【エンプレス杯2021予想】最終予想&絶対に知っておきたい傾向

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は、エンプレス杯2021予想記事になります。エンプレス杯は、川崎2100mという牝馬限定戦の中でも極めてタフな条件ですので、傾向を分析し、各馬がどのような条件なら好走できるかを予想した上で、最終結論を出したいと考えております。

出走マは牝馬限定のダート中距離重賞ではおなじみの顔がずらり!

女王のマルシュロレーヌ、関東オークス覇者のレーヌブランシュ、古豪のプリンシアコメータ、マドラスチェック、そして強い競馬で前走シンデレラマイルを勝利したダノンレジーナと素晴らしいメンバーが揃いましたね。

地方交流になると牝馬限定のダート戦が多数あり、さらにダート2100mという中央でもあまりない距離のレースなので、大井所属馬等の活躍も目立つレースでありますからきちんと分析は必要なレースと思えます。

昨年は、アンデスクイーンにナムラメルシーが迫るようなレースでしたからどういう馬を本命にすると再現性があるかなどをしっかりと分析したいと思います。

エンプレス杯を買うなら楽天競馬!ポイント10%ゲット!

エンプレス杯を購入するなら即パットよりも楽天競馬をオススメします!その理由は、なんと言ってもポイントでしょう!特に楽天ポイントは、楽天市場で使えるお金のようなものですし、とにかくイベントが多いです。日替わりポイントキャンペーンで時々還元率5%なんていう日もあるくらいです!そいう意味でも即パットでポイントなく競馬するよりは、楽天競馬で競馬される方が同じオッズで競馬をしており、控除率20%や30%でのマイナスサムでのオッズゲームをしているのですから断然お得です。

特に、楽天競馬で佐賀記念を購入すると単複以外の馬券であれば10%の還元を受けることができる凄まじい還元率です。まだ登録されていない方はこれを機に楽天競馬を登録するべきだと考えております。注意点は日替わりエントリーには絶対に登録してくださいね!

エンプレス杯2021 絶対に知っておきたい傾向

川崎競馬場独特の傾向があるコースでもありますので、独特な傾向を分析したいと思います。

枠順の有利差はフラット

川崎競馬2100mは、スタートしてからコーナーまで400mなので外枠の馬が先行してインをとることもそんなに難しくありません。

コーナー6回なので内枠有利なのは間違いないのですが、最初のコーナーまでの距離が長いのでそこまで気にしなくてもいいですし、現に、これまでのこのコースの重賞では外枠の方が勝っている回数が多いくらいです。

川崎2100mの独特なラップバランス

川崎競馬場のコーナーは本当に急です。イメージは他の地方競馬場と比較しても10mくらい内になるくらい急なコーナーです。コーナー6回ですし、直線も短く、平坦で、最終コーナーがタイトですと、どうしても先行有利になります。馬群がばらけるので差し馬の進路ができやすいとはいえ、平坦コースでもありますし、どうしてもなだれ込む可能性があります。

これをラップの観点でまとめたのが下記です。

最初の300mはペースが上がりますが、すぐにタイトなコーナーがありペースが一気に緩み続けます。次にペースが上がるのが残り800mの地点。ここからは12秒台の末脚を出し続ける必要があるのですが、最終コーナーがタイトでどうしてもペースが上がらないです。そういう意味でも残り600m地点である程度のポジションにいる必要があることがわかります。この残り800mの地点で前にいる馬が脚を使えれば後続はかなり厳しいのですが、脚を使えないようなハイペースの場合は、後続馬がこの地点で差を詰めることができるので、差しが決まります。

昨年のようにサルサディオーネのような逃げ続けるような馬がいれば前が崩れて差しが決まるようなシーンもありますが、基本的にはどの馬も脚を追走で使ってしまいますので、追走時のポジションから入れ替わりが起きることが非常に少ないレースといえます。そもそもラスト800m-600mが速くなり、そこから減速続けるレースであることからも前が有利なレースであるといっていいでしょう。

エンプレス杯2021 最終予想

エンプレス杯2021 有力馬分析

プリンシアコメータ

牝馬ダート中長距離戦では何年も第一線で活躍しているプリンシアコメータも面白い。既に8歳ですがまだまだ先行馬として警戒され続けているのだから名馬ですよね。

確実に先行してくれるタイプであり、このエンプレス杯では1-1-0-1であり、良馬場で後方勢に脚を使わせて直線に向かいたいタイプ。

というのもエンプレス杯で馬券外になった昨年は稍重馬場であり、直線に向かうまでに速い脚を使われて厳しいレースになったことが敗因であり、2年前は良馬場の川崎2100mで速い脚が必要のない上りのかかるレースで2番手追走からの圧勝でしたので、今年もそれくらいのレースをしたいはず。後述のマドラスチェックとは異なるタイプであることからも、是が非でも良馬場が欲しいタイプ。

競争馬は、年齢をとるにつれてスピードの点では衰えが出てきますが、スタミナについては年をとっても衰えることが少ないです。

というのもステイヤーではサウンドトゥルーがまだ健在ですし、芝でもトウカイトリックは10歳を超えても好走を続けておりました。

そういう意味でも、8歳とはいえスタミナや持続力という点では衰えをそこまで不安にする必要はないでしょうし、川崎2100mはスピード不要の舞台ですから十分勝負になります。

マドラスチェック

ここ3戦で言えば、大井1800m戦でレディスプレリュードで2着、JBCレディスクラシックでタイム差無しの2着、TCK女王盃で4着とマルシュロレーヌに先着したり完敗したり、昨年勝利したTCKで4着になったりと非常に走り時がわかりにくいのですが、好走時の共通点は一つだけです。

脚抜きのいい稍重馬場~不良馬場であること。

5着に敗れたブリーダーズゴールドカップ、4着に敗れたTCK女王盃がこの1年間で馬券外に敗れたレースですが、共に良馬場。

上りが13秒かかるような極端な馬場になるとタフさで劣ってしまうのかもしれませんね。

このコースは2着1回であり、直線短くラスト800m地点で脚を使えるコースですので、レースは先行脚質でありしやすそうな一頭。

そういう意味でも当日の馬場次第案件です。

前走は馬場が少しタフすぎたこと、そして馬体重が太目だったことが大きい要因でしょうし、見直し必須。

マルシュロレーヌ

桜島ステークスで上り35秒0という芝並みの末脚で圧勝し、その後もレディスプレリュード1着、JBCレディスクラシック3着、TCK女王盃1着とダート中距離牝馬戦では女王感が出てきました。

やはり末脚が信条のタイプであることからも、どこかで一度極端に緩みが欲しいタイプ。

JBCレディスクラシックでは必勝感がありましたが、このレースでは一度も緩むことがなくタフなレースラップになったことからも末脚が爆発しませんでした。

圧勝したTCKもレディスプレリュードも13秒台のラップがレース中にありましたが、JBCは一度も緩むことのないタフな持続力戦でした。

そういう意味からも、川崎2100mは距離は長くても、コーナーが急であることからかなり緩みガチなレースですので、切れ味は発揮できそう。

ただし、後方からのレースになるので川崎競馬は直線も短く物理的に届かない可能性も高いですが、小倉の桜島ステークスを見れば直線の短さ以上に、自分の競馬ができるかによるところですね。

そういう意味でもプリンシアコメータがどのようなレースをするのかにかかっている気がします。

レーヌブランシュ

アクアリーブルの南関3冠を阻んで初タイトルを奪取した舞台でこそ本領発揮ではないでしょうか!?

前走までは芳しくない成績が続きましたが、敗因は明白。

レーヌブランシュもプリンシアコメータと同様で速い脚がないので、淡々と同じラップでなければ厳しいタイプ。

そういう意味でもこの川崎2100mはコーナーが多く緩みがちではありますが、加減速の多いコースでスタミナを要するので速い脚が不要であることを考えれば、舞台は絶好感。

前走こそ切れ味に負けてしまいましたが、緩みなく、先行できれば関東オークスの再現も可能ではないかと考えます。

ダノンレジーナ

中央で1戦してから佐賀に転厩し、浦和移籍を挟んで破竹の11連勝。その後も馬券を外したのは牝馬ダートG1の最高峰であるJBCレディスクラシックでの4着のみ。その堅実さは中央馬と比較しても全く見劣りしませんよね。

加えてG1を除けば牝馬限定戦で負けなしの強烈なパフォーマンス。

前走の東京シンデレラマイルは若手牝馬筆頭のアクアリーブルを相手に強烈な決め手で圧勝。物が違うような勝ち方でした。

気になるのは、初の川崎、初の2100mという条件。浦和2000mでは牡馬相手とはいえ、A2で2着に負けてますし、少し気になるところではあります。

それでも前走初重賞制覇の勢いもありますし、人気薄で買えるようならいいですね。

エンプレス杯2021 最終予想&買い目

◎マドラスチェック

昨日の馬場や今回のメンバーで前走向いていない条件での敗退っぷりから既に3人気と人気を落としているマドラスチェックはいかにもおいしいでしょう。

ここ1年で負けたレースは時計がタフな良馬場レースのみであり、足抜きのいい稍重ー不良馬場でのレースになると1年前のTCK、レディスプレリュード、JBCと全て連対。この馬場ならいつもと変わらないメンバーで相対的に評価を上げれるはず。G1で時計差のない競馬をしたレベルなのでここでも条件合えば好走必須。サルサディオーネの出走レースでは極めて好走率が高いのも注目ですよね。今回はマルシュロレーヌよりも高評価とします。

〇レーヌブランシュ

上述の通り。

マルシュロレーヌが一本被りになれば、おそらく人気薄で買えると思いますので、個人的には買い方をどうするか今絶賛悩んでおります。

当日の馬場を考慮して、相手や買い目は最終ベスハメを配信しているLINE@で配信致します。

エンプレス杯当日の12時30分には配信予定です。

LINEの登録は下記バナー”ベスハメ”をクリックの上、宜しくお願い致します。

また、こちらで配信している中央競馬の最終レースに絞った勝負レースコンテンツである最終ベスハメも好成績を収めておりますので登録しても損はなし!?

エンプレス杯の最終予想はこちらのLINEを登録!

K-BA LIFEで競馬を楽しむ!!

 
 
◆BEST BUYを読み放題!バイブレーション競馬
 
K-BA LIFEが実際に購入するレースを厳選して配信しておりますバイブレーション競馬を会員様は読み放題です!
1頭に対して1小説くらいの物語を綴っている自己満コンテンツで有名なBESTBUYや重賞の完全予想、他の勝負レースまで紹介しています。
 
 ①BESTBUY
  当日の勝負レースです!単勝回収率は3年連続100%超え!
 
 ②重賞完全予想
  対抗以下の印と見解を記載しております。
 
 ③BETTER BUY
  BESTBUYにはいかずとも勝負レースです。
 
 ④その他人気しすぎですが買いたい馬リスト(頭固定狙い)
 
 ⑤その他穴すぎて勧めるのは忍びない馬リスト(複勝狙い)
 

◆競馬仲間と競馬を学ぶ!分科会制度

分科会では、競馬予想を深める為に、下記活動を実施しております!下記分科会で常に競馬で勝つための情報交換をしており、競馬仲間と深く学びたいという方のニーズにもお答えしますし、私も積極的に配信しております!馬場、展開、個性、必勝法に加えて、現在キル・ルメールの会も新たに構築しました。

◆皆で狂喜乱舞!!BESTBUY杯

このオンラインサロンの主目的は、全員が信念をもって勝負レースを発信できるようになることです。それを実現するために上記の分科会のアウトプットの場として、BESTBUY杯を毎月開催しております。このBESTBUY杯では、毎月優勝者には豪華景品も準備しておりますし、誰かの勝負レースで誰かが馬券を当てて、狂喜乱舞する。そして、その勝負レースの根拠で勉強して、また競馬が上手になる。そんな仕組みとなっております。入っていただければこの魅力に虜になるはずですので是非!

上記の他にも、復習コンテンツや重賞限定記事、K-BA LIFEのメモ帳等、オンラインサロンならではの仕掛けを多数発信しておりますので是非興味ある方は、現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!なので、ご参加頂ければ幸甚です。競馬予想のプロセスを学ぶにはいい環境だと自負しております!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

この最終ベスハメもプロセスは、BESTBUYと同じですが、2021年2月11日時点での成績は下記の通りです!

14R配信し、5-3-3-3の成績であり、数値化すると下記の通り。

勝率36%、複勝率79%、単勝回収率200%

地味にいい予想できていると思いますし、どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!