【セントライト記念2020】最終予想&異常投票パトロール

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日はセントライト記念の最終予想と異常投票パトロールを紹介致します。

3日間開催ということで、結局3場開催並の予想数をこなしておりました。ただ、本日は特別な日。JRAアニヴァーサリーですので、めでたい日です!実は弟の誕生日と同じなんですよねw

そういう意味でも競馬を楽しむ1日にしたいと思いますし、セントライト記念は、世界最高のレースである菊花賞へのステップレース。どの陣営も並々ならぬ勝負気配を感じます。そら菊花賞ですから、ほかのレースとは最早格が違う訳でありますし、角居厩舎や池江厩舎も陣営の力を試される、調教師の腕がモノをいうレースと断言してるだけあり、ここまでの馬の育て方、ローテーション、レース内容の全てを読みきる必要があるレースです。

その為、このセントライト記念の位置付けは極めて重要ということなので本気で分析しました!菊花賞を世界一愛していると自負しているので、トライアルも本気でございます。

セントライト記念2020 最終予想

セントライト記念2020 予想

◎ヴァルコス

週初めにBEST BUY検討委員会で紹介した通りで、いい枠にも入り、本命とします。

この一戦で菊花賞本命馬にするかを決定するので重要な一戦なのでしっかりとレースぶりも見たいと思っている一頭がヴァルコス。

まず、関西馬のヴァルコスが神戸新聞杯ではなくセントライト記念を使った意図を妄想します。

そもそもヴァルコスの菊花賞ローテーションはゆきやなぎ賞の勝利時点で決まっていたのではないでしょうか。ゆきやなぎ賞は兵庫特別、大寒桜賞と並んで数々の菊花賞好走馬を出した重要なレース。

そのゆきやなぎ賞は、3歳3月でありながら稍重の馬場で後半5ハロンが12.5以下のラップを刻み続ける内容で、このレースをペースが上がる都度ポジションを上げて勝利した内容は持続力の塊といっていいでしょう。

そして、評価を一気にあげたのが青葉賞。ご存知の通り、あのアドミラブルのレースレコードを突破した凄まじい時計。この時期の東京は速いとはいえ、中々この時計はでません。レースラップとしても後半6ハロン以降加速し続けるレースラップの中で、ヴァルコスは、スタートこそ12番手でしたが3コーナーにかけてポジジョンをあげて4番手まで押し上げ、外外を回して直線に向かって最後はタイム差なしの首差2着と素晴らしい内容。差しが決まる厳しい展開の中でも、最も長くいい脚を使った経験は今後のキャリアが明るくなったと思いました。
青葉賞で大敗したロールオブサンダーは菊花賞の重要レース、兵庫特別で圧勝でしたからこのレースの持続力の価値はあったものと考えます。

次のダービーは最悪の大外枠。ラスト3ハロンが11.3-11.3-11.7と青葉賞と比較すると速く、さらにラスト5ハロンからラスト4ハロン、ラスト4ハロンからラスト3ハロンにかけて0.5秒づつ加速する瞬発力勝負。これではヴァルコスの良さは一切でないので間違いなく適性外。好走馬は内で脚を溜めた馬が多数でしたので大外枠も効きました。

関西馬でありながら神戸新聞杯ではなくセントライト記念のローテーションなのかは上記で説明した通りで、ヴァルコスが極端な瞬発力勝負に弱いため。神戸新聞杯は、阪神であっても中京2200であっても前半緩み後半3ハロンのレースになるコースなので、適性外。青葉賞のように自分でレースを作っていかなければ好走は難しいですし、菊花賞を見据えるとある程度は5ハロンのロングスパート勝負の経験を積んでいた方がいいはずであり、セントライト記念はおにぎり型のコース形状でなおかつ向こう正面から下り坂になりコースレイアウト上からも物理的にロングスパート戦になるコースですから、菊花賞のリハーサルとしてはいい流れを経験できそうです。

また、ヴァルコスは2歳夏にデビューもまだまだ馬がゆるく長期休養したこともあり、3歳春の時点では馬として全く未完成。そんな中でダービーに出走するのですからその素質は非凡です。

血統面においても菊花賞でも是非みたい一頭。ドイツ血統ノヴェリストにダンスインザダークという血統は、昨年の菊花賞1着、3着は母系がドイツ血統であること、父ダンスインザダークは菊花賞馬でありながらもスプリンターを出すスピードもあることを考えると菊花賞血統といっても過言ではなく、確実に菊花賞への権利を得るために、適性ある舞台への東上は明らかに買いと考えます。

◯フィリオアレグロ
東京で3戦し、新馬戦圧勝、共同通信杯3着、青葉賞は上り最速で3着と素晴らしい成績。
新馬戦ではサトノフラッグやレッドルレーヴに先着し、共同通信杯ではマイラプソディに先着し、青葉賞ではタイム差無しの3着で相手にはヴァルコスやオーソリティ。
能力面ではこのメンバーでも抜けてますね。特に青葉賞は2分23秒0というアドミラブルの時計よりも速いペースで流れ、スタートしてからゴールまで緩むことのないハイレベル戦でした。
ロールオブサンダーやアイアンバローズ、プリマヴィスタといった着外になった馬でもこの夏に古馬相手に強い競馬で勝ち切った馬が多数であることからもレベルの高い青葉賞といえます。その青葉賞で上り最速で競馬ができていたので強いの一言。

血統的には非根幹距離の上りのかかるレースに強いサトノクラウンが兄におり、宝塚記念や京都記念で見せた非根幹距離での強さは凄まじかったので遺伝してそう。さらに姉のポンデザールは札幌の2600mでもレコードを出すようなタイプですし長い距離は問題なし。
父がディープインパクトなので兄とは違い、前傾ラップに強いタイプではなさそうなのでいかにも後半5ハロンに速い脚を出す菊花賞向き。昨年のサトノルークスと同じくディープ✖️欧州の血統が淀の外回りで末脚発揮してくれるでしょう。

▲ラインハイト

未勝利戦は1800m、古馬相手に2200mの1勝クラスと非根幹距離を連勝中。新馬戦の非根幹距離はコントレイルに千切られ、その後マイル戦で2連敗してからの連勝なのでいかにもサトノルークス感。

△ガロアクリーク、サトノフラッグ

実力馬は順当に馬券にはなれそうですね。

異常投票パトロール

馬名単勝複勝
バビット10万40万  
ガロアクリーク10万

20万,10万

100万

フィリオアレグロ15万, 
サトノフラッグ 67万,47万

100万,10万

80万  ,27万

ヴァルコス 15万 

月曜競馬の勝負レースでハメ倒す!”ベスハメ”

2020年のK-BA LIFE目玉コンテンツがこのBEST BUY検討委員会。

勝負レースに心臓を捧げるオンラインサロンです。

この検討委員会では色々な活動をしているのですが、メンバー限定で見ることができる

”ベスハメ完全版”で勝負レースを配信しております。

①BEST BUY

土曜競馬は7人気3着のホウオウモントレーを指名!

日曜競馬は2人気1着のアリストテレスを一本釣り!日曜競馬は他にも準勝負レースのBETTER BUY含めると2-2-0-0とパーフェクト連対でした!アルーフクライはデカかったです。

9月は他にも20倍のタマモメイトウや確実に1着になれると断言したハギノアレグリアスまで勝負レースは馬ありきで選定しており頭にこだわった予想をしております。

②ハメ倒し競馬-THE BEST-

9月の秋競馬ではハメ倒し競馬では、1勝2着1回と穴馬ながら好調継続!パイセンのセンスが光る!?

上記の2本立てで勝負レースを毎週配信しております。その他にも準勝負レースコンテンツも読める形となっております。

加えて、オンラインサロン機能で競馬仲間とワイワイしており、チーム対抗の勝負レース対決等も実施しております。

競馬仲間を作りたいという方、勝負レースを自分で自信をもって発信できるようになりたいという方は是非入会してみてくださいませ~!

K-BA LIFEのオンラインサロン”BEST BUY検討委員会”

 
 

K-BA LIFEの全てを詰め込んだコンテンツが、BESTBUY検討委員会です!

BESTBUY検討委員会 コンテンツ一覧

バイブレーション競馬

重賞完全予想・全頭分析

毎月開催!BESTBUY杯

競馬の復習

メンバー限定LIVE

他にも色んなコンテンツが充実しておりますので、是非BESTBUY検討委員会に遊びにきてくださいね!

3日間無料入会体験キャンペーン中です!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!しかし、重賞だけのブログでは、不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!