【ステイヤーズステークス2019】ステイヤーズSを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

【PR】外厩情報を無料でゲットするにはこちら

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日はステイヤーズステークス2019の予想記事を更新いたしましたので是非ご高覧ください!

また、今週開催されるG1のチャンピオンズカップについては下記で予想記事を更新しておりますので、こちらについても宜しくお願い致します。

チャンピオンズカップを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

今年のステイヤーズステークスは昨年4連覇を目前に回避したアルバート、暮れの中山に出ないの!?とびっくり特別登録のオジュウチョウサンやチェスナットコート、モンドインテロ、リッジマンといった出走レース探しに苦労しているステイヤーが集結しておりますので、例年よりも注目度が高いです。ステイヤーズステークスは、JRA最長のステイヤーレースですので、きっちり傾向を掴んで予想に挑みたいですね!

ステイヤーズステークス 外厩情報

先週のジャパンカップも勝利したのはスワーヴリチャード。スワーヴリチャードを育てたのはノーザンファームしがらきでしたが、ジャパンカップも制覇。秋のG1ではしがらきや天栄で育った馬が連勝につぐ連勝ですね!

ステイヤーズステークスやチャンピオンズカップ含めて全レースの外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますのでそちらで外厩情報が確認できますので、是非ご参照ください。

ステイヤーズステークスを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

日本一のマラソンレースはリピーターレース

中山競馬場内回りを2周し、コーナーは8回。さらに上り坂も2回あり、4コーナーはスパイラルカーブのゆるい下り坂。変態コースですよね。過去10年のラップを見ますと、基本的に後傾ラップです。

またコーナーが8回もありますし、上り坂もあるので、とにかく前半が緩みます。また、中間ラップもとにかく緩みます。そういう意味でもステイヤーレースで上がりのかかる消耗戦かと思いますが、基本的には決め手重視。

このように前半から後半まで緩み、決め手重視のレースでありますが、JRA最長のレースであることからも非常にユニークなレースです。舞台は中山で最後に急坂もあることやコーナー8回ということ全てが唯一無二のステイヤーレース。

そういうレースだからこそリピーター率が高いです。日本一リピーター率が高いと言っても過言ではありません。脚の速さがある程度問われますが、それでも無尽蔵なスタミナが求められる舞台なので、通常の主流コースでは全くもってスピードが足りないが、スタミナが求められる舞台が少ない馬がここに目標を定めて参戦するパターンが多いので往々にしてリピーター率が高くなるのでしょう。

代表的な例には、トウカイトリック、3連覇して昨年直前回避したアルバート、ファタモルガーナなどが該当しますのでご存知の通りでしょう。

ここ5年でステイヤーズステークス3着以内馬は非常に成績がいいことも納得です。

前走先行馬は基本的に買えない

これはステイヤーズステークスで有名な話かもしれませんが前走先行馬は本当にこないです。

前走の脚質別の成績ですが、前走逃げ・先行馬は過去10年で1-4-2-27と芳しくないです。一方で前走差し、追込馬は、9-8-8-88とステイヤーズステークスで好走していう馬のほとんどが、前走差し・追込馬です。これはおそらくですが、通常のレースで先行できるようなスピードのない馬が前走後ろになったということが大きな要因かもしれませんね。

但し、前走差し・追い込み馬でもステイヤーズステークスでは4コーナーで7番手以内に入らなければノーチャンスですので、早くから仕掛け4コーナー時点ではある程度前目につけれる持続力のあるタイプが狙い目になります。これはつまり、残り1000mあたりから脱落してくる馬が出てくるので、それらを除いたら前7番手くらいで競馬しなければどうしようもないということなのかもしれません。

凱旋門賞血統や菊花賞・天皇賞・春優勝馬の血統が重要

このレースは、主要レースでは脚が遅いと思われる重厚な血統が重要です。

上述の通りで、ステイヤーズステークスは起伏のある中山競馬場でコーナー8回かつ最後の直線には急坂があるので、スタミナは勿論、パワーや坂への対応が必要になります。

この文字だけでもわかると思いますが、イギリスやフランスといったその土地の起伏を活かした競馬場作りを行う欧州競馬と似たような適性が求められます。

特に母系に凱旋門賞で好走しそうな欧州スタミナ系の血が色濃くある馬や菊花賞や天皇賞・春といったステイヤー実績のある血統に注目です。0.gif

3連覇したアルバートの血統を分析してみましょう。まず注目したいのは、母系にイギリス三冠馬で、持続力勝負になるタフなレースに強いニジンスキーを持っております。

また、アルバートに関していえば、父はアドマイヤドンというダート馬に加えて母系に菊花賞馬ダンスインザダークです。

アーモンドアイのようにジャパンCで2分20秒で走れるのか??

という質問に対して、

絶対にそんな時計で走れない

というような重厚なパワーやスタミナによった血統であり、スタミナとパワーに秀でたタイプなので、暮れの中山の馬場や何度も何度もアップダウンする坂への対応も苦にしないのでしょう。

ステイヤーズステークスではそのような主流血統ではなく、重厚な、いかにもヨーロピアンな血統の馬に注目する必要があります。

特に注目したいのは、サドラーズウェルズ、ニジンスキー、エリシオ等の欧州スタミナ系です。また、リボーのような長距離血統にも注目しましょう。これらの好走血統を持つ馬は非常に多く、

2018年 リッジマン、モンドインテロ

2017年 フェイムゲーム

2016年 ファタモルガーナ、モンドインテロ

2015年 カムフィー

2014年 デスペラード、ファタモルガーナ、クリールカイザー

2013年 デスペラード、トウカイトリック

2012年 トウカイトリック、ファタモルガーナ、デスペラード

上記の通りです。また、面白いことに欧州スタミナ系×ロベルト系は、過去コスモヘレノス、モンテクリスエス、フローテーション、トウカイトリック等名ステイヤーとしてなんどもこのレースを湧かしてくれておりますのでニックスとして注目しても面白いかもしれませんね!

簡単ではございますが以上です!

【PR】プレミアム

ここは先週の京都が凄かったですね!
今年最後の開催でしたし気合いが入っていたのかもしれませんね!?
────────────────
▼先週京都での主な的中実績▼
■11/23:04Rメイクデビュー京都
『グラン・ディアマンテ』
【1着】サトノラファール(07人気)
【2着】サイモンルモンド(10人気)
【3着】ビハインドザサン(01人気)
3連単4327.9倍×500円=2,163,950円◎
■11/24:05Rメイクデビュー京都
『グラン・ディアマンテ』
【1着】レッドフラヴィア(01人気)
【2着】バビット(11人気)
【3着】メイショウコジョウ(05人気)
3連単1982.0倍×500円=991,000円◎
■11/24:12R京阪杯(G3)
『伝説の仙人情報』
【1着】ライトオンキュー(02人気)
【2着】アイラブテーラー(03人気)
【3着】カラクレナイ(07人気)
3連単324.7倍×2,000円=649,400円◎

京阪杯も獲って有終の美を飾る形で終了。ここは今回のように特定の競馬場で的中ラッシュになることがあります!特に中央4場ではこの傾向が見られますね。
今週は中山・阪神・中京の3場に開催が変わります。開幕週は特殊な結果になる傾向があるので各馬場の特徴を掴んでいるのは強みですよね!?
────────────────
ここは土日1鞍ずつ厳選レースの無料予想を配信しています!メインレース前に配信されることが多いので軍資金作りにピッタシ!馬場に特化したここが送り出す買い目は期待できそうですね!
今週の無料予想をチェック!
無料メルマガ登録→返信メール内リンククリックでOK!

【PR】サラブレ/Gallopを最も安く読むには楽天マガジン