【スプリングステークス2020】スプリングSを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

【PR】競馬の大根おろし×K-BA LIFEコラボ企画

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日はスプリングステークスを予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

スプリングステークスも中山第1・2開催の名物コースである中山1800mで開催されるレースですが、3歳牡馬のレースということで最大目標であるダービーを見越したレースになるので、同じ中山1800mのフラワーカップ(詳細分析はこちら)とはまた違った流れとなり、必要な要素もまた違ってきてますので、しっかりと分析しなければ痛い目に合うようなレースになります。過去ここを勝利して多数の馬がクラシックや古馬G1を勝っていることからも出世レースともいえる要因についても考察したいと思います。

それではスプリングステークスを予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

スプリングステークス2020 特別登録馬

地方登録馬が2頭で、実質10頭立て。少し寂しいメンツになっているのはやっぱり直行ローテが流行っているからでしょうね。サリオスくらいは出走してほしかったですが皐月賞直行ですし、コントレイルも直行。トライアルレースの位置づけが変わってきている時代の流れを感じますね。注目はホープフルステークス組のヴェルトライゼンテ。ワーケア、オーソリティが弥生賞でも2.3着になっていることからもここでは実力1つ抜けている印象です。

馬名
アオイクレアトールキングカメハメハ
$エンTavistock
エンデュミオンヴィクトワールピサ
ガミラスジャクソンエイシンフラッシュ
ガロアクリークキンシャサノキセキ
ココロノトウダイエイシンフラッシュ
サクセッションキングカメハメハ
シルバーエースワールドエース
タイセイモンストルルーラーシップ
ファルコニアディープインパクト
ラグビーボーイエイシンフラッシュ
ヴェルトライゼンデドリームジャーニー

スプリングステークス2020 外厩情報

現代競馬で欠かすことのできない外厩情報は、昨年のG1戦線を席巻したノーザンファームの成績を見れば一目瞭然。

特にトレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練されたスプリングステークス出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。

外厩情報はこちら

競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。

スプリングステークスを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

スプリングステークスはマイル実績を問われるレース

スプリングステークスは、同週にあるフラワーカップ、先週あった中山牝馬ステークス、そして中山記念に次ぐ中山中距離レースの看板コースである中山1800mの非根幹距離レースです。正面スタンド前の直線からスタートし、最初の1コーナーまでの距離は約200mで上り坂。スタートしてすぐにコーナーに入り、内回りかつ下りながらのコーナーになる為、ポジションをすぐにとれるダッシュ力のある馬か内枠の馬が有利と言えるコースになります。3~4コーナーはスパイラルカーブで、緩い下り坂になっており、加速しながら最後の直線を迎えるのですが、最後の直線距離は310mと、中央4場の中では最短です。ゴール前には高低差2.4mの急坂がありますので、ここで上りがかかります。また、3〜4コーナーの排水性は非常によく、向正面が湿っているのに3〜4コーナーは乾いていて、差しが決まるということもあるので、天気の変わり目には注意したいですね。雨の後の中山は外差し注意というのはこういうロジックがあるからです。また過去10年のラップは以下のとおりです。

【タレントの柳いろは様が予想配信!】

上記を確認すると、同じ週にあるフラワーカップと比較すると極端な後傾ラップにはなっておらず、他の1800m戦と比較しても常に加速し続けるような持続力が求められるようなレースでもないように見えます。過去10年のレースラップを可視化してみると下記のようなラップになります。

一言でいうと中間ラップが緩まない、緩急のないペースになるのがスプリングステークスです。スタート直後の坂の影響で、後傾ラップにはなりますが、前半と後半とで0秒6程度の後傾になるので基本的には偏りのないレースだと考えていいでしょう。

このようなレースラップはスピード勝負になる短距離からマイルレース等でよく見られるラップです。スタートしてからのスピードを維持する持続力を求められるので、このスプリングステークスでは、スピード競馬への適性が求められるレースと言っていいでしょう。ダラダラと脚を使うのではなくいかに高いレベルのスピードを維持できるかが勝負になるレースです。また、小回りコースであることからコーナー時にもスピードを維持できる方が有利になります。

そういう意味でもマイル以下での好走実績が求められるレースになります。特に昨年は1~3着がマイル以下のレースで好走実績のあった馬ですのでわかりやすいくらいのスピード競馬になっていましたね。スプリングステークスでマイル以下の実績を持つ好走馬を紹介します。

2019年

1着エメラルファイト

2着ファンタジスト

3着ディキシーナイト

2018年

1着ステルヴィオ

2着エポカドーロ

2017年

2着アウトライアーズ

2016年

2着マイネルハニー

3着ロードクエスト

2015年

3着ダノンプラチナ

上記の通りであり、距離短縮組がリアルスティール以外馬券になっていないですし、昨年のダービー馬ロジャーバローズも馬券外になっていることからもスピードの要素が強いレースと言っても過言ではないでしょう。

非根幹距離実績馬に注目

この中山1800mは小回りの非根幹距離レースであり、特殊条件です。脚の使いどころが特殊であり、大箱を得意とするような馬よりも、このような小回り実績がある馬や非根幹距離実績のある馬に実績が偏りますし、経験値が高い馬に良績が集まります。フルゲートにならない限り、1勝馬でも出走できるレースではありますが、1勝馬は苦戦している模様。

1勝馬で馬券に絡んだ馬は以下のとおりです。

2018 3着マイネルファンロン(前走フリージア賞2着)

馬場改修した2014年12月以降では1頭しか馬券になっていないんですよね。言い換えると、これ以外の馬が2勝以上の実績があったということになります。2勝以上している馬はとにかくレース経験が多いので、小回りの特殊なレースラップでも戸惑わないことが大きいですし、淀みのないタフなレースになることから新馬戦や未勝利戦の緩いレースからこのタフなレースになると馬が戸惑うのだと考えます。

そういう意味でもこの複数勝利経験馬のような地力が求められるレースラップなのでしょう。

また、複数勝利馬かつ1800m好走馬は特に注目です。リアルスティール、ウインブライト、プラチナヴォイスと過去5年でも好走馬が3頭いますし、特殊条件の好走馬についてはマークが必要でしょう。

サンデー系に加えて米国血統が重要!

このレースは、1800mという距離からサンデー系のスピードが必要になりサンデー系の馬が多数好走しているのですが、重要なのは、母系のアメリカ血統が重要になります。アメリカ血統といえば、ボールドルーラーやストームキャット、ヴァイスリージェントになります。

サンデーと米国血統の組み合わせは、下記の通りです。

2014年

ロサギガンティア

2015年

キタサンブラック、リアルスティール

2016年

マウントロブソン

2017年

アウトライアーズ、プラチナヴォイス

2018年

エポカドーロ

2019年

エメラルファイト

上記の通り、毎年のように好走していることがわかりますので、注目ですね!

スプリングステークス2020 事前予想

このスプリングステークスは、マイル以下のレースで勝利できるスピード、複数回勝利できる地力、そして米国系のスピードが重要になります。これに加えて、1800m複数回勝利実績馬を含めて、注目馬をピックアップしたいと思います。

・ココロノトウダイ

1800m2勝の実績。

・サクセッション

1600m勝利かつ3勝の実績

・ヴェルトライゼンテ

1800m2勝の実績

上記の中で、1頭となるヴェルトライゼンテは人気間違いなしなので置いとくとして、サクセッションに注目したいと思います。今年は間違いなく1800m戦でありますが、小頭数レースでありますし、距離延長の不利はないでしょうし、自分のペースで競馬できそうですし、純粋なスピードだけでいえばマイル戦3勝の実力であれば頭一つ抜けているでしょう。父キングマンボ系は冬場の中山は大得意。注目したい1頭です。

【S級美人UMAJOがプライベートショットや予想を配信中】