【オークス2020】優駿牝馬を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

【PR】競馬の大根おろし×K-BA LIFEコラボ企画

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日はオークスを予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

今年のオークスは無敗の桜花賞馬であるデアリングタクト、2戦2勝で前走フローラステークスでとてつもない競馬をしたデセル、東京で持ち味を出してくれそうなクラヴァシュドール、リアアメリア、ウーマンズハート等非常に面白いメンバーです。牝馬で2400mを走るのはゆきやなぎ賞等を走っていないと初めてになるはずですので、そういう意味でもこのオークスのラップ的な側面からどのようなレースになるかをしっかりと分析した上で、注目馬を紹介したいと考えております。

そして、このオークスを攻略するには、近年の東京競馬場の馬場の変遷やこれまでのオークスの歴史、そして日本競馬の進化について語りながら攻略していきたいと思います。テーマは、”オークスと日本競馬進化の歴史”です。

壮大ですね。でも読んで頂ければなんとなく言いたいことがわかるかなと思いますので是非最後まで読んで頂ければなと思います。

オークス2020 特別登録馬

レシステンシア以外のクラシック有力候補、トライアルからの有力候補含めてすべて揃いましたね。東京の長い直線を待ちわびた馬が多数いるので、何がなんでも出走したいって気持ちがひしひしと伝わります。

馬名
アブレイズキズナ
インターミッションディープインパクト
ウーマンズハートハーツクライ
ウインマイティーゴールドシップ
ウインマリリンスクリーンヒーロー
エヴァーガーデンアイルハヴアナザー
クラヴァシュドールハーツクライ
クリスティキズナ
サンクテュエールディープインパクト
ショウナンナデシコオルフェーヴル
ショウナンハレルヤキズナ
スマイルカナディープインパクト
ソフトフルートディープインパクト
チェーンオブラブハーツクライ
デアリングタクトエピファネイア
デゼルディープインパクト
フィオリキアリキズナ
ホウオウピースフルオルフェーヴル
マジックキャッスルディープインパクト
マルターズディオサキズナ
ミスニューヨークキングズベスト
ミヤマザクラディープインパクト
リアアメリアディープインパクト
リリーピュアハートディープインパクト
ルトロヴァイユエピファネイア

オークスを予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

オークスは”ある流れ”を経験した馬を重視したいレース

オークスは、ご存知の通り、3歳牝馬頂点決定戦であり、過去このレースを勝利した牝馬はその後も活躍が約束されているかのようなハイパフォーマンスを繰り返しており、古馬での実績を見ればもはやダービー馬以上の活躍な気がしますね。(アーモンドアイ、ブエナビスタ、ジェンティルドンナの活躍でそう思うだけかもしれませんが・・・)

オークスはご存知の通り、日本のチャンピオンコースである東京2400m戦です。600m近い直線であることからも高い持続力が求められる紛れの少ないコースであるといわれております。馬場はダービーを頂点とするように設計されており、基本的には高速時計。このようなコースを初めて3歳牝馬が走るのでどこか菊花賞的な面白さがあるのがこのオークスです。ダービーのトライアルには青葉賞がありますが、オークスはありません。オークスで2400mを経験してから出走しようとすると賞金加算がマストなタイミングでクラシックに間に合わせたい牡馬とゆきやなぎ賞やアザレア賞に出走が必要であることからもほとんどの馬が初出走になります。このようなレースであるオークスの流れをまずは過去10年のラップと一緒に説明したいと思います。

過去10年のラップを見ていただければわかります通り、2分26秒以上のレースでしたが2012年を機に2分25秒を切るか切らないかのレースとなり、2017年以降2分24秒を切るような高速レースに徐々に変わってきております。これは、馬場の進化もありますし、日本の主流血統がスピード血統になっていることも大きな要因でありますが、ここは3つ目で紹介したいと思います。では、この10年のラップについて見えるようにしたいと思います。

上記を見ていただければ、過去と近年3年のオークスの明確な差は、1000m通過後のラップが極端に速くなっているということがわかるでしょう。以前までのオークスは、2400mを経験したことがない馬が多数であり、前半から緩みに緩み、後半上り3ハロン勝負になるというレースでしたが、近年のオークスはレベルが1つ上になり、5ハロンのロングスパート勝負となっております。これを数値にすると下記です。

前半5ハロンに関しては全く近年と変わらないのですが、変化があるのは後半5ハロンでしょう。近年は1秒以上速くなっていることがわかりますし、平均の取り方が悪いですが、2015年以降に限定しても後半5ハロン59秒というより極端に傾向が出ていることがわかります。2015年以降は、59秒を切る後半5ハロンが当たり前になっておりますし、上り3ハロンの瞬発力勝負というレースではなくなり、より直線での持続力が問われるロングスパート勝負になっております。さらに全体時計が高速化していることも注目です。

このようなレースになるとやはり後半5ハロンが速い時計のロングスパート勝負の経験が非常に重要になってきます。これまで瞬発力勝負に特化したタイプですと、流れに戸惑う可能性が高く注意が必要です。

その傾向が強くなった2015年以降のマイルレース以上の距離で、後半5ハロン59秒0以下で1着になった馬を紹介します。

2019年

1着ラヴズオンリーユー 白菊賞(59秒)

2着カレンブーケドール スイートピーS(57秒6)

3着クロノジェネシス アイビーS(58秒6)、クイーンS(58秒1)

2018年

1着アーモンドアイ 桜花賞(58秒6)

3着ラッキーライラック チューリップ賞(58秒0)、阪神JF(59秒0)

2017年

1着ソウルスターリング 新馬戦(58秒9)、チューリップ賞(58秒6)

3着アドマイヤミヤビ 未勝利戦(59秒0)、クイーンS(58秒4)

2016年

1着シンハライト チューリップ賞(58秒2)

2015年

該当馬無し。

上記の通りで、極端に後半5ハロンが速くなった2017年以降はかなりの確率で馬券になっておりますが、2015年、2016年は極小です。そういう意味でもこの傾向は顕著になっているといってもいいでしょう。さらに言えば、1800m以上のレースで上り5ハロン59秒0以下の勝利経験を持つ馬は非常に少なく、希少性も高いです。近3年でいえば、クロノジェネシス、ソウルスターリング、カレンブーケドールが該当しますし、馬券外になったのもウィクトーリアとサトノワルキューレくらいですかね。

この全体時計が速くなり続けているオークスでは、過去の好走馬を考えても、この実績が重要になりますのでチェックしましょうね!

まとめると日本競馬の高速化に伴い、オークスでは5ハロンのロングスパート勝負が一般的になったということをお伝えします。

オークスでも狙える桜花賞組の信頼性ある実績

オークスはクラシックであり、尚且つ牡馬の皐月賞組以上に桜花賞組が勝ち切ることが多いのがこのレースです。

過去10年でも桜花賞組が7勝と圧倒的ですね。忘れな草賞もエリンコート、ミッキークイーン、ラヴズオンリーユーの3勝と悪くありません。一方でフローラSは複勝圏内こそあるものの、勝ち切った馬はサンテミリオンのみ。

これに関しては、「レース間隔」がそのまま影響していると考えております。

桜花賞・忘れな草賞からオークスですと中5週、フローラSからオークスですと中3週になります。この2週間の差が3歳の牝馬にとっては非常に大きな影響を及ぼしていると言えるでしょう。やはり中3週ですと、馬体の回復ケアをしながらの調整になりますから、強気に攻める調整は難しくなるのは間違いありません。

特に近年は外厩の発展により、外厩で調整し、休み明けでもG1を勝ち負けするケースが増えてきました。アーモンドアイ、グランアレグリア、サートゥルナーリアに始まり、今年でいえばコントレイルやデアリングタクトもトライアルレースをスキップしてクラシック制覇をしていますし、この余裕のあるローテーションというのは重要な要素になり、桜花賞に関しては、5週間あるので外厩でリフレッシュしながら、鍛えて、調整もしやすいというのが大きいでしょう。

そんな桜花賞馬でも、アーモンドアイ、ジェンティルドンナのように連破する馬とダノンファンタジーやレーヌミノルのように破れてしまう桜花賞馬の差はどこにあるのかというところをしっかりと分析したいと思います。このオークスで好走する桜花賞組の共通点はわかりやすいですけど、下記です。

マイル以上のレースで牡馬相手に勝利経験があるのか。

わかりやすく過去5年でピックアップします。

2019年 

3着 クロノジェネシス

2018年

1着 アーモンドアイ

2着 リリーノーブル

3着 ラッキーライラック

2017年

1着 ソウルスターリング

3着 アドマイヤミヤビ

2016年

1着 シンハライト

2015年

2着 ルージュバック

3着 クルミナル

これら9頭が該当します。桜花賞組というだけで15頭中が9頭が馬券になり、さらに7頭が勝ち上がるので最重要レースですよね。これら桜花賞からのローテーションでなおかつオークスで好走する馬の共通点として、牡馬とのマイル以上のレースで好走実績がある馬をピックアップします。新馬戦は除きたいと思います。

2019年 

3着 クロノジェネシス(アイビーステークス)

2018年

1着 アーモンドアイ(シンザン記念)

2017年

1着 ソウルスターリング(アイビーステークス)

3着 アドマイヤミヤビ(百日草特別)

2015年

2着 ルージュバック(きさらぎ賞)

上記の通り、8頭中5頭は牡馬との好走実績があり、なんなら該当しなかった3頭は対戦経験がなかっただけです。そして、前走桜花賞組で、牡馬とのマイル以上のレースで勝利実績があり、オークスで敗れた馬は、エールヴォア、キャットコイン、ペルフィカの3頭だけ。勝率のほうが高いんですよね。これは相当信頼性の高いデータだといえます。

さらにいえば、牡馬と好走実績があり、オークスで敗退した馬の内、エールヴォア以外は、マイルレースでの牡馬好走実績です。1800m以上の距離で牡馬との対戦で勝利実績があり、桜花賞を経由している馬は過去5年でも4頭おり、そのうち3頭が馬券になっている信頼性あるデータになります。エールヴォアは逃げ残っての勝利ですので、フロックと考えるのがいいかもしれませんね。

いずれにしても、牡馬との実績馬については確実に抑えるようにしましょう。

オークスもレースの質と共に好走血統に変化あり

オークスはこれまで日本競馬の進化と共に、後半5ハロンのロングスパート勝負になるということをお伝えしました。

オークスの基本的な血統傾向の考え方は、欧州系の血統に優位性があることです。

レースの質が明らかに変わる2014年でいえば、ハープスターが母系にファルヴラヴという欧州系の血統、2015年のミッキークイーンは母系がヌレイエフ系、2016年シンハライトの母父シングスピール、ビッシュが欧州系の母父アカテナンゴ、2017年はソウルスターリングが母父モンズン、モズカッチャンがハービンジャー産駒というように欧州系が目立ちますが、それ以上にこだわりたいのは、米国系の血統

過去にも好走馬がちらほらいましたが、明らかに5ハロンロングスパート勝負に拍車がかかり、全体時計も高速化しているここ3年ではよりこの傾向が加速しております。米国系血統の持つ持続性と成長力の速さ、そしてスピードがオークスとマッチするのでしょう。

過去5年の枠で見れば、近3年の米国系血統の偏りは明らかです。

2019年

1着 ラヴズオンリーユー(母父ストームバード系

2着 カレンブーケドール(母父ストームバード系

3着 クロノジェネシス(母父ヴァイスリージェント系

2018年

1着 アーモンドアイ(ロードカナロアがストームバード持ち

2着 リリーノーブル(母父ヴァイスリージェント系

3着 ラッキーライラック(母父フォーティナイナー系

2017年

3着 アドマイヤミヤビ(母父ヴァイスリージェント系

上記の通りで、ロングスパート勝負になるので欧州系の血統が活きる過去のオークスから、高速化の要素が加わり、米国系血統の活躍が目覚ましくなりました。この日本競馬のトレンドといってもいい、米国系の血統については、オークスでしっかりと注目が必要になります。

オークス2020 外厩情報

ノーザンファーム天栄の育てた最高傑作”アーモンドアイ”がヴィクトリアマイルで圧勝。NHKマイルカップではしがらき経由のラウダシオン、レシステンシアで1.2フィニッシュでした。天皇賞春もフィエールマンの直行ローテーションで天栄仕上げが爆発。昨年のオークスもラヴズオンリーユーがノーザンファームしがらきからの直行ローテーションで制覇していることからもこの外厩情報はオークスを予想する上で、仕入れておいて損はないでしょう。現代競馬で欠かすことのできない外厩情報は、昨年のG1戦線を席巻したノーザンファームの成績を見れば一目瞭然。

特にトレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練されたヴィクトリアマイル出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。

外厩情報はこちら

競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。入手方法は下記の通りです。

①競馬セブンに登録する。

②週末になり、アクセスし、下記画像の社台軍団の本音にアクセス

 

④外厩情報リストを確認する。下記のようなリストがあります。

オークス2020 BEST BUYな1頭

上述の通り、オークスは後半5ハロンのロングスパート勝負になり、後半5ハロン59秒以下の時計で勝利実績があり、桜花賞組の中でも牡馬との混合戦で実績を残し、米国血統が馬券になるようになったとお伝えしました。

では、どの馬!?って点については、オークスには今年多数の特別登録馬がおり、このすべての馬をK-BA LIFEですべて分析して、上記の3つのことをベースに注目馬を抽出したいと思います。

例えば、桜花賞馬のデアリングタクトについては下記のような分析になります。

無敗の桜花賞馬であるデアリングタクトは、上り5ハロン59秒以下の勝利実績として、エルフィンステークスが該当します。エルフィンステークスでは、エーポスやウインマイティ―などの重賞馬を相手に上りも2位よりも0秒9速い時計のかなりレベルの高い持続力を発揮して圧勝し、桜花賞では時計的には馬場もあり評価できませんが、前有利な馬場で1頭だけ後方から追い込みを決めたことで、明らかに世代の中での力量差を示しており、時計以上に強い内容でしたので、オークスでも1強感あります。牡馬との対戦成績は新馬戦のみ。血統的には、近年のトレンドである米国系の血統と高速時計に強い日本の主流血統の組み合わせではないので、正直ぴったりとは言えないことからも一本被りなら嫌ってみるのもいいかもしれませんね。

デアリングタクトではない、オークスで本当に狙いたいBEST BUYな1頭については、Youtube競馬番組で配信中ですので是非チャンネル登録をして頂き、配信をお待ちいただければと存じます。5月は穴をねらいすぎている癖が悪い方向にでていますが、まだまだ単勝回収率は今年度100円は余裕で超えております。

オークスの大注目馬はこちら!

BEST BUY検討委員会について

BEST BUY検討委員会って何?というお問い合わせを多数いただくようになりました。

BEST BUY検討委員会は、オンライン上の競馬サークル、いや、本気度でいえば競馬の部活動のような活動です。

参加者全員が自信の勝負レースを検討委員会内でプレゼンし、チーム対抗戦の勝負レース選定に選ばれるように日々努力し、そして開催日に狂喜乱舞するという活動です。また、チーム対抗戦で優勝チームには、BEST BUY杯に参加頂き、毎月商品券争奪戦をして頂きます。他のサロンと異なるのは、頂いた会費の大半を下記の活動費用に充てていることかなと思いますので、内容も充実しております。

◆K-BA LIFEの勝負レース”BEST BUY”

重賞レースよりも回収率が高いので配当が高く、単勝の的中率が高い馬を狙う勝負レースコンテンツです。昨年は単勝回収率177%でした。5月10日終了時点での成績は下記です。

◆大根おろし様との”一日一善”

超有名な競馬の大根おろし様とのコラボ企画です。1日1レース大根おろし様と勝負レースを協議し、複勝で徳を積み、10万円に到達したら大勝負というコンテンツです。現在約5万円の徳を積んでおり、時々全コロしたりと好き放題競馬を楽しんでおりますw

◆1か月3万円馬券生活

BEST BUYや重賞予想を活用し、結果にフルコミットしております。1か月の予算3万円でいかに”予想の印を馬券にするか”を考え抜き、この5月という競馬が年で一番盛り上がるダービー月間であえて予算の上限額を設定し、その中でのやり繰りを本気で考え、投票履歴含めてフル開示し、誰にも嘘偽りなく1か月3万円馬券生活をしております。目的は、1か月3万円馬券生活をすることにより理想的な家計の中で競馬を楽しみ、勝つ手段を自分が手に入れて、検討委員会で共有できればと考えております。

3万円の予算は、1レースで使おうと思えば使えますが、それでは”生活”を犠牲にするリスクもあります。勝負レースの位置づけやリスクの考え方、勝負レートを定量的に分析し、実践し、軌道修正し、予想をお金に買える方法を定量的に分析したいと思いますし、提案しようと考えております。

◆競馬の復習部屋

開催終わりには、レースを見て、K-BA LIFE流復習基準をベースに、レースを復習し、次走注目馬をメンバー全員で共有しております。前走~の条件で、今回~の条件だから買える、前走~不利で、今回は~だから買える等をベースにしております。さらに、復習した馬は、出走時にリマインドするように検討委員会でしっかりと管理しております。

◆開催週予想談義

開催週の予想談義をしていただくスレッドを準備しておりますので、皆様にわいわいして頂いております。時々K-BA LIFEのlive配信で、観戦会を企画しております。

◆WIN5検討委員会

とにかくWIN5を予想します。パイセンと2名で一人1頭厳選し、1レース2頭で億の配当を狙います。

上記以外にも色んな委員会がありますので、是非競馬を楽しむ仲間を集めたいという方や勝負レースにこだわりを持ちたいという方はお待ちしております!

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

以上です!

最終勝負レースコンテンツ”FINAL BEST BUY”