【スプリンターズS2019】G1予想に使える全頭分析〜前編〜

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

スプリンターズSなので全頭分析でもやってみようと思います!

基本的な重賞考察については、下記で実施済みです。

スプリンターズSを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

ここで紹介した傾向に合致しているのかを含めて、予想する前にグランアレグリアとステルヴィオを除いた全頭分析をしたいと思います。ポイントは傾向に沿ったラップバランスで好走できるのか、理想的なローテーションか、血統的に好走条件に合致しているかの3点です。アイウエオ順で分析したいと思いますので、長くなると思いますがよろしくお願いいたします。

アレスバローズ

重賞でも好走を続けるアレスバローズ。ディープ産駒のスプリンターとして、天国にいるディープインパクトとしては是非とも勝ってほしいでしょう。血統背景を見る限りは、どう見ても京都外回りで走れそうなタイプ。ディープ*トニービンって天皇賞・春でも走れますよねwそれではそんなアレスバローズを分析していきましょ〜!

前傾ラップ適正

評価:A

結論から申し上げると前走を見る限り有りでしょう。前走の北九州記念は非常に上がりのかかる前傾ラップのレース(前半32秒7,後半35秒5の約3秒前半が速いレース)であり、そんなレースの中、トップハンデで絶望的な17番手から上がり1位で6着。6着といっても1着からの差は0.4秒差。位置どりの差といっていいでしょう。そんな北九州記念で昨年勝利時には32.4−34.2とこれまた凄まじい前傾ラップのレースで勝利しているので、モズスーパーフレアとマルターズアポジーがいるこのレースでのラップ適正は非常に高い。

ローテーション

評価:C

夏競馬に2回使い、秋1戦目がこのレース。サマースプリントを制した昨年と同じローテーションであることからも今年もサマースプリント狙いで、お釣りで勝負している感は正直あります。調教はよく動くタイプなので果たして・・・

血統

評価:C

ディープ*トニービンなので4ハロン勝負のような持続力勝負であれば非常にいいのでしょうか、母もスプリントではなくマイルから中距離で走っておりましたし、血統的にスプリントで走れているのが不思議です。母系のヘクタープロテクターがもしかしたら出ているのかもしれません。スプリンターズSの好走血統ではないので、控えめです。

イベリス

前傾ラップ適正

評価:C

前走のセントウルSはレコードタイムでしたが、レースのラップ構成としては前半と後半に差が少ない淀みのないレース。

一方で中山1200mは極端に前傾ラップになり、前半3ハロン32秒も当たり前のレースになるのでそのラップになった場合、前走のペースでも最後はギリギリだったことを考えると、特筆した前傾ラップ特性があるとは思えません。

また、前走以外にもRPCIが45を切るような超絶な前傾ラップを経験したこともないことから、スプリンターズSでは展開についていけない可能性は0ではございません。

ローテーション

評価:A

前走のローテーションとしてはうまく距離短縮で馬を騙していたように思いますので、今回2戦目で距離慣れを考えればいいローテーションでしょう。前走はプラス14kgであったことも考えれば、上積みもありそう。

血統

評価:B

父ロードカナロアは母系に良さを出します。母セラブラールは現役時代もスプリンターであり母父のボストンハーバーは米国系のスプリント血統。血統的にも完全にスプリンターといっていいでしょう。ただし、スプリンターズSで有力血統はフォーティナイナーとニジンスキーですが、そのどちらも持っておりませんのでそこがどうかというところでしょう。

キングハート

前傾ラップ適正

評価:C

オーシャンステークス の勝ち馬なので前傾ラップ適正があるかなと思いましたが、成績を全てみてみるとオーシャンステークスも前半33秒5の比較的緩いレースの時に勝利しておりました。今年の32秒3の前傾ラップでは何もできずの競馬でしたので、実際はそこまで適正は高くないでしょう。京都のように少し緩んで4ハロン勝負の方がいい気がします。

ローテーション

評価:C

アレスバローズと同様でサマースプリント狙いでお釣りで勝負しているように思います。

血統

評価:B

父のオレハマッテルゼはご存知スプリンターであり、母系のマイネルラヴはゴリゴリの米国血統。フォーティナイナーがないですけど近しい血統でありますので、悪くはないでしょう。

セイウンコウセイ

前傾ラップ適正

評価:C

この馬はわかりやすいです。絶頂期でも32秒台の前傾ラップになると持ち味を発揮できません。上がりのかかるレースは得意なのでこのレースでも注目されやすいと思いますが、モズスーパーフレアとマルターズアポジーが作る激流で持ち味が出せるかというと怪しそうです。

ローテーション

評価:B

CBC賞からキーンランドカップに持っていくあたり、サマースプリント狙いだったように思います。まだ3戦目なのでB評価です。

血統

評価:A

血統的にはフォーティナイナー持ちでMiswaki,ボールドルーラー持ちでケチのつけようがありません。この血統でも中山の前傾ラップになると全然走らないので競馬って難しいですね・・・

タワーオブロンドン

前傾ラップ適正

評価:B

前走のレコード勝ちはこの馬に勝てる馬がいるのか?と思わせるような内容でしたが、今年のスプリンターズSではおそらく前半32秒台になるので、そういうレース経験をしておりません。キーンランドカップも上がりのかかる非常にきびしいレースで追い上げていますが、正直評価が難しいところです。32秒台の経験がないということで一旦評価据え置きとしました。

ローテーション

評価:C

明らかにサマースプリント狙い。京王杯から距離短縮で函館SSで上位に持って行き、キーンランドカップ、セントウルSを使うあたりもはやお釣りはないのではと思います。しかしながら前走のあのレースぶりを見る限り、3戦目にして仕上がった感もあるのが怖いところです。

血統

評価:A

レイヴンズパスは英国の最優秀マイラーでBCクラシックを勝利するようなどちらかというマイルよりに見えますが、その父はゴドルフィンの持つイルシーヴクオリティ。イルシーヴクオリティはアメリカの芝マイルで世界最速の時計を出すような絶大なスピードを持っております。母系にニジンスキーはないものの、欧州芝系のレースで圧倒的な影響を与えているDarshaanやSadler’s Wellsといったタフな流れでも耐えれる底力を持ちます。フォーティナイナー*ニジンスキーというドンピシャではありませんが、近似血統といってもいいでしょう。

ダイメイプリンセス

前傾ラップ適正

評価:A

北九州記念やアイビスサマーダッシュ での活躍、昨年のスプリンターズSでも4着と滅法前傾ラップのタフな流れに強いタイプ。中山1200mでの実績もありです。

ローテーション

評価:C

どう見ても夏に使いすぎ。アイビスSD、北九州記念、セントウルSとどうみてもサマースプリント狙いのローテーションであることは間違いないでしょう。前走もプラス体重でしたし、余力もないのではないでしょうか。

血統

評価:B

スプリンターズSで活躍する血統であるニジンスキー持ちは熱い。母系にはミスプロ、ニジンスキー持ちとスプリンターズステークスで欲しい血統が目白押し。

ダノンスマッシュ

前走圧勝のタワーオブロンドンにキーンランドカップで圧勝し、余裕のあるローテーションで確実にとりにきているダノンスマッシュをまずは分析してみましょう。

前傾ラップ適正

評価:B

モズスーパーフレアの出走した高松宮記念や京都スプリントでの好走実績を見る限りは、能力は高くこなせるものの、大得意というわけではなさそう。キャリアの中で前傾の厳しいレースは、前走のキーンランドカップですが、最後の脚色はタワーオブロンドンとは比べると不安の残る内容でした。上がりのかかるレースであると高松宮記念でも坂で止まっていることからも、得意ではないという評価の方が適正ではないでしょうか。また、京都のスプリント戦は3コーナーまでが上り坂で緩みがちなので究極の前傾にはならないですし、その京都でよく好走するということはそういうことなのではないでしょうか。

ローテーション

評価:A

サマースプリントはそっちのけで狙ってきている感はありますね。夏競馬で函館は除外であったもののキーンランドカップのみのローテーションで余裕あり、ベストな状態でスプリンターズSも戦えそうです。安田調教師は日本でもっともスプリンターを育てるのがうまい調教師ですし、そこらへんの仕上げ方はもういうこと無しなのではないでしょうか。

血統

評価:B

父ロードカナロアは母系に良さを出します。スプリンターズSではそこまで目立たないDanzigとロベルト系でありますが、ミスプロの血もあり、スピードに長けた米国系の母系。スプリンターズSでの好走血統とは少し離れておりますが、スプリンターでしょうねって感じの血統です。

ディアンドル

前傾ラップ適正

評価:A

前走の北九州記念で確信しました。この馬こそ前傾ラップで本領発揮するタイプの馬です。前走は、32.7-35.5の超絶前傾ラップの上がりがかかる展開でスタートが2番目に悪い中で押し上げて5番手から競馬し、4コーナーは鞍上の好騎乗もあり無駄のないレース運びとはいえ、先行馬で唯一馬券になりました。また、中山でカンナステークスとクリスマスローズステークスでもしっかりと勝利し、中山のコース適性も見せております。完全に持続力特化型のタイプなのでこれからも中山と小倉で買い続けたいタイプです。

ローテーション

評価:A

サマースプリントには目もくれずにここを目標のローテーション。3歳牝馬であり、レース選びも難しいところですが、しっかりと古馬相手の重賞でも権利を掴み取ってくれました。前走後はノーザンファームしがらきを間に挟み、文句なしのローテーションでしょう。

血統

評価:A

本当にいい血統ですね。グレイソヴリンのクロスにニジンスキー持ちからくるのがこの持続力でしょう。1200mに適応するスピードはキングマンボからきているものかと思いますが、成長力もノーザンテーストとCaroで十分にありそう。今年だけではなく、来年以降ももっと見ていたいですね。スプリンターズSの好走血統であるニジンスキーに注目し、A評価とします。

以降は後編になりますので明日アップ予定です!

 

スティッフェリオ1着!鞍上丸山元気!
グレイル6人気も9点内におさめた予想さん!夏前に出てきた予想さんがまたまた連勝!【Gプレミオ】3連単9点1200円→65万獲得!!これはG1シーズン頼りになるはずです。
────────────────────
そして無料情報のワイド買い目が9月お見事なんです!
前日に飛んできた買い目スクショがコチラ↓↓
────────────────────
 
────────────────────
22日阪神最終    12-16 5000円投資→18600円
21日大阪スポーツ杯 04-08 5000円投資→16400円
9月を見てみると・・15日中山3R150%、15日中山8R1000%→46,400円的中!
その前の週は・・・紫苑S200%、7日中山4R144%、7日小倉3R124%。。。お見事ですね。
────────────────────
前日に配信されてきますので要チェックです。
そしてはじめての方には朗報!今週は無料ワイド買い目の他に・・・
スプリンターズS買い目無料版も出てくるそうです。まず検証!見るだけでもOKです。
スプリンターズS+厳選ワイド買い目(無料版)
メアド登録のみでOK。Yahoo,Gmailを推奨します。確認メールきたらクリックしてログイン。締め切りはないと思いますが当日バタつくのでお早目のエントリーがマストです。もちろん無料からなのでご安心を!

スプリンターズS 外厩情報

スプリントレースなので、天栄やしがらきばかりという訳ではありません。

なぜなら、ダービーを目指す牧場がノーザンファームですが、ノーザンファームの狙う市場を避けた市場で戦うことを決めているのがダーレーグループです。アドマイヤムーンからファインニードルという後継種牡馬も得て、この距離では正直ノーザンファームよりも力を入れているように思いますが、それでもノーザンファームはスプリントの絶対王者ロードカナロアをディープ・キンカメ後の最有力種牡馬としてラインナップしておりますし、現代競馬で求められる”スピード”を持つ種牡馬としてはこのレースは正直無視できないのだと考えます。

今年の出走馬で外厩仕上げは1頭のみです。しがらきで仕上げたディアンドルです。

他のレースで外厩仕上げ馬を調べたい場合は、無料で競馬セブンにて配信されております。競馬セブンを無料登録後にて無料コンテンツの社台軍団の秘話というコンテンツにアクセスしますと”社台外厩リターン”というコンテンツがありますので是非ご参照ください。

【S級美人UMAJOがプライベートショットや予想を配信中】
 
 
ブログでは、一部の情報公開となっておりますがBESTBUY検討委員会では、誰でも見れるブログでは伝えきれない情報まで全て配信しております。
特に勝負レースについてはBESTBUY検討委員会でのみ配信となります!

現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!

オンラインサロン機能を活かして、勝負レースを導くプロセスを多方面から学べるコンテンツとなっておりますし、馬券バトルを初めとして多数の企画も実施しております。

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

LINE登録はこちらから!