【シンザン記念2021予想】中京開催のシンザン記念だからこそ買える馬

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は、シンザン記念2021の予想記事です。

中京で開催されるシンザン記念の狙える馬やそうでない馬を紹介したいと思います。枠が決まってないので展開次第ではこれるなど予想のヒントを紹介しようと考えてます。

シンザン記念が開催される中京マイル戦は、先週も京都金杯がありましたので簡単にコースのポイントをおさらいします。

根幹距離にしては珍しく最初のコーナーまでの距離が短いコースレイアウトです。オープン戦のレースで開催されることが中京記念だけであり、年に1回しかないので、下級戦のレースで主に使用されます。

そういう意味でも中間ラップが非常に緩み、ラスト3ハロン勝負のラップとなります。これは東京1800mとも同様な傾向があり、スタートしてからすぐにコーナーがあることからも序盤はそこまで時計が厳しくなく、その後バックストレッチで緩い上り坂をゆっくりと進み、下り坂から徐々にペースが上がりますが、それでも急なペースアップでなく、直線勝負のようなラップになります。

その為、過去5年の中京1600mの古馬戦のみをピックアップしたのが下記です。

そういう意味でも末脚の質を重視したいレースと言えます。

ただ、一方で先週の京都金杯は緩むことなくタイトなペースで流れ、なおかつ前が残るような馬場でしたので持続力を求められました。これが3歳限定戦になるとある程度緩むことが考えられますので、緩んだ時の末脚の質を重視したいと考えます。

シンザン記念2021 個別予想

ククナ

ジェンティルドンナ、アーモンドアイといった名牝によるシンザン記念制覇は、クラシックを盛り上げますし、何よりも牝馬の時代。この牝馬を語らないとシンザン記念は語れないでしょう。

まずここでもダントツと考えてもいいでしょう。

新馬戦は大きく出遅れてオパールムーンの3着に加えて上がり最速、未勝利戦はラスト4ハロンが加速ラップのスピード勝負で外外を回して余裕の勝利、極め付けはアルテミスステークス。アルテミスステークスは過去何度か紹介した通りで、スローの瞬発力勝負。その展開でも、向正面でごちゃつく不利があり、後方となり、直線でも抜け出すスペースがなくかなり追い出しが遅れる不利。ある程度前が有利な瞬発力戦で、勝ち馬ソダシが抜け出して最早手遅れのタイミングでとてつもない加速を見せて2着になったククナは不利がなければ勝利していたと考えますし、その相手が2歳女王なので価値ある一戦。

既に能力面は証明してますし、アルテミスステークスと同じ左回りのマイル舞台。中京マイルはスローの瞬発力戦になりやすいですし、クラシックを見据える3歳戦であれば尚更控える陣営の方が多いでしょうから、ククナにとっては絶好なはず。

ある程度のポジションで競馬をしなければ不安な馬場ではありますので、クラシックに向けてどのような位置で競馬するのか見どころですね。

ダディーズビビット

同舞台で2戦1勝2着1回と既に適性の高いダディーズビビットも面白い。マイル4戦で崩れたのはサウジアラビアRCのみであり、良馬場なら見限れない。朝日杯こそ敗れましたが能力は上位のホウオウアマゾンの2着となった野路菊ステースクス、センスの違いを見せつけたこうやまき賞と共に好位で競馬をして抜け出す内容。レースラップは共にスローよりのレースの中で前で折り合う競馬なので、シンザン記念の中京マイルでも再現性あり、似たようなラップになりそう。今の中京馬場は内の前が有利な馬場ですので、もし流れるようなレースなら脚質利はありそうですが団子の瞬発力戦になるとさすがにスピードの瞬発力不足になるのでそこは見極めたいところ。

レゾンドゥスーリス

母ローブディサージュ、父ハーツクライの良血馬。新馬戦は前半38.0と超のつくスローペースであり、スタートしてから中段で落ち着き、3コーナー前で先頭集団にとりつき、その後また離された3番手になり直線は外に出して上がり最速といかにもまだまだ遊んでる感。伸び代はあると思いますが、この舞台で高評価までは難しそう。

ロードマックス

朝日杯でも重めの印を打ち、上がり2位の末脚で6着。その前の東京1400mの京王杯で上り最速の末脚で時計差無しの2着まで追い込んだことからも能力は高い。

この京王杯はモントライゼ以外は全て差し馬の決着ではありますが、直線11.4-11.3-12.0とかなりの瞬発力を求められたレースでもあったので後方から2着まで持ってこれる脚力は魅力的です。

陣営もここを意識したというように、前哨戦ではガッチリと折り合いに専念して末脚に専念。

【S級美人UMAJOがプライベートショットや予想を配信中】

また、新馬戦では不良馬場の時計のかかる馬場を逃げて圧勝し、時計のかかるレースを経験し、2戦目では前傾ラップとなった新潟2歳ステークスで先行して展開や馬場と逆の競馬をし、京王杯では差しの競馬に徹して馬が変わったような走りぶり。

今回のシンザン記念では中京マイルであり、大箱の左回りコースであることからも京王杯2歳ステークスとにた舞台。末脚の本領発揮に期待したいですね。

ブルーシンフォニー

新馬戦の勝ちっぷりからも左回りマイル戦は狙いたい一頭。

特に、新馬戦の内容がいいですね。出遅れてから後方からの競馬で、直線も壁になり全く万事休すというところで残り200mで外に出してから差し切り。末脚という意味では桁違いの内容でした。

レースの流れとしてもマイルレースではありましたが、中間ラップが緩むこともなくかつ上り3ハロンは34秒7と中々のハイレベルなレース。先行馬も残るような馬場の中でもしっかりと残り200mまで進路なく進み、上り最速で差し切った内容は評価したいですし、2着馬のカランドゥーラは格上げ挑戦のコスモス賞を岡田軍団のマークをはねのけて2着になり、未勝利戦もしっかりと勝ち上がり。

新潟2歳ステークスでは、スタートで出負けしてしまい、先行のポジションまで盛り返しながら早仕掛けとなった分、最後は勝ち馬に差されてしまいましたが、それでも3着馬には楽に先着してますし、能力を感じる内容でした。外から突き抜けた馬に対して、内を通っての進路取りも不利に働いたように思います。

前走の京王杯2歳ステークスは短距離戦でありながらスローになり、加えて出遅れ+掛かり。かなり幼い面を見せていましたが、持っているポテンシャルは重賞でも上位可能。外枠が続いて掛かる面を見せてるので真ん中あたりの枠で狙いたい。外枠なら軽視。

以上がブログでの穴馬分析になります!

ブログでは、各馬分析も一部の情報公開となっておりますが、BESTBUY検討委員会では、誰でも見れるブログでは伝えきれない他の馬の情報まで配信しております。

今回のシンザン記念出走馬の中でも、上記以外に本命級の一頭と人気薄必須でも買いたいという2頭についてはBESTBUY検討委員会で限定公開中!

重賞記事以外にも下記コンテンツを週末には配信予定です!現在、3日間無料体験中ですので是非!

 ①BESTBUY(芝・ダート各1レース)by K-BA LIFE
 ②BESTBUY(分科会アウトプットから導く)
 ③重賞完全予想
 ④BETTER BUY
 ⑤その他人気しすぎですが買いたい馬リスト(頭固定狙い)
 ⑥その他穴すぎて勧めるのは忍びない馬リスト(複勝狙い)
 ⑦(不定期)血統コンテンツ~牝系から攻める競馬~ 
       Youtubeでも番外編のバイブレーション競馬予定!
 

BESTBUY検討委員会はこちら

フェアリーステークス2021 予想

フェアリーステークス2021については傾向分析及び有力馬分析を下記ブログにて紹介中です!

是非ご高覧頂ければと存じます。

【フェアリーステークス2021予想】絶対に知っておきたい傾向と人気の有力馬徹底予想

 
 
ブログでは、一部の情報公開となっておりますがBESTBUY検討委員会では、誰でも見れるブログでは伝えきれない情報まで全て配信しております。
特に勝負レースについてはBESTBUY検討委員会でのみ配信となります!

現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!

オンラインサロン機能を活かして、勝負レースを導くプロセスを多方面から学べるコンテンツとなっておりますし、馬券バトルを初めとして多数の企画も実施しております。

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

LINE登録はこちらから!