【海外競馬予想】キングジョージ6世&クイーンエリザベスS【傾向と対策】

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

日本で一番有名なイギリスのレースと言えば、このキングジョージ6世&クイーンエリザベスSではないでしょうか。

欧州3冠(英ダービー、キングジョージ、凱旋門賞)の1つであり、賞金もイギリスで三番目に高いレースです。

伝統と格式のあるレースに加えて、アスコット競馬場という華やかな競馬場で開催されることもあり日本のホースマンの憧れのレースとなっております。最近では、ダービー馬ディーププリランテが出走しましたし、過去には、ハーツクライが世界的名馬のエレクトロキューショニスト、ハリケーンラントの接戦の末、3着と惜しい結果となっておりました。また、3歳馬の参戦としては、エアシャカールが5着になったこともありますし、武豊が騎乗したホワイトマズルは日本馬ではありませんが、2着になったことから日本でも馴染みのあるレースと言えます。今後も参戦する日本馬は、出てくると思いますので、注目したいですね。

キングジョージ6世&クイーンエリザベスS 概要

凱旋門賞と同様に3歳馬や牝馬に有利な条件となっております。

エネイブルやタグルーダは最も軽い斤量の3歳牝馬で制覇しており、この斤量は無視できないでしょう。しかしながら、凱旋門賞よりは、開催が早いため、3歳馬の成長が追いつかず、絶対有利ということでもありません(過去10年で3勝)。それでも前述の通り斤量は5Kg程度差がありますので注意が必要です。

距離

芝12ハロン(≒2414m)

格付け

G1

1着賞金

652,16ポンド

出走条件

3歳以上

斤量

3歳牡・騙馬 =121ポンド(≒54.9kg)

4歳以上牡・騙馬 =133ポンド(≒60.3kg)

牝馬は3ポンド(≒1.4kg)減量

南半球生まれの4歳馬は4ポンド(≒1.8kg)減量

キングジョージ6世&クイーンエリザベスS 過去結果

頭数

優勝馬

タイム

性齢

優勝騎手

優勝調教師

2015

7

Postponed

2.31.25

牡4

A.Atzeni

L.Cumani

2014

8

Taghrooda

2.28.13

牝3

P.Hanagan

J.Gosden

2013

8

Novellist

2.24.60

牡4

J.Murtagh

A.Wohler

2012

10

Danedream

2.31.62

牝4

A.Starke

P.Schiergen

2011

5

Nathaniel

2.35.07

牡3

W.Buick

J.Gosden

2010

6

Harbinger

2.26.78

牡4

O.Peslier

M.Stoute

2009

9

Conduit

2.28.73

牡4

R.Moore

M.Stoute

2008

8

Duke of Marmalade

2.27.91

牡4

J.Murtagh

A.P.O’Brien

2007

7

Dylan Thomas

2.31.11

牡4

J.Murtagh

A.P.O’Brien

2006

6

Hurricane Run

2.30.29

牡4

C.Soumillon

A.Fabre

2005

12

Azamour

2.28.26

牡4

M.Kinane

J.Oxx

キングジョージ6世&クイーンエリザベスS コース分析

キングジョージ6世&クイーンエリザベスSの開催されるアスコット競馬場は、非常にユニークなコースです。

図のように三角形コースであり、起伏の激しいコースとなっております。スタート後は、下りで、その後上りが何箇所かあり、タフなコースとなっております。高低差も東京競馬場の8倍と言われる22mもあり、非常にタフさとパワーを求められる競馬場です。

そのため、レコードは、2分24秒台と高速時計ですが、平均的には、2分28秒〜2分30秒あたりの走破時計となっておりますので、欧州スタミナ系の重厚な血統馬が有利です。

スクリーンショット 2016-06-13 14.01.41

By the way

アスコット競馬場は、非常に綺麗な競馬場で、私もイギリスへの出張ついでで行ったことがあります。みんながパーティーに来たような雰囲気で、時には仮装などもしている人もいました。非常に印象的だったのは、過去の名馬を名乗ったバーがそこいら中にあり、ニジンスキーバーでウオッカを飲んだことは、いい思い出です。

IMG_0852.JPG

キングジョージ6世&クイーンエリザベスS 血統分析

やはりノーザンダンサーに代表される欧州スタミナ系の血脈が良績を残しております。しかしながら、欧州系一辺倒というわけではなく、注目は、時折ミスプロやロベルトのような米国系の血統が勝利していることです。

2018年の1着ポエッツワードや3着コロネットも父ミスプロ系ですし、2015年のポストポンドもミスプロ系でした。

日本競馬主流のディープ×ストームキャットのような血統であれば、日本馬にもチャンスがあるかもしれませんね!?

優勝馬

父系

母父

母父の父

Postponed

Dubawi

Mr. Prospector

Dubai Destination

King Manbo

Taghrooda

Sea the Stars

Danzig

Sadler’s Wells

Northern Dancer

Novellist

Monsun

Blandford

Lagunas

Ile de Bourbon

Danedream

Lomitas

Nijinsky

Danehill

Danzig

Nathaniel

Galileo

Sadler’s Wells

Silver Howk

Roberto

Harbinger

Dansili

Danzig

Bering

Arctic Tern

Conduit

Dalakhani

Mill Reef

Sadler’s Wells

Northern Dancer

Duke of Marmalade

Danehill

Danzig

Kingmanbo

Mr. Prospector

Dylan Thomas

Danehill

Danzig

Diesis

Sharpen Up

Hurricane Run

Montjeu

Sadler’s Wells

Surumu

Literat

Azamour

Night Shift

Northern Dancer

Lear Fan

Roberto

K-BA LIFEで競馬を楽しむ!!

 
 
◆BEST BUYを読み放題!バイブレーション競馬
 
K-BA LIFEが実際に購入するレースを厳選して配信しておりますバイブレーション競馬を会員様は読み放題です!
1頭に対して1小説くらいの物語を綴っている自己満コンテンツで有名なBESTBUYや重賞の完全予想、他の勝負レースまで紹介しています。
 
 ①BESTBUY
  当日の勝負レースです!単勝回収率は3年連続100%超え!
 
 ②重賞完全予想
  対抗以下の印と見解を記載しております。
 
 ③BETTER BUY
  BESTBUYにはいかずとも勝負レースです。
 
 ④その他人気しすぎですが買いたい馬リスト(頭固定狙い)
 
 ⑤その他穴すぎて勧めるのは忍びない馬リスト(複勝狙い)
 

◆競馬仲間と競馬を学ぶ!分科会制度

分科会では、競馬予想を深める為に、下記活動を実施しております!下記分科会で常に競馬で勝つための情報交換をしており、競馬仲間と深く学びたいという方のニーズにもお答えしますし、私も積極的に配信しております!馬場、展開、個性、必勝法に加えて、現在キル・ルメールの会も新たに構築しました。

◆皆で狂喜乱舞!!BESTBUY杯

このオンラインサロンの主目的は、全員が信念をもって勝負レースを発信できるようになることです。それを実現するために上記の分科会のアウトプットの場として、BESTBUY杯を毎月開催しております。このBESTBUY杯では、毎月優勝者には豪華景品も準備しておりますし、誰かの勝負レースで誰かが馬券を当てて、狂喜乱舞する。そして、その勝負レースの根拠で勉強して、また競馬が上手になる。そんな仕組みとなっております。入っていただければこの魅力に虜になるはずですので是非!

上記の他にも、復習コンテンツや重賞限定記事、K-BA LIFEのメモ帳等、オンラインサロンならではの仕掛けを多数発信しておりますので是非興味ある方は、現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!なので、ご参加頂ければ幸甚です。競馬予想のプロセスを学ぶにはいい環境だと自負しております!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

この最終ベスハメもプロセスは、BESTBUYと同じですが、2021年2月11日時点での成績は下記の通りです!

14R配信し、5-3-3-3の成績であり、数値化すると下記の通り。

勝率36%、複勝率79%、単勝回収率200%

地味にいい予想できていると思いますし、どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!