• HOME
  • Home
  • 中央競馬 , 予想
  • 【ジャパンカップ2018】ジャパンカップを予想する上で絶対に知っておきたい3つのこと【中央競馬予想】

【ジャパンカップ2018】ジャパンカップを予想する上で絶対に知っておきたい3つのこと【中央競馬予想】

【PR】外厩情報を無料でゲットするにはこちら

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

どうもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は、競馬ができませんでしたが、マイルチャンピオンシップの予想は完璧でした!月曜日からゴリゴリの◎で推していたステルヴィオ、さらに対抗のペルシアンナイトで1,2フィニッシュでした。異常投票では、モズアスコットやアエロリットが人気しておりましたが、2頭はマイルチャンピオンシップでは重視できない理由も明確でしたので会心の予想ができたと思います。これで京都のG1も今年最後になりました。少し寂しいですが、今週はなんといってもジャパンカップ2018です!これ以上ないってくらいの最高の賞金に呼応するような最高のメンバーが揃いました。

ステルヴィオを一本釣りできましたこの企画ですので、気合いが入ります!

それでは、ジャパンカップ2018を予想する上で絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

お前のブログは長いからまずは結論を教えろ!という方は、結論をまず紹介します。今年のジャパンカップで注目したいのは、枠が悪ければ考え直しますが、この馬はどう考えても広いコースでこその馬です。アーモンドアイをしっかりと撃破してください!


中央競馬ランキング

もう1頭の注目馬は、持久力戦ナンバー1と勝手に思っているグレイソヴリンを持つこの馬です。前回はやられましたが今回こそ・・・下記ブログランキングで紹介中です。


最強競馬ブログランキングへ

それでは本編をどうぞ!

ジャパンカップ2018 特別登録馬

なんといってもトリプルティアラのアーモンドアイが出走することで話題の今年のジャパンカップです。ジェンティルドンナが以来の3冠+JC制覇なるか!?3歳牝馬はジャパンカップでは非常に好成績ですので、期待が持てますね!さらに、雪辱のスワーヴリチャード、古豪となったサトノダイヤモンド、マカヒキ、サトノクラウンも出走しますし、天皇賞秋で好走のキセキも出走します。この力関係が見えにくい一戦は面白くていいですね~!それにしてもマカヒキとサトノダイヤモンドが同じレースに出走するのはダービー以来ですし、裏テーマとして、凱旋門賞を経験後の再戦なんていいですよね~。

馬名
アーモンドアイ53ロードカナロア
ウインテンダネス57カンパニー
カプリ57Galileo
ガンコ57ナカヤマフェスタ
キセキ57ルーラーシップ
サウンズオブアース57ネオユニヴァース
サトノクラウン57Marju
サトノダイヤモンド57ディープインパクト
サンダリングブルー57Exchange Rate
シュヴァルグラン57ハーツクライ
スワーヴリチャード57ハーツクライ
ノーブルマーズ57ジャングルポケット
ハッピーグリン55ローエングリン
マカヒキ57ディープインパクト
ミッキースワロー57トーセンホマレボシ
ミッキーロケット57キングカメハメハ

ジャパンカップ2018を予想する上で絶対に知っておきたい3つのこと

コース・ラップ分析

ジャパンカップは、日本一の賞金レースであり、馬の能力がそのまま結果に反映されるクラシックディスタンスでのレースです。

東京競馬場2400mは、ダービーコースですから、日本の主流となる道中溜めて、直線勝負というレースになりがちです。

過去10年間のラップを見てみましょう。

注目したいのは、下記2点です。

・過去10年中8回が後傾ラップ

・直線勝負であるのにも関わらず中間ラップが緩まない。

この2点がポイントになります。

後傾ラップであることからも、末脚の切れ味勝負に強いのは斤量が有利な牝馬の活躍が目立ちます。牝馬の活躍といえば下記のように毎年のように好走馬がいます。斤量有利な3歳牝馬もいい感じですね。

2008年 3着ウオッカ

2009年 1着ウオッカ、3着レッドディザイア(3歳)

2010年 1着(降着)ブエナビスタ

2011年 1着ブエナビスタ

2012年 1着ジェンティルドンナ(3歳)

2013年 1着ジェンティルドンナ、2着デニムアンドルビー(3歳)

2015年 1着ショウナンパンドラ

後傾ラップでありながらも、中間ラップが緩まないレースというのは、一定のスタミナも求められるレースであるということです。過去10年でも菊花賞馬や天皇賞春での活躍馬も目立ちます。天皇賞春、菊花賞1着馬だけであれば、下記になります。

2009年 2着オーケンブルースリ

2011年 3着ジャガーメイル

2012年 2着オルフェーヴル

2014年 1着エピファネイア

2016年 1着キタサンブラック 

2017年 3着キタサンブラック

特に、この2年のようにキタサンブラックが流れを作るようなジャパンカップであると、2016年は、キタサンブラック、サウンズオブアース、シュヴァルグランと天皇賞春や菊花賞で馬券内に入ったことがある馬の3頭で決まりましたし、2017年もシュバルグランとキタサンブラックが1着、3着と活躍しておりました。

まとめると、牝馬は買い、菊花賞や天皇賞春の好走馬も買い。という整理になります。

血統

このコースはとにかく日本の主流血統でしょう。日本ダービーもそうでしたが、現在の日本競馬は、リーディング上位種牡馬の産駒がダービーやジャパンカップのような東京2400mを勝つように馬産地から育成まで緻密に設計されております。

日本の主流血統は、現状は2強時代。

・サンデーサイレンス系

・キングマンボ系

この2つの血統でありながらも、更に下記の種牡馬の子がダービー適正が出ます。

【サンデー系】

・ディープインパクト

・ハーツクライ

・ステイゴールド

【キングマンボ系】

・キングカメハメハ

上記であることは間違いないでしょう。今年のダービーはその象徴とも言っていいでしょうが、ワグネリアンは父ディープインパクトで母父がキングカメハメハというダービー馬×ダービー馬の血統です。それがダービー馬になっておりますし、2着のエポカドーロはオルフェーヴル産駒(祖父はステイゴールド)、3着の大穴コズミックフォースもキングカメハメハ産駒。このように東京2400mは、シンプルに主流血統を狙います。

そういう意味でも近3年の血統事情を解説しますと、

2017年:

1着 シュヴァルグラン(ハーツクライ)

2着 レイデオロ(キングカメハメハ)

3着 キタサンブラック(ディープインパクトの全兄ブラックタイド)

2016年

1着 キタサンブラック(ディープインパクトの全兄ブラックタイド)

2着 サウンズオブアース

3着 シュヴァルグラン(ハーツクライ)

2015年

1着 ショウナンパンドラ(ディープインパクト)

2着 ラストインパクト(ディープインパクト)

3着 ラブリーデイ(キングカメハメハ)

このように主流血統だらけです。言い方悪いですが、ズレた血統はそんなに来てないですし、ジャパンカップに参戦する欧州の強豪も勝てない馬場になっております。しかしながら、現代競馬は完全に主流血統の飽和状態であり、ここから絞り込むのが力です。

組み合わせとしては、SS×ミスプロの組み合わせが好走パターンが多いので意識してみてもいいかもしれません。

ここまで言っといてなんですが、10年中8回きてる血統は、グレイソヴリンですので、それは忘れないようにしましょう。

ダービー・オークスを厳しい流れで好走した馬を買おう

ジャパンカップと同舞台のレースといえばダービーとオークスです。

この2つのレースに厳しい展開で好走している馬は、しっかりと好走してくれます。日本ダービーでいえば、昨年のレイデオロは、残り1400mからのラップがかなり激しいレースラップでありましたし、ジェンティルドンナのオークスも強烈なラップを刻んでの勝利でした。他にもオークスやダービーで厳しいラップを経験した馬といえば、オルフェーヴル、デニムアンドルビー、ディープスカイ、エピファネイア、ブエナビスタ、レッドディザイアと大量にいます。ウオッカのダービーはそんなに厳しくないのですが勝ち切ってるあたりは本当に東京専用機といった印象を受けますね。

中でもジャパンカップの鬼、ジェンティルドンナのラップを紹介します。

このラップのすごさですが、中間ラップが過去のジャパンカップと同等かそれ以上に厳しい流れです。前半3ハロンを35秒1は過去10年ない流れですし、こういう流れを3歳でこなしている馬はジャパンカップでも買いという判断ができると考えます。

同様にレイデオロについても、前半1000mはスローでありながらも、その後の1400mは12秒前半から11秒、さらには10秒台のラップを刻むすさまじい流れでした。シュヴァルグランに後塵を拝したとはいえ、ダービーの経験がジャパンカップに結び付いたといっても過言ではないでしょう。

ジャパンカップ2018事前予想

これまでのおさらいをすると、

・後傾ラップで厳しい流れだから斤量に恩恵のある牝馬か菊花賞あるいは天皇賞春の好走馬を狙おう。

・血統的には日本主流血統を狙おう。但し、グレイソヴリンは毎年のように馬券になります。

・オークス、ダービーで厳しい流れを経験した馬を狙おう。

上記から本当に狙ってみたい馬を分析してみました。

牝馬、菊花賞、天皇賞春好走馬

・アーモンドアイ

・キセキ

・サウンズオブアース

・サトノダイヤモンド

・シュヴァルグラン

主流血統

該当馬は下記です。

・キセキ

・サトノダイヤモンド

・シュヴァルグラン

・スワーヴリチャード

・マカヒキ

・ミッキースワロー

上記以外のグレイソヴリン枠は、下記です。

・ウインテンダネス

・ノーブルマーズ

オークス・ダービーを厳しいラップで好走した馬

下記3つのレースレベルを分析します。基準はジェンティルドンナのオークスを基準とします。

・アーモンドアイのオークス

・レイデオロのダービー

・マカヒキのダービー

まずは、皆様が気になっているアーモンドアイのレースから分析しましょう。

文句なしですね。ジェンティルドンナの勝利したオークスと酷似したレースラップかつ上りも2位馬に0秒6差なので相当厳しい流れでもすさまじい末脚をくりだせるジェンティルドンナ級を与えてもいいでしょう。

次にスワーヴリチャードが出走したダービーのラップを見ます。

このレースは1000m以降のレースラップが中々優秀ですからレベルが低いとは言えませんが、注目すべきはラスト3ハロンでしょう。このラスト3ハロン11秒5-10秒9-11秒4は、ジェンティルドンナとオルフェーヴルのたたき合いでジェンティルドンナが勝利したレースよりも優秀な時計です。つまり、超スローペースからの残り1400mの持久力+瞬発力勝負になるようであればこのレース組が面白いかもしれませんね。

次にサトノダイヤモンドが2着であったダービーのラップをみましょう。

どうしても中間ラップの緩みが気になりますが、残り5ハロンの58秒は、ダービー史上最速といってもいい程速い時計です。残り1000mのスパート勝負になるのであればこのレース組が真価を発揮するかもしれません。

何が言いたいかといいますと、上記3つのレースはレベルが高いということです。

ジャパンカップ2018 事前注目馬

面白くないのでアーモンドアイ以外から選びたいと思います。今年の出走馬を見ると先行勢が面白いですね。

キセキ、ウインテンダネス、ガンコ、ノーブルマーズこの4頭がペースを作るでしょう。ウインテンダネスが逃げるとアルゼンチン共和国杯のようなスローペースになるでしょうし、キセキが逃げるのであればある程度持久力勝負にする為に厳しいラップになるでしょう。今年はアーモンドアイがいるので、どの陣営も3ハロン瞬発力勝負にはしたくないでしょうから残り1000mからのロングスパート戦にしたいはず。実際そういうレースにもっぱらつよいジェンティルドンナもエピファネイアの勝利したレースでは4着と本領発揮できませんでした。エピファネイアが勝利したレースはジャパンカップでも稀な一定の速いペースを刻み続けた持久力戦でした。そういうレースになるとハープスターのような切れ味っこでは良さを生かせませんし、エピファネイアのような菊花賞を制することができるスタミナお化けや世界のジャスタウェイのような非凡な能力を持つ馬が順応します。こういうジャパンカップはキタサンブラックが流れを作った昨年のジャパンカップも同様です。スタミナ比べのレースになると得てして、菊花賞や天皇賞春で好走した馬がうまく出し抜けるのがジャパンカップです。

今年のジャパンカップで注目したいのは、そういう観点からも下記ブログランキングで紹介中の馬から勝負したいと考えております。枠が悪ければやり直しますが、この馬はどう考えても広いコースでこその馬です。アーモンドアイをしっかりと撃破してください!


中央競馬ランキング

もう1頭の注目馬は、持久力戦ナンバー1と勝手に思っているグレイソヴリンを持つこの馬です。前回はやられましたが今回こそ・・・下記ブログランキングで紹介中です。


最強競馬ブログランキングへ

以上です!

    今週の無料提供レースは
 11月25日(日)「ジャパンカップ」


初めてご利用されるお客様は迷われる事も多いかと思います。
『本当に当たるのか不安…』『どの馬券師に依頼すれば…』

そんな方に無料で馬券師にご依頼いただける【お試し依頼】サービス
受付期間は、毎週木曜AM0:00から土曜AM9:00まで 週に1回、馬券師1名のみ。

好きな馬券師を選んでプレゼントをもらってみる(無料)

好みの馬券師の各ページに依頼するボタンがありますのでクリックするだけ!
20名弱いたので毎週楽しみですね(メール会員限定無料)。
そして毎週重賞無料買い目もメルマガ登録のみで見れるのでお得。
今週はもちろん「ジャパンカップ」でしょうね!!

    好きな馬券師選んで、週末ジャパンカップ厳選無料買い目は
 メルマガ購読のみでOK(無料なのでご安心を)まずはクリック!!