【海外競馬予想】キングジョージ6世&クイーンエリザベスS【傾向と対策】

【PR】外厩情報を無料でゲットするにはこちら

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

日本で一番有名なイギリスのレースと言えば、このキングジョージ6世&クイーンエリザベスSではないでしょうか。

欧州3冠(英ダービー、キングジョージ、凱旋門賞)の1つであり、賞金もイギリスで三番目に高いレースです。

伝統と格式のあるレースに加えて、アスコット競馬場という華やかな競馬場で開催されることもあり日本のホースマンの憧れのレースとなっております。最近では、ダービー馬ディーププリランテが出走しましたし、過去には、ハーツクライが世界的名馬のエレクトロキューショニスト、ハリケーンラントの接戦の末、3着と惜しい結果となっておりました。また、3歳馬の参戦としては、エアシャカールが5着になったこともありますし、武豊が騎乗したホワイトマズルは日本馬ではありませんが、2着になったことから日本でも馴染みのあるレースと言えます。今後も参戦する日本馬は、出てくると思いますので、注目したいですね。

キングジョージ6世&クイーンエリザベスS 概要

凱旋門賞と同様に3歳馬や牝馬に有利な条件となっております。

エネイブルやタグルーダは最も軽い斤量の3歳牝馬で制覇しており、この斤量は無視できないでしょう。しかしながら、凱旋門賞よりは、開催が早いため、3歳馬の成長が追いつかず、絶対有利ということでもありません(過去10年で3勝)。それでも前述の通り斤量は5Kg程度差がありますので注意が必要です。

距離

芝12ハロン(≒2414m)

格付け

G1

1着賞金

652,16ポンド

出走条件

3歳以上

斤量

3歳牡・騙馬 =121ポンド(≒54.9kg)

4歳以上牡・騙馬 =133ポンド(≒60.3kg)

牝馬は3ポンド(≒1.4kg)減量

南半球生まれの4歳馬は4ポンド(≒1.8kg)減量

キングジョージ6世&クイーンエリザベスS 過去結果

頭数

優勝馬

タイム

性齢

優勝騎手

優勝調教師

2015

7

Postponed

2.31.25

牡4

A.Atzeni

L.Cumani

2014

8

Taghrooda

2.28.13

牝3

P.Hanagan

J.Gosden

2013

8

Novellist

2.24.60

牡4

J.Murtagh

A.Wohler

2012

10

Danedream

2.31.62

牝4

A.Starke

P.Schiergen

2011

5

Nathaniel

2.35.07

牡3

W.Buick

J.Gosden

2010

6

Harbinger

2.26.78

牡4

O.Peslier

M.Stoute

2009

9

Conduit

2.28.73

牡4

R.Moore

M.Stoute

2008

8

Duke of Marmalade

2.27.91

牡4

J.Murtagh

A.P.O’Brien

2007

【PR】サラブレ/Gallopを最も安く読むには楽天マガジン

7

Dylan Thomas

2.31.11

牡4

J.Murtagh

A.P.O’Brien

2006

6

Hurricane Run

2.30.29

牡4

C.Soumillon

A.Fabre

2005

12

Azamour

2.28.26

牡4

M.Kinane

J.Oxx

キングジョージ6世&クイーンエリザベスS コース分析

キングジョージ6世&クイーンエリザベスSの開催されるアスコット競馬場は、非常にユニークなコースです。

図のように三角形コースであり、起伏の激しいコースとなっております。スタート後は、下りで、その後上りが何箇所かあり、タフなコースとなっております。高低差も東京競馬場の8倍と言われる22mもあり、非常にタフさとパワーを求められる競馬場です。

そのため、レコードは、2分24秒台と高速時計ですが、平均的には、2分28秒〜2分30秒あたりの走破時計となっておりますので、欧州スタミナ系の重厚な血統馬が有利です。

スクリーンショット 2016-06-13 14.01.41

By the way

アスコット競馬場は、非常に綺麗な競馬場で、私もイギリスへの出張ついでで行ったことがあります。みんながパーティーに来たような雰囲気で、時には仮装などもしている人もいました。非常に印象的だったのは、過去の名馬を名乗ったバーがそこいら中にあり、ニジンスキーバーでウオッカを飲んだことは、いい思い出です。

IMG_0852.JPG

キングジョージ6世&クイーンエリザベスS 血統分析

やはりノーザンダンサーに代表される欧州スタミナ系の血脈が良績を残しております。しかしながら、欧州系一辺倒というわけではなく、注目は、時折ミスプロやロベルトのような米国系の血統が勝利していることです。

2018年の1着ポエッツワードや3着コロネットも父ミスプロ系ですし、2015年のポストポンドもミスプロ系でした。

日本競馬主流のディープ×ストームキャットのような血統であれば、日本馬にもチャンスがあるかもしれませんね!?

優勝馬

父系

母父

母父の父

Postponed

Dubawi

Mr. Prospector

Dubai Destination

King Manbo

Taghrooda

Sea the Stars

Danzig

Sadler’s Wells

Northern Dancer

Novellist

Monsun

Blandford

Lagunas

Ile de Bourbon

Danedream

Lomitas

Nijinsky

Danehill

Danzig

Nathaniel

Galileo

Sadler’s Wells

Silver Howk

Roberto

Harbinger

Dansili

Danzig

Bering

Arctic Tern

Conduit

Dalakhani

Mill Reef

Sadler’s Wells

Northern Dancer

Duke of Marmalade

Danehill

Danzig

Kingmanbo

Mr. Prospector

Dylan Thomas

Danehill

Danzig

Diesis

Sharpen Up

Hurricane Run

Montjeu

Sadler’s Wells

Surumu

Literat

Azamour

Night Shift

Northern Dancer

Lear Fan

Roberto