが進出したのは1000m超えてからなので前半の流れは相当緩かったと見ていいです。

また、他に好走したレースとして、オークスはスローの上がり3ハロン勝負で4着、新馬戦は36.6、アルテミスステークスは36.3ととにかく緩いペースでの流れが必要。

秋華賞のように中間ラップが緩まずに、残り4ハロンあたりからスパートになるとすると中々厳しいというのがこの馬の評価。

また右回りでの成績もあまりにも芳しくないので左回り専用機感も出てきました。新馬戦の印象が強すぎるので、右回りこそと思いますが新馬戦で任した相手はその後も1秒差以上で負けてたりして…

血統は走りのままで、ディープと米国系ニックスなのでスローペースの切れ味勝負重視。スローと踏むならこの開幕2週目の阪神開催であれば買いの一言ですが、コースレイアウト上、流れると想定してるので今回は軽視です。ただ、スローと思われるなら買った方がいいですし、このあたりは好みですね。

エリザベス女王杯でとっておきの穴馬を大紹介!

アリストテレスやサンアップルトンを事前に紹介したようにBEST BUY検討委員会で限定公開中です!

おそらく単勝オッズについては50倍程度が予想される穴馬ですが、前走の大敗も明確な敗因があり、この舞台であれば十分勝負になると踏んでます。

阪神2200mに適応できるラップでの好走実績や高速時計への対応、急坂の対応等を考慮しても買えない理由がない!?

鞍上もこの馬への期待度が非常に高いですし、ここは人気薄でも狙う価値あり!?

BEST BUY検討委員会では、エリザベス女王杯のノームコア見解についても紹介しておりますので、是非興味ある方は見に来てくださいね~!

エリザベス女王杯2020 外厩情報

エリザベス女王杯の外厩仕上げ馬を調べたい場合は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますのでそちらで外厩情報が確認できますので、是非ご参照ください。エリザベス女王杯以外にも全レースの外厩情報がございますので是非!

K-BA LIFEで競馬を楽しむ!!

 
 
◆BEST BUYを読み放題!バイブレーション競馬
 
K-BA LIFEが実際に購入するレースを厳選して配信しておりますバイブレーション競馬を会員様は読み放題です!
1頭に対して1小説くらいの物語を綴っている自己満コンテンツで有名なBESTBUYや重賞の完全予想、他の勝負レースまで紹介しています。
 
 ①BESTBUY
  当日の勝負レースです!単勝回収率は3年連続100%超え!
 
 ②重賞完全予想
  対抗以下の印と見解を記載しております。
 
 ③BETTER BUY
  BESTBUYにはいかずとも勝負レースです。
 
 ④その他人気しすぎですが買いたい馬リスト(頭固定狙い)
 
 ⑤その他穴すぎて勧めるのは忍びない馬リスト(複勝狙い)
 

◆競馬仲間と競馬を学ぶ!分科会制度

分科会では、競馬予想を深める為に、下記活動を実施しております!下記分科会で常に競馬で勝つための情報交換をしており、競馬仲間と深く学びたいという方のニーズにもお答えしますし、私も積極的に配信しております!馬場、展開、個性、必勝法に加えて、現在キル・ルメールの会も新たに構築しました。

◆皆で狂喜乱舞!!BESTBUY杯

このオンラインサロンの主目的は、全員が信念をもって勝負レースを発信できるようになることです。それを実現するために上記の分科会のアウトプットの場として、BESTBUY杯を毎月開催しております。このBESTBUY杯では、毎月優勝者には豪華景品も準備しておりますし、誰かの勝負レースで誰かが馬券を当てて、狂喜乱舞する。そして、その勝負レースの根拠で勉強して、また競馬が上手になる。そんな仕組みとなっております。入っていただければこの魅力に虜になるはずですので是非!

上記の他にも、復習コンテンツや重賞限定記事、K-BA LIFEのメモ帳等、オンラインサロンならではの仕掛けを多数発信しておりますので是非興味ある方は、現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!なので、ご参加頂ければ幸甚です。競馬予想のプロセスを学ぶにはいい環境だと自負しております!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

この最終ベスハメもプロセスは、BESTBUYと同じですが、2021年2月11日時点での成績は下記の通りです!

14R配信し、5-3-3-3の成績であり、数値化すると下記の通り。

勝率36%、複勝率79%、単勝回収率200%

地味にいい予想できていると思いますし、どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!